FC2ブログ

旭川⇔北見  往復

2014/09/30(火)

 朝の練習に行くも、霧で寒い。いつもの半分で止めた。午前7時15分に病院へ。アリバイ的ではあるが、検査室を回り手紙を出し、午前8時半に病院を出た。9時の列車で北見へ。もう紅葉になっている。北見に降りると寒いという感じだった。医師会の事務職員と落ち合って、ピアソンホテルで昼食。
 北見駅の裏の広場では  菊まつり の準備がはじまっていた。ここの菊は結構なものだった。以前に偶然見た記憶が或る。今度改めて見物に来てみたいと思った。

 昼食後、  時間が有ったので 北見日赤の新館  を眺めに行った.。外の覆いがとれて全貌が見えた。なんとも立派だ。悔しくて誰にも挨拶もしないで帰って来た。やはり、旭川の増改築とは訳が違うようだ。

 午後2時から、立会の仕事があった。これはストレス無くうまく終了した。安心した。
 その後、地ビール館に行き夕食。お酒が美味しかった。名物だという、塩焼きそば も食べた。
 午後6時の列車に乗り午後9時に帰宅した。やはり疲れてしまう。グリーンを使ったが、腰にも良い筈が無い。

 明日は一日病院にいることができる。検査室の会議もある。



スポンサーサイト



病院

2014/09/29(月)

 朝、ちょっとだけ練習へ。ドライバーはセットアップで腰をかがめるのが恐ろしく、専らウッドのみ。アイアンは手首の腱鞘炎が恐ろしいし、いよいよ、年寄りのウッドまがいのアイアンに変更しようか。いつもの半分で止めにした。

 タクシーで病院へ出勤。恒例の検査室への挨拶回り。その後は、手紙、FAXの整理と、レポート書き。

 研修医の中間発表が先週あり、その結果も聞いた。思惑通りにはいかないものだ。まあ、一層の努力をするしかないだろう。何とか最終的には、フルマッチとなって欲しいが、、、、サーベイで訪問したことがある、或る病院の好調さが理解できない。何が、アピールしているのだろうか。学ぶ必要がありそうだ。

 いつもよりは、1時間遅い 午後4時25分の電車で札幌へ。途中、薄暗くなり、街灯や家々の電気がつき始める。何とも寂しいものだ。今夜は小委員会があった。医療安全、感染管理に院長時代努力した私はあまり感心しなかった。私が普段感じている、道医の現状への不満が如実に表れていると思った。熱心な委員には悪いのだが、、、
 救急、研修医対応等でも同じような感慨を私は持っている。
 と言って、今以上に私として何か努力をしようとは、思ってもいないのだが、、、、

 遅くなりそうだったが、午後9時の電車には絶対乗ると決めているので、途中で失礼してしまった。明日は、北見への往復がある。

 12月の医療機能評価機構のサーベイの依頼が届いた。大阪だが、当たるのが有り難いと思わなくては、、、これも喜んでお受けしよう。10,11月は本当に超が着く忙しさだが、今のところ12月はそれほど行事が詰まってはいない。ただ、冬になると、大阪には新千歳空港経由は危険だろう。なにしろ、電車が停まったりすると、迷惑がかかる。少なくとも往路は余裕を持って、旭川空港から東京経由にしよう。




腰痛

2014/09/28(日)

 雨の予報だったが、何とか降らないで済んだ。私の腰痛はものすごく悪化では無いが、やはりゴルフはできなかった。

 下の孫の小学校の学芸会があるも、これも行くことができなかった。妻は行ったが、たった一言台詞があるのみだったらしい。
 日中は専ら、レポート書き。もう少し推敲するとできあがりだ。

 夜、義妹の誕生日祝いで皆で、グランドホテル 四季  でお祝い。孫達と久しぶりに会った。二人とも元気で食欲も有り、兄弟仲も良く安心した。
今週は、又札幌往復が多い。北見市への日帰り出張もある。
 夕方日が落ちるのが早くなってきたし、憂鬱だ。



羽田⇒旭川

2014/09/27(土)

 例によって、朝ホテルで午前3時頃から目が覚めた。これ幸いと、今回のレポートを書いた。しかし勿論まだ完成せず。この週末には何とか完成しなくては、、、、

 午前5時半に朝食。朝早くの方が空いていて吾妻しい。ただ、どこかで以前のように朝食は摂らないように戻していきたいものだ。以前は殆ど朝食は食べなかった。量が少ないとはいえ最近はどうも食べる事が多い。ゴルフシーズンが終わると又体重が増え出しそうだ。
 起床時から、何となく腰痛。コルセットをして、ロキソニンのテープを貼るも直らず。

 JAL の2便で旭川に帰ってきた。空港で知人二人に会った。大型の飛行機を使っているが、混んではいた。今日は暖かいようだった。帰宅後、改めてロキソニンを服用するもまだ完治はしなかった。
 午後から練習に行くつもりだったが、行けず。明日の月例競技もキャンセルとした。今シーズンは、ゴルフの予定は後2回になってしまった。

今夜は  休肝日 。




サーベイ終了

2014/09/26(金)

 二日目も終了した。今回もストレスの少ないサーベイだった。休憩時に、事務部長の方と雑談。病院のいろいろな経営方針をお聞きした。非常に参考になった。

 最後の講評だが、各サーベイヤーが自分の担当部門を話をしたのだが、総花的になってしまい、反って病院側からの質問、反論、感想等がでなかったように思う。あれは b がつく項目等に限って話をした方が、反応を知りやすいように思われた。最後に、理事長、事務長がタクシー乗車の場所まで見送りをしてくれたが、そう有るべきだと思った。私はいつもそうしてきたし、来年の受審時にも病院の幹部職員にそうするよう、進言しよう。

 今夜の宿泊は、羽田エクセル東急 。割高ではあるが、やはり便利で使ってしまう。
夕食は品川駅構内の 立ち食い寿司。混み合ってはいた。

 明日は昼までには帰宅の予定。少しゴルフの練習に行くつもりだ。日曜日に月例競技を申し込んでいる。


初日終了

2014/09/25(木)

 初日は終了した。病院側の協力も素晴らしくストレスが無かった。私も色々な点で参考になった。今更ながら、自分の病院へ伝える内容がまだ有ることが判って、愕然としたこともあった。来年の受審にさいしてはまだ準備が完全ではないことが知らされた。これは確実に病院に伝えよう。

 新築移転を考えているようで、増床するらしい。 夜はホテル近くの居酒屋で夕食。今回の看護のお二人とは偶然11月にも茨城でご一緒することになっている。診療の相棒の医師も、私からすると遙かに若いのだが、素晴らしい方だった。




川越  在

2014/09/24(水)

 朝、病院に顔を出した。最低これだけはと考えていたように、検査室を訪問して挨拶をして回った。職員とも会って連絡事項の確認のみ。8時45分には病院を出て、自分の車で、旭川空港へ。JAL の1便で羽田へ行った。同じ飛行機で当院の職員二人と会った。

 いつもの立ち食い寿司で、いつものパターン。その後、東京にてちょっと仕事をして、(台風が近づいているというので簡略にしたが)高田馬場から西武新宿線に乗った。時間があるので、少し待ってから、特急を使ったが、ガラガラ。私鉄でこれで良いのだろうか。他人事ながら心配になった。

 今回のホテルは 川越プリンス  。本川越の駅直結という便利さだった。医師会から今後の日程の件で、メールの遣り取りが有った。

 夜、ホテルの和食の店で、明日からのメンバーで顔合わせ。リーダーが体調不良とのことで、そのことだけが心配だ。

前中医協委員の京都の安達Dr. の退任に当たってのインタビュー記事が物議を醸しているらしい。私は全面的に支持する立場だが、、、、



旭川は秋晴れ

2014/09/23(火)

 朝練習に行く。温度はそれでも9度だった。濃い霧の中だった。天候の状態を見て日曜日の月例に参加するかどうかを決めよう。朝食後、病院に出た。手紙、FAXはあまり重要な物はなかった。処理に時間はかからなかった。

 後は、一日家にいた。明日からまた機能評価の仕事で関東に出かけることになる。朝、数十分でも病院に顔を出してから空港にでかけるつもりだ。せめて本来の仕事の検査室への巡回挨拶くらいはしなくてはならない。
 荷物は宅急便で送ってしまっているので、あまり無いようだ。何か不安には成るが、、、、

 台風がきているとはいうが、明日は大丈夫なようだ。

 コンサドーレの試合が珍しく  NHK で中継された。今日はきっと今までで一番良い内容だったのだろう。バックパスもあまり見られないし、守備への切り替えも遅くは無かった。これが、次にもあるとは限らないのが、コンサドーレの欠点なのだろう。

 小野選手はどうしてしまったのだろう。全然、放映中にも話がでなかったが、、、

 医師会が後援あるいは主催している、一般市民向けの病気に対する講演会がかなりある。今まで講師になることを避けてはたが、たまには自分で行ってみようかと思うようになった。本当はかなりの勉強と準備が必要だ。しかし、その気になったのは大事にしようと思う。さてどうなるか。

 今夜は久しぶりに、休肝日。明日からまた飲む機会が多くなる。






福岡⇒羽田⇒新千歳→札幌→旭川

2014/09/22(月)

 ホテルの朝食はほんの少しだけ。午前11時の便で羽田へ向かった。JAL からのファーストクラスの券が有ったのでそれを利用した。昼食はたいしたものはでなかった。赤ワインだけはおいしかった。腰痛には良い環境だった。

 羽田空港で乗り継いだが、羽田の混み方は凄いものだった。我慢して、いつもの寿司は食べず。酒も飲まず。旭川ではなく新千歳空港へ向かった。ファーストクラスを使ってみるために、乗り継いだかたちだが、この時間帯に福岡⇒新千歳の直行便も有ったようで、少し勿体なかった。

 今回の便から、機内での携帯電話等の使用が緩和されていた。非常にストレスが少なくて良い判断と思われた。今まではウオークマンを使用するにも何か恐る恐るだった。

 札幌駅で、ロキソニンを購入。服用した。地下道を歩くのも差し控えてタクシーで道医会館に行った。大通りに賑わいは休日かと思うほどだった。

 何でも難病に対する取り扱いが大きく変わるようで、道庁から顔見知りの医官が来られて、まずは医師会長に説明、次いで三役会議でも説明が有った。私の担当ということで、いずれにもお付き合いをしたが、まだ理解不足である。
 その後、常任理事会があった。やはり、午後9時の電車になってしまった。

 さすがに、疲れて、風呂は明朝にしよう。明日のゴルフは申し込まなくて良かった

医療機能評価サーバイヤーフォーラム

2014/09/21(日)

 博多の町は曇天。今にも雨が降りそうでは有った。私の体調は不良。暑いと思って冷房を入れると寒い。きっと風邪を引いたのだろう。それでも朝食は少し食べた。水炊きが美味しかった。

 午後1時から、百道浜SRPホールで、医療機能評価機構のサーベイヤーフォーラム2014が開催された。次年度の審査内容の変換等の話があった。私は有意義な会とは思うが、確かに700人以上のサーバイヤーのうち100人強の参加で、参加者の固定化もみられるようだ。サーベイヤー全体の意向の反映とは思えないわけだが、それを調べ、くみ上げるのは機構の問題である。

 とにかく問題意識を持って参加したサーベイヤーの考え方をまずは拾ってもらいたいものだ。私はまだ考え方も立ち位置も現役だと思っているが、いつまでそれが通用するか。

 私にとっては有意義な一日だった。往路はタクシーを使って高速道路から色々と景色を眺めた。帰りは天神でバスを降りて地下街を歩いてみた。立派だ。

 明日は羽田経由で旭川ではなく、新千歳空港に向かう。北海道医師会の会議が二件。三役会議にも出席を命じられているし、その後常任理事会もあるので、午後9時の電車には乗れるのだろうか。火曜日の休日のゴルフはさすがに申し込まなかった。水曜日からまた出張が続く。

 水曜日の朝は、空港に行く前にちょっとだけ病院に顔をだすことができそうだ。



帯広⇒羽田⇒福岡

2014/09/20(土)

 帯広は本当に雲一つ無い快晴だった。初めて帯広空港に行った。ちょっと遠い。釧路空港よりも遠いのではないだろうか。小さかった。函館が旭川より遙かに大きくて立派で、感心していたが、この空港は小さかった。それでも飛行機は満員だった。

 羽田空港で時間があり、立ち食い寿司で昼食とした。その店で旭川医大の教授にお会いした。勿論私よりは後輩ではあるが、丁寧に応対していただいて、人柄が偲ばれて感心した。

 福岡には夕方に着いた。この空港はいつも賑わっている。なにしろ博多に近いのは特筆物である。ホテルは ドーミーイン祇園。以前、完全に酔っ払って泊まったことがあるが、内部の様子を全く覚えてはいない。温泉にも入ったような、入らなかったような、、、、

 今回よくみると、コンビニ、も併設されていて、便利なようだ。風呂もそれなりに立派だった。

 ちょっと、飲み続けの為か、または風邪気味のせいか、なにか体調は不良である。明日は飲むのを少し控えよう。




勤務医懇談会

2014/09/19(金)

 午前中は病院。昼近くの電車で札幌経由で、帯広へ。今夜は、道医主催の勤務医懇談会が開かれた。必要に迫られて、勤務医対策を行っている。勤務医のことも考慮しているというアリバイ的な要素も少しはありそうだが、、、、
 懐かしい後輩にあったり、以前一緒に働いた同僚にも会うことができた。
 医師会活動としては本当は意味の深い事だと思う。

 宿泊は会場のノースランド帯広。なんとも立派なホテルである。駅に直結というのはやはり何かと便利なことだ。私は帯広では、北海道ホテルを使うことが多い。考え直しても良いかもしれない。

 明日は帯広⇒羽田⇒福岡  という旅程だ。いよいよ秋の過密な日程が始まる。



気温が低い

2014/09/18(木)

 気温が低いままで続いている。朝、練習に行くも6度だった。例年、9月にも残暑が続いたように思うのだが、、、

 今日も一日病院にいることができた。外出しないということはやはり楽なことだ。医師会と行事予定について遣り取りがあった。10月末の予定が少し変更になった。明日から約一週間出張が続いている。途中一度戻って、道医の会議には出席はするのだが、、、

 夜、ドライバーのグリップを付け替えにショップに行く。適当なところが見つからず、なんと永山まで行った。昔から見ると、運動具店は激減したようだ。

 夜、隣に義兄の家で、皆で夕食。孫達も勿論来た。中学生と小学生、それも男兄弟なのに仲が良く、くっついている。まるで、女姉妹のようである。良い事ではあるが、、、、




利尻富士に冠雪

2014/09/17(水)

 今度は利尻富士にも、初雪なそうな、、、これも例年よりはかなり早いようだ。早く冬がくるのだろうか。冬が早く来て春が早いのならまだ良いのだが。

 今日も一日中病院にいた。色々と、連絡事項が有った。厚生局の監査の話もあった。幸い、私は好都合だった。厚生局の医療監査の立ち会いといったのならまだ良いが、医療機能評価のサーベイの出張とぶつかると問題だった。

 秋の天候で、降ったり、照ったり、また降ったりの繰り返しである。ななかまどの実は完全に色づいてきた。今に紅葉も始まるのだろう。




大雪山に冠雪

2014/09/16(火)

 ついに、雪の便りを聞くことになった。大雪山に冠雪が見られたという。例年よりも勿論早く、昨年よりも三日間早いという。今年は寒くて、雪の多い冬になるのだろうか。平地で昨年はなんと10月16日に初雪がみられた。除雪、排雪が現実のものになってきた。

 朝の医師朝礼で、最近の病院の状態の報告があった。在院90日越えの患者がどうしても、いるわけだが、その数が30人以上少なくなったという。ベッド利用率が下がり、入院一日単価が上がる訳だ。7万6千円強というのは、急性期病院としては良い数字ではあるのだが、、、

 電気代金、消費税の値上げ等、今後マイナス材料しかないわけだが、何とか赤字にならないよう願いたいものだ。

 ここ数日は札幌には行かなくとも良い。何となく気が楽で、体も楽だ。

連休最終日

2014/09/15(月)

 幸い、腰の具合は改善。朝の練習には行けた。ちょっとしたこつを思い出した。今更遅いのだが、、、次のラウンドがたのしみだ。日中はとりたてて何も無し。サーベイの準備はどうやらできた。予定が詰まっているので、今週中には宅急便で送らなくてはならない。

 夕食は皆で、北の冨士 のちゃんこ。孫達は久しぶりだが元気だった。

 少し酒を飲んだところで、夜、  鉄道員(ぽっぽ屋)をみてしまった。私はこの映画を見ると、しばらくの間は鬱気分になる。死期の近い主人公に、夭逝した子供が姿を見せるという設定はどうしても耐えられない。長男が生きていたら、40歳も半ばなわけだが、当たり前だが私の中では小学生のままだ。又、何年後かには見て又涙を流すのだろう。



腰痛

2014/09/14(日)

 ゴルフの私のメンバーコースは、旭川ゴルフクラブ と 大雪山カントリークラブ とである。しかし専ら 旭川ゴルフクラブばかり利用している。なにしろ、我が家から10分以内で、到着する。朝の練習にも利用している。大雪山の方は、年に数回しか行かず、年会費が勿体ない状態が続いている。今年も一度、ドクターズゴルフで使ったのみである。

 今日は珍しく、大雪山の理事長杯に参加してみた。朝の温度は8度だった。ただ寒さが災いしたのか、腰痛が始まった。途中何回もリタイアを考えたが、どうにか回ることはできた。しかし、回っただけ。特にパターをするのがが辛かった。昨日の朝の300球のドライバーの練習が効いてしまったのだろう。幸い、ロキソニンを服用して少し治まった。

 明日の朝の練習は無理かもしれない。

 コンサドーレが負けなかった。どたんばでの引き分けのようだが、負けるのとは大違い。せっかく、監督交代をようやく果たしたのだから、せめて6位までには入って欲しいものだ。

 今週の後半は 帯広と福岡への出張がある。再来週の準備も完成しなくては、、、、


三連休初日

2014/09/13(土)

 秋の三連休。とりたてて予定は無い。朝、いつもの練習。300球打てた。殆どがドライバーだから、腰痛が心配だったがなんとかなった。やはり短めのドライバーが、気持ちよく振ることができるようだ。飛距離はきっと少し足りないのだろうが、、安定性をとれば、やはり短いのになりそうだ。

 妻をデパートに送り、次回の機能評価訪問の準備をした。今回は予定が重なっていて、色々と忙しくて、荷物を早めに宅急便にて、送らなくてはならない。

  明朝は寒いようだ。ゴルフの服装はもう長袖が必要だろうか。

天候回復

2014/09/12(金)

 旭川のあたりは取り立てて何事も無く今回の悪天候は終息するようだ。

 朝、いつもの練習へ。ただ、今朝は調子が悪かった。やはり、短いドライバーのほうが、安定感があるようだ。要するにフォームが安定していない。少しでも長尺のほうが、飛ぶような感じがするのだが、、、、
 明後日の大雪山カントリーでの試合は、なにを使おうか。今更、考えているようでは遅いのだが、、、、

 日中は今日も一日病院にいた。病院の部署から数件いろいろと問い合わせが有ったのみ。自分のペースの仕事ができた。こういう遣り取りも無くなったら終わりだが、、、

 午後5時でもう薄暗い感じになってきた。今に病院を出るときには真っ暗になるのだろう。



北海道も豪雨

2014/09/11(木)

 旭川は本当に天災の少ないところである。今回の豪雨に関しても、殆どなんともない。札幌や苫小牧に住人の避難勧告がでたという。いままでの北海道では考えられないことである。何十万人もの避難場所の確保はできているのだろうか。今回の勧告で何人くらいが実際に避難したのだろう。知りたいところだ。

 我が家では災害対応のグッヅは何も準備していない。こういう事態もあるのだから、少し真剣に考えなくてはならないようだ。本来はハザードマップでは、大変な場所に我が家は立っている。美瑛川の堤防のすぐ側である。冬の除雪を含めて、真剣に考えてみたいのだが、、、、

 今日は病院に一日中いることができた。ただ、あまり重要な仕事は無かった。100年誌で提案があり、各部門の集合写真の件、それから、何か新しいシステムの提案も有ったらしい。なんでも写真やイラストにバーコードを埋め込んで、音声や画像を再現するものらしい。費用がどうなのか、どういうところに使用可能なのかを検討してみることとした。ドクターヘリが飛び立つところとか、病院の外観を俯瞰する映像とかも考えられはするが、、、名前は忘れた。

道医 常任理事会

2014/09/10(水)

 いつもは、火曜日が理事会の予定だが、今週は都合で水曜日。駅で予約してあった、切符を受け取る。自動発券機があるので少し楽だ。これが、、窓口で行うと、時間も懸かるし後ろに人が並んだりすると、申し訳なくてイライラする。10月と11月はとにかく予定がタイトである。これで、院長連盟OBの旅行会と 本当は絶対に参加したかった感謝祭というのを諦めての話である。道医を止めない限りはこの有様は続くことになる。

 会議はあまりたいしたことは無し。今日は常任理事の欠席が多く、比較的に報告も早く済んだ。最後の医師連盟の報告事項の時に抜け出したら、午後8時の電車に辛うじて間に合った。朝型人間の私としては、8時と9時の電車では、疲れ方が大きく異なる。

 天気の具合を気にしつつ、日曜日の大雪山の理事長杯を申し込んだ。なにしろ後5回もする機会は無い。



紋別→旭川

2014/09/09(火)

 紋別のこのホテルには大浴場が備えてある。朝、5時に利用した。温泉ではないのだが、やはり広い風呂は心地よかった。朝食には、ホタテがたくさん並んていて、結構な内容だった。。
 8時半にチエックアウト。復路はやはり同じ行程だったのだが、どういうわけか、2時間半かかった。特にのんびりしたわけでもないのだが、、、、

 家で、昼食。着替えをして、その後病院にでた。FAXのやりとり等はあったが、大事な仕事は無かった。

 夜、代表チームのサッカーの試合をみる。本田は確かに動きはよくはなっているようだ。ゴールキーパーは西川に交替の時期がきているようだ。あのシュートを抑えられないとは、、、、、それでも、前回までのチームよりは何か活気があり、何かが起きそうな感じがするだけは良しとしよう。



紋別

2014/09/08(月)

  午前中は病院。いつものごとしで特に変化は無し。昨日のセミナーの報告を提出した。

  昼食後、自宅に帰り、午後1時には自分の車で出発。今日は北海道医師会の仕事で紋別へ。途中、豪雨に見舞われたが、2時間強で紋別についた。私の車のナビはどうも少しおかしくて、浮島インターを通り過ぎてしまった。ホテルは、セントラルホテル。何度か利用したことがある。

 紋別文化会館で、一般市民向けの鬱病に関する講演会。盛会だった。講師の先生も昨年に続いて顔なじみの方だが、最新の内容をも含み、理解しやすかった。170人という参加者だった。きっと満足して貰えたことだろう。私は医師会の仕事としては、このあたりが非常にやりがいがあり、楽しいと思っている。

 紋別は学生時代に、当時の道立病院に、勉強と遊びに数日間お世話になったことがある。医者になってからも一度この地の大きな病院に診療手伝いに来たことがある。懐かしいが当然何も覚えてはいない。

 夜、セントラルホテルで、講師の先生、地元の医師会長の参加で懇親会があった。仕事をちょっと持ってきていて気になりつつ、やはり飲んでしまった。明日早く起きて取り戻さなくては、、、、、


日総研セミナー

2014/09/07(日)

 日曜日というのに、朝7時55分の電車で札幌へ。この電車は、ものすごい混みようだった。札幌で  午前10時から  日総研 の セミナーがあった。医療機能評価機構受審の準備病院への 説明のセミナーだった。
  勿論 日総研  だから看護部が中心の話となることには間違いがない。私は、日赤病院関係とか近隣の病院に、話を求められることがあるので、その内容を標準化するためにも、聞きに行った。
  参加者は総勢 30人 もいないようで、盛況とはいえないようだった。もう5年以上前に、同じ場所で同じ趣旨の会に参加したことがある。その時は、どうも100人は参加者が有ったように思う。
 機能評価機構の現在の置かれている地位の難しさが実感された。

 私 個人としては非常に為になった。今後の参考に是非させていただこう。私たちの病院の来年の受審にも、うまく役立てよう。

 ただ、あまり長居も迷惑だろうと、昼で退散した。どこかでお会いすることがあっても困るので、講師の方にも一応ご挨拶をした。
 昼食は駅地下で、 久しぶりに回転寿司とした。

 夕方、下の孫がちょっとした用事でやってきた。相変わらず元気で安心した。

 これも又珍しく、テレビでゴルフの中継をみた。今頃になって、プロのヘッドスピードの早さに驚いた。飛距離の違いよりもそのスピードに恐怖の感じさえ覚えた。

 良く無いことだが、何か精神的に落ち着かない。焦燥感といったものが払拭できないでいる。



一日中家に

2014/09/06(土)

 朝から雨の予想だったが、好天気。早朝の練習は 約300球打つことができた。ドライバーはすこぶる好調。飛距離のことは忘れよう。後、数回しか、機会が無いのが勿体ない感じだ。今年は本当に幸いに、手首の腱鞘炎がおきない。勿論アイアンの練習量は激減させてはいるのだが、、、それに、やはりギターを諦めたのが大きいのだろう。

 午前中に一度病院に出勤。ちょっとした用事があった。

 昼頃、上の孫が顔を出した。伸び盛りだから、なんだか会う度に大きくなるようだ。楽しみだ。今のところ、必死にべんきょうしているようでもないが、結構な成績なようだ。余裕があっての結果だから、一番良いことだ。



秋の気配

2014/09/05(金)

 温度はあまり下がってはいないのだが、時々雨が降り秋の気配が濃厚である。

 今日は特に大きな出来事は無し。専ら書類の整理に当てた。ドクターズゴルフも最終回の案内が来た。寂しい限りだ。

 ドンジョバンニ  はいろいろと異なる、演奏を視聴比べをしている。これだけ、聞くととさすがに慣れ親しんで、やはり素晴らしい音楽であることが判る。判らない  人物は、やはり  ドンナアンナ  と言うことになりそうだ。あまり新演出ということがしにくいのか、違和感のある演出はいまのところ出くわさない。

 新国立劇場のはどういう演出だろうか。今から楽しみだ。

 夜、サッカーをみる。完敗。本田はワールドカップの時から見たら、少し動きは良かったが、キープ力は弱い。絶好の場所から、フリーキックも試みるが、全部失敗。成功する気配は全く見られない。
 どこかで、外されることになるのだろう。



緑友会 最終回

2014/09/04(木)

 朝5時でも少し暗い感じだった。緑友会の最終回。なんとか、雨には遭わずにすんだ。最終回ということで、参加者も多かった。私はノータッチとしてはまあまあか。一応 9 のハンデ からすると アンダーのスコアだった。どうしようもないと感じてだから、良しとしよう。ただ、後数回でシーズンも終了してしまう。何とかラウンドの機会を増やそう。

 病院には遅刻。安全衛生委員会あり。職員の喫煙率は 17%との報告があった。きっともう少し多いと考えるべきだろう。私は、自分が案外苦労せずに禁煙ができたせいか、喫煙者には同情する気持ちは皆無である。

 夜、道医の講演会。小児救急に関することだったが、コメデイカルの参加が多かった。良い事だ。

 医療機能評価機構から、11月のサーベイの依頼がきた。9,10,11と三ヶ月連続ではあるが、喜んでお受けしよう。ただ日程がいよいよ詰まってしまった。お世話になったコンサルテーション会社の感謝祭に出席は不可能となった。私は楽しみにしていたのだが、、出席すると9日間出張し続けとなる。これは無理だ。




禁煙指導研究会実行委員会

<2014/09/03(水)

 ここ数日、日中は暑い。只、もう30度まではならないようだ。

 100年誌の件では少し検討材料があった。

 夕方、北海道医師会へ。秋の色々な行事の日程調整と確認とがあった。私としては納得したが、結構な忙しさではある。
 その後、やはり医師会館で、  禁煙指導研究会実行委員会 なるものがあった。何かあまり良く理解できない委員会である。この研究会そのもは、もう何年間も続いていたが、医師会は後援をしたのみらしい。今年から実行委員会にも参加となったらしいが、研究会の日程ももう決まっていて、口を挟む余地もない。各パートから何か発表ということにもなったが、その日は私は金沢に出張中である。
 二ヶ月後の発表を他の理事に頼む訳にもいかないし、パスさせていただこう。午後9時しか間に合わないかと懸念していたが、どうやらぎりぎりで午後8時の電車に乗ることができた。

 旭川駅で、市立病院の院長と偶然出逢った。今日、例の機能評価の受審が終了したとのこと。うまくいったのだろうか。思えば、少し、反省点の残る出来事だった。

 明朝は最後の  緑友会  である。なんとか雨には当たらないで欲しいものだ.

WEB講演会

2014/09/02(火)

 日中は特記すべきことは無し。8月の業務連絡会議が今月になって遅れてあった。新患の数とか紹介患者数は増えているようだ。いよいよ、在院日数は10日をきる日が近づいている。まあこの一日が大変なのだろうが。

 10月の日程の調整の件で北海道医師会とは頻繁にメールの遣り取りがあった。面倒なものだ。明日、道医にでかけるので、その時改めて、検討することにした。

  夜、久しぶりに旭川市医師会の理事会に出席できるかとは思った。しかし院内で WEB講演会 がありそちらに出席した。
”地域医療ビジョンについて”  演題だったが、あまり目新しい話は無かった。National Database という単語を初めてしったくらいか。午後6時半から8時まで開催されたが、当然ではあるが、水もでず。少し考えてもよいかもしれない。 私は夕食は院内ローソンのサンドイッチで済ませた。




少し疲れ気味

2014/09/01(月)

 いよいよ9月になった。まだ少し暑さは残ってはいるが、確実に秋に、そうしていやな冬に向かっていく。冬の除雪の問題が本当は大きくのしかかってくるのだが、今は考えないことにしている。隣の義兄に殆どお願いしているが、もうそうはいかないだろう。私自身はマンションに入りたいのだが、妻とか隣は違うようだ。

 送ったゴルフバッグは当然届いてはいないし、少し疲れ気味も有って、朝は練習にはいかなかった。

 病院の職員の父親がお亡くなりになって、その葬儀に参列した。本当に久しぶりにネクタイを締めた。暑苦しいが、気持ちが引き締まるものである。まあ、この9月一杯は、ノーネクタイで過ごそう。葬儀はこじんまりとしており、ご挨拶をして、焼香後、退席した。

 病院にそのままでて、葬儀の感想をちょっと病院の事務に伝えた。事務が悪いわけでは無いのだが、、、、

  今日は、FAXとか、メールでいろいろと連絡が多い日だった。10月に日医の会議の連絡もあった。無理すれば出席可能だし、会議の重要性の軽重が判らず、また自分がどういう立場かもまだ良く理解できず少し困ってしまう。
 無理したら出席できるところには極力出席しよう。絶対、物理的に無理ということも多いのだから、、、、
 何か基準を決めなくては混乱してしまう。

 全く、覚えていない女名前の手紙が届いた、開けると、札幌南高校の同期会の原稿依頼だった。同期会は毎年札幌と東京で開催しているようだが、私は一度も参加していない。参加したいのだが、予定がいつも重複してしまう。せめて、近況の報告だけでも投稿しようと思っている。




プロフィール

satoshig

Author:satoshig
 2012年4月から 旭川赤十字病院の名誉院長 となりました。
 現在の仕事のメインは同院の 常勤嘱託医師(検体検査管理加算Ⅳに該当する検査部門担当) です。
● 医療機能評価機構サーベイヤー
● 卒後臨床研修評価機構サーベイヤー


としての仕事も楽しんでいます。

 旭川赤十字病院には、1970年5月 から勤務し、副院長10年、院長を9年間 勤めさせていただきました。
 1966年北海道大学医学部卒業  もともとは脳神経外科医

リンク
最新コメント

最新記事
月別アーカイブ

フリーエリア
QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム