FC2ブログ

9月も今日で終わり

2013/09/30(月)

 今日で9月も終わり。退職後、一年半経過してしまった。医師会の常任理事も就任後半年たった。ただ、現状に流されている感じでも或る。
 これから辛い冬が始まる。今年は除雪の問題もあるのだが、私の手足の調子はどうだろうか。札幌往復の電車はちゃんと運行するだろうか。

 朝、練習に行く。珍しく4人練習していた。10月に入ったら練習場はどうなるのだろう。雨模様ではあったが、暖かだった。

 病院には珍しく自分の車を使った。100年誌編集の恒例の打ち合わせがあった。夜は  検査部の精度調整委員会。私の正規の仕事である。ただ、内容を良くは理解できない部分もある。

 医師会から年末の日程の調整の相談があった。箱館にもう一度いくことになるようだ。10月には二度訪問するし、箱館の当たり年である。



スポンサーサイト



京都→羽田⇒旭川

2013/09/29(日)

 今日も京都は快晴だった。朝食のホテルのレストランも団体のどこか東南アジアの方々で混み合っていた。ただ、騒々しくはなく、落ち着いた一行だった。

 八条口から、バスで伊丹空港へ。空港も混んでいた。伊丹と羽田の便で、JAL のダイヤモンド会員の特典の最後のファーストクラスのチケットを使った。午後はたいした機内食はでなかった。シャンパンのミニボトルは飲んだ。
 しかもたった45分の飛行だから、あまりメリットがない。しかしこのファーストクラスも満員だった。自分で金を払ってまでこの路線で乗るのは、よほど財力があるのだろう。
 沖縄までというならまだ判るのだが、、、、

 私は今年はやはり飛行機に乗る機会は減って、ダイヤモンドどころではなく、せいぜいサファイアにひっかかるかどうかだろう。少し寂しくなってしまう。

 疲れた状態で旭川に帰ってきた。今週は何とかあまり忙しくないことを願う。帯広への出張があるのと週末は私用で妻と札幌へでかけるのだが、、、。

 夜に確かめるとようやくメールの送信ができるようになっていた。少し気持ちが安まった。







サーベイヤーフォーラム

2013/09/28(土)

 快晴。ただ朝は少し涼しいようだ。

 9時半にホテルを出てタクシーで京大医学部へ。学会はちょっと顔を出して後はサーベイヤーフォーラムに出席した。

 新しいバージョンになって初めての会合である。都合100人ほどが出席したが驚いたのは、新バージョンになっても、一回もサーベイをしていないサーベイヤーが半分以上だった。その点私はもう5回もサーベイに当たっている。

 懐かしい人々に会ったり、いろいろと話をした。いわゆる都市伝説のセッションでは、面白い話もあった。誰かが大声であるいは囁いた事が、連綿と裏で生き続けて伝説になっている。慣れたはずの私までまだ間違って認識している事項があると思われる。

 参加して良かった。これを自分の病院の受審と今後のサーベイににうまく役立てたいものだ。



旭川⇒京都

2013/09/27(金)

 朝練習に行くと練習場のあたりは温度が 1度。掛け値無しに道路が凍っていないかが、心配だった。今日も練習場は私のみ。寒い中での練習はきっと手首には好ましく無いはずだ。

 私は今シーズンは後2回、ゴルフラウンドの機会を作っている。何とか回れると良いが、、、それでも今年は10回にもならない。

 病院では、珍しい事も在るもので、今日も  産業医 としての私に相談があった。
存在意義が確認できて、私には嬉しいことだ。
 午後0時半に病院を出て、旭川空港へ。ものすごい混雑だった。羽田行きの便も、いつもよりは大きな飛行機を使用していたが、それも満員とのことだった。

 羽田空港は快晴。久しぶりに空港内の立ち食い寿司で昼食。何があったのか以前の職人の方が一人もいない状態で少し寂しい。寿司は美味しかった。

 羽田⇒大阪空港 の便も満員だった。伊丹空港におりるともうほぼ真っ暗。風が少し冷たかった。バスで京都へ。
 今日から二泊は 新都ホテル。比較的に安価だったのだが、部屋は良い部屋だった。やはり並のビジネスホテルとは一線を画している感じだった。明日は京都大学で学会とサーベイヤーのフォーラムに出席の予定。



札幌通い 三日目

2013/09/26(木)

 今日も メールの送信は改善せず。幸い、GMAIL に転送して、送信は可能だった。  メールのプロバイダーである   DTI  にメールをした。
 夜、返事あり。誰かのところから大量のメールの発送があり、ウイルス感染を疑い、止めたらしい。ホームページに掲載していないのは、限局した症状で、きっと私も疑われているのかもしれない。

 私はかなり神経質にウイルスチエックを行っている。メールで知らせてきた、オンラインのウイルスチエックも行ったが、勿論異常は無かった。その報告もした。早く回復することを願う。

 朝、7時半には病院にでて、午後4時の電車で札幌へというパターンが、三日目である。今日は駅前のビルで、弁護士の医療訴訟の話。私は共催団体の代表として、一番最初の挨拶のみ。
 今日の話は興味があったが、明日からの出張の準備もできておらず、午後6時半に挨拶して、午後7時の電車に乗った。講師には少し悪いが、そうばかりは言ってはおられない。幸い、電車の変更はできた。ガラガラだった。一時の混乱はもう収まったようだ。

 たいしたことではないが、私の大きな間違いに今日気づいた。以前から出退勤管理は、カードリーダーを使って行っている。管理職は要らないと思っていたら、或る時監査の際に注意を受けて以来私もちゃんと実行していた。医師は夜呼ばれたりして何度も出退勤を繰り返すこともあるので、他の職種と異なるボタンを押してカードをリーダーに通す仕組みになっている。私は朝は通用門からはいり、普通に退勤のときもそのリーダーを使用してきた。ところが、北海道医師会に通う時には、正面玄関からタクシーを使う。その際には一般職員のカードリーダーが三階にあり便利なのでそれを使っていた。これにも出勤、退勤のボタンがあるのを知らなかった。
 きっと、退勤せずに一日二回出勤になっているか、午後遅くに出勤しただけに記録されていたのかもしれない。
 調べてみなくては、、、、、




日暮れが早い

2013/09/25(水)

 珍しいことに今日も、当院の産業医としてのお仕事があった。近隣の医師に電話連絡をした。彼とは以前旭川市医師会でいろいろと一緒に仕事をした。

 朝から雨模様。ゴルフの練習場にはさすがに誰もいなかった。

 午後4時の電車で札幌へ。なんだかもう薄暗い感じがした。札幌へ着いたら、暗かった。いやになる。今日の医師会の仕事は早く終わったが、また荷物を抱えてしまった。どこかで取捨選択をしなくては体も、病院の勤務状態も保たない。

 朝、病院に出たときから、どういうわけかメールの調子が悪い。受信はできるが、送信ができない。昔のパソコンを出してもそうだから、なおさら判らない。DTIの問題かと思ったが、ホームページをみるも何も掲載されていない。病院にいるときは、病院のメールアドレスを使用して、病院外では、GMAIL を使用すると何とか仕事にはなるが、どうにも不愉快だ。

 メーラーを変更してみても、なお同じ状態が続く。ウイルス対抗ソフトのえいきょうかなとおもったりもするが、恐ろしくていじる気持ちにはならない。

 知識がないからただ、右往左往するばかりである。




医師会

2013/09/24(火)

 ようやく日常の生活に戻った。と言っても今日も夕方から医師会。

 日中はちょっと珍しく院内の産業医としてのお仕事があった。開院100年記念誌発行の準備の相談も行った。

 夕方、電車で医師会に行くときには何となく薄暗い感じである。これが、冬になったら暗い中での札幌行きになる。吹雪で電車は止まるだろうし今から憂鬱になる。

 JR北海道 の今の状態は何なのだろう。合理化を進めすぎた、あるいは 対組合政策の失敗のつけ、いろいろとあるのだろう。国の監査もはいるのだろうが、何らかの営業停止などという事態にならないことを願う。

 今日も駅から、医師会館までは歩いた。この距離は何ともなくなった。今日の会議は早く終わるはずがやはり時間がかかり 帰りは9時の電車だった。

 いろいろと日程の確認があったが、10月の予定で全く伝わっていなかったのが有って、驚いた。私はかなり注意しているつもりだが、、、、




快晴

2013/09/23(月)

 今日も朝から快晴。ただ、朝の気温はかなり低かったようだ。自分の部屋で少し寒かった。
こういう日にゴルフがあれば好ましいのに全く無し。日中には温度も上がった。典型的な秋晴れの様相だ。

 午前中は、練習に付き合って、空港、東光の運動公園、岡の上の墓地等へ行った。まあだいたい上達してきたようだ。後は慣れだけだろう。助手席に緊張して乗っているのはなかなか疲れるものだ。

 ようやく、前回のザーベイのレポートを提出した。以前からみたら、ストレスがかなり少ないかとも思うが、やはり提出した後のこのあたりもいやな気分だ。
 もう次回の準備の遣り取りが始まってきた。前日の夜の打ち合わせが必要かどうかというところだ。私は時間が間に合えば有っても良し、無理しては無くとも良しという立場だ。サーベイ自体には、必要は無しと思うが、夕食を一緒にして話し合うのは良いことでもある。当日の朝早くというのは全く意味が無い。

 妻の買い物に付き合ったほかは、なにもせずに過ごしてしまった。明日からまたタイトな予定が詰まっている。三日間、夜にかけて医師会の会議で札幌往復が続く。その後週末は京都への出張がある。




赤十字スポーツ大会終了

2013/09/22(日)

 赤十字スポーツ大会が終了した。天候にも恵まれて良い大会だった。きっとこれが、後々職員のモチベーションの上昇に繋がることだろう。頑張って開催して良かったと思う。とにかくご苦労様と言おう。

 終了後、お客様を 旭山動物園 にご案内するのに私もお付き合いをした。
 私は何年ぶりだろう。冬に上の孫がまだ幼児の時に連れて行って、雪の上のペンギンの行進を見た覚えがある。孫に雪道での 抱っこ をせがまれて、腰痛のことがあり、困った思い出もある。

 夕食は 天金本店。毎日仕方が無いが、飲み続けである。

 私はその後の空港へのお見送りはご遠慮した。何しろ機能評価のレポートを見直さなくてはならない。幸い明日は一日暇である。明日中に何とか提出できるだろう。

 この行事が終わったら、病院も何とか  機能評価受審の準備態勢を整えなくてはならない。100年記念行事も準備を開始が必要だ。私は  カルテ監査 がまだ自信がもてない。同じカルテで何人かが監査して標準を確認することも必要だろう。

 いろいろと考え出すと又、かなり強い焦燥感が起こってくる。毎日の生活にどうしても不安、不満があるので、落ち着かない気持ちが起きるのだろう。




赤十字スポーツ大会

2013/09/21(土)

 朝、11時の電車で札幌へ。読売ホールで講演会。北海道医師会が共催ということで初めの挨拶をした。午後2時に挨拶をして、午後2時半の電車で旭川に戻った。

 今日と明日は赤十字病院スポーツ大会が旭川で開催された。いろいろと紆余曲折があったが、私の代に引き受けた行事である。事務部長の指導力がこれほど発揮された大会はない。ここまでできるのなら、人間ドック学会も開催できたかもしれない。

 旭川グランドホテルでの懇親会は盛会だった。懐かしいいろいろな方々にお目にかかれた。明日は私も応援したり、お見送りをしたりに忙しい予定だ。




羽田→旭川

2013/09/20(金)

 朝、起きてから必死にレポート書き。どうやら完全に目処が付いた。この連休中に送ることができそうだ。

 時間をもてあましてしまったが、旭川行きの2便に乗った。連休を控えていて、子供連れで混んでいた。旭川空港には,出発も到着も遅く着いた。空港で預けた荷物を待っているときに、”どなたか医師はおりませんか” というアナウンスが入った。丁度、大学病院の院長とお会いして話しをして居る最中だった。
”お互いにもう役には立たないですよね” と言っていたら又再度入った。

 黙っているわけにもいかずに、空港の職員に名乗り出たら,若い医師が対応できたという。安心した。

 家に一度戻り病院にでたら、もう午後3時に近かった。ファックスの整理とか事務部長から  スポーツ大会の段取りを教えてもらっているうちに、午後4時になった。

 この春に機能評価の受審のお手伝いに伺った八戸の院長が見えられた。彼とは私の現役時代にも親交が深かった。久しぶりに院内の案内。確かに職員の挨拶は良くなったと思う。

 その後、現院長と三人で  かた岡 で会食。美味しい日本酒を飲んだ。

 明日、明後日は赤十字病院の全国スポーツ大会 が旭川で開催される。私はただ、明日は 午後から札幌で講演会での初めの挨拶が控えている。途中退席させてもらって、大急ぎで旭川に帰り、懇親会に出席するつもりだ。





日医委員会

2013/09/19(木)

 東京の今日は暑い。歩いていて気分が悪くなった。もう私の体は寒冷地仕様になってしまったのではないだろうか。午後からの会議なので午前中はホテルでレポート書きをした。23日が締め切りだが何とかなりそうだ。明日の朝もかなり時間があるはずである。

 昼食は上野駅の中にある蕎麦や。鴨せいろを食べたが,昔はもっとおいしかった様な気がする。自分の味の感覚も変わるのだろうが、、、、少しがっかりした。

 暑くて、駒込の駅から医師会館までの距離が辛かった。自分で情けなくなった。

 今日の会議は、都合7回くらいの予定のもう半分以上経過した会議。私一人だけが新参で少しつらいものがある。まあ、勉強だと思って我慢しよう。会議は4時半には終了。しかしやはり旭川への便には間に合わないようだ。

 日医会館の外にでると,さすがに少し涼しくなっていた。帰りの駒込駅までは楽だった。よほどタクシーに乗らなくてはホテルにたどり着けないかと懸念して居た。日中の不調は、やはり暑さのせいだったのだろう。

 夕食は品川駅の 立ち食い寿司。 酒の量も今日は我慢をした。今晩でレポートを仕上げたい。明日旭川に帰って又飲む機会がある。そう言えば明後日も飲む会だ。






二日目終了   腰痛

2013/09/18(水)

 二日目終了。比較的楽なサーベイだった。病院側の努力が伝わって気持ちが良かった。私たちの病院も真似をしたいと思った。どういうわけか昼頃から腰痛。階段を上るのが辛かった。ロキソニンを服用した。

 もう一つ、今回のサーベイは前日の夜のミーテイングが無かった。新しいバージョンになってから,何も無いのは初めてである。勿論,機構からの予定では何も無い。前日集合するのが、何となく当たり前のように思って居た。
 しかし前日の夜の予定が自由なのは非常にありがたい事が判った。慣れてきたらこれは本当は要らないのかもしれない。私も夜最終便で東京へ来るので間に合うこともあるだろう。目的地が東京近郊なら、当日朝の移動でも間に合う事になる。

 今夜と明日の宿泊は京急EXイン品川駅前。品川駅前で部屋も機能的である。
 明日には日本医師会館で委員会がある。なんとも面倒だが仕方がない。事務部長から、今週金曜日のある院長の病院訪問いただく際の対応について報告があった。その夜は本当は緑友会の納会の予定だった。あわてて、メールをして、納会を断った。
 ただ、会場が近くでもあるし,私は一応緑友会の会長でもあるし、一度帰りにでも、顔を出す必要がありそうだ。

 夜、ホテルで酒を飲みながらレポート書きをする。いつもこの時期がいやだ。週末から来週のタイトな予定を考えるとまた追い詰められた焦る気持ちが生ずる。




一日目終了

2013/09/17(火)

 一日目終了。サーベイの仲間も病院側の対応も素晴らしく、楽しく仕事ができた。台風一過の快晴。ホテルから病院に行く途中で、富士山とスカイツリーが見えた。空気が澄んでいるようだ。

 夜はホテルの近くの居酒屋で夕食。いつもながらに話が弾んだ。少し飲み過ぎてしまったが、これがサーベイに来る一番の目的だ。いろいろな方々の病院にまつわるお話を伺うのは何物にも替えがたい。




台風

2013/09/16(月、祭日)

 ホテルのネットの連結がうまくいかず今日までインターネット無しの状態だった。どういうわけか今朝起きると繋がっていた。二日分を改めて記す。

 夜中から,テレビをつけて台風の情報をみる。旭川は強い雨ではないが、降り続いている。午前中ゴルフでその後夕方の便で東京への予定である。羽田空港は朝の早い便が飛んで後はどうなるか判らないという報道だった。ネットで探すと旭川から羽田に1便が遅れて午後になったら飛ぶ予想になっていた。探すと幸い便の変更はできた。

 旭川ゴルフクラブにタクシーでまずは行った。昨晩タクシーの予約をしてあったので、断るのも面倒で,ゴルフ場に行った。1時間前だったが、もう幹事が準備をしていた。何とかドタキャンの挨拶をして帰宅。申し訳なし。

 午後1時半に飛ぶという予測だったので、12時に自分の車で出発。空港の混雑で,もし飛ばない時に帰りのタクシーが不安だったので、自分の車とした。

 確かに羽田からの1便は飛んできたようで、空港に待機していた。結局午後3時に飛行機は飛び立った。羽田はもう晴れていた。羽田上空で滑走路の空くのを待って30分以上待機していた。

 羽田→上野→松戸  とそれでもかなりスムースに移動できた。

 今日のホテルは  松戸シテイホテル。まあ機構使用のホテルのランクで言えば下から数えた方が早い。




義妹の誕生日

2013/09/15(日)

 早朝と午前中と二回にわたりゴルフの練習へ。ようやく,クラブを振る感覚が戻ってきた。ただ、ゴルフ場は雷と雨でクローズになっていた。50組以上の予約が入っていたとのこと。大損害だろう。
 折角、感覚が戻ったのに,明日のゴルフはどうなるか、、、雨の中でのゴルフの問題ともう一つは私は明日中に千葉まで行かなくてはならない。
 今のところは  ゴルフをして 昼食を食べて夕方の飛行機で東京へと思っている。

 今回のゴルフは日赤会の院長杯で、昼に珍しくアルコールがでる。ただ,迫ってきている台風の具合によっては早い便で出発もあり得るか。なるべくなら、サーベイに支障を来したくはない。幸い私は今まで一度も交通障害には会ってはいないのだが、、、、

 夜、義妹の誕生日ということで、グランドホテル の 四季 でお祝い。孫達も元気だった。珍しく混んでいた。

 

余裕の一日

2013/09/14(土)

 今日ははっきりとした予定のない休日の一日。朝の練習も雨模様では有ったが、いつもよりは多くできた。妻の買い物のつきあいと、息子の運転の練習のつきあいをした。来週の出張の、荷物はすでに宅急便で送った。
せめて下調べが必要だとは思うのだが、何もせずに怠惰に過ごしてしまった。

 何でも台風が迫っているとのこと。なるようにしかならないだろうが、ひどくならないことを願う。東京あたりで足止めの可能性も考えなければなるまい。




稚内→旭川

2013/09/13(金)

 朝3時に朝風呂に入った。この温泉は広くて気持ちが良い。この時間にもう数人が入って
いて驚いた。そういえば朝食も  午前5時半から提供されている。きっと利尻、礼文の定期船が速くでるのだろう。朝食の内容もまあまあ。

 7時10分発の札幌行きの特急に乗った。駅の売店は全く開いてはいなかった。

 旭川に着いたら一度家に帰って荷物を置いて改めて出勤のつもりだったが、疲れていて、出勤する気持ちが起きなかったら困るのでそのまま病院へ。

 病院へは11時には着くことができた。結構重要な手紙とファックスが届いていた。 卒後臨床研修評価機構受審の件で院長と面談等もあった。電話も一件あった。疲れがとれないので午後4時半には帰宅させてもらった。

 この連休は,来週の機能評価と日本医師会の会議の準備をしなくてはならない。

 巷では、アイホンの新発売で賑わっている。私のスマートフォンもそろそろ買い換え時期ではあるが、お財布携帯を愛用しているので、iPhone に変更は難しいのだろう。








稚内

2013/09/12(木)

 朝、又本日午前7時半には病院に着いた。今日は1時間のみ在院。まるでアリバイ的だ。

  午前9時の列車で稚内に。時間がかかり腰が痛くなった。グリーンを使ったが、9席のみで何か落ち着かない環境だった。
 稚内の駅が綺麗になっていて驚いた。バスのセンターと一緒になっている。ただ市中の寂しさは隠しきれないようだ。
 今から50年近く前の医学生の時に稚内市立病院に夏休みに3週間ほどお世話になったことが有る。本当は晴れた日に利尻富士に登るのが主要な目的だった。当時はおおらかな時代で、本当にお世話になった。

 駅で イカ刺し定食 を昼食とした。

 今夜のホテルは  ドーミーイン稚内 。アーリーチエックイン を予め頼んでいた。日中から温泉に入った。露天風呂から稚内の海が見えて良い気分だった。

 夕方から サンホテル というところで、医師会主催の一般の方向けの 鬱病の講演会。講師は私が産業医の研修会で何度かお聞きしたことがある方で、高校も後輩だった。いつもながらに話術の巧みさに感心した。

 彼が夜行バスで札幌に帰るというので、その時間まで駅前の店でお付き合いをした。私も明日は7時の列車である。





医師会の仕事

2013/09/11(水)

 いつものとおり早朝練習はできた。

 これもいつものとおりに,7時半には出勤。恒例の検査部もまわることができた。8時45分に早退(この言葉が妥当かどうかは不明)タクシーで本日の目的の医療施設に向かった。

 今日は一日に渡って道医の仕事としての立会をした。本格的な指導で、一日が長く,辛い物になると予想したのだが、意外に私にとっては面白かった。
 既存の患者を使って、保険診療の実際を指導するというやり方は実は,医療機能評価のサーベイにも似たものがある。間違いなく応用できそうに思った。地元であるので、多くのご挨拶をすべき医師にお会いした。

 夜、大急ぎで帰宅後、来週の荷物つくりをした。明日には宅急便で発送することになる。
 来週はまたタイトな予定となってしまっている。





常任理事会

2013/09/10(火)

 今日も朝練習にいくことができた。まだ半袖にチョッキで充分だ。これ以上涼しくならないで欲しい。

 私の次のゴルフの予定はこの次の祭日だが、どうも雷雨の予測になっている。天候が悪いなら徹底的に初めから悪い方がありがたい。

 病院では、日中は自室に訪問者が少し有ったのみ。意味不明の電話も一件あった。

 一度家に寄ってから旭川駅に。最近どうも忘れ物が多い。今回はウオークマンを綺麗に忘れた。加齢によるものだろうが、いやになってしまう。このウオークマンが無かったら電車の中では全く時間をもてあましてしまう。
 最近は,アバド の マーラー にのめり込んでいる。

 電車はガラガラ。こう空いていると間引きされるのではと心配になる。札幌駅から道医会館まで地下道を今日も歩いた。今日はかなり人を追い越すことができた。少なくともいつものようには抜かれなかった。車で高速道路で抜き去られるのは一向に気にならないが、歩いて居て抜かれるのは気分が悪い。

 道医では,会議の前に、今後の出張の行程の確認にいろいろと時間がかかった。私は基本的には自分で切符とかホテルの手配をするのだが、それが本当は却って面倒なようだ。ただ、変更することが多いので、自分でせざるを得ない。

 常任理事会は1時間で終了。7時半の電車に乗ることができた。帰宅してサッカーの終了間際をみることができた。

 世の中は,オリンピックですべてが解決するようなムードで恐ろしい。福島の状態は震災当時よりも状況は悪化しているのだが、、、、慣れてしまったこともあるのだろうが、、、

 明日は一日医師会絡みの仕事で近郊の病院へ。何とか朝一度は病院に顔をだしてから行動を起こそう。






卒後臨床研修評価機構

2013/09/09(月)

 幸い,足の状態は問題が無かった。朝も練習にいくことができた。本当は朝に、100球でも打てれば良いのだが、どうしても二箱60球が限度である。7時半まで病院にでるのを少し遅くすれば解決がつくのだが、、、、

 午後、卒後臨床研修評価機構について,二度目の会議があった。年内に手続きを初めて新年度のGWあけくらいを目指すことになった。それまでには私も一度や二度はサーベイヤーとしての経験を積むであろう。

 病院機能評価機構の受審も後二年後だから、準備を同時に始めなくてはならない。10月に入ったらせめて係の事務部門だけでも決めてもらおう。

 テレビはどこもオリンピック一色である。悪い性格で私はどうもそっぽを向きたくなる。




久しぶりのゴルフ

2013/09/08(日)

 朝、ホテルで目が覚めた。少し二日酔いの感じである。5時からのオリンピックの話題を見た。まずはめでたいが、地震でも起きたらどうするのだろう。孫達が自分の国で開催するオリンピックをみるのは良いことだとは思うが、、、原発が東京から240キロ離れているから安全だという理論は本当はおかしい。

 午前7時前にホテルをでた。途中、コンビニに寄って、おにぎりを購入。運転しながら食べた。ゴルフの会場は増毛カントリー。昔一度回った事があるはずだ。海が綺麗に見えた。

 私の右足が3ホールくらい回ったところで,やはり痛み出した。ものすごくは無いのだが、足をひきずった。ハーフを終えたところで、後半のインの方が,アップダウンが激しく、途中でリタイアするところはないと言われた。ちょっと考えたが、ここで無理をすると元も子もないので、ハーフで止めにした。

 それでも、ハーフでも回れた事には満足した。今シーズン後二回は回る機会が残っている。
 失礼して、皆を待たずに、旭川に帰ってきた。幸い足はそれ以上は悪くはならなかったが、車を運転していて、眠くて参った。






留萌

2013/09/07(土)

 午後から自分の車を運転して、留萌市へ。深川から先の高規格道路が留萌市のすぐ近く  大和田 というところまでできあがっていた。楽だった。
 道医道北ブロックのブロック会議が留萌市で開催された。まあ、あまり討議することもなく、寿司店で懇親会もあった。北海道医師会の三役も参加され,本当にご苦労様なことである。
 明日は5月以来の久しぶりのゴルフだからと思いつつつい飲んでしまった。

 ホテルは小さなビジネスホテルだが、Lan の設備は整っていた。留萌市とこの少し北の羽幌町を、11月に再度訪問するのだが、そのホテルも近くにあった。11月にはもうタイやを替えなくてはならないだろう。

 明日のゴルフはきっと全部を回ることはできないだろう。あまり無理をしないつもりだ。




終日病院

2013/09/06(金)

 今日も終日病院にいることができた。来週はまた忙しい予定だ。足の調子はようやく戻ったので、院内をぐるぐると歩き回った。ボランテイアの方々に,挨拶をしたり御礼を伝えたりもした。院内の掲示物がカラフルになったり、少しずつなにがしかの変化が見られて良いことだと思った。

 検査室へも今後は昼間に行くことも検討してみよう。あと2週間で,赤十字スポーツ大会が始まる。そうしてそれが終了したら、又いろいろな事柄を本格的に開始しなくてはならない。

 夜、サッカーをみる。久しぶりの快勝ではあるが、前半のシュートの精度の低さは何なのだろう。香川は本当に駄目なのかもしれない。マンU で大成はできないのではないだろうか





会議

2013/09/05(木)

 今日は一日中病院にいることができた。少し病院外に出過ぎである。自分で望んだことだから仕方が無いが、、、、

 日中は、電子カルテと格闘した。やはりまだカルテ監査を自信をもってすることができない。基準をどうするかも、整理できない。結構大変なことだと判った。一つのカルテを何人もで、一緒に評価するのが一番良いのだろうが、どう考えても非能率的だ。

 電子カルテで,自室の机の上でカルテ監査を行うことができるのは大きいメリットではあるが、一方閉鎖的で公正性の維持が難しい。

 夕方、JCEP  (卒後臨床研修評価機構) の説明をした。とにかく何はともあれ、受審することが肝要であることを強調した。あと一度くらいは説明の機会が必要なようだ。




函館⇒札幌→旭川

2013/09/04(水)

 昨夕は何とか早く切り上げてホテルに戻った。温泉に入ろうかなと思ったが、少し酔っているので、温泉に入らなかった。

 その代わりに午前3時に目が開いたので、待望の温泉へ。ここの温泉はなかなか良い。露天風呂も寒くはなかった。この秋にはあと二回函館の出張がある。確か一回はこのホテルが予約できないままだった。どうせなら温泉を探そう。

 明るくなっていく海をみながら持参した  魔弾の射手  を鑑賞した。これは面白かった。久しぶりに オペラ映画 の上質のものを見た感じがした。

 10:10発の便で丘珠へ。今回の便は満席だった。

 午後1時半には,病院にでることができた。訃報があった。市内の大きな病院の理事長がお亡くなりになった。私と同年のはずである。相次いで、同じ年齢の医師がなくなった。いまの私の状態がを幸せだと思わなくてはならない。

 葬儀に参列したいが,無理だろう。いろいろと誤解あるいは曲解があって、話が通じない関係になってしまっている。私は何も仕掛けても、裏工作をしてはいないのだが、、、考えたら判りそうな物なのだが、、、

 多忙だったり、旅行が有ったりして、 きっと体重はかなり増加しているだろう。
 明日から 真面目に強力に  ダイエット を開始しよう。








函館

2013/09/03(水)

 朝の練習は今日は不満が残った。うまくドライバーが当たらない事がどうも目立った。あるいは今までもそうだったのが、ようやく要求が高くなって、目立つ様になっただけかもしれない。とにかく少し気持ちが萎えてしまった。

 午前11時の電車で札幌へ。札幌駅はまだ観光客で賑わっていた。
タクシー久しぶりに丘珠空港に行った。心配した飛行機は無事に飛ぶようだった。空港は全体としては大きく変わってはいないのだが、何か変わろうとする努力の跡がみえた。
 それにしても、とにかくやはり飛行機は速い。待ち時間は無駄であるし、勿論危険性もあるのだが、この移動時間の早さはやはり替えがたい。

 ホテルはラビスタ函館。 去年 妻と来てこのホテルに泊まったことがある。あのときの桜は見事だった。

 今回は鬱病の一般向けの講演会が、ロワジールホテルで開かれた。260人もの参加者が会って、掛け値無しに盛会だった。講師の先生の話も面白かった。あのくらい集まると司会をしていてもやりがいがあった。来週は稚内で、同じ内容で開催される。あまり酒を飲まずにホテルにもどり温泉にと思ったが、やはりちょっと酔っていて、止めた。




医療事故予防講演会の打ち合わせ

2013/09/02(月)

 日中は病院で、昨日の続き。卒後臨床研修評価機構の勉強をした。100年誌の編纂の件で、定期的な打ち合わせも行った。

 午後4時の電車で札幌へ。今日は東京ドームホテル札幌 で会議があった。練習のために歩いてみた。明日、足が痛くならなければ良いが、、、、とにかく情けないことに、足にまで自信が無くなった。

 札幌も,上着を着なくては、涼しすぎるほどの気候になってしまった。

 医師会で行っている、医療事故予防の講演会の打ち合わせがあった。私の院長就任の時すぐに有った事故を思い出した。あの頃と比べると、職員の意識を含めて予防の考えが素晴らしく徹底したものだ。

 その後、懇親会があった。9時の電車に乗るために途中で退席させていただいた。飲んで電車に乗るのはなかなかつらいものがある。何年か前に、和寒まで行ってしまったことを思い出した。

 9時の電車では、どうしてもベッドに入るのが、11時過ぎになってしまう。



ゴルフ

2013/09/01(日)

 夜中から雨。朝、軽く朝食をとって、まずはいつもの旭川ゴルフクラブにて練習。雨脚が強くなり、昨夜からの降り続けで、地面はすっかり柔らかくなっている。いろいろと考えたが,折角直ってきた手首の悪化がやはり心配で、ドクターズゴルフは中止することにした。ドタキャンはなので、会場の大雪山ゴルフクラブまで行って,直接幹事に事情を話すことにした。

 大雪山の方は尚雨が強かった。断ったのは申し分はないが、結局 6,7,8月と一度もゴルフをしないことになった。来週、道医道北地区ブロックの会議が留萌であり、その後の懇親の増毛でのコンペが再デビュー戦となる。大丈夫だろうか。ゴルフをして、自分の車で帰って来れるだろうか。少し歩く訓練を続けよう。

 休日の一日を卒後臨床研修評価機構の勉強に充てた。今週、病院の幹部に内容を説明することになっている。とにかく早く受審を薦めたい。

 コンサドーレがいやな引き分けの試合をした。負けに等しい。これは後で大きく尾を引きそうだ。大事な分け目の試合になりそうだ。こういうところで勝てないのならどうしようもない。

 空いた時間を  購入してあった Verdi の  レクイエム を 視聴する。バレンボイム の指揮でどうしても少し重たいが面白かった。ガランチャ が美しく素晴らしいのは勿論だが、  アニヤハルテロスというソプラノを初めて聴いたが、魅力があった。











プロフィール

satoshig

Author:satoshig
 2012年4月から 旭川赤十字病院の名誉院長 となりました。
 現在の仕事のメインは同院の 常勤嘱託医師(検体検査管理加算Ⅳに該当する検査部門担当) です。
● 医療機能評価機構サーベイヤー
● 卒後臨床研修評価機構サーベイヤー


としての仕事も楽しんでいます。

 旭川赤十字病院には、1970年5月 から勤務し、副院長10年、院長を9年間 勤めさせていただきました。
 1966年北海道大学医学部卒業  もともとは脳神経外科医

リンク
最新コメント

最新記事
月別アーカイブ

フリーエリア
QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム