FC2ブログ

旭川市長選挙

2014/11/09(日)

 疲れはまだ残っていたが、朝7時半には家を出た。7時55分の電車で札幌へ。旭川医師会の会長、副会長とも同じ電車だった。道医会館で郡市医師会長協議会が開かれた。特に大きな問題はなし。最後に医師会出身の参議院議員が来られて、最近の時勢の説明があった。支持、不支持は別にして、よくわかりやすい話だった。政治家としての一つの資質を完全に会得されたようだ。

 午後からは道医の恒例の祝賀会があったが、私はスキップさせていただいた。スキャンダルで騒がれた、女性議員の講演も聴きたくなかった。それに折角今日は 休肝日 と決めていた。午後一時の電車で旭川に帰って来た。

 電車の中で、コンサドーレの試合内容を追っていたが、やはり勝てず。このあたりがどうあっても駄目なところなのだろう。

 帰宅したおかげで、来週の茨城県のサーベイの荷物を作ることができた。明日宅急便で送る。まだ早いのだが、時間が無い。資料を皆鞄に詰めてしまったが、1週間ですっかり忘れないことを願う。水曜日からまた出張が入っている。

 今週の道医の理事会で出張報告の準備をした。少しできた。どちらにしても帰ってきて正解だった。

 旭川市の市長選挙が終わった。現職の市長が三選された。私は珍しく事前投票までしたので、結果に満足だ。少なくとも札幌市長選挙、道知事選挙に良い影響が有れば、嬉しいが。国政選挙にも少しは関係があるだろう。今、浪人している民主党の候補予定者に一段と頑張って欲しいものだ。

 シェラザード  の あたらしいCD を購入した。演奏はうんと古い物で、Ernest Ansermet  が指揮したものである。昔、それこそ、大学へ入ってすぐのころ、ステレオ が普及し始めた頃、この曲が大流行で、良く聞いた。この指揮者の演奏だった。ステレオ録音に最適な華々しさを持っている。懐かしくて購入したが、何か思っていた演奏とは違っていた。何が違ったのだろう。少し残念だった。
 確かに、当時の録音は  スイスロマンド管弦楽団 だったと思う。これはパリ管弦楽団の演奏ではあった。しかし、指揮者は間違い無い。  ワルター の ベートーベン やマーラー は昔とやはり同じ感じできくことができるのだが、、、、何が違ったのだろう。



スポンサーサイト



*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

satoshig

Author:satoshig
 2012年4月から 旭川赤十字病院の名誉院長 となりました。
 現在の仕事のメインは同院の 常勤嘱託医師(検体検査管理加算Ⅳに該当する検査部門担当) です。
● 医療機能評価機構サーベイヤー
● 卒後臨床研修評価機構サーベイヤー


としての仕事も楽しんでいます。

 旭川赤十字病院には、1970年5月 から勤務し、副院長10年、院長を9年間 勤めさせていただきました。
 1966年北海道大学医学部卒業  もともとは脳神経外科医

リンク
最新コメント

最新記事
月別アーカイブ

フリーエリア
QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム