FC2ブログ

孫の運動会

2013/06/30(日)

 素晴らしい快晴。雲一つ無い。

 下の孫の保育園の運動会。孫は来年は小学校なので、保育園の行事も後はお遊戯会だけが残って居る。長い間、保育園にはおせわになった。

 今日は、本来は恵庭で全道ドクターズゴルフ の日だが、私はキャンセルしている。右手の腱鞘炎でキャンセルしたのだが、ポリペク の為にも勿論参加はできない。
 さらに一昨日あたりから、左肘関節痛が始まった。よく次から次へと痛いどころがでるものだ。本当は少し憂鬱になっている。

 運動会は病院の隣の小学校のグランドを借りて行われた。風もなく、砂埃もあまりたたなかった。途中で病院のヘリポートにドクターヘリが戻ってきたが、全く当たり前のように競技は続行していた。一昨年だかは手を振ったり大騒ぎだったという。すっかり、ドクターヘリも定着してしまった。
 孫は張り切って大きな声を出して運動会を楽しんでいるようだった。大きくなったものだ。それだけこちらが年をとったのだが、、、、




スポンサーサイト



退院

2013/06/29(土)

 5階北病棟入院中

 朝というより夜中の2時半に目が覚めた。尿意は無く、要するに習慣になってしまっているようだ。
そのまま、持参した DVD で ナタリーデッセイ の 椿姫を見た。これはやはり面白い。演技力が特別に優れている。あのメーキャップは個人的には好きにはなれないが、、、、

 また、オペラを見直そう。今回は絶対に何か良くないものがあると思っていた。それからみれば、幸運だ。午前5時に自分の部屋に行って、メールを数通出した。来週のゴルフのキャンセルのはがきも書いた。
あの病院食の朝ご飯が待ち遠しいから不思議だ。

 便は出る気配も無く、下血もしないから、問題なしであろう。午前9時半に回診がり退院許可。もう一度来週の出張を願い出ようかなとも思ったが、諦めた。

 昼前に、退院して自分の車を運転して帰宅した。

 けりが付いた訳だから、もう一度  ダイエットを始めよう。ダイエットがうまく進行するとまた逆に心配だった。心置きなく、70kg 台に体重を落としてみよう。



ポリペク

2013/06/28(金)

 昨夜からの絶食の後、大腸洗浄液 ムーベン を服用。これがすごく 辛い との評判だったが、私はたいしたことは無し。ただ、2時間で2リッターは楽勝と思っていたが、これは結構大変だった。

 午後2時から、大腸内視鏡検査を受けた。
 結果は幸い大事にはなら無かった。上行結腸に憩室があり、直腸に 小さなポリープがあったのみ。
 急ぐことは無いとは言われたが、ポリペクトミーをしてもらった。小さいものだった。痛みは全く無かった。

 ポりペク の後は経過観察のため、一晩の入院となった。一週間は再出血の注意が必要ということで、来週の病院機能評価の講習会が出席不能となった。新しいバージョンの経験者同士の反省会ということで、ぜひ参加したかった。東京日帰りで何とかとお尋ねしたが、結局、旭川を離れる許可はおりなかった。
 諦めて、機構には電話した。

 禁酒も言われたがこれは覚悟していたことだから仕方が無い。

 その他、旭川市医師会に連絡をして、今夜の総会の欠席と伝えた。北海道医師会からも夕方になってから私が挨拶をする講演会の日程変更の相談がメールできた。病室にネットの環境がないので、これには電話で対応した。

 孫達が見舞いに来た。帰りに又 玄関横の LAWSON  に寄って、お土産を買わされた。下の孫は明後日運動会。その話ばかりしていた。

 来週金曜に北海道医師会の仕事がある。それは大丈夫だろう。再来週の  機能評価の 群馬県の仕事もできると思っている。




暇な一日

2013/06/27(木)

 今日は取り立てて決まった行事の無い一日だった。朝、いつものように検査室を訪問。その後は自分の部屋で、卒後研修評価機構のいろいろを勉強した。まだ良くは理解できない部分がたくさんある。全くサーベイをしたことが無い人よりは、遙かに有利だろうが、いまさら  OJT も大変なことではある。

 これも、私たちの病院または赤十字の他の病院の役に立てば嬉しいが、、、

 明日の検査のことを考えると少し不安である。最近は為すことが当たるので、きっと何かはあるのではないだろうか。

 NHK の古いドラマ  今朝の秋 をみる。ものすごく心を動かされた。あれで、画面がきれいだったら言うことは無いのだが、、、




受診

2013/06/26(水)

 消化器内科を受診。金曜日に  CF の予約となった。私は今まで受けた事が無い。昔、母親が準備をするのを見ていて、大変だなと思っていたら、自分のことになってしまった。大事にならないことを願う。

私も もしポリペク でもすれば、一日経過観察のために入院となるかもしれない。幸いこの週末は、道医のゴルフをキャンセルしたので、何も予定がない。

 機能評価のレポートの提出がスムースに行かなくて何となく後味が悪い。自分が大慌てをして失敗したのだから、どうしようもないのだが、、、

 今夜は、本当は札幌で予定されていた  北海道医師会の行事が中止となった。何かものすごく得をした気分になった。





失敗の連続

2013/06/25(火)

 今回のサーベイの報告書の案を皆で参考に見せ合うことにしてあった。私は締め切りギリギリで良いかとのんびりとしていた。ところが、他のサーベイヤーはいち早くリーダーのところに提出を終えてしまった。私だけが、残ってしまったのが判り、大慌てで提出した。ところが、大慌てが悪く、予備のものをまず添付ファイルにしてしまった。それは未完成だった。指摘を受けるまで気がつかなかった。指摘されまた夕方の札幌の会議中に目を盗みながら、送り直した。無線LAN はこういうときにはすごく便利である。その際今度は送り先に機構までチエックをいれてしまった。

 皆にもうしわけのないことをしてしまった。何事も落ち着いて、見直しをしながらおこなわなくてはならない。良い教訓だった。

 医師会の常任理事会は早く終了して、  午後7時半の電車に間に合った。これは楽だった。





不調

2013/06/24(月)

 午前中、当院の薬剤部長を訪問。先日のサーベイで気に掛かった抗がん剤の調整・混合についていろいろとお話をきいた。自分の中では解決が付いた。

 病院から、卒後臨床研修評価機構 の サーベイヤーの講習を受けるよう依頼された。私も考えないでは無かったが、年齢制限で引っかかると思っていた。今回は制限無しとのこと。役に立つことなら、従わざるを得ない。何とか頑張ってみよう。

 検診。良い事は、尿酸の値が正常になっている。 フェブリク 20mg の服用で 効果はあるようだ。潜血反応が一部引っかかった。痔があるので、そのせいかとも思うが、消化器内科受診しよう。水曜日受診の約束をした。何でも無ければ良いが、、、、



レポート書き

2013/06/23(日)

 夕べ珍しくいつもよりは酒をのんで寝たので、今朝は早く起きた。午前2時から、今回のサーベイのレポート書きをした。今回のバージョンは記入する項目が少ないのでやはりストレスも少ない。

 午前4時から 対メキシコ のサッカーをみる。惨敗。やはり、かなりの力の差があるようだ。まあ、ワールドカップで優勝などと馬鹿なことを言う人には良い教訓になっただろう。出場できたら、幸せというまだレベルのようだ。

 その後、午前中あまり暑くも無いので寝直してしまった。医師仲間のゴルフがあるのだが、勿論キャンセルした。午後からずっとパソコンに向かっていたら、又手首が痛くなってきた。又、シーネを宛てた。来週の全道ドクターズもキャンセルのメールを出した。あちこちに義理を欠いてしまう。

 思えばこの2月からずっと  あちこちが痛い  できてしまった。こんな年も珍しい。やはり、年齢には勝てないのだろうか。




品川の朝食

2013/06/22(土)

 このホテルのベッドは非常に快適で朝まで起きずに寝てしまった。船橋での寝不足を取りもどした。
朝起きて少しレポート書き。何とか今回はなりそうだ。

 朝食はメインタワーの  ハバナ 。本当に久しぶりである。見違えるように改装していた。以前の南国風の感じは全く無く機能的に改められている。札幌のプリンスはまだ以前の感じだったと思うが。バイキングの内容は以前よりは少し少なくなった感じも受けた。とにかく全体に好印象を持った。

 少し今度は宿泊にこのホテルを使ってみようかと思った。コンビニが目の前に有るのも好ましい。

 第2便で旭川へ。いつもよりは大型の飛行機だったが、満員だった。知人に二人出会った。一人はなんと娘さんとラスベガスの帰りだという。あの元気さ前向きの姿勢を見習わなくてはならない。

 夜、隣の義兄一家、孫達と  北の富士。妻の誕生日祝いをかねていた。以前から観ると孫達はおとなしくなったと思うが、、、、




品川プリンスホテル

2013/06/21(金)

 二日目が終了した。大きな事は無かった。最後のいわゆる講評の際に、一部門ごとに質問を促したらかなり多くの質問があった。ただ、重要なことはなく、問題になるような受け答えは無かった。抗がん剤の単体の調整への看護師の関与の問題などは今後いろいろと考えてみたい。機構にも質問してみよう。

 私の次回の予定は7月10日から。なんと 三人体制である。小規模ながら多機能の病院で有れば、非常に辛いものがある。時間的にも全く余裕が無いことが予測される。自分の経験と勉強にはなるだろうが、、、

 参考のために、互いのレポートを交換することを約束して解散した。私は総武快速で東京に出て、品川へ。

 今夜の宿泊は珍しく  品川プリンス。以前はよく利用したものだ。新しく改装して、ビジネス客対応の Nタワー というのが、できたというのでそこを利用した。

 場所は勿論非常に便利。部屋は  広くは無くトイレにどうしてあんな段差があるのだろう。何かばかげている。全館禁煙というのは歓迎だ。

 腱鞘炎は悪くはならないが勿論完治はしていない。まだ移動に荷物を持つ機会が増えるので、例のシーネは必要と思われる。

 来週にはゴルフの予定があるのだが、多分全部キャンセルになりそうだ



初日終了

2013/06/20(木)

 朝、起きてやはり不安で、かなり真剣に今日のサーベイの予習をした。私がこんなに真面目に準備するのは非常に珍しいことだ。午前7時から対イタリアのサッカーをみようとするも、アナログでは敵も味方も判別が付かない。諦めて、朝食に行った。

 初日のサーベイは特に問題無し。いつもながら受審病院のご苦労を思うと頭が下がる。

 夜はホテルの近くの寿司屋となった。私は酒の量も食事の量も少なくてすんだ。外を半袖姿で歩くと寒いほどだった。

 腱鞘炎はありがたいことに急速に痛みはとれてきた。












千葉

2013/06/19(水)

 朝、やはり手首が痛いので、シーネを当てて包帯を巻いた。動きが無いと少し楽だ。昨日からすれば良かった。本当は左手のシーネは型をとって、作ってあった。右のは無い。何か良い者は無いかと探したら、ご飯をよそう へら が適当だと判った。格好は言ってはいられないので、それを利用した。勿論理にかなった型にはほど遠いがそれでも楽だ。

 空港へ自分の車で行く予定だったが、荷物を運ぶ距離を少しでも短くしたくて、タクシーとした。飛行機を安い切符にしているので、その差額をタクシー代とした。

 羽田で蕎麦の昼食。知人に二人会った。

 今回の宿泊は  船橋グランドホテル  。名前はグランドだが、内容はお粗末。なんとテレビが  四角いブラウン管だった。夕食はネットで凄い評判の寿司。5人もはいれば満員という狭い店だったが、確かに美味しかった。

 夜8時から、ミーテイング。明日からの新バージョンが不安で皆で集まった。新バージョン経験者は私ともう一人のみ。何とかなると皆を励ました。
 しかし私もまだ不安が残ってはいる。







富良野市医師会訪問

2013/06/18(火)

 日中は専ら電子カルテと格闘した。今回からカルテ監査の試みが始まった。私がその一翼を担うのは適役とは思うが、いざ電子カルテを隅から隅まで目を通すというのは、結構大変な事が判った。私は実際には診療には従事していないので、自分の必要なところしかカルテを覗いてはいない。

 紙カルテと違って、いちいちカルテを探し出したりする苦労は無いし、自分の部屋で見れるので便利である。しかし、それなりにやはり問題があることがわかった。しかし、そんなことは言ってはおられない。早急に慣れ親しまなくてはならない。

 夕方、もう一人の常任理事であるH Dr. と富良野医師会を訪問。私は立場上積極的には動けないということで随伴したのみに留めた。タクシーを使ったのだが、途中の美瑛の丘はまだ全く花の季節では無かった。

 腱鞘炎はまだ回復の兆しはみられない。ボルタレンは全く効かず、ロキソニンなら痛みが和らぐようだ。2月の痛風のときもそういう印象だった。少し胃の調子もおかしい。

 明日から、機能評価の仕事が入っている。少し憂鬱だ。旅行バッグを持ち運ぶのが辛い。




補充審査

2013/06/17(月)

 朝の医師朝礼で、報告が有った。
 入院の一日単価が7万2000円になったという。勿論材料費もかかってはいるのだろうが、良い傾向だ。外来も一日 1万3000円近くに上がってきている。これでもう少し在院日数が短縮されると、言うことは無いのだが、、、、

 右手の腱鞘炎悪化。じんじんと痛い。ここ一週間で改善して欲しい。週末のゴルフの断り状をファックスで送った。

 春に参加した機能評価のサーベイの、補充審査を行った。書類審査だけではあるが、改善されていて、こちらも嬉しくなった。病院の機能改善のお役に立った実感がする。

 アカシアの花がたわわに咲いているが、ありがたいことに今年はアカシアでは花粉症にならないようだ。最悪の時には写真をみても何かおかしい状態になったものだが、、、、





北海道医師会代議委員会

2013/06/16(日)

 昨夜は良く寝た。朝早く起きて、ブラジルとのサッカーをみる。完敗。ものすごい力の差である。ネイマールに遊ばれたが、彼だって、以前に  メッシ と相まみえた時には力の差は歴然としていた。上には上があるものだ。

 ホテルの朝食を食べた。海産物がいろいろと並んでいた。少し食べ過ぎた。

 午前9時に北海道医師会館に出向いた。暑かった。札幌の街は札幌祭で混雑していた。子供の頃、この祭は盛大だった。中島公園に屋台とサーカスがしつらえられた。学校も休みか半ドンだった。この日から、夏服に変更したものだ。変な記憶だがこの祭の夕食に、鮭のにものか焼いたものが、必ず食卓にでたような気がする。

 代議委員会は面白かった。やはり、単に代議員で出席して居たときとは異なった。良い経験だ。

 午後4時の電車で帰ってきた。父の日 ということで、息子達がお酒を買ってくれていた。孫達もつれて皆で  蕎麦屋で夕食。孫達は元気だった。孫がたくさん食べるの眺めているだけで、幸せな気分になる。


腱鞘炎

2013/06/15(土)

 昨晩から右の手首が痛い。久しぶりに腱鞘炎が発症した。原因はゴルフでは無く、新しいパソコンバックだろう。持つところが長くて、ぶらぶらと揺れて手に響いた。危ないなとおもったが、つい使ってしまった。

 昔は腱鞘炎は右だった。有るときから左にしかおきなくなった。ギターを始めても全く何ともなく。少し危険性を忘れていた。ひどいときは三角巾で腕を釣って居なければ痛くて耐えられない時さえあった。早く直って欲しい。

 午後~札幌。道の職員と会う用件と、常任理事会があった。札幌は祭の最中で、駅はものすごい混雑だった。明日は代議委員会があるので、今晩は札幌に宿泊。  最近多く利用する  ドーミーインプレミアム。  夕食は ホテルの向かいの  刺身居酒屋  ルック
 確かに刺身の量は尋常ではなかった。

久しぶりの雨

2013/06/14(金)

 朝の練習で。球を2個分ほど内側にいれてみた。そうすると見事に球が上がる。すべてが、解決した。とうまくいくかどうかは判らないが、、、、しかしそれが、原因であったことは確かだ。本番ではどうなるか。今は楽しみな心境だ。ただ、この日曜日は北海道医師会の代議委員会。来週は医療機能評価の出張があって、しばらくはゴルフはできない。

 病院は変わりなし。今日は実は義兄の主治医に会おうと、何度も医局に顔をだした。みたことも無い医者がたくさんいるものだ。向こうも何者だと思っているかもしれないが。

 朝から少し雨模様。久しぶりだ。花粉が飛ばないでくれれば、これほど良いことはない。

 夕方から、札幌で北海道医師会の仕事。  医学・法律研究会の例会で、今回は  Ai    についてだった。これは非常に面白かった。本当は私は Ai  を馬鹿にしていた。きょうの講義を聴くと、確かに剖検とはまた違った意味があることが判った。私があまり好きで無い、医師で作家の方があまりにも推奨するので、反発していたのかもしれない。今日は少し嬉しかった。

 懇親会もある予定だったが、それには出席せずに帰ってきた。明日も、明後日も道医の仕事が控えている。





早朝ゴルフの会

2013/06/13(木)

 早朝ゴルフの会、綠友会の例会があった。朝からとにかく暑い。これは真夏なみだ。私のゴルフはまだからきし駄目。ドライバーが当たらない。練習場ではそこそこに当たるのだが本番になると球が上がらない。
このまま、ずっと駄目で続くのではと思ってしまう。

 雨が降らず、地面が固まっていて、いくらでもドライバーの飛距離はでるはずなのに駄目。

 病院では今日は特に事は無かった。ぐるぐる回ってみたり、ボランテイアの方々と話しをしたり、いつものごとし。

 帰宅後、疲れてたまらなかった。昔は早朝ゴルフの後に手術もできたのだが、、、とにかく意識して体力をつけなくてはならない。

 久しぶりの旭川市医師会の行事もスキップさせてもらった。今週は明日から三日間北海道医師会関係の仕事が続く。土曜日には札幌宿泊にするつもりだ。




夏期休暇

2013/06/12(水)

 午前中は病院。検査室回りの後は、来週の機能評価訪問の準備をした。

 午後、夏期休暇をもらった。シニアのゴルフに出席。相変わらず全然駄目。さらには暑くて体力的にも消耗した。まだ5回目のラウンドだから当たり前といえばそれまでだが、情けなくなった。とにかく、まだちゃんと球に当たらない。

 帰宅しても疲れて何も仕事ができなかった。そういうときに限って道医師会からいろいろとメールでの連絡があった。富良野訪問の車は、病院ではなくて、自宅にお願いすることにした。その方がタクシーとの連絡がうまく取れるはずだ。どうせ帰りは自宅に送ってもらうつもりだったので、、、、

 今日は孫が修学旅行で定山渓に宿泊している。楽しんでいるだろうか、、、




暑い

2013/06/11(火)

 朝から暑かった。ゴルフの練習に行くも朝から汗をかいた。短い夏の季節だから、暑いのには文句は言えない。どうせすぐ寒い寒いということになるのだから、、、、、

 病院でも一日中、エアコンを入れていた。

 午後4時の電車で札幌へ。今日はいつもより30分遅く会議が始まる予定だった。先日の会議の報告を2件私も行った。私は、ノーネクタイで、出席したがほとんどの理事がネクタイをしている。医師会以外の人に会う時は絶対にネクタイが必要なようだ。

 午後8時の電車に間に合って帰ってきた。

真夏日

2013/06/10(月)

 朝から好天気。今日は一日中病院にいた。30度を超える予想だったので、私もノーネクタイを始めた。医師会もその服装としよう。ただ、外部の方とお会いするときはどうしようか。あるいは代議委員会は、、、考えたら面倒にはなる。

 機能評価の資料がようやく届いた。もう来週のことだから少し遅い。

 確かに暑いようで、朝から一日中、エアコンのお世話になった。それでも、新たに花粉症のようで、一日中鼻がグスグスしていた。ただ、今回はもう  白樺 ではなく、多分  稲科の雑草だと思われ、例年これは数日で全身症状はでない。今回も例の不快な症状は現れては居ない。

 夜、札幌で決起集会があるのだが、スキップした。何しろ今週は4日間も札幌での仕事がある。5日間はいくらなんでも多すぎる。抜かすことが可能なものは少しでも削るつもりでいる。

 そう言えば、昨日ゴルフ場で前任の  A医師にお会いしたが、彼は必ず午後9時の電車では帰ったという。会議の途中でも抜け出すことにしていたという。長い期間のことだから、私も見習おう










ドクターズゴルフ

2013/06/09(日)

 暑い一日だった。

 朝、まずいつもの台場のゴルフ場で練習。それから、フォレストカントリー にでかけた。旭川市のドクターズゴルフの例会があった。何年来の念願だった同年齢のある医師とまわることができた。しかし、お互いに年をとり、耳が遠くなり少なくとも最盛期に回りたかったと、話し合った。情けない。最盛期の時にはなかなか同じ組み合わせは難しかった。

 私はまだまだ駄目。80台の前半には絶対にならない感じである。ドライバーも半分はミスが出た。

 暑かった。まだ途中でくしゃみがでた。しかし、体調不良には陥らなかった。家に帰ってどうしてもやはりビールを飲みたくなり、わざわざ、コンビニまで購入に行った。痛風騒ぎで家にはビールが全く無くなっていた。
 夕方、孫二人で自転車でやってきた。上の孫の修学旅行のお小遣いの請求だった。今のところ年齢が離れているのに仲が良いことだ。

 今週は、道医の仕事が週末まで詰まっている。病院の行事に参加しようと、いろいろと画策はしたが、やはり代議委員会なのでハードルが高く断念した、来週の機能評価の書類も届くはずだ。恒例の早朝ゴルフの会の予定もある。




帰旭

2013/06/08(土)

 昨夜はいつもよりは酒を飲んで寝付きは良かったが、又夜中に起きてしまった。ホテルの部屋で VOD を楽しんだ。今日も東京は好天気のようだ。

 朝食はホテルでは食べずに、6時にはチエックアウト。京浜急行で羽田へ行った。空港は混み合っていた。ラウンジにクロワッサンがあったので、それを朝食とした。飛行機はほぼ満員。往復ともJシートがとれなかったが幸いにして、避難扉のそばの、比較的足下の広い座席だった。それでも腰が痛くて参った。

 旭川は東京に増して好天気。30度近くまで気温が上昇する予定という。

 折角早く帰ってきたが、何となく体がだるく、風も旭川にしては珍しく吹いており、また花粉症が起きそうな気がして、練習には行かなかった。とにかくあの数日間の恐怖心が根強く残っている。

 病院に郵便物を見に行くも、二週間後の機能評価の病院訪問の資料はまだ届いてはいなかった。ICLS の講習会で賑わっていた。




東京出張

2013/06/07(金)

 ありがたいことにようやく体調は戻ったようだ。昨日は薬を服用しても何も異常は無かった。来年のこの時期に十分な注意をしよう。

 朝の一便で東京へ。この時期に、もう夏休みと思えるプライベートな旅行姿の知人に数組お会いした。
東京は雨との予報だったが、幸い好天気。あまり暑くも無かった。

 駒込の日本医師会館で   日本糖尿病対策推進会議  があった。今までは私の守備範囲外の疾患ではあったが、今回は大いに関係することになった。内容は非常に面白かった。疾患そのものも少し勉強してみようと思った。

 2時間半の予定が2時間で終了。これなら、最終便で旭川に帰ることができる時間だった。今晩は、 京急EXイン品川駅前 に宿泊。夕食は品川駅構内の 立ち食い寿司。恐る恐る日本酒も飲んだが、大丈夫だった。





綠友会

2013/06/06(木)

 早朝ゴルフの会である綠友会の例会があった。なにしろ体調不良が続いたし、まだ今年はこれで三回目ということで、ハーフで止めるつもりで、参加したがどうやら全部を回ることができた。勿論成績は論外である。当たり前の話ではあるが、練習場のようにはうまくはいかない。

 今日は、カルデナリンも、フェブリクも服用したが、何ともなし。どうも、今回の体調不良の最終的な結論は  花粉症 の全身症状ということになりそうだ。ということは来年にも又発症するということである。来年からはせめてマスクをすることにしよう。

 安全衛生委員会あり。その他病院では事は無し。






久しぶりに快調

2013/06/05(水)

 朝、練習に行くとくしゃみが何回も続いた。しかし、その後は、調子は良かった。薬は アダラートとニューロタン のみとした。特に何も異常は起きなかった。

 午後、いつもは朝に服用している、カルデナリンをのむ。しかし特になにも起きなかった。夜帰宅後日本酒を一合のみ風呂に入ったらやはり血圧は100前後まで下がった。しかしふらふら感は起きなかった。

 午後、のシニアの例会には参加できなかった。明朝の綠友会には何とか参加しようと思う。なにしろ三回目である。

 今夜は、北海道医師会も無く、暇。

救急医療部担当理事会

2013/06/04(月)

 酒を飲む機会を私が欠席するのは、よほどのことがあったのかと、会う職員に何人にも尋ねられた。ありがたいと思って良いのか、酒飲みだと思われてしまっているのか、、、、

 今日は、痛風の薬は飲まなかったが、全く何とも無しでは無かった。少し神経質になっているのかもしれないが、まだ浮遊感はあった。

 夕方、札幌へ。凄い頻度で札幌を往復しているのだが、車窓からの景色が刻々と変わってくる。新緑がまぶしいし、田んぼの稲が毎回伸びてくるのが判る。北海道では一番良い季節だ。

 今夜は救急医療担当理事会。私は副部長である。この部門は精力的にいろいろと行っているようだ。私自身も大いに興味があるわけで、できるだけ頑張ってみたい。私が部長をしている、地域保健部に関する打ち合わせも数件あった。道内への出張の話もあり、日程の調整が必要となった。

 花粉症は終焉には向かっては居るが、まだ完全ではない。明日は、降圧剤カルデナリンを朝の服用から夕方に変更してみよう。




やはり薬のせい?

2013/06/03(月)

 昨晩は早く寝たので、今朝は午前2時前に起き出した。すぐ血圧を測るも、取り立てて高くもない。降圧剤と  フェブリク を今までの半分 20mg 服用。漸増してきて40mg にして一週間ほどで、浮遊感が表れた。そこで今回は半分にしてみた。

 その後、仕事をして、5時半からゴルフの練習へ行った、このときも全く何ともなし。7時半には病院に到着。8時15分に  医局の朝礼に出席。階段の昇降時にも何も異常は無し。

 ところが、

 午前9時頃から  やはりいつもと同じ浮遊感が表れた。血圧は120台で異常はない。頭が痛いわけでも無く、吐き気も無し。ただ単にフアッとした感じがあり、急に体を動かすと、何かに掴まりたくなる。

 薬の服用後7時間くらい。さてどうだろうか。いつこの症状がとれるだろうか。

 午前11時   でやや改善してきた。

 午後0時   トイレに歩いたりするも何とも無しかと思ったが、やはりちょっと何かにすがりたいような感じが残っている。血圧異常なし。

 午後2時  服薬後12時間   ほとんど正常に戻った。血圧 130/90

 午後3時  ほぼ正常 しかしこれで飲酒でもするとふらふらしそうな不安感が強い
      今更ではあるが、今回薬を間違ったということは無いか気になってきた。そのくらい劇的な経過である。

 午後4時半 すっかり改善したかと、歩き回るとやはりふらっとする。自分の車は病院の駐車場においたままにして、タクシーで帰宅。今夜は日赤会だったが、不参加とした。帰宅して、薬を調べるも間違ってはいない。

 明日は降圧剤だけで、どうなるか経過をみてみよう。夜はまた道医の救急部会があって札幌出張である。一日中窓を閉め切って居た関係も有り、花粉症のほうは小康状態だった。


 カナダで  ドクターヘリの墜落事故  があったとのこと。日本ではまだ聞いてはいないが、あっては今のドクターヘリ事業に暗雲がさしてしまう。

 





花粉症悪化

2013/06/02(日)

 朝、練習に行くも体調は悪し。くしゃみがでて、体がだるい。それでもドライバーは今日は調子は良かった。あのくらいで安定してくれれば、飛距離に文句は言わないのだが、、、、

 月例と札幌でのゴルフを断っていたのだが、正解だった。とてもラウンドができる体調ではなかった。
 昼にかけて、病院に出勤して、ちょっと仕事をした。主として、道医の書類の整理をした。
 ただ、体がだるいので、すぐ帰ってきた。

 もう6月で、今週は東京への出張がある。ゴルフもできたらラウンドしたいものだ。夜の予定も縮小した。なんとか早くこの花粉症の状態を脱出したい。今年はどう考えても、例年よりは症状が重いようだ。昔はマスクをしたものだが、ここ最近は予防には着用したことがない。素直にいろいろとしてみるべきかもしれない。




多忙な休日

2013/06/01(土)

 朝と午前中と二回ゴルフの練習に行く。花粉症も起きず、腰痛もなし。ドライバーはまあまあか。

午後から札幌へ。午後一時の電車は猛烈に混み合っていた。なんでも札幌で何かの催しがあるらしい。指定席が一つだけ空いて居て、購入したが、実際は指定席車は札幌まで半分も埋まってはいなかった。まさか札幌から千歳空港駅までのとが予約の区別がつかないとは思えないが、、、、
 札幌も快晴。初夏の良い季候だった。私は今朝、ファブリクを服用しなかった。医師会館まで歩く気持ちになった。日陰を選んで歩いた。
 大通りのようやく咲いたライラックをみていたら、また 花粉症が始まった。目が痒く、鼻水が止まらない。ただ、浮遊感は幸い起きなかった。

 地区医師会会長会議があった。部屋の冷房の効きが悪くて暑くて参った。会議終了後、選挙の話があった。私は富良野へは、付いて行くことは可能なようだった。なにしろ自分の立場が微妙で難しい。

 夕食は 札幌駅地下の 八雲 で 鴨せいろ。久しぶりで美味しかった。一の蔵 の酒も美味しかった。浮遊感はやはりフェブリクのせいだったようだ。酒を飲んだらまだ少し浮遊感がでた。
 慣れてしまうのかもしれないし、量を減らすとそれで良いのかもしれないし、全然違う原因かもしれないし難しいところだ。
 明日も、フェブリクは抜いてみよう。その後どうするかはまた考えよう。



プロフィール

satoshig

Author:satoshig
 2012年4月から旭川赤十字病院の名誉院長 しております。
 現在の仕事のメインは同院の 常勤嘱託医師(検体検査管理加算Ⅳに該当する検査部門担当) です。
● 医療機能評価機構サーベイヤー
● 卒後臨床研修評価機構サーベイヤー


としての仕事も楽しんでいます。

 旭川赤十字病院には、1970年5月 から勤務し、副院長10年、院長を9年間 勤めさせていただきました。
 1966年北海道大学医学部卒業  もともとは脳神経外科医

リンク
最新コメント

最新記事
月別アーカイブ

フリーエリア
QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム