FC2ブログ

明日から師走

2013/11/30(土)

 今日は予定の全くない日。朝、ゴルフの練習場に年会費を払いがてら練習と思って、午前8時に行った。ところが、今日まで休業との札が出ていた。まさか潰れたのではないだろうが、、、以前から見たら客は絶対に少ないと思うが、、

 その後は家にずっといた。久しぶりに二階の自分の部屋に行った。購入してあったレコーダーをつなごうかと思ったが旨く出来る自信がなく、今日のところは取りやめた。なにしろ WOWOW を経由するのは面倒なものがある。前には絶望的は苦労をした思い出が有る。

 夕方、孫達二人で遊びに来た。元気な様子で安心した。

 明日から師走。この半年ばかりは、全く体重計に乗らなかった。明日からまた ダイエット を再開しよう。暮れで飲食の機会が多いのだから馬鹿げてはいるが、どこかから始めなければ、、、、

 明日も暇なら良いのだが、朝から医師会の仕事で札幌行きがある。何とか早く帰って来たい。





スポンサーサイト



羽田⇒旭川

2013/11/29(金)

 いくら空港の中のホテルとは言っても、やはり午前6時半にチエックアウトするのは少し大変である。ホテルは ANA の本拠の第二ターミナルにあるが、私は専ら JAL なので、第一ターミナルまでの長い距離を移動することになる。
 どうもANA の方にいつも人が多いような感じがする。

 ラウンジでクロワッサンを一つ食べた。このラウンジともあと数ヶ月でお別れである。今年度はやはりどう頑張っても、50回くらいの利用しかない。飛行機の座席の単価も安いのを使うことが多い。

 旭川には少し遅れて着いた。雪は溶けてはいなかった。空港からそのまま病院にタクシーで行った。一度家に帰ると又出勤が面倒になる。

 医師会に原稿を送った。800字にもならない短い原稿だが、それでも苦労した。だんだん、文章が書けなくなる。

 夕方、業務連絡会議があった。前向きな話が続いて、聞いて居て気持ちが良かった。

 明日は一日暇。練習場に年会費を払いに行こう。車のワイパーを取り替えよう。




公衆衛生委員会

2013/11/28(木)

 朝からかなりの降雪だった。飛行機はかろうじて飛んでいるようだった。朝はまず病院に出た。いつものとおりに、挨拶をして回った。その後旭川空港へ。

 空港はいつもにも増して混んでいた。雪はやんだ。羽田空港のいつもの立ち喰い寿司。ただ、昔ほど美味しいとは思わなくなった。酒をのまないせいかもしれないが、、、、、

 日本医師会館で会議。二回目であるが、私は途中参加なので、発言する機会は少ない。これは仕方あるまい。

  今夜は、空港の 羽田エクセル東急 に宿泊。明日の朝、一番の便でなければもっとゆっくりとできるのだが、、、
  新千歳空港を利用すると、なんとか11時半には、旭川には着く。しかし、これでは疲れが貯まるだけである。妻も起きて待っていることになるし、、

  夜は少し暇だった。秘密保護法の反対運動のデモでもしているのなら参加したいとも思ったが、やはり私には、そこまで実行力が無し。寂しい限りだ。昔ならこう心配して憤慨しているだけでは終わらなかったはずなのに、、、、、




一日中病院

2013/11/27(水)

 今日は久しぶりに一日中病院に在院することができた。なにかしら、気分が落ち着く。これも本当は夜のさっぽろでの会議をサボらせてもらったからである。少し体制を整えなくては、疲れ切ってしまう。二階の自分の部屋にもあがる余裕が無い。今週中の原稿を何とか仕上げた。後はゆっくりと推敲すれば良いだけにはなった。

 朝から雪。除雪を必要とするかどうかは微妙なところだ。出来るだけ除雪の回数は減らしたい。無理をして手首、や足をまた痛くしたら元も子も無くなってしまう。
 週末にがんばるしか無いと思っている。

 私の家の周りは皆が除雪に熱心で競争のように皆が頑張っている。とてもその仲間入りはできない。

 明日は医師会の用事で東京へ。




常任理事会

2013/11/26(火)

 朝はいつものように、7時半を目標に出勤。7時50分から、再来の受付と検査部の採血業務が開始される。受付を終わった患者さんで、2階にある採血室までそれこそ脱兎の如くに走る方もいる。階段を駆け上る方もいる。外来は再来予約されているのだろうし、すぐ、検査結果があがるわけでも無し、あまり意味が無いようにも思うが、、、

 一時的とはいえ、廊下まで溢れて待つ方が並ぶのも意味があるのだろうか。単なる人間の心理なのかどうか、少し調べてみよう。

 仕事納めの日に、各部署での忘年会が予定されている。その昔は各勤務場所で行うのが多かった。しかし、酔って院内を走り回る職員が現れたりして、自粛ムードが漂い、最近では外に出るのが普通になった。

 今年はお呼ばれしたうちで、どこへ参加しようか。掛け持ちになってしまうが、検査室と自分の今居る階の忘年会には参加しなくてはなるまい。昨年は片方が市街から離れた高台の施設で行うので、掛け持ちが無理だった。

 今日も、札幌。原則指定席の予約をしているのだし、電車出発の何分前に病院を出たら間に合うのだろうか。私は性格的に、ギリギリは耐えられない。余裕を持っていつもでかけるが、時間が余る。今日は出発の25分前に自分の部屋をでた。それでも、駅でかなり余裕があった。病院前にタクシーがいないことはまず無いのだし、少しでも病院での時間を確保する努力をしてみたい。

 今夜の  常任理事会 は報告事項が多く午後9時の電車になった。私からも5件の報告事項があった。

 駅のホームで待っていると、寒いと思うようになった。これも並ぶ必要が無いのだから、待合場所でゆっくりと過ごす癖をつけよう。

苫小牧往復

2013/11/25(月)

 出張の用意をして、登院。朝から何か雨模様。いつもの検査室と院内を回った後は、原稿を書き、前回の機能評価の資料の返却をしたりした。検査部の納め会の案内をもらう。今年は病院の近くのようだ。

 夕方の電車に乗った。途中から強風ということで電車はまず札幌に10分ほど遅れて着いた。苫小牧に着くと強風と雨。ホテルまで500メートルほどの距離ではあったが、タクシーを使わずにはいられなかった。
グランドホテルニュー王子 というのは、思いがけず立派なシテイホテルである。驚いた。

 ここで医師会の鬱病の講演会が開かれた。悪天候で、出席が悪いかと思われたが、予定通りの人数は集まったようだ。講師は、旭川医大出身の方。私は座長であったが、興味深く聞いた。

 帰りが大変だった。そもそも、宿泊するつもりだった。しかし天候も悪いし、明朝旭川まで帰っても、夕方には札幌往復なので、思い切って帰ることにした。

 駅に着くと間に合わないと思っていた、特急が10分遅れで間に合うということになり、切符の変更等を丁寧に駅員にしてもらった。南千歳で乗り換える予定を、札幌乗り換えに変更。
 札幌は午後10時発で、旭川には11時半に着いた。もう私は完全に熟睡して居る時刻である。これはやはり疲れる。札幌午後9時発が限度のようだ。

 明日又、夜の札幌への用事が無いなら、宿泊が正解だっただろう。




釧路⇒丘珠→旭川

2013/11/24(日)

 釧路は好天気。暖かい。風も吹いてはいない。午前6時から朝食のバイキング。ヨーグルトを食べたら何となく下痢気味。思い出したが以前にも釧路のホテルで牛乳を飲んで、下痢をして参ったことがあった。きっとその時と同じ製品なのだろう。

 7時半に、タクシーで空港へ。旭川の空港よりも立派だ。お土産を少し購入。丘珠空港について、荷物を受け取って外に出たら珍しくタクシーが無かった。空港の職員に電話番号を尋ねて自分で電話した。珍しいこともあるものだ。これも考え物で、ANA だと新千歳空港 に到着する。ここから、JR を使ったほうがやはり楽なようだ。函館線の場合も考えてみよう。

 家に帰ってやはり疲れ気味で、 コンサドーレの試合を観戦。可愛そうに点が取れない。まあ今年はよく頑張ったほうだろう。PO に出場してもまずは勝ち目はないのだから、、、

 夜、孫達が来た。一緒に夕食の後、トランプをした。疲れていて少し辛かったが、孫達の進歩を見ているのは嬉しいことだ。 二人とも来春は中学と小学校に入学だ。
 今週も、苫小牧、東京と出張がある。少し何かをセーブした方が良いようだ。

 さすがに 今日は休肝日。



旭川→釧路

2013/11/23(土)

 朝、6時45分の電車で札幌へ。初めから判ってはいたのだが、この電車は札幌近くなって急に遅くなる。普通の特急よりも20分くらい遅く札幌に着いた。
 札幌で釧路行きに乗り換えた。このグリーンは混んでいた。今日もトマムのあたりの木々は雪を抱いて綺麗だった。
  帯広から釧路のあたりはいわゆる小春日和。気持ちが良かった。ただこの2時間弱は長かった。

 釧路では ANAホテル で釧路市の医師会長でもある斉藤孝次先生の斉藤眞賞受賞の祝賀会。私は北海道医師会会長の代理出席。脳外科医だからというのが理由だったが、私は脳外科を捨ててもう20年になる。同席した教授の半分も存じ上げなかった。
 予めお祝いの言葉をといわれてはいた。テーブルスピーチだろうと思っていたが、プログラムをもらって見たら、初めの祝辞だった。しかし今更考え直すわけにもいかず、適当な挨拶になった。

 札幌医大の懐かしい元教授にお会いできた。一緒にゴルフをしたのが、懐かしい。

 予定より早く終了して、これなら旭川に帰ることができるかなとも思ったが、折角の機会だから体を休めることにした。宿泊は同じ ホテル。




帯広→札幌→旭川

2013/11/22(金)

 朝、2時過ぎに起きてしまった。例の温泉に入ったり、深夜テレビをみたりした。

 午前6時半にチエックアウト。朝食の代わりにまた、ボックスをつくってくれた。ランチボックスでなくて何というのだろう。これが、立派な物で、買うとすると1500円くらいの価値はありそうだった。

 帯広から札幌はグリーンを使ったが空いていた。トマムのあたりの木々が雪で綺麗に化粧していた。札幌駅で乗り換え。今度は指定席も混んでいた。急に台湾か中国の観光客の団体が入ったようだった。まあ、旭川に金を落としてくれるのだから、文句は言うまい。

 旭川駅で、予約してあった切符を購入しようとしたら、緑の窓口が混雑していた。仕方無く、必要最低限に留めた。後ろに何人も従えて、のんびりと切符を購入する勇気は私には無い。

 家にも帰らずにそのまま病院に。幸いいろいろと仕事があった。郵便物の確認、メールやFAXの返事、それから年末調整の申し込みまであった。生命保険がだんだんかけれなくなって、手続きは簡単になってきた。

 明日はまた同じコースを辿って、釧路まで行かなくてはならない。帯広から直接釧路へ行けば良いものだがそうはいかない。できるだけ病院にいる時間を大事にしなくては、、、

 夜、義妹が私たち夫婦と隣の義兄夫婦をホテルに招待してくれた。何でとおもったら、”良い夫婦の日” なのだそうだ。疲れてはいたが、嬉しくて美味しかった。

 
 

帯広二日目

2013/11/21(木)

 朝から何度も部屋付きの温泉に入った。少し赤いモール温泉だが、非常に快適だった。何回入ったか判らない。朝食は少し食べたが後は部屋に籠もりきった。フロントに電話して、部屋の掃除も断った。

 昼食も食べずに頑張って、ようやく機能評価のレポートも送ることができた。

 夜、このホテルで医師会の講演会。肥満をテーマとした、講演会で地元に開業医の方が講師だった。私は司会だが、非常に為になった。すぐ忘れなければ凄い物知りになるところだ。

 ホテル内にはボージョレが無いようで、コンビニに買いに行こうかとも思ったが、飲み過ぎだし辞めにした。家には届いているはずだ。

 明日は午前6時半にタクシーを頼んでいる。5時には起きなくては、、、、




帯広

2013/11/20(水)

 暖かい。このくらいの気候が続いてくれると嬉しいのだが、、、

 朝、病院に出て、いろいろ院内を歩き回った。ただ、アリバイ的にいたのみで、朝の電車で札幌へ。この電車もやはり少しだが、遅れた。札幌で乗り換えて、帯広へ向かった。帯広到着も何という理由も無く5分ほど遅れてしまった。冬の JR は覚悟しての行動が必要なようだ。

 帯広駅についてすぐ、駅近くの 帯広プラザ という施設で、立会の仕事があった。時間としては約1時間だが、相変わらず私としては、興味があった。いろいろな診療の形態があることが判った。それにしてもこの施設も立派なものだ。

 今日の仕事はこれのみ。ホテルは 北海道ホテル。 赤煉瓦つくりのムードは満点なホテルである。私は明日の夜このホテルで仕事がある。一度旭川に帰る事も検討したが、やはり大変なので、無駄ではあるが、二泊することにした。

 部屋は温泉付きの部屋とした。これは立派な温泉だった。大浴場にも入ろうとは思うが、いつでも入浴できるのは結構なものである。明日の日中は部屋に籠もって、もう一つのレポートと北海道医報の原稿を書こう。

 夜、夕食を医師会の職員に付き合ってもらった。民家のような建物で、まあおいしかった。日本酒はセーブした。何しろ仕事を抱えている。






一日中病院

2013/11/19(火)

 今日は朝から雨が降っている。ただ、雪になるような感じでは無い。朝、病院に出て院内を歩き回った。

 日中は専ら出張の報告書とレポート書きに専念した。レポートは名古屋の卒後臨床研修病院評価機構の方は、リーダーのところに提出した。まずは一安心だ。練馬の機能評価機構の方も、あと一日で完成できる。

 2月の予定がきた。なんと、機能評価で訪問したところに又、研修病院の評価で伺う。勝手知ってるところだから、まあ良いか、、、、

 昼、院内で北見看護大学の学長とお会いした。相変わらず精力的に動いておられるようだ。羨ましい。

 レポートの目処がついたら、今度は原稿を書かなくてはならない。確か600字程度だから明後日は暇だから頑張ってみよう。

 明日は朝は病院に出て、それから札幌経由で帯広まで行く。JRが遅れないことを願うのみだ。




今夜も医師会

2013/11/18(月)

  久し振りの病院に出勤した。流石に、フックスと手紙が多数届いていた。まずは、検査室へ。恒例の朝の挨拶。医師朝礼の後は、院内を回ってから、FAXの返事を書いた。
 12月も結構な行事の混みようのようだ。私は予定が詰まってしまって、日赤会も、医局のワインの会も欠席になるようだ。
 病院の忘年会は大丈夫なようだから、これは少し安心。病院の新年交礼会も道医の札幌グランドホテルの交礼会と重なっている。いつもの年はそうではなかったのだが、今年は正月休みが長いようで、もろにぶつかっている。。念のためちょっと確かめたら、これは知事も来るし、常任理事は絶対出席と言われてしまった。
 わざわざ確かめない方が良かった。


 二つのレポート書きはどうやら順調に進捗して、明日中には、何とか提出できそうだ。うまく、経験を病院に還元できるよう頑張ろう。

 胃の内視鏡検査の日が決まった。一年半ぶりだ。

 夕方から、今日も医師会へ。幸い、札幌への電車は空いていた。出発してすぐ暗くなった。
 糖尿病の人材開発セミナーのワーキング会議。私は議長だった。良くは理解できないまま、会の進行を取り仕切るのも大変なことではある。それでも、少し急いだおかげで、なんとか午後8時の電車に乗ることがきた。

 明日は、旭川市医師会の理事会だが、勘弁していただこう。こう毎日では心が参ってしまう。





ようやく旭川

2013/11/17(日)

 少し昨晩は飲み過ぎた。早く起きてレポート書きをするつもりだったが、できなかった。医師会が借りた マイクロバスで皆で 羽幌 へ向かった。この道を通るのは何年ぶりだろう。一度吹雪きでひどく難渋したこともあった。

 羽幌では学校保健の全道大会が開催された。開会式、表彰式と続いた、ここでも 君が代 斉唱があった。恐ろしい。昼少し前に、用事が有って早く帰るという、事務次長の車に同乗させてもらった。
 留萌駅まで送ってもらい、そこから旭川行きの路線バスにを利用した。高規格道路も通らずに、ゆっくりと走ってはいたが、高い位置からの周りの風景は面白かった。天気も快晴で、神居古潭 の 岩と水の流れなども普段は全く見ることも無いので、楽しんだ。

 2時間近くかかって旭川にようやく戻って来た。旭川も好天気だった。火曜日から出っぱなしで、ワイシャツなどは三度も交代しないで利用したことになる。とにかく少し疲れた。

 ようやく、大変な二週間が終わった。これで、後は少し楽かと思ったが、まだ結構大変だ。今週も、帯広と釧路の出張がある。まあ、釧路は週末だから、病院には迷惑はかけないのだが、、、、

 今夜は久しぶりに  休肝日。




2013/11/16(土)

 ホテルで早くからレポートを作り始めるも、完成はせず。まだかなり時間が必要なようだ。

 午前7時40分のの旭川行きの便に乗った。そこで、旭川空港が霧の為、、、とう掲示がでていたらしいが、私は気がつかなかった。旭川空港に着く頃になってもさっぱり着陸態勢にならない。変だなとおもっているうちに、ようやく案内があって、旭川空港が霧のため旋回中という。一度は着陸しようとしたが、再上昇。大雪山は綺麗に見えるし、美瑛のあたりも快晴のようだった。旭川のあたりだけが、霧が立ちこめているようだ。
 結局2時間待ったが、新千歳空港に向かうことになった。

 新千歳空港でも一時は、また旭川に向かうこともあるという案内だった。しかし最終的には欠航となった。空港から旭川への電車は当然ものすごい混みようだった。私は幸い座ることができたが、通路が歩けないほどの混みようだった。

  一度家に帰って着替えて自分の車で,夕方までに、留萌市に向かう予定だった。

 どうしようといろいろと考えたが、深川駅で降りてタクシーで留萌に行くしか方法が無い。そうしなければ、間に合わない。タクシー代は幸い想定内の費用だった。これは正解だったが、こういうときに限って医師会のタクシーチケットは持ってはいなかった。
 ただ、8時間近く飛行機や車に乗り続けで疲れた。

 服装も本当は困ったが、留萌のホテルで又、鞄のなかのランドリーバックから使い古しのワイシャツを引っ張り出した。何とかそれを使ってごまかした。

 石亭 という施設で医師会からみの学校保健の会議と宴会があった。医師会の仕事の中では好ましい仕事である。今日の宿泊は ホワイトハウス というビジネスホテル。

 明日は羽幌町まで行って、大会が開かれる。私の本音としては、何とか少し早めに家に帰りたい。








二日目終了

2013/11/15(金)

 二日目が無事に終了した。受審病院の方々のご協力が非常に素晴らしく、ストレスが無く、終了できた。私はいろいろと大いに参考になった。特に病院の職員の互いの立ち位置のフラットなことに一番感激した。
これは、大学の風土なのかもしれないが、現在の病院の管理者の方々の努力によるところも大きいと思われる。

 最後の講評も、いつもにも増していろいろと話し合いになった。私は満足だった。

 池袋経由で羽田空港へ。途中、品川の駅の立ち喰い寿司で夕食。少し疲れ気味なのか、酒を二合飲んだら、ホテルへチエックインをしたら、まず寝てしまった。

 起きた今からレポートを書かなければならない。何しろ明日からまた予定が詰まっている。

 今夜のホテルは 羽田エクセル東急。最近はこのホテルを使う事が多い。明日は7時半の便なので、何時まで今晩は頑張ることができるだろう。




一日目終了

2013/11/14(木)

 昨夕は眠い目をこすりながらなんとか準備を頑張った。おかげで大凡概要をつかむことができた。
朝食は食べなかった。また、ここ数日で太りそうだ。

 好天気。朝、受審していただく病院に行くと、院長先生始め幹部職員が出迎えてくれた。そこまでしなくてもとは思うが、病院側の熱意が伝わって嬉しかった。私は少なくとも自分の病院の受審の際にはそうしてはいた。次の院長にもしっかりと伝えたいものだ。

 病院の準備はよくできていた。勿論気になる点もみられたが、これは仕方があるまい。いろいろな場面で参考にしたいと思うことがたくさんあった。とにかく大学病院であるにもかかわらず職員のご協力が素晴らしかった。気持ちが良かった。

 ホテルでの夜の打ち合わせも早く終了した。夕食はホテル地下の沖縄料理の店。ここも話が弾んで楽しかった。後一日頑張ろう。


 12月2日の日赤会の忘年会の予定を考えている。今年はとにかく日赤会の行事に一度も参加していない。当日最終便にすると、午後7時近くまでは会場にいることができる。冬期の最終便は、時間通り飛ぶかどうか非常に危ないところだが、、、一応飛行機は予約した。当日の天候をみて考えるという方法もあるが、、、、、





名古屋→吉祥寺

2013/11/13(水)

 今朝も早く目が覚めて、その後全く眠られず。反って朝チエックアウトの頃になって眠くなってきた。荷物はホテルに預けた。タクシーで名古屋第一日赤へ。なんとも壮大な建物だった。

 卒後臨床研修評価機構のサーベイは無事に終わった。私はこの年で OJT ということで少し格好が悪かったが、何とか目的は達した。自分の病院に十分還元できると思われた。

 病院の体制は全く問題は無いと私には感じられるのだが、この評価機構は体制はまだ未熟に思われた。医療機能評価機構のやはり初期のころの印象がした。このままいくとまた重箱の隅を突っつくことに終始しそうな感じもした。とにかく、私自身ももう少し経験を積む必要がありそうだ。近いところでは2月に予定が入っている。

 午後6時の新幹線に乗った。吉祥寺のホテルに午後9時前にはチエックインができた。これからが本番だ。私はなにも準備ができてはいない。何とか今晩中に大車輪で頑張らなければ、、、、、




名古屋

2013/11/12(雪)

 朝から雪が積もっている。寒い。病院にはなんとか自分の車で出かけた。滑っている車がたくさんみられた。この時期にはまだ慣れていない人が多い。橋ができても車の流れはあまり変わらないようだ。尤も私の出かける時間は、最盛期よりも少し前のようだが。

 病院ではいつものごとし。日赤会が2日になったという。私はその日は、神奈川県川崎まで届いていなくてはならない。何とか最終便にしたら、少しは出席できるかもしれない。真剣に考えてみよう。

 9時過ぎに一度家に帰った。もう空港まで自分で行く気持ちは無くなった。タクシーを頼んだ。

 今日は珍しく ANA で名古屋まで。プレミアムシートが空いているというので変更した。これは結構なもので、JAL のファーストクラスとの違いはどこにあるのだろう。値段はかなり違うようだが、、、、、
赤ワインをつがれるままに飲んでしまった。又、利用する時には絶対お願いしようと思った。

 今日はまずは名古屋泊まり。新幹線駅前のちいさなビジネスホテル。
 いろいろとメールが来てその対応で時間がかかった。そういううちが華ではあるが、、、




一日中 病院

2013/11/11(月)

 朝から雪が降っている。吹雪ではないだけがまだ助かるが、、、、11月のこの時期から雪が積もってしまっては、大変だ。少なくとも12月中旬までは積雪無しでお願いしたい。

 私は冬タイヤには替えてあるが、スノウブレードにはまだ交換していない。これはしばらくは大丈夫だろう。
病院もさすがに少し寒かった。明日からの出張の準備をした。昼前に恒例の 記念誌編纂の相談あり。まだサッパリ進展してはいない。何しろ、100周年記念事業の準備会が発足していないものだから、気勢が上がらない。いずれも年が明けなくては動き始めないのだろう。

 そろそろ12月の忘年会の話題が出始めた。日赤会の忘年会はどうも私の予定とぶつかるようだ。今年は、日赤会の行事には一度も出席しないことになる。二回の飲む会もゴルフの二回も参加できなかった。決して軽視して居るわけでは無いのだけれど、丁度日程がバッティングしてしまった。

 明日はまず名古屋、その後東京で3泊となる。実は今回のサーベイの準備がさっぱりできてはいない。二つ掛け持ちなので、頭が混乱しているのも事実だ。東京へは、宅急便で資料を送ってしまっている。
明日の夜、名古屋のホテルで頑張ろう。





一日中 医師会行事

2013/11/10(日)

 朝、7時55分の電車で札幌へ。旭川市医師会の会長、副会長と同じ電車だった。この電車も遅れた。冬になると本当にJRは当てにはできないようだ。夜、帰れなくて札幌泊まりという事態も起こりそうだ。

 午前中は医師会館で会議。私は出番があるわけでも無く、単調だった。午後から札幌グランドホテルで医師会創設100年の記念式があった。まあ、面白かった。ただ、ああ自民党一辺倒で良いのだろうか。
 そう言えば、会議の後に、自民党の代議士が来て最近の情勢の説明もあったが、非常に危険に思った。ついでのように付け加えられた 秘密保護法の説明など、あれで納得すると思われたら医師会も舐められたものだ。

 日本医師会長の話も有ったが、組織力の強化問題を強調されてはいたが、勤務医を巻き込むにはいまのままの医師会の体制ではとてもできない。

 医師会の前途はなかなか難しいし、開業医主体の今の体制では絶対にどこかで破綻が来そうだ。

 それとは別に懇親会は楽しかった。いろいろな方々とお会いした。卒後45年ぶりに会った後輩もいた。

 大荒れとの予想だったが、それほどひどくは無く終始した。午後6時の電車に間に合って帰って来た。

 札幌グランドホテルでエクレアを購入。孫の好物だということで、届けた。孫達は元気だった。満足した。





秋田⇒新千歳→札幌→旭川

2013/11/09(土)

 ホテルで夜中の2時半に目が覚めた。それから眠れない。酒を飲めば、、、とも思ったが昨夕もその前も結構飲んでいるので、控えたかった。風呂に入ったり、  on demand のヴィデオをみたりするも、眠れず。そのまま朝になった。

 8時12分という空港行きのバスに乗車。なんと乗客は3人だった。しかし、秋田空港の混み具合は凄かった。旭川空港の何倍も発着便も乗客もいるようだ。

 午後1時半に、札幌の読売ホールへ行った。今日は二回目の読売健康塾。お名前だけは聞いていたが初めてお会いする講師だった。私は例の通りに、初めの挨拶のみ。2時半の電車で旭川に向かう予定だった。

 ところがこの電車が遅れた。出発の時から遅れた。結局、旭川には着いたが、予定していた講演への参加は諦めた。少し疲れ気味でも有ったが、、、、、

 明日も朝から、晩まで札幌で医師会の行事である。天候が何か不安だという。あまり荒れなければ良いが、、、、



秋田  二日目

2013/11/08(金)

 このホテルには LAWSON がある。外からも中からも入れるようになっている。そこまでは、今は珍しくは無い。この店で売っている日本酒がことのほか美味しい。一合が700円近いから確かに高価ではあるが、その価値は十分ある。飲み過ぎに気を遣いながら飲んだ。

 昨日の電話は、機能評価は再来週にエキストラで参加できないかという伺いだった。私は基本的には協力を惜しまないのだが、丁度その日は帯広に出張になっていた。申し訳ないがお断りをした。サーベイヤーだって突然なにかがあることもあろうし、穴を埋めるのは大変なことだろう。

 学会には参加したが、どの会場も満員で、比較的空いていた性教育のセッションに参加した。ただ、我々の慣れている発表の仕組みとは違って、冗長で散漫で非常に聞きづらかった。
 これも昼で終了。駅で きりたんぽ鍋を食べた。家にも送った。稲庭うどんも送った。

 夜、かめ清 という料亭で祝賀会があった。昨日 大臣表彰を受けられた 医師 のお祝いだった。医師会長も事務局長も来られて、それなりに盛大だった。旭川に今やこういう料亭はもう存在していないように思う。川の縁にあり、一瞬京都を思わせた。ただ、畳に座りだったので腰が痛くて辛かった。酒はおいしかった。

 今日は結構歩いた。腰痛が悪化しなければ良いが、、、、、
 この大会は来年度は石川県なそうな、、、来年はまだ関係ありなわけだ。



秋田

2013/11/07(木)

 空港でのホテルはやはり楽だ。朝食に ヨーグルト とコーヒーだけを食べた。そのヨーグルトのせいか、少し下痢気味だった。私としては歓迎だが、、、

 秋田空港がすっかり見違えるように改造されていて驚いた。昔の面影はほんの少ししか残ってはいない。こうなると旭川空港の貧弱さが気に掛かる。昼食に  あきたこまち  というお膳を食べた。種類がいろいろと豊富でおいしかった。日本酒も美味だった。

 秋田ビューホテルで、全国学校保健研究大会というのが開催された。なんだか良く趣旨の判らない大会である。君が代斉唱が有ったのには驚いた。私は勿論起立も斉唱もしなかった。幸い赤十字は君が代とは全く無縁だった。あれは素晴らしい事だと思う。
 特別講演もこれはつまらなかった。私の耳のせいもあるだろうが、うまく考えていることが伝わらない感じだった。内容は多岐にわたっているのだが、、、、

 夕方、携帯をマナーモードにしたままで、背広のポケットにいれておいたり、机の上に置いたままにしていて、電話が来たのに気がつかなかった。2件ほど大事な電話を失礼してしまった。機能評価機構からも電話があり、携帯にでないものだから、自宅にもかかったようだ。家内からも確かめの電話が来てしまった。
 何があったのだろう。夜、評価機構にかけ直して見たが時間外だった。
未だにリーダーから連絡が無いのが関係しているのだろうか。

  耳が遠くなっているのだしマナーモードには気をつけなければ、、、、、、

今夜の宿泊は、秋田キャッスルホテル。このホテルも何度か宿泊しているが、改装されているようだ。

 明日も午前中に学会。午後は暇で、夜には今日表彰を受けた方の祝賀会がある。




旭川→新千歳空港

2013/11/06(水)

 今日も比較的に暖かい。外套無しで出勤。今日は特にいつもと同様のパターンで変わった事は無し。

 午後4時半に早退。帰宅して着替えて、午後5時55分の電車に乗った。駅までタクシーでどの橋を渡ろうかと迷ったが、きっと氷点橋のほうが、信号待ちが少ないだろうと、氷点橋にした。折角だから、一度はクリスタル橋も試してみなければならないだろう。

 駅で予約してあった、切符を受け取った。

 本来は明日の朝、午前6時の電車で間に合うのだが、いくら私は朝に強いと言っても、5時前には確実に起きないとならないし、家内にも悪い。自分も楽だし、空港の エアーターミナルホテル で前泊することにした。

 この切符の変更でちょっとトラブル有り。たいしたことでは無いのだが、私かなり気に障った。あれではまだ  JR北海道  の改革は前途遼遠だ。縁戚に駅関係者も居ることだし、今は詳しくは書かない。
 ほんの些細なことだが、あれだけ評判の悪い医療界ではもうインシデントレポート等を出して、自浄作用 が地についてきている。
 JR北海道   はまだそこまで進んではいないようだ。他部署の失敗をカバーし合おうとはしていないようだ。

 それとは別に私は、かなりショートテンパー になって来ているようだ。当然、加齢の為だとは思いたい。しかし、自分で反省するのが、今年はこれで二回目である。そのうち自分で気がつかなくなったらそれこそ終わりだ。

 来週の医療機能評価のホテルは案内があったが、メンバー特にリーダーからは何も連絡がない。後一週間後に迫っているのだが、、、前夜のミーテイングはどうせ有っても私は間に合わない。朝の集合時間や役割り分担が不明のままである。

  今はまだ午後9時前である。後、12時間をこのホテルで有効に使おう。まずは新しい パルシファル の ソフトに挑戦しよう。

 






暖かい

2013/11/05(火)

 今日は朝から暖かい。出勤にはまだ外套を着てはいない。明日からの出張はどうだろうか。秋田は寒いのだろうか。秋田に行くのは何年ぶりだろう。

 医師朝礼あり。上半期の病院の収入の状態が順調という説明があった。例年は前半はあまり良くなくて後半で盛り返すパターンだった。勿論収入に見合った支出増もあるのだろうが、とにかく良かった。
 来年からの、診療報酬改訂の予測も説明があったが、幸い私はまだ蚊帳の外ではない。かろうじて話が通じている。医師会勤めのおかげかもしれない。現役時代に私が薦めてきた、路線が間違っていないことが証明できて、内心ほっとしてはいる。これが、全く違った路線だったら、朝礼などにのこのこ参加しては居られない。

 明日から、出張が始まる。来週の機能評価の荷物をもう準備した。今週の土曜日には宅急便で送らなければならないのだが、パッキングする時間が無い。何か頭が混乱して、明日からどこへ何をしに行くのかが判らなくなってしまう。

 明日は、夕方から新千歳空港宿泊。明後日から医師会の用事で秋田に2泊することになっている。学校保健の大会が開かれる。土曜日、日曜日がまた医師会の行事が詰まっている。札幌を往復しなければならない。
 来週は二つの機能評価の仕事がある。名古屋、東京と移動である。その後週末は留萌、羽幌と会議が続く。
 院長連盟の旅行を中止して良かった。ただ、もっと早く決定すべきだった。きっと迷惑をおかけしたことだろう。

 この2週間をクリアすると少し余裕ができるはずだ。するともう師走になる。







暇な一日

2013/11/04(月)

本来なら、福島県を旅行中の筈だった。今日はどこに泊まるのだっただろうか。去年も忙しかったのだが、参加して本当に楽しかった。来年は絶対に参加したい。

   妻の買い物に付き合った。道の駅のフードコートも覗いてみた。午前11時を越えたくらいだったが、もう満員だった。今日はクリスタル橋を2往復もしてしまった。確かに便利だ。昔だったら、飲屋街から酔って歩いて帰って来そうだ。最近はやはり、それなりに足が弱って、その心配は無い。寂しいことだが、、、、

   機能評価の準備をした。今回の受審病院は自己評価表が詳しく記載されていて、これは楽だ。当院にもぜひ見習わせて頂こう。どこかで、当院もキックオフの催しが必要だ。

 WOWOW で録画してあった  愛と哀しみのボレロ を見直す。相変わらず判りにくい。皆が言うほど私は、最後のボレロは素晴らしいとは思わない。劇場公開版 の3時間の版なので、本当は4時間以上の版があるようだ。どこかで発売にならないものだろうか。劇場公開とは違って、DVD で発売するには何も支障が無いはずだが、、、

 これも購入してあった  エフゲニーオネーギン を試聴。ロイヤルオペラの新演出だが、これは面白かった。この程度の新演出なら違和感は無い。楽しめた。







優雅な一日

2013/11/03(日)

 本来なら、今日の夕方には羽田に飛んで明日からの院長連盟OBの旅行の備えをするはずだった。キャンセルしたので、何もすることが無くなった。雨も降っていた。

 午前中、病院にでて、書類の確認。なにしろ詰まった日程を間違えずに、宅急便を送らなくてはならない。暇になったとは言いながら、水曜日の夜は、新千歳空港に泊まり、翌日から秋田へ二日間の出張である。秋田から帰る土曜日がまた分刻みのようなスケジュールになった。

 病院へ行く途中で、新しい  クリスタル橋  を渡ってみた。   道の駅旭川 も新装されて、駐車場に入れない車が道に溢れていた。良い事だと思う。神楽もようやく賑わってくるのだろう。

 私の家から、旭川駅まで、この橋を渡ると、1.5キロくらいの距離になる。一度、歩いて行ってみよう。タクシーを使うのにも近すぎて気を遣ってしまう。

 駅裏に橋ができる話はもう30年も前から言われていた。できるとなると急に近くに2本も懸かるのだからちょっと腑に落ちない。贅沢な不満だが、、、、




腰痛

2013/11/02(土)

 珍しくベッドの中で腰痛で目が覚めた。鋭い響く痛みでは無いが、鈍痛が腰部にあった。下肢の方は異常は無かった。ボルタレンの湿布を貼って少し改善したかと思われたが、大事をとって折角の好天気だというのに一度も外には出なかった。

 午後から本当は、滝川まで出向く医師会の用事があったが、メールを出して辞めにした。来週のタイトな予定を考えると無理はできない。

 夕方、孫達がきた。夕食を食べ、その後トランプをして遊んだ。下の孫が良く物事を理解できるようになっていて、嬉しかった。久しぶりに孫を堪能した。

 腰痛があったりすると、弱気になって、来週の出張も朝6時の電車で新千歳までというのは無理なような気持ちになった。前日の夜に行動し始めて、余裕の旅程にしようかと思う。

 いずれにしても、院長連盟OBの旅行を中止して正解だった。


 

週末

2013/11/01(金)

 今週はついに、札幌へは行かなかった。明日、滝川に行く用事があるのみだ。

 卒後臨床研修病院評価機構から連絡あり。2月の予定の申し込み募集もあった。OJT の後何もしなければ忘れてしまいそうだ。  OJT  を二回するというのも考慮しても良いかもしれない。

 最近は暖かい。今日から、二条通り通用門が午後10時まで鍵を開けることになった。今までは午後5時に施錠していた。患者サービスとしては良いことだと思う。

WOWOW で録画してあった  晩秋 をみる。身につまされていやになった。喜劇俳優だと思っていた、ジャック・レモンが演じているので尚いっそうに深刻だった。   ヘンリー・フォンダの 黄昏 も見直してみよう。



プロフィール

satoshig

Author:satoshig
 2012年4月から旭川赤十字病院の名誉院長 しております。
 現在の仕事のメインは同院の 常勤嘱託医師(検体検査管理加算Ⅳに該当する検査部門担当) です。
● 医療機能評価機構サーベイヤー
● 卒後臨床研修評価機構サーベイヤー


としての仕事も楽しんでいます。

 旭川赤十字病院には、1970年5月 から勤務し、副院長10年、院長を9年間 勤めさせていただきました。
 1966年北海道大学医学部卒業  もともとは脳神経外科医

リンク
最新コメント

最新記事
月別アーカイブ

フリーエリア
QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム