FC2ブログ
体調不良
2019/12/22(日)

 夜、午前1時過ぎから全く眠れない。起き出した。寒気がする。体温計で測るも熱は無いようだ。少し咳がでる。咳をすると喉が痛くて辛い。風邪らしい。そう言えば、サーベイの最中に何度も鼻水がでて、鼻をかんでいた。まるで、花粉症が始まったのかと思っていた。帰りの飛行機の中でも珍しく足が寒いと思った。

 まさか、インフルエンザではないだろうが、、、ワクチンをしていることが、否定する材料にはならない。せっかくの休みだというのに、練習に行く気持ちは全く起きなかった。軽く朝食後、午前7時過ぎに病院にでた。感染管理室から、感染予防に関する院内講習会を一度も受けていないので、e-ラーニングを受講して、ノルマをクリアするようにいう手紙がはいっていた。明日から努力してみよう。

 病院にいても寒くてたまらず。家を出るときに 貼るカイロ を背中に張って出かけたのだが、、、、

 治らないと大変だ。今週の木曜日には 肺炎ワクチンの接種の予定にもなっている。

 今日は暦の上では冬至。太陽が一番低い日である。理論的には今後は少しずつ日が長くなりそうだが、実感できるのは、正月が過ぎてからだろう。

 本当に久しぶりに 休肝日 








スポンサーサイト




( 2019.12.22 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
伊丹⇒羽田⇒旭川
2019/12/21(土)

 8時半にホテルをチェックアウト。ようやく地下鉄の駅から、新大阪の駅に移動する方法が判った。今朝はスムースだった。今回のホテルは確かに水準よりは間違い無く優れてはいる。しかし、駅から、ひいき目に見ても10分 という距離はマイナス要素である。何度も使えば慣れてしまうのかもしれないが、、、その不便さを凌駕する魅力があるかどうかである。

 少し古ぼけてきていても、東口からすぐ近くの、あのホテルに次は泊まりそうだ。

 伊丹空港で今回も、 551蓬莱 の中華 と 赤福 を購入した。羽田からの便の出発が少し遅れて、旭川について自分の車を動かすときには、もう薄暗くなっていた。幸い雪は降らなかったようで、車の雪を払うという操作は不要だった。道路が滑るので、少し遠回りではあるが、富良野国道を利用した。

 何か少し疲れ気味。これで10日間 は 逆流性食道炎 の薬は服用したのだが、喉の調子はさっぱり改善しない。なにか頸部のリンパ腺も少し腫れているようだ。それも、本当は少し気にはなっている。



( 2019.12.21 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
タスク終了
2019/12/20(金)

 このホテルの朝食は好ましい。決して量が多いわけでも、質が高いわけでもなさそうだが、とにかく食器が美しい。何かほっとする。気持ちに余裕が持てるのだろう。夜には、蕎麦の提供があるが、人件費を考えると、合理的だろうか。せっかくの蕎麦や なのだから、朝食に蕎麦があれば、良いのでは無かろうか。

朝、8時半にホテルを出発。とにかく人の波で参った。新大阪駅のJRのホームにたどり着くまで、かなりの時間がかかってしまった。そこから2度の乗り換えてようやく目的の病院に着いた。乗り換えにも時間がかかって、9時半に着いた。

 今日の仕事の仲間は、やはり良い方ばかり。病院の対応と準備は素晴らしく、非常にストレスが無く終了した。私の今まで訪問した病院で一番優れて居たのではないだろうか。私の担当部分で、いわゆるコメント記載の必要な箇所は一カ所しか無かった。

 帰途は新大阪利用の3人で、タクシーに乗った。やはり楽だった。夕食は、昨夕と同じ並びの寿司や。八海山2合 刺身 てっちり 鰺の焼き物 で堪能した。





( 2019.12.21 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
旭川⇒羽田⇒伊丹
2019/12/19(木)

 今朝も暖かい。スキー場は大変だ。私は除雪が無くて大助かりである。除雪作業は隣の義妹に負う部分ばかりなので、精神的な負担が大きい。

 朝から自分の車で空港へ。旭川市内よりも、空港のある東神楽町は雪が少ない。これは例年の通りのようだ。旭川⇒羽田⇒伊丹のルートで新大阪へ。

 今日の宿泊は、  ホテルアンドルームス新大阪 。ネットですごく評判が良いので、利用してみた。ところが、ホテルの場所がなかなか見つからない。スマホのソフトを利用してようやくたどり着くことができた。要するに、新大阪駅の中が複雑なのだ。ホテルはやはり駅直近のところに限る。特に暗くなってからホテルを探すのは大変である。思い切ってタクシーを使えるくらい遠いところに予約する手もあるが、、、、、

 昼食は食べなかったので、兼用の夕食を新大阪駅で食べた。とんかつならぬ      牛カツ というのを試してみた。なんでも京都では有名らしい。豚と違って牛はウエルダンにしなくとも良い訳だが、どうせ、ヒレ肉を食べるなら、ステーキの方が好みにあうようだった。



( 2019.12.19 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
旭川市医師会Dr.ゴルフ納会
2019/12/18(水)

 元副院長のS.Dr. とは外来の前でお会いできた。数日前の受傷らしい。お元気そうではあった。80歳の半ばを越えているのだが、まだ一日1万歩は歩いているという。その歩きで転倒したらしい。ゴルフは縁を切って会員権は返上したという。結果的には何も異常が無かったようで、良かった。

 午後7時から WBFホテル で 旭川市医師会Dr.ゴルフ の納会があった。私は 年間最優秀ネット賞 をもらった。グロスでの賞ではないのが残念だった。来年は是非両方獲得を狙おう。明日からの準備のことがあるので途中で退席した。それに、とみに最近は酒に弱くなってしまっている。明日まで酒が残るのはまずい。

 そう言えば、このホテルは私が 病院を通しての契約の仕事として、産業医を請け負っている。何もしていないのだが、、、報酬ももらってはいないが、、、産業医に要求される情勢が厳しくなっているので、いろいろとしっかりした対応をしなければ、、、仕事の内容の互いの確認を含めて、今一度検討が必要なようだ。

 夕方、病院でストレスチェックの講演会があった。当院の臨床心理士が講師だった。内容は大いに参考になった。今後彼女ともうまく連携を保つことが必要だ。





( 2019.12.18 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
特になし
2019/12/17(火)

 朝、6時には出勤した。いつものことだが、誰もいないこの時間が一番能率が上がる。今年も後2週間を残すのみとなった。幸い雪の量は少ない。近郊のスキー場は、オープンできないでいるようだ。富良野もまだ怪しいのではないだろうか。

 夕方、SDr.から電話が有り。転んで頭を打撲後、頭痛がとれないという。脳外科受診を勧めた。明日、外来にひとことれんらくをしておこう。

 帰宅時にガソリンを入れた。スタンドまでの道がやはり雪が溶けて反って滑った。気温が高めなのはありがたいが、道路が滑るのは非常に危険である。

 先日の機能評価の仕事の書類を返却した。JCEP は この3月までの今年度、あと5回もサーベイ先が決まっている。
 機能評価の方は、これが最後かなという気持ちも有る。









( 2019.12.18 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
投函
2019/12/16(月)

 今年は例年に無く  年賀状 の対応が早かった。病院前のポストに年賀状を投函した。

 医局の朝礼があった。11月はかなりの黒字との事。特筆すべきは、一日入院単価が ついに 8万円 を越えたという。これは初めてのことである。
 まずは目出度い。冷静に考えると消費税が上がったこと等も関与しているのかもしれないが、、、それでも、急性期一流病院への仲間入りとも評価できる。これが続いてくれることを、期待しよう。

 夜、天国と地獄 の 元になっている、 グルック の  オルフェとオイリデイチェ を鑑賞した。このオペラは 私が初めて接した オペラである。今でも覚えている。指揮者が 荒谷正雄? と言って、札幌で 音楽院を開いていた方だった。あるいは名は記憶間違いかも知れないが、、、今回の録画では 演出も素晴らしいが ソプラノが気に入った。調べると パトリシア・プティボン というかなり有名な方だった。少し注目してフォローしてみようと思った。それほど素晴らしかった。

追記:::   調べると 荒谷正雄 で間違いが無かった。もう50年以上も前の話である。昔の記憶はどうしてこう残っているのだろう。昨晩何を食べたのか思い出すのも怪しいのに、、、、、





( 2019.12.16 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
年賀状を仕上げる
2019/12/15(日)

 年賀状は既に印刷はしている。そこに、ちょっとした言葉を書き加えた。もう何時でも投函できる。こんな風習は辞めても良いようにも思うのだが、、、

 同年の医師が二人亡くなっている。
 一人は大学の同期で、ポリクリ の仲間だった。学生時代のポリクリの仲間は一緒に行動することが多かった。大勢の孫に囲まれた写真を添えた年賀状が最近届かなくなっていた。

 もう一人は、ここの医大へ九州から赴任ししてきた、脳外科の助教授だった。私とは出身大学も医局も異なったのではあるが、セミナーとかゴルフとか旭川医大脳外科の行事に同行させてもらったものである。地元に戻って開業されてからも、何度も旭川に来られていて、お会いしたものだ。

 もう、客観的には何があってもおかしくは無い年齢である。今を大事にしなければと思う。

 朝、練習へ。新しいドライバーは少し当たるようにはなってきた。誰かに習いたいと思いつつ決心が付かないでいる。幸い、寒くは無かった。2時間の練習が短いと思うのだから、体力はたいしたものだ。

 その後、病院に出て、5時ちかくまではいることができた。



( 2019.12.16 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
道医理事会・懇親会
2019/12/14(土)

 細かい雪が降り続いている。午前9時に練習場へ。年会費を納入した。年末年始の休みも、同様の時間での営業とのこと。何回練習できるだろうか。

 午後2時の電車で札幌へ。パークホテルまでは、地下鉄を使った。この時期のタクシーは非常に混んでいるのが、常だった。何年か前に、ようやくタクシーを捕まえたが、パークホテルまで1時間くらい掛かってしまったことがあった。
 道医の理事会に出席。私は理事でもないが、日医の委員会に出ているので、その報告を義務つけられている。医師会の会議は相変わらずである。まあ、全く他人事になってはいるのだが、、、その後、別室で忘年会もあった。ただ、いつものようには飲まなかった。酒に弱くなっているのを自覚させられているので、、、、

 旭川の同僚と午後9時の電車で帰ってきた。その前にいつもの立ち飲み屋には寄ったが、、、
 この電車は超満員。旭川まで立ち通しの乗客もいたようだった。



( 2019.12.15 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
健診
2019/12/13(金)

 当然、昨晩も不眠。あまり気にはしていないので、良いのだが、、、日中、職員数人と面談有り。内容は多岐に渡った。

 午後、自分の健診を受けた。といっても、年2回の2回目なので、採血と検尿と心電図のみ。聴力、視力は自己申告とした。ちゃんと老人性難聴と嘘は書かなかった。結果がすぐにでたが、著変は無い。酒の影響は皆無なのが、ちょっと信じられないが。
軽度の腎機能障害があるのは以前からである。eGFR はそれでも少し改善していた。といっても誤差の範囲ではあるが、、、

 自宅で息子と話し。孫の本州での大学受験に同伴を頼まれた。幸いその週は見事に空いていた。可愛い孫のことだから、喜んで引き受けた。反って楽しみである。




( 2019.12.14 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
まだ不眠
2019/12/12(木)

 不眠はまだ続いている。昨日はPM9時近くに寝たのだが、その日のうちに起きてしまって、それからは眠れなかった。ただ、昨晩は気温が高かった。録画してあった、    天国と地獄   を鑑賞。ザルツブルグ音楽祭の録画だったが、非常に面白かった。ドイツ語と一部フランス語のようだが、実際には、字幕は出るのだろうか。せめて英語の字幕がでてくれると嬉しいのだが、、、そうでなければ、チンプンカンプンなのだろうが。

 出勤時は雨が降っていた。病院では、少し眠いのだが、居眠りもできない。

 午後から、インフルエンザのワクチン接種の立ち会い。今日は13人と少なかった。まあ、日赤病院が、予防接種に熱を入れる必要は無いだろうが、、、、ついでに、  自分の肺炎ワクチンの接種の予約をした。前回から5年以上は経過している。

 その後、産業医のお仕事があった。感心にすぐレポートも書き上げた。

 今夜は眠られるだろうか。あまり気にはしていないからまだ良いのだが、、、、明日は、職員健診がある。といっても、採血と心電図と検尿だけではあるが。

 逆流性食道炎に悪いこととして、たばこ、コーヒー、炭酸水 が上がってはいた。最近、あらたに私の嗜好に加わったのは、ハイボールである。せめて、薄い水割りに変更してみることとした。効果があるとは思えはしないが、、、

   案の定、上記引用のガイドラインでは、殆どの事項が 確証が無いということになっているようだ。服用開始の薬剤さえ、効果は不明のようだ。まあ、そんな物だろう。あまり、厳格に考慮することもなさそうではある。
 日医の機関誌には、ちょっと当たってみようかとは思う。






 

( 2019.12.12 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
逆流性食道炎
2019/12/11(水)

 昨晩はひどかった。2時間弱しか眠られず。朝から却って眠い。

 病院には、午前7時を目指して出勤。今朝は暖かくて国道の雪はすっかり溶けていた。本当は、居眠りしても、迷惑の少ない環境なのだが、それができない。眠いな  と思った時に少しウトウトできれば、良いのだが、、、

 夕方になっても眠気だけは有って、医局の行事はサボらしてもらって帰宅した。

 今日から、常用する薬が一つ増える。逆流性食道炎 に 対する  ネキシウム  という錠剤である。症状は、典型的ではなく、咽頭痛と耳痛ということになる。効果が有れば良いのだが、、、、耳痛も少し最近は辛くなってはいる。

 加齢とともにだんだん服用する薬が増えていく。仕方が無いとは思うが、恐ろしい。







( 2019.12.11 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
紋別→旭川
2019/12/10(火)

 昨晩は、気持ち良く酔って、寝たら12時前に起きてしまった。それからは全く眠られず。ホテルにある大浴場を利用して、ビールを飲むもいずれも効果は無かった。
 持参した、オペラを鑑賞。結局、朝まで起きてしまった。朝食は食べた。ホタテの刺身が豊富にあっておいしかった。

 午前8時過ぎにチェックアウトをした。昨夕他の仲間がお土産を購入していた店に寄った。海産物ばかりだが、夏のゴルフの後の、留萌のようには、好ましい物は少なかった。それでも数点お土産を購入した。

 9時発のバスは相変わらず空いているし快適だった。天気も悪くは無く15分くらい予定よりは早く旭川駅前に着いた。駅でパンとフライを購入した。

 昼食後、病院にでた。院長に明日の処方を頼んだり、結構仕事は有った。暮れの忘年会や道医の新年会、3月の研修医の修了証授与式の案内ももらった。昨日のレポートはほぼできあがった。

 帰宅しようとして、車を動かすも何かおかしい。よく見ると左後輪に湿った雪がびっしりとつき、それが凍りかかって、車輪の回転を妨げていた。こういうこともあるのだ。初めての経験では有る。気をつけなければ、、、、

 いよいよ来週のサーベイの準備を仕上げなくてはならない。いつも、何かに追われている心境だ。

 


( 2019.12.10 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
タスク終了
2019/12/09(月)

 8時半にホテルのロビーに集合して、タクシーで出発。大昔に、それこそ学生時代に、夏休みだったと思うが、何人かで数週間お世話になったことがあるのを思いだした。船釣りに誘って頂いて、船酔いで酷い目に遭ったのを思い出した。

 お仲間も良い方ばかりで、恙なく仕事は終了した。お役に立ってくれれば、嬉しいが、、、、

 夕食は、ホテル近くの居酒屋だった。おいしい魚をたべることができた。ただ、私は完全にアルコールには弱くなっているようだ。良い傾向と、前向きに捉えよう。



( 2019.12.10 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
旭川→紋別
2019/12/08(日)

 一日中、吹雪。見通しも悪くなっている。

 午前4時に、病院にでた。今週の前半を、出張が入っているので、その穴埋めの為である。ただ、この時間が一番仕事が捗る。

 午前11時には、帰宅した。用意して、12時にはタクシーで旭川駅に向かった。旭川駅のすぐ近くに、バスセンターが移動していた。なんでも、なかなか購入できない食パンの店があるそうな。帰りにでも買ってみようか。

 紋別行きのバスは7人しか乗客はいなかった。一人掛けで、トイレも付いていて、快適だった。3時間の予定があの地吹雪のなかでも、15分は早く紋別に着いた。夏に自分の車だと、さらに  30分は早く到着できるはずだ。
  今夜は 機構で用意した、 セントラルホテル。バスセンターから少し歩くのが、欠点なのだが、丁度タクシーが停まっていたので、利用した。吹雪の中だったので、助かった。

 夕食は、ホテル内のレストランで、  オホーツク御膳というのを食べた。これは結構な内容だった。冷酒 男山 300 で十分だった。絶対に酒量が落ちてきているようだ。まあ、年齢のことも有るのだし、良い傾向と捉えよう。

 昨夜の不眠を解消しようとしたが、当然うまくはいかない。
バスの中でも眠られず、酒を飲んでも、日が変わる前に、目覚めてしまった。


( 2019.12.08 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
久しぶりの練習
2019/12/07(土

 朝、9時から久しぶりの練習。2時間した。今のところ物足りないという感じである。なんとか、少しフォームを改善して固定させたい。本当は誰かに習うべきなのだろうが、、、、この年で習うのも恥ずかしい気持ちもあるし、、、

 その後、病院に出た。午後から、クリスマスコンサートがあったようだが、見物にも行かなかった。午後4時過ぎまで病院に居ることができた。DAZN でコンサドーレをみる。またもや開始早々の失点。最後までそれが祟って敗戦。
 今年はこのパターンが多いようだ。大敗にならないだけまだ今までよりは、進歩したのだろうか。10位という位置が妥当だろうが、もう一歩先に進むのは容易なことではなさそうだ。

 フロントの腕の見せ所ではある。


( 2019.12.08 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
受審準備委員会
2019/12/06(金)

 飲んだ翌日ではあったが、2時半には起床。最近は熟睡できる日と全く駄目な日が交互にあるようだ。まあ、あまり気にはしてはいないのだが、、、

 午前7時には出勤。今はまだ、国道に出るときに、狭い道路からでている。その方が、信号待ちが無いからである。私の時間ではまだ、学校に向かう小学生もいない。しかし、これから道路の両脇に、除排雪した雪山ででき初めて、見通しがきかなくなると、信号の助けが必要になる。信号待ちの時間は仕方が無いと考えよう。

 午後、機能評価受審の準備委員会があった。自己評価調査票を作る部会の会議だった。機能評価のサーベイは、あくまでも訪問調査が主体なので、この記述の優劣で何かが決まる訳では無いことを強調した。自分たちの病院において、未だできてはいないことを、見つけ出してその対応を検討することもこの受審の一つの目的ではある。機構提出文書に載せるかどうかは別にして、、、、

 朝も暗いし、夕方の日の落ちるのも早い。こうなると早く正月が来ることを願いたい。1月になると目に見えて 日が長くなってくる筈である。




( 2019.12.07 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
なんとも多彩な一日
2019/12/05(木)

 朝、といっても午前2時すぎではあるが、空腹で目覚めた。今朝は検査のために 絶食の日である。出勤までの時間を使って、幸い、次回の訪問審査の準備が滞り無く終わった。かなり気が楽にはなった。後は、吹雪でバスが動かないなどと言うことが無いように祈るだけである。形態としては、初めてのサーベイではあるが、まあ大丈夫だろう。

 午前7時には、出勤した。救急の玄関は、開いていた。初期には、風が吹き混んで、クローズした記憶があるのだが、どうもそれは杞憂のようだった。私の任期中でも一度くらいは話題にして確かめるべきではあった。頭が固かった。

 午前9時頃から、私の胃の内視鏡検査。ここ数年は鼻からの内視鏡で行っている。特に昨年とは変化が無く。萎縮性胃炎、逆流性食道炎との診断だった。咽頭部の痛みについてはこの原因は、やはり、逆流性食道炎に尽きるのだろう。相談して、薬を服用することにした。もらう科が増えるのを避ける為に、今の薬に追加の形をとることにした。カルテに推奨薬を記載してもらった。来週、投薬を受けよう。

 昼前に 安全衛生委員会。産業医として、現況を説明する場面もあった。ストレスチェック の有用性について、何かもっと職員に宣伝する機会と内容が必要かと思われた。どうも、私の知識は不足である。どこで、それを補えるのだろう。

 午後には恒例の インフルエンザのワクチン接種の立ち会い。今日は人数はあまり多くは無かったようだ。これも後2回。

 帰宅後、息子の家を訪問。下の孫の誕生日祝い。来春はもう中学校である。最近目に見えて 身長が伸びたようだ。上の孫は最後の追い込みらしく、帰宅は午後10時だという。私は途中で抜けて、アートホテルに向かった。

 旭川在住の医師関連の ゴルフ仲間の例会が 三つある。そのうちの、 池竜会 という会の 納会があった。表彰式もあり、わたしは、総合優勝だった。ただ、年間ベスグロでは無かったのが残念ではあるが、、、来年は少し安定させたいものだ。昨日の休肝日の反動でついワインを飲み過ぎた。




( 2019.12.06 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
今日も吹雪
2019/12/04(水)

 朝から、酷くは無いが吹雪いている。病院への車はやはり滑る。もう少し気温が下がると良いのだが、、、当然だが、病院では特に休んでいても大きな出来事は無かった。二週間後の JCEPサーベイの資料が届いていた。それよりも、さし迫った紋別の準備をした。

 訪問してくれた職員は数人。電子カルテの機器の変更の打ち合わせもあった。正月休みに大がかりに行うらしい。明日の 委員会の 案内と相談もあった。

 今夜はさすがに   休肝日 。午後9時から、絶食である。明日は、 胃の内視鏡検査を受ける。
 逆流性食道炎を相談してみようか、、、




( 2019.12.05 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
長崎⇒羽田⇒旭川
2019/12/03(火)

 まだ暗い内に、長崎駅前から、空港行のバスに乗った。このバスは便数はもの凄く多いのだが、空いていた。これで経営が成り立つのだろうか。長崎空港は旭川から比べると、遙かに大きい。出入りする便も数倍はありそうだ。お土産の店もたくさん並んでいる。旭川空港は便数がもう少し増えないと、レストランも土産屋も潰れてしまいそうだ。
 現に、三階の 店が朝早くから開いて居たのだが、11時からに変更していた。私はあの店で、朝カレーをつまみにして赤ワインを飲むのが好きだったのだが、、、、

 羽田で、旭川は降雪の為、羽田へ戻ることがあるのを承知で、、、、と言われてしまった。確かに、旭川の上空に着いてからも、さっぱり高度を下げる気配が無い。そのうちに除雪作業の終了を待つとの、案内があった。吹雪の収まるのを待つとは違って、除雪ならなんとかなる。こういうときには便数が少ないのが幸いする。これが、新千歳空港なら上空で旋回している飛行機がぶつかってしまう。

 1時間遅れで、何とか着陸した。それから、駐車場の車の雪を払い、ようやく空港を出た。ところが、吹雪で酷かった。ホワイトアウトの状態に時々なる。国道に出れば、まだ良かったのだが、農道を利用したものだから尚辛かった。ただ、医大のあたりまで来ると治まった。冬の空港往復の自家用車はもう辞めようと思った。他の空港から比べると、タクシー代は高くは無いのだし、ケチをしないでこれからはタクシーを利用しよう。

 帰宅後、すぐに着替えもせずに、又タクシーに電話。この天気ではすぐには来ないだろうと、時間の余裕を含めて電話した。ところが、すぐに来てしまった。今夜の日赤会は午後6時開場なのだが、5時半には着いてしまった。幸い準備の職員がもう居て、会場に入れてくれた。ワインのサービスまでしてくれた。

 日赤会はいつもの通り。常連で来なくなった医師が二人。私は巡り合わせで 乾杯の発声。何しろ飲み続けで辛かった。恒例の福引き終了後、最後を端折らせて貰った。何しろ明日からの予定のことが気に掛かる。週末からは紋別への出張も控えている。


( 2019.12.04 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
島巡り→長崎
2019/12/02(月)

 福江島は雨は降ってはいないが、風が強い。どちらかと言えば寒い感じである。脛のサポーターは着用したままであった。バスで福江島の北半分を見学した。キリシタン関係の古い教会が多かった。ただ、私はあまり興味は無かった。

 この島からは夕方に離れることになっていたのだが、夕方の便が又欠航の可能性があるとのことで、急遽午後1時頃の 便を利用することになった。これは正解だった。早くて快適だった。時間が昨晩のフェリーの半分の1時間半で長崎に戻ることができた。

 長崎での時間が余った分を、諫早の 干拓地 を見学に回った。これはこれで興味もあり、面白かった。

 今夜は ホテル・ニュー・長崎  。 夕食は中華だった。美味しかった。九州内の大先輩が来られていたが、お元気だったが、話が長い。私も注意しなければ、、、、

 疲れ気味何か腰痛もあり、二次会も案内されたが、一度部屋に戻ったら、面倒になり、辞めた。実は急に今週病院で予定になっている機能評価受審の準備会のスライドが出来ていないことが気に掛かりだした。何か少し準備を始めなければ、、、折角材料は持参してきているのだから、、、

やはり参加して良かった。元気であれば来年も是非とも参加したいと思った。

 私はこれで、皆と別れ、明日早く空港に向かう。
 明日は 日赤会の忘年会に是が非でも顔を出さなければ、、、


 





( 2019.12.03 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
旅行①日目
2019/12/01(日)

 幸いにして、昨晩はよく眠れた。朝食は、買ってあったパンを食べた。このホテルの朝食は隣接している ロイヤルホスト だったので頼んではいなかった。

 チェックアウトの時間まで、ノンビリと持参した ワーグナーを楽しんだ。11時半に改札口に行くと、もう旅行会社の方が待っておられた。

  今日は、赤十字病院長連盟OB会の旅行の初日。

 長崎市内観光。観光よりも、やはり懐かしい方々にお遇いするのが嬉しかった。皆、何か持病を抱えている人が多かった。グラバー園への坂を上れない人もいた。運転免許を返上または運転は辞めたという方々もいた。

 それから考えると、私の足も気力もまだ強い。今年、赤いスカイラインを 購入したくらいである。

 長崎の原爆に間するいろいろな場所を見学できた。唯、私はカソリックに関しては全く興味も沸かないのだが、、、、

 天候不順で、五島列島へ行く   ジェットフォイル    が 欠航となり、フェリーは動くということで、急遽変更になった。その フェリーがたいへんだった。昔の青函連絡船を思い出した。通路に茣蓙をを敷いて座ったのは久しぶりだ。

 かなり揺れたが、酒を飲んで居る内に目的地についた。  福江港     なそうだが、どこの島に着いたのかも、真っ暗で不明。ホテルは カンパーナホテル だが、和室だった。

 夕食会の遅くに始まった。もう船の中で充分出来上がっていて、あまり盛り上がらなかった。






( 2019.12.02 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )