FC2ブログ

旭川→札幌⇒東京

2014/10/30(木)

 朝起きたらものすごい霧だった。これはきっと日中は温度が上がるのだろうと思われた。案の定、秋晴れ。こういう天候が続くのなら良いが、、、

 昼の電車で札幌へ。カデル 27 で 総医協 の会議が有った。どうしてああいう意味の無いことを主張する人がいるのだろう。私には理解ができない。ただ、それなりに面白い会議ではあった。

 そのまま、千歳空港に行った。午後7時の便で羽田へ。今夜はいつもの  羽田エクセル東急  で宿泊。明日は、日医会館での会議に出席後帰宅する。

11月の医療機能評価と卒後臨床評価機構 のサーベイに関する連絡が来だした。頭の中で混乱が起きてきた。情報が錯綜している。資料はまだどちらも届いていないのだが、、、、



スポンサーサイト



札幌→旭川

2014/10/29(水)

 ホテルを6時半にチエックアウト。札幌駅を6時51分発の電車に乗った。最近、この電車は混んでいる。ただ、指定席はガラガラだった。滝川のあたりは雪で真っ白だった。数分間電車は遅れた。まさか雪のためではないだろうが。これから、冬になると、雪害による交通機関の遅れを考慮しなくてはならない。

 家に寄ってから病院へ。午前中は病院では、特に大きな事は無し。

 午後から、市内の病院へ。北海道医師会の仕事で、立会があった。旧知の医師の病院だったが、良く対応ができていて安心した。
 今夜は珍しく空いているので、少し予定を進めよう。明日はまた、札幌で会議の後に、新千歳空港から羽田空港泊まりである。




初雪 今日も札幌

2014/10/28(火)

  朝起きて外を見るとやはり雪が降っていた。積もるほどではないが車の上には雪が白く残っている。
いよいよ冬だ。諦めて対応を考えよう。私は気持ちの切り替えは早い方だ。恵まれた良い資質だと思っている。

   ゴーストライターの役目はどうやら上手くこなすことができた。一つ懸案が解決した。これで、少し気持ちが安定した。

    今日も、午後3時半の電車で札幌へ。常任理事会と私の担当部の理事会があった。午後9時の電車に間に合うかどうかの微妙な所だった。しかし、結局は札幌に宿泊となった。ホテルは駅に極めて近い ノースゲート。禁煙室ではなかったが、幸い匂いはしなかった。
  このホテルは、ビジネスホテルとすると、何の不満もない。良いホテルだ。無理しないで宿泊して体は楽をした。しかし、やはり仕事にならない。ここは考えところだと思った。飲んで酔っ払って宿泊するのとはやはり訳が違った。小清水訪問の時のパワーポイントを作ろうとしても、私はマウスがないと仕事ができない人だった。

 仕方無く、一階併設の  LAWSON に行き、酒を購入。休肝日は一日で終了となった。

   明日は早い電車でまずは旭川に帰ろう。午後からは医師会の仕事が入っている。





札幌出張

2014/10/27(月)

 朝の出勤で、この秋初めてレインコートを持参した。今日は、久しぶりに検査室への訪問もできた。

 連絡事項が数件あり。事務部長から小清水日赤病院訪問の詳細も受け取った。しかしまだ、私の準備はできていない。
行きも帰りも、女満別空港への送迎をお願いするという変則的な事になってしまった。
 100年誌の挨拶文のゴーストライター役をようやく始めることができた。これは明日あたりで、なんとか成りそうだ。これができあがると少し気分に余裕ができるかもしれない。

 午後3時半の電車で札幌へ。明日の担当理事会の準備打ち合わせともう一つ、糖尿病関連のワーキンググループ会議があった。
 幸い、思いの外に両方とも早く終了して、午後7時半の電車で帰ることができた。これだと体も心も楽だ。
 何か少し寒くなってきたようで明朝は、雪が降りそうだという。

 明日は終了時間がちょっと不定。午後9時の電車に乗れなかったら、札幌宿泊も考慮しておこう。その方が疲労も少ないだろう。

 本当に、何日ぶりかで  休肝日  



長い一日

2014/10/26(日)

 長い一日だった。そうして、素晴らしい好天気だった。

 旭川に戻ってから、すぐ、墓参りがあった。今年は一回しか行っていなかった。両親と長男の墓が有る。妻の実家の墓も有り、今日は妻の亡くなった次兄の命日でもあった。本当はその為の墓参だった。丘の上で寒くて大変かと思ったが、今日は20度を越えていた。

 その後の行事はスキップして、家に帰り、私は自分の仕事に没頭した。しかし、なかなか進まなかった。
 途中でコンサドーレのテレビまで眺めてしまった。快勝だった。監督が替わって明らかに、ムードが変わったと思う。あの無駄な横パスとかバックパスが見られなかった。今後も今のように上手くいくかどうかは別にして、監督で変えることができたようだ。そうなると、フロントの責任が大きい。これは病院の指導者にも当てはまる事なのだろう。考えたら恐ろしいことだ。

 夕食は、明日多分退院になる義兄の退院前祝いということで、留主部隊だけで、福鶴亭 に行って夕食。孫達も参加したが元気だった。まだ果たしていない  孫の日 の祝いを11月の 連休に、一緒に買いに行くことになった。上の孫は  金を貯めて、何かを購入の予定らしい。

 仕事は捗らず。イライラとするがどうしようもない。明日も札幌出張が有る。きっと遅くなるのだろうな、、、、
少し、酒が続いている。明日くらいは  休肝日 としたいものだ。

 不毛の福島県知事選が終わった。私は 本当は 民主党 にもがっかりしている。反原発を盛り上げる絶対良い機会だったのに。自民党にまんまと作戦勝ちをさせてしまったことになる。




日本保育園保健学会

2014/10/25(土)

 朝早く起きて、レポート書きのつもりが、なんと目覚まし時計で起こされた。まだ5時半とはいえ、私にとっては屈辱的だった。午前6時半に朝食。ただ、全く私は朝食会場を覚えていなかった。前回に宿泊の時は、きっとダイエットで朝食を抜いたのだろう。
 ゴルフシーズンも終わったし、私も改めてダイエットに取り組まなくてはならない。

 午前中部屋の籠もりきりで、レポート書き。何とか仕上がった。エイヤーっとリーダーに送ってしまった。ただ、他のメンバーには回覧されないように、メーリングリストは利用せずに、リーダー個人に送付した。何とも気が小さいことだが、仕方が無い。
 11時に部屋を出て、中野にいった。ここで、保育園保健学会が開かれていた。正直、面白いと思った。これは私にとっては、進歩なのか、退歩なのかは判断はできないのだが、、、ただ、間違い無く違う世界に一歩を踏み出したようだ。

 今夜はこれから、次のノルマを片付けなくては、、、折角懇親会にもでなかったのだから、、、



再び東京

2014/10/24(金)

 朝早く起きて仕事をするつもりが、起きられず。珍しいことだ。結局、病院に出て足跡だけ残すこともできずに、自分の車で空港へいった。これが、雪が積もったら、タクシーを利用することになるのだろうが、、、

 空港で、昨夕の  特別講演の講師の先生と偶然ではあるが出逢って、お礼を述べる機会があった。道北ドクターヘリの今後の見守りとご指導をお願いした。
 今回の飛行機は、機体が変更になっていて、例のWi-Fiの使える機体だった。革張りだし、室内も綺麗で機内の照明も LED なのだろう。まあ、旭川便には何かの機会にしか回ってはこないのだろうが、、、、

 ホテルは、新宿サンルート。

 前回このホテルを利用したのは、昨年の2月。機能評価のサーベイだったが、実は痛風で苦しんでいた。杖をついて歩いたのを思い出した。サーベイ先は50メートルほどしか離れて居ない病院だったが、そこまでたどり着くのが辛かった。

 医師会から、メールが数件と電話もあった。電話は4月の医学総会の確認だった。ちょうど、乗り物の中にいて対応に難渋した。自分の病院からも、放射線業務従事者の健診の結果の面談の日程調整もあった。

 ホテルで、レポートを書き始めたが進まず。その内に他の方が書き上げて、もうリーダーに届けた原稿がメールで回覧されてきて、その内容の立派さに、私は自己嫌悪に陥った。

 夜、新国立劇場に、 ドンジョバンニ を鑑賞に行った。仕事が貯まっているし、どうしようかは本当は迷った。しかし考えるところがあって、無理して行った。

 私はまだ耳はなんとかなるが、腰が痛くて駄目なことが判った。
本当は、幕間までの2時間ほどに尿意が大丈夫かと心配だったが、これは何ともなかった。それほど悪いシートでもないのだが、あまり動かないで鑑賞するのは、もう無理なようだ。寂しいけれどこれが最後かもしれない。後は、DVD と METのLIVEVIEWING  を  札幌駅のシネマコンプレックス で見るしかないだろう。どうせ耳だって他人の半分しか聞こえていないのかもしれない。
 ただ、今回のオペラは面白かった。とくに  ドンナアンナ  を演じたソプラノは素晴らしかった。



ドクターヘリ就航5周年祝賀会

2014/10/23(木)

 朝の2便で旭川に帰って来た。東京周辺の  JR の動きが悪くて、余裕を持ってホテルを出たつもりが空港に着いたのはギリギリだった。精神的のは非常に好ましくはない。飛行機は満員だった。

 旭川到着も少し遅れたので、家に寄らずに、直接病院に出かけた。今日は、自分の薬を貰う日だったので、遅くなって処方箋を出すと、迷惑をかけることになる。

 さすがに、休んだ後で、連絡事項が多数有った。FAX も数件。義兄の病室にもお舞いがすることができた。食事も摂れるようになり、元気で安心した。

 午後6時から、グランドホテルで、ドクターヘリ就航5周年記念講演会と祝賀会が開催された。盛大だった。私は祝賀会の始めの乾杯の挨拶だった。昔のことを思い出してちょっと話をした。お亡くなりになった増田先生との思い出も話すことができた。
 二次会にも誘われていたが、明日又東京へ行くので失礼した。

 良い話が一つ。次年度の臨床研修医の マッチングの結果 が発表になった。フルマッチを達成できた。まずはめでたい。
 二桁というのは、やはりちょっと誇こらしい気持ちが有る。願わくは、手が回りかねて指導がおろそかになるといったことがないように願いたい。悪い評判はすぐ広まるから、、、

 病院を評価する指標として、私は認定看護師と臨床研修医の人数だと思っている。病院では認定看護師は少なくとももう20人を越えているはずだし、今回研修医の数でもようやく二桁になった。心から嬉しいと思う。



二日目終了

2014/10/22(水)

 朝から雨。一日中降っていた。

 二日目が無事に終了した。職員の努力を讃えたい。敬意も表したい。新設して1年半で受審は本当は少し無理かなとも思った。しかしこれを機会に、病院の職員の気持ちを一体化して前を向くようにしようとする、病院幹部の方々の熱意に打たれた。
 今回は副機能が2部門あって、その道のベテランの医師が同行したわけだが、私は大いに参考になった。まだまだ自分の至らなさを思い知らせられた。考えたら道は深いものだ。私は今後とも努力が必要だ。
 最後の講評はやはり時間がかかった。

 レポートがこれは久しぶりに結構大変だろうと思う。記載すべき事がたくさんある。

 私は明日、一度旭川に戻り夜は、ドクターヘリの就航5周年記念の式典がある。二次会にも呼ばれているし、明後日はまた医師会の会議で東京へ出てくる。

 夜、弟と会った。雨が降っているので、ホテルの中の居酒屋で夕食とした。昨夕も使ったのだが、普通の刺身居酒屋で賑わっていた。弟一家は元気とのこと。この次は何時会えるか、、、互いに年をとって来たので、できるだけ機会を逃さないようにしたい。

 家に電話。義兄の止血は内視鏡的に一応うまくいったという。まずは良かった。



一日目終了

2014/10/21(火)



 一日目が終了した。病院の協力もあり、あまり辛くなく終了できた。今回は変則的でケアプロセスを一つの病棟で2症例について行うことになっていた。急性期病床が少ないのに、リハビリと療養の副機能が二つ付いている為である。夜の打ち合わせは最近では珍しく長くかかった。その代わりに、夕食はホテル内の居酒屋で済ました。これは確かに楽だった。

 ただ、今回のサーベイとは、直接は関係の無い話では有るが、この病院の多方向を向いた方針は、私には本当は理解ができない。この病院の院長は私には絶対にできない。
 入札時の条件なのかもしれないが、、、、、

 夜、家に電話。義兄の大腸出血がまだ止まらないようだ。開腹ということに結局はなるのだろうか。電話だけではどうも判らない。と言って私は身動きもとれない。高齢でも有り、侵襲を考慮して、いるのだろうが、そろそろ限界かもしれない。

 医師会から、来年4月の日本医学会総会の案内がきた。京都である。私は参加の返事はした。ただ、私の任期はいつまでなのだろう。もう一期続けるのだろうか。嫌だと思っている仕事ではないが、この忙しさは少し異常で、とにかくゴルフをする時間的余裕がない。素直に考えるともう一期はお引き受けすべきなのだろうが、、、確認と決断が必要だ。



川崎日航ホテル

2014/10/20(月)



 朝は、病院に出勤した。医局の朝礼にでた。入院一日単価 75,000円 外来一日単価 15,000円に、限りなく近づいてきた。この数字は、全国的に見てもかなり立派な物だと思う。退職しても、自分の路線が優れた後輩に継承され、上手く機能していることを見るのは、幸せだと思わなくてはならないのだろう。

 院長、事務部長と相談すべき用件が有り面談。病院の産業医の仕事の相談も人事課からあった。

 11月の病院互助会の温泉への旅行会への不参加も伝えた。本当は参加したいし、参加すべきだとも思うが、遺憾ともしがたい。日程が、混みすぎだ。

 昼前に病院を出て、一度帰宅。車検とタイヤ交換から、戻ってきた自分の車で、空港へ向かった。折り返す飛行機が大幅に遅れていた。仕方無く時間つぶしに空港で、早い夕食とした。

 川崎日航ホテルにはようやく午後5時近くなって入った。今日から三日間宿泊する。

 今月はこの下旬に、3往復の東京出張が有る。どこかでペースダウンをしたいものだ。



孫の日

2014/10/19(日)

 今日も朝から快晴。尤も車も無くて練習には行かず。朝、8時25分の電車で札幌へ。道医会館で医師会関係の決裁すべき書類がたくさん貯まっていた。午前11時から、学校保健部会の理事会。ちょっと、馴染めない部分もあった。

 理事会は1時間もかからずに終了した。昼食は久しぶりで,三越斜め前の地下の  蕎麦のさくら  。相変わらずここの蕎麦を私は美味しいと思う。ただ、なかなか訪問する機会がない。今度またネットで注文して送ってもらおう。

 旭川に帰ってからは、昨日に続いて日本オープンを見た。今日も面白かった。live というのはやはり独特の緊張感があって良いものだ。

 夕食は孫達も来て、家の近くの回転寿司 の すし六  に行った。何年ぶりだろう。そんなに味が悪いとは思わないが。11月で閉店だという。今日も結構な混みようだったのだが、、、、孫達の食欲はへんてこで、下の孫は枝豆を4皿、上の孫はパフエを三つと寿司屋とは思えない料理が主体の食べ方だった。

 もう一つ、孫の日をこちらは意識していたが、孫達は全く認識していなかった。今度改めて、買い物にいくことにした。上の孫はお小遣いを貰って貯めて、何か大きな買い物を考えているようだ。

 明日から、また出張だ。何とか午前中だけでも病院に出よう。




秋晴れ

2014/10/18(土)

 秋晴れだった。こういう天候がせめて11月一杯でも続くと良いのだが、、、、、練習には行かなかった。どうも風邪気味だ。

 朝から大急ぎで、自分の車の中を少し掃除をした。今日,NISSAN に車検に出す予定になっていた。私はタイヤも NISSAN に預けている。春と秋には車を取りにきて、持っていって装着換えをしてくれる。腰を悪くするよりは良いとは思って感謝している。
 しかし、車を買い換えの時にはまさか他のメーカーには変更できないだろう。後一回くらいは小さなしゃれた車を購入したいと思っているのだが、、、

 昼前に、旭川の  サンアザレア に行った。北海道学校保健学会の役員会があった。北海道医学大会の一環としての、学会が持ち回りで旭川で開催されるようだ。
 いつの間にか私は 医師会絡みで 理事 になっていた。サンアザレア  は久しぶりだ。昔は病院でも、使用料が安価なので良く利用した。会議はたった1時間で終了した。役員会だけで、私は失礼した。

 医師会の仕事も、電車の移動が無いとこんなに楽な事かと思わされた。

 本当は、夕方にかけて北海道医師会館で医政講演会がある。まあ、私は 昼にまず医師会の業務を行ったし、明日も又札幌へ行くので、勘弁して貰うことにした。おかげで午後はのんびりと  ゴルフの  日本オープンを テレビで楽しんだ。

 10月、11月の予定がますます、混み合ってきた。うまくセーブしなくては体にも心にも悪い。予定表を頻回にチエックしていないと、何かが抜けてしまいそうだ。



熊本⇒羽田⇒旭川 旭川⇔滝川

2014/10/17(金)

 朝7時にホテルをチエックアウトした。空港までのタクシーが渋滞でひどかった。本当はこちらでは渋滞と言う範疇では無いのかもしれないが、田舎に住む私は結構いらいらとした。
 50分くらいかかって着いた。これでは、空港でも食事の時間は無かった。お土産だけは購入できた。
 さらに、羽田空港での乗り継ぎ時間が20分ほどしか無く、ゲート1番から16番までは結構な距離があって、間に合わないかとさえ思った。足の具合が何ともないから良かったが、これが昨年のように痛いのだったら、大変だった。

 旭川は冷たい雨が降っていた。テント張りの屋台がたくさんでていた。 SORAマルシェ と称した、催しのようだったが、とても覗いて歩く環境ではなかった。

 帰宅してから時間が有ったので、一度病院に出ようかとも思ったが、何か風邪気味でもあるし、止めた。午後4時半の電車で滝川へ。医療従事者向けの、鬱病の講演会があった。例によって、挨拶と司会進行。空知地方だけで無く、多くの道内からの参加が有った。
 今日のお話は特に面白かった。

 午後8時52分の滝川発の電車で帰ることができた。やはり疲れた。明日も、明後日も北海道医師会関係の仕事が入ってはいる。



日赤病院医学大会

2014/10/16(木)

 さすがに疲れていたと見えて、朝起きたら5時だった。私にとっては珍しいことだ。何か罪悪感を覚えるほどだった。
朝食に午前7時に行った。超満員で日赤の関係者にたくさん会った。これでは、明日は朝食は無理だろう。空港に早く行って.向こうで食べよう。なにしろ羽田空港では乗り継ぎに25分しかないので、食べる暇は無い。

 学会は盛況だった。職員のポスターセッションも真面目に聞いた。機能評価の発表もあり、ポスターだったので、後でそっと言わずもがなの情報提供までしてしまった。

 昼のランチョンセミナは私が聞きたかった、グローバルヘルス のセッションは 10分間で締め切られたという。挨拶だけでもと思って会場に伺うと、私を知っている社員の方がいて、親切に入場させてくれた。弁当も支給された。演者と座長のお二人に11月の祝賀会欠席のお詫びをした。今回の大きな目的は達した。話も相変わらず面白かった。

 ただ、全体を通して私はやはり自分は現役ではもう無いということを自覚させられて、改めて寂しかった。お声のかかっていたどこかの病院に雇われ院長でも良いから、就職すべきだったかと少し思った。

旭川→新千歳⇒羽田 羽田⇒熊本

2014/10/15(水)

 長い一日だった。朝、目覚ましをかけたが、2時には目が覚めてその後は眠れず。午前5時には迎えのタクシーが来た。札幌で乗り換え。ただ、札幌までは途中で検札が無かったので、切符の買い換えを起こらなかった。本当は特急料金くらいは購入の必要が有ったはずだ。これは私が不正というよりは制度が何かおかしいのだ。何回か指定席の変更をすると、S 切符フォー には使用制限ができてしまうようだ。 何円かを得をした。

 新千歳空港でまずは東京乗り継ぎの熊本行きで荷物を預けた。義兄の状態によっては、東京からトンボ返りもあり得るとはおもったが、敢えて熊本まで預けた。悪い方の予想で動いては申し訳ない。良い事を思って動いて何かが起きたらその時は対処するしかない。

 東京は雨だった。駒込の駅から日医会館まで初めてタクシーに乗った。日医会館での厚労省からの話は面白かった。私の感覚がようやく医師会モードになったのかもしれない。色々と難しい事もあるが、良い事だと考えよう。とにかく面白かった。3時間を必死に聞いた会議というのは久しぶりだった。

 何度か、自宅に連絡をとるも、義兄の様子は少なくとも順調のようだった。熊本に行くことにした。羽田空港で札幌に戻る同じ会議に出席していた、担当課長に夕食を無理矢理付き合ってもらった。いつもの寿司だった。

 午後9時半に、この二日間の宿泊のホテルである    熊本キャッスルホテル にチエックインをした。

  このホテルで確か懇親会が開かれる筈だった。明日は疲れていたら夜までこのままだ。




予定を大幅変更

2014/10/14(火)

 朝、病院に行くと、義兄は輸血にもかかわらず、ヘモグロビンが下がっていた。結局、血管撮影をして塞栓術をおこなうことになった。

 上手くいくかどうかも判らず、心配も重なったし、ふだんの恩を返すチャンスでもあるので、今日の医師会の行事はすべてキャンセルとした。ホテルもキャンセルができた。

 血管撮影は午後3時半から始まった。私は久しぶりに臨床の現場に立ち会った。私も昔は脳血管撮影は行ったが、それとは全く異質の細かい操作だった。出血血管が見つからないかもしれないというのが、始めの一番の恐れだった。しかし、立派な出血源が見つかった。幸い、苦労したようだが、血管を閉塞できた。スポンゼルでは上手くいかず、何か凝固する物体を使用したようだった。

  ひとまず第一段階は終了した。
 今後はこの閉塞の結果の虚血による、腸管壊死の心配がでてきた。必ず起こるとは限らずまたいつ起きるとも決まってはいないので、私は明日からはとにかく予定を進めることにした。

 まずは、朝5時18分の電車で札幌に向かう。
 残念ながら JAL も AIR DO も旭川からの 1便は満員だった。

 帰宅前に、今夜病院に講演にきていた出身医局の教授に挨拶することができた。



練習再開

2014/10/13(月)

 朝一週間ぶりの練習へ行った。結構ちゃんと打てた。しかしこれは要するに、自分の能力の低下を自覚していないということだろう。一週間何もしなくて同じ筈は無い。期待するところが低すぎるのかもしれない。

 午前中は、妻と買い物へ。孫達が来た時の菓子類を買いあさった。文句を言いながらも本当は楽しい買い物だ。
午後、タイミングが良く孫達がまたやってきた。  "おばあちゃんまた新しいお菓子を買ってくれたんだ”   などと可愛いことを言いながら全部をかっさらっていった。

 夕方、入院している義兄を見舞いに行った。突然の下血で昨日救急車で搬入されていた。私と同じに腸管に憩室があり、何年か前にも出血騒ぎがあった。その時は自然止血したが、今回はちょっとやっかいで止まらないようだった。輸血も必要になった。しかし、出血は続いているようだった。
 塞栓術も必要かもしれない。そうすると合併症としては、腸管梗塞も起こり得るわけである。隣同士で生活し、行き来も頻繁で、孫達もすっかり世話になっている。孫達は少なくとも私たちよりも頻繁に接している。
 単なる義兄という関係では無い。

 私の出張の予定にも影響がありそうだ。医師会のはまずは参加。日赤医学会はキャンセルは可能であろう。

 明日のヘマトクリットの値で決まるようだ。

 再来週の機能評価のサーベイに関する荷物をパックした。いつも宅急便でホテルに送るのだが、今回は来週はやはり出張の連続なので、この数日で送るしか無い。10日前に荷物を作るというのは、いかにも早すぎるのだが仕方があるまい。



釧路→旭川

2014/10/12(日)

 夕べは少し飲み過ぎたようだ。ホテルで朝起きると窓の外ははもう明るかった。それでも、風呂に入ったら、気分は快調となった。天気はすこぶる良い。今年最後の秋晴れかもしれない。

 朝食は敢えて食べなかった。7時20分頃のバスで空港へ。空港のあたりも、天気は良好だった。今日のゴルフは空港近くのゴルフクラブなので、きっと好天で楽しいことだろう。
 飛行機は珍しく ANA を利用した。新千歳空港で電車待ちの時間があり、普段は道内では購入しないのに、お土産を買った。

 それにしても。飛行機内でのウオークマンの使用に全く制限が無くなったのは嬉しい。心置きなく音楽に没頭できる。スマートフォンだって、会話する以外は  OK である。いままでのあの規制はなんだったのだろう。

 夜、孫達がきた。久しぶりにトランプなどで遊んだ。二人は相変わらず仲が良い兄弟だ。中学生と小学生でちゃんと話が有っている。これは、兄の方の許容範囲がとてつもなく広いのだろうと、私は評価している。



移動理事会

2014/10/11(土)

 今朝も大事をとって練習には行かず。これで1週間のお休みとなった。

 午前8時半の電車で札幌へ。丘珠空港から釧路空港へ向かった。丘珠空港で、医師会の仲間数人それに現病院の院長と出逢った。釧路で医療マネジメント学会が開催されるという。昔、私も会長をして、旭川クリスタルホールで大会を開催したこともある。考えたら全くそういう学会にも、興味も関心も無くなってしまった。寂しいことだ。

 夜、釧路の 生涯学習センターで、北海道医師会の移動理事会があった。年に一度地方へ回り、地元の医師会の方々とも話し合いを持つことになっている。
 その後の、懇親会も  八千代別亭 。なんとも優雅なたてものだった。料理はたいしたことは無し。あれならホテルで会議、懇親会のほうが機能的だと思われた。

 今夜は、釧路プリンスホテルがに皆と宿泊。二次会もこのホテルであった。釧路市に住んでいる同級生ともあうことができた。本当は明日親睦ゴルフがあるのだが、私はエントリーしなかった。どうも好天気らしい。





一日中在院

2014/10/10(金)

 施設基準の厚生局の調べが入るというので、いつもより少し早めに出勤。と言っていつも7時半には出勤にしているのだから、改めていうこともないが、、、、、、朝の検査室の巡回もいつもよりは丁寧にした。
 その後は自室で待機。当然、個人にお声がかかることはなかった。出張とか許されている休暇とかを利用するのは当たり前だから、私は十分規定には適合して居るはずではあるが、、、、、感染管理、医療安全の部門でも、全く問題はなかったようだ。全般的にはきっとうまく進行したのだと思う。勿論私にいちいち情報が入るわけも無い。

 2週間後の医療機能評価機構のサーベイの書類が届いた。日中は専らその書類の整理に当てた。一日かけるとさすがに準備は殆どできあがった。あるグループが手を引いた後の、経営母体が替わって初めての受審ということだが、準備が整っていれば良いが。最近は受審に慣れた病院に行くことが多く、必然的に受けるストレスが少なかった。小規模病院というのも、それなりに苦労するものだ。

 病院への訪問は再来週なのだが、来週も出張で家を空けるので、ホテルに送る荷物をこの連休中には作り上げる事が必要だ。

 明日は、釧路へ。北海道医師会の移動理事会が開催される。日曜日の午後には帰旭の予定。今のところまだ体調は完治ではないので、ゴルフの申し込みは諦めた。月曜日はしたがって余裕となった。ただ、火曜日からまた過酷な日程が続く。



札幌で会議が二件

2014/10/09(木)

 かなり改善はしたのだが、今朝も自重して、練習には行かなかった。本当は練習して、私としては最終の月曜日のホームコースのラストコールにかけてみたいのだが、、、、

 今日は10時半に病院を出た。旭川駅で  駅長の H氏 に久しぶりで出逢った。彼とは縁あって、私と関係が繋がっている。駅長室に案内されてお茶をご馳走になった。いつもとは、逆の角度から、みどりの窓口の業務も見学した。旭川駅の裏側を一度見学したかったので非常に満足した。

 札幌の カデル 27 で  用件が二つあった。始めは  癌の教育支援事業連絡協議会 だった。私たちとは思考の課程が異なる方々との会議というのはなかなか難しいものがある。学校医がこの事業に役立つかというと、それは全く無理だろうと話をした。
 たっぷり 2時間  懸かった。

 その後、エントランスホールで、道庁の方と子宮頸がん予防ワクチンに関する新たな対策についての報告を受けた。これは短時間で終了した。

 駅地下の  回転寿司で 夕食。午後5時の電車に乗ることができた。家に帰ると、午後6時半。この行程は身体的には非常に楽だった。尤も、病院を空ける時間は長くなるのだが、、、、、今日もタクシーは自費とした。自分の やや頑なな性格を私は 良し と認めようと思っている。

明日は私の病院に対する、厚生局の施設基準の調べがある。幸い、明日は外には何も予定が無い。

 

 

勤務医懇談会 イン 滝川

2014/10/08(水)

 ようやく、風邪は治ってきた。体のだるいのは治まった。まだ少し咳が残ってはいる。始業時の検査室へのラウンドは今朝は行った。

 午後5時近くの電車で滝川へ。滝川の町は、道路が斜めに走っていて非常にわかりにくい。電車の窓からいつもあれが ホテルスエヒロ だと思っていたのは、市役所の庁舎だった。今日も中年の女の方に、道を聞いてしまった。なんと親切に近くまで案内してくれた。余程、年で危なく見えたのだろうか。

 ホテルスエヒロで勤務医懇談会があった。今日は道医の役員の出席も、地元からの出席者も多かった。ただ、発表者の時間のコントロールができていなかった。話の内容は興味深く面白かったのだが、私は結局は懇親会には参加できなかった。明日もまた札幌で2件の用事が控えているので、失礼した。ホテルからはタクシーを使った。一区画で非常に駅から近かった。いつも電車から、乗降する人を眺めてだけいた、沿線の駅を続けて二つ利用した。後は砂川の駅で一度降りてみたいものだ。

 家に帰ってから夕食を食べた。ちょっとした事情でここ数日チケットの利用を制限してみている。さっきのタクシーの運転手に、 ”お仕事を辞められたのですか”  といわれてしまった。旭川も狭い町だ。確かに、駅のタクシープールに入れるのは、個人タクシーに限られているようだが、、、、

 日中、月末のドクターヘリ就航5周年の祝賀会での進行の話、11月の小清水日赤での講演の細目の打ち合わせがあった。

 



旭川⇔美唄

2014/10/07(火)

 朝から不調。とにかく、風邪薬の服用で気分が悪い。抗ヒスタミン剤の副作用だろう。病院に出てからも、一歩も自分の部屋から動かなかった。一階の LAWSON に昼食を買いにいくのも辛かった。

  それでも、午後4時近くの電車で美唄へ。医師会の講演会の挨拶と司会。ホテルスエヒロという会場だった。いつも美唄の駅を通過するのだが、新しくなって一度も降りたことがなかった。

 美唄に降りたのは、30年以上前だ。自分の身の振り方を相談しに、当時の美唄労災の先輩に相談に来て、駅前の居酒屋でご馳走になった。新設の小樽市立病院の脳外科部長に転勤の話をもらって相談した。あのとき移動していたら、今はどうなっていたのだろう。どういう忠告をされて、参考にしてお断りしたのだっただろう。今となっては覚えてはいない。決して、旭川で前途洋々という感じでは無かったはずだが、、、、、
 その先輩は気持ちの優しい方だったが、若くして胃癌でお亡くなりになった。

 今日のテーマは 肥満の話 であったが、今日は面白かった。何か良く理解できたような気持ちになった。演者でこうも違うとは、、、私も考えなくてはならない。

 風邪が直らずに、咳ばかりしていた。予定の時間よりは1時間早い電車で帰ってこれた。美唄からだと楽なことが判った。明日も勤務医懇談会で 滝川を訪問する。




臨床研修医懇談会

2014/10/06(月)

 朝、病院にでてさっそく今晩の研修医懇談会の要項や参加者名簿を担当副院長や担当部長に見せて相談した。いずれもやはりこれは参加しなくては恥ずかしいということになった。急遽、再度研修医に話しをすることにした。おかげで 5人が参加の都合が着いたという。

 日中は、私の体調の事もあり殆ど動けず。検査室を回った後は終始自室に籠もっていた。風邪薬を服用したら、眠くて困った。薬の感受性は相変わらず高いようだ。

 夜のグランドホテルでの臨床研修医の懇談会はそれなりに盛会だった。ただ、これだけの人数が広い会場に集まると懇談も中途半端な感じがしてしまう。どうせなら思い切って、懇親会にもっと主力をおいた方が良いとも私には思われた。飲食しながら、うまくスピーチを引き出せると良いのだが、、、

 私自身も研修医とも話しができたし、市立病院、旭川医療センターからの旭川医師会の理事ともいろいろと話し合った。両病院とも卒後臨床研修評価機構には関心があるようだった。仲間を増やすためにも少し私の経験を伝えるよう頑張ってみよう。

  風邪が早く治ってくれなくては、、、明日も夕方に美唄への出張がある。




風邪気味

2014/10/05(日)

 朝起きた時から、脛が寒い。風呂に入るも改善しなかった。鼻水もでた。どうも北見で風邪をひいたようだ。昨夕、札幌の医学会の後半が辛かったのはそのせいもあるのかもしれない。

 風邪気味ではあったが、残り少ないゴルフに行った。旭川市の医師仲間のゴルフコンペが、旭川ゴルフクラブであった。成績はまあまあか。ドライバーを振れる様になったのが、大きい。ハンデから言うとNETでは、アンダーだった。たいした距離では無いのに、スリーパットが7回もあってだから、良しとしなくてはなるまい。後ゴルフは一回のみ。

 夕方、家内と旭川空港のステンドグラスを見に行った。最近できて、大きな作品だった。ただ、外が暗くなると全く見えず。もっと外が明るいときに行くべきだった。空港のレストランで夕食を食べてきた。

 今週は結構毎日忙しい予定だ。風邪が今以上に悪化しないことを願う。



北海道医学大会

2014/10/04(土)

 朝は練習。今朝はあまり温度は低くは無かった。

 昼過ぎの電車で札幌へ。札幌グランドホテルで、北海道医学大会が開催された。なんと私は参加するのは初めてだ。医師会賞、知事賞の表彰式から付き合った。案の定出席者は多くは無かった。現役時代関係していた、教室の教授に何人かお会いして挨拶することができた。ただ、私はもう過去の人だ。

 最後の懇親会は疲れてしまって、スキップさせていただいた。明日のゴルフのことも気になった。夕食は、駅地下の回転寿司ですました。脳卒中に関する参考書を三冊、紀伊國屋書店で購入した。少し勉強してみよう。素人向けの講演くらいはできるようになりたいものだ。看護師、と研修医対象のものが、適当なようだった。

 今日は孫達からも何も連絡は来ない。



暗い

2014/10/03(金)

 午後5時過ぎに、病院の玄関から出ると、もう薄暗い。雨模様の為もあるが、一日一日と日が短くなって行く。今が、一番気持ちが萎える時期である。これで、雪でも積もれば又諦めがつき、新年をそうして春を待つ気持ちに変わるのだが。
 今年は、紅葉も早く、散るのも早いようだ。昨年は 10月16日に初雪が降った。今年はそれ以上に早いかもしれない。

 今日は一日中病院にいることができた。100年記念誌は原稿が集まりだした。私は事務の課長に編集長の職務を替わって受け持ってもらったので、少し気が楽になっている。勿論最終責任はあるわけだが、、、

 道医から電話2件。メールも数件。後は、自分の机でいろいろと仕事ができた。



名寄市

2014/10/02(木)

 午後3時半に病院を出た。車を運転して、名寄市へ。高速道路は剣淵までしか開通してはいなかった。士別、風連を通って名寄市へ行った。途中の風連は昔、医療事故の対応で何度か辛い訪問をしたことがあった。嫌なことを思いだした。当時は塩狩峠を越えたような記憶がある。

 グランドホテル藤花 というところで、医師会主催の 肥満に関する講演会が開かれた。医療従事者対象で、40人強の参加だった。医師会長や、この夏ゴルフを釧路でご一緒した後輩も出席してくれた。8時少し前には終了して、帰宅。復路はうんと辛いかと思ったが、幸いたいしたことは無かった。本当はホテルに泊まる事も考えたのだが、無理をしても帰ってきて良かった。

 午前中、病院で昨夕の医師会からの依頼の対応をした。しかし、うまくはいかなかった。一番は、何を目的かが、しっかりとは伝わっていないようだった。研修医に伝える時にどのくらいの重要性で伝えるかもはっきりしなかったようだ。私からも何も話が無かったし、、、、とも言われてしまった。明日、道医の担当者に伝えよう。

 安全衛生委員会、事務部長との連絡事項等、今日はそれなりに充実した一日だった。



一日中病院

2014/10/01(水)

 今朝も寒かった。

 久しぶりに、自分の車で出勤。先週のサーベイのレポートをリーダーに提出した。何年経ってもこのレポートを出すときが一番嫌いだ。私は何かの酵素が欠けているのではないだろうか。うまくレポートを書けない。

 10月の出張届けを出した。医師会と機能評価と日赤医学会で、驚くほどのボリュームになった。何とかあまり病院に迷惑をかけずに乗りきりたいものだ。

 夕方、検査部門の質向上への委員会があった。私の出席すべき大事な会議である。幸い病院にいることができた。色々と報告が有り勉強になった。
 道医から連絡あり。来週、旭川で行われる或る集まりに出席依頼と参加者を何とか増やしてという話だった。遅すぎる。今更きっと無駄だろう。明日少し精力的に動いてはみるが、、、もう少し早ければ、旭川市医師会の理事会で、各臨床教育病院からでている理事に個別に直接お願いができたものを、、、

 一昨日の私の不満とも繋がる話であるが、、、

 ドクターヘリ就航5周年の記念式の案内もようやく貰った。奇跡的にその日の夜は暇になっていた。
 明日は夕方から、名寄で講演会がある。私は単なる挨拶と司会のみだ。帰途、70キロの夜の運転はあまり好ましくは無いが、、、、
 


プロフィール

satoshig

Author:satoshig
 2012年4月から 旭川赤十字病院の名誉院長 となりました。
 現在の仕事のメインは同院の 常勤嘱託医師(検体検査管理加算Ⅳに該当する検査部門担当) です。
● 医療機能評価機構サーベイヤー
● 卒後臨床研修評価機構サーベイヤー


としての仕事も楽しんでいます。

 旭川赤十字病院には、1970年5月 から勤務し、副院長10年、院長を9年間 勤めさせていただきました。
 1966年北海道大学医学部卒業  もともとは脳神経外科医

リンク
最新コメント

最新記事
月別アーカイブ

フリーエリア
QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム