FC2ブログ

好天気

2013/03/30(土)

 朝から好天気。妻の買い物に付き合った。今日こそゴルフの練習に行こうかと思ったが、まだ少し足の腫脹があり断念。明日こそは行こうと思う。昨年のこのブログを見直すと、昨年は退職等で忙しく4月20日ころから練習が始まっている。少なくとも今年はそれよりは早く練習を始めよう。

 家の周りの積雪が目に見えて溶け出した。早く土が顔を出して欲しい。

 黄色い星の子供たち を観る。数日前に観た  サラの鍵  とは視点が異なっている。ちょっと甘い部分があるようだ。
 少なくとも最後の言訳のようなテロップは無用だし、映画の存在価値をなくしてしまうだろう。




スポンサーサイト

今年度最後の出勤

2013/03/29(金)

 今年度最後の出勤日である。足の腫れはほとんど気にならなくなった。職員駐車場に駐め、一般駐車場を横切って出勤するのには、夏靴でも全く問題がなくなった。後は、朝起き上がる時のちょっとした腰痛のみか。
 要するにゴルフの練習をいつかあら開始しよう。もう一週間待つべきか。スタートまで、一ヶ月に迫ってきたし、この段階で、腰痛とか腱鞘炎を起こしたら、元も子も無いし、、、、、

 夕方、検査部の抄読会に出席してから、帰宅。午後6時になっても十分明るくなった。

 DPC のデーターに基づく  機能評価係数Ⅱ の結果が全国で20番 になった。(医療機能評価機構とは全く違う事柄なのだが、、)今までで最高位である。在院日数が今は13日弱だからこれを縮めるともう少し上に行けそうだ。まあ、それよりも  Ⅱ群 に入る方が 必要だが。それには何はともあれ  臨床研修医 の数を増やすことだ。幸い、この春は、研修医は 全員が国家試験には合格したようだが、、、










ピアノとお別れ

2013/03/28(木)

 午後、ピアノを引き取りに来たという。結構おおごとだったようだ。クレーン車がやはり来たらしい。
帰宅したら、居間が寂しくなっていた。本当はピアノにも再挑戦したかったが、、、、
 その分、ギターを頑張ろう。

 どうして、今更ピアノを処分する気になったかというと、やはり何となく身の回りの整理といった感じである。マンションを購入するにしても、引っ越しをするにしても、身軽になっていたいという心境だ。
  
  今日は暇をみて、大雪山カントリー、ドクターズゴルフ、池竜会 のゴルフの会費を納入した。旭川ゴルフクラブは数日前に振り込んだ。計10万円ほどにはなる。結構な金額だ。大雪山カントリーなどは、年に2,3回しか利用していない。本当は、ビジターで払ってもたいした金額は変わりはなさそうだ。

 午後、業務連絡会議あり。出席した。感心にこの一年、私はこの会議はほとんど休まずに出席できた。質問は差し控えたが、、、、

 機能評価の6月の予定が入ってきた。4月は無くて、5月6月はお声がかかった。4月から私の日常の生活が全く見当がつかないのだが。

 足の腫れはようやく引いた。ゴルフの練習を始めなくては、、、今年も最低になってしまう。







孫の誕生日祝い

2013/03/27(水)

 いよいよ今年度も押し詰まってきた。院内では挨拶回りで忙しい。多分4月からの新人が、ユニフォームなどを受け取りに病院に現れたりもしているようだ。若い人の姿も目につく。寂しいことに私は無関係だ。

 夜、上の孫の誕生日祝いがあった。いつもは息子の自宅で行うのだが、母親が人事異動があって忙しいので変則的に今回は   福鶴亭 で行った。それはそれで、何とかはなったが、これはやはり  自宅で行うほうが、吾妻しい感じがした。 来週には駅長に昇進する H氏 も出席されて、それなりに賑やかではあった。

 皆から iPAD mini をもらって孫はご機嫌だった。春休みといっても塾通いで忙しいようだ。

 アマゾンから中古の    夜と霧 を購入。何とかこのあたりのことも少し勉強してみようと思う。




夜と霧




サッカー

2013/03/26(火)

 眠い目をこすりながら、サッカーをみる。なす術もなく敗退。あの ペナルテイキックを外すとは、、、
今週末のコンサドーレの試合まで、遠藤の後遺症が尾を引いてくれると良いが、、、そうでも願わなくては、コンサドーレの勝ち目は無いだろう。

 年度末でいろいろと挨拶の方で賑わった。

 台場シニアクラブの年間計画が届いた。何とか選手になるくらい頑張りたい。それにはそろそろ練習を始動しなくてはならない。腰痛が心配だ。

 サッカーの開始を待つ間に、  小説 ゆれる  を読む。先日、映画はみた。まだ若いのになんという才能だろう。他の映画 もぜひ 見直してみたい。




足の腫れが引いた

2013/03/25(月)

 朝起きたらようやく足の腫れがほとんどひいた。よくも長くかかったものだ。ただ昼過ぎになったらまた腫れてしまった。まあ、こうやって改善するのだろう。

 今度は腰痛で参っている。朝、起床時が一番悪い。風呂へ入って、暖めて、ボルタレンのテープを貼ってようやく痛みが遠のく。自分の車を運転したり、駐車場から病院まで歩くのには支障がないからまだ良しとしよう。こんな調子では、ゴルフの練習はいつ始まるのだろうか。ただでさえ、下手になっていくのに、、、

 今朝は寒かったが、日中は暖かい。とにかく日が長くなった。朝、 映画の アンネの日記 を鑑賞。わたしの学生時代にみた記憶がある。日記もアマゾンから取り寄せて読んでみようかと思う。

 ホロコースト自体が無かったあるいは意図したことでは無かったという意見が根強くはびこっているようだ。南京事件とか慰安婦問題も同様だ。
 最近の警察とか検察のでっち上げの事実をみると、一理はあるが次元が違う問題だ。
 我々一人一人がはっきりとした意識をもつ必要があると思う。




今日も暇

2013/03/24(日)

 今日は穏やかな天気だった。総じて暇。昼に妻の生協への買い物に付き合ったのみ。

 後は、今日はほとんどギターの練習をした。こんなに集中的に行ったのは久しぶりだ。いつもはサイレントギターで練習をしているのだが、本物を引っ張り出して鳴らしてみた。
  何しろ学生時代の代物だから、弦の張り替えだけでも大変だった。当然、耳も悪くなっていることだし。昨日に処分を決めたピアノよりももっと古いことになる。

 やはり、サイレントギターとは違って聞こえるから妙なものだ。大いい音を出すと家の者に嫌われそうだが、たまには弾いてみるのも良いかもしれない。

 幸い腱鞘炎にはならないようだ。これからもそう願いたいものだ。




暇な土曜日

2013/03/23(土)

 午前2時には目が覚めてしまった。

 映画の  サラの鍵 をみる。おもしろかった。フランスにおける  ナチス協力の話とユダヤ人迫害 の話はもう少し知識を広げてみようと思った。フランスといえば、レジスタンスばかりが映画ではとりあげられてきたのだが、、、
  戦時における人間の狂気 だけではすま無いようだ。

 夜は  妻と 映画  あなたへ をみる。これはおもしろく無かった。高倉健 ももう主役を張るのは最後だろう。新作なのに  画面 の状態も良くない。ただこれは 居間のプレイヤーが性能が悪いためかもしれない。これからまだ妻と観る機会を増やすのであれば、買い換えが必要だろう。

 昼、  ヤマハに来てもらって ピアノを売った。いや正確に言うと、ただでひきとってもらった。30年以上前の購入品だから、しようが無い。運送費がかからないだけ良しとしなければ、、子供か孫には  ピアノを弾いて欲しかったのだが、、、  私の指の短さでは  ピアノ は無理だ。




緑友会役員会

2013/03/22(金)

 又、一面の雪景色。真冬に逆戻りだ。今年の春は遅そうだ。

 昼に、救急担当の副院長と一緒に、故M先生の家を弔問した。ドクターヘリの誘致に並々ならぬご尽力を頂いた先生である。旭川医師会の会長であられたが、当時私は副会長として、お手伝いすることができた。フライトDr.のユニフォームにつける名札を、作ったので、それを仏前にお届けした。丁度まだ49日の法要が終わったばかりだった。

 仏前に手を合わせて、私は 道医師会 にもこの春から関係することを報告した。

 夜、早朝ゴルフの会である   緑友会 の役員会が開かれた。実は、キャデイ  不足のおり、早朝ゴルフ の実現が危ぶまれていたが、なんとかなるらしい。会が始まってもう60年に近くなるという由緒ある会だ。私は一応一番の年上で、会長になっている。

 この春の私のゴルフ は  この  緑友会 昨年夏から参加した  台場シニアクラブ  と  医師の会である   ドクターズゴルフ   これも昨年途中から参加の   池竜会  が中心となる。ハンディ  も 9 まで下がったし、何とか これ以上下がらないよう努力しなくてはなるまい。  2月、3月と一度もクラブを握ってはいないが、、、、






ドクヘリ搬送症例検討会

2013/03/21(木)

 朝から荒天。今年はいったいどうなっているのだろう。又、真冬に逆戻りだ。腰痛が改善せず。夜の行事のこともあり,今日もタクシーで出勤。

 人事異動の挨拶が賑やかだ。今年はまだ私の部屋に寄ってくれる職員が多い。きっとだんだんと忘れられてしまうのだろうが。

 夜、グランドホテルでドクヘリ症例事後検討会があった。ただ、吹雪のため、近郊の消防からは欠席の通知がきてしまったようだ。私は初めの挨拶を頼まれた。故増田前医師会長の黙祷もさせてもらった。この会で黙祷は  郷教授についで二人目だ。黙祷の発声をしているうちが華だ。









腰痛

2013/03/20(水)

 朝から腰痛。昨夕の二次会のソファーがまずかったのではないだろうか。年のせいか、次から次へと不調な部分がでていやになってしまう。右足が少し痺れるようだ。一日中、家から一歩も出ずに過ごした。孫達も来なかった。

 医療機能評価の次期バージョンの勉強をする。何とかなりそうな気持ちになってきた。

 コンサドーレが又負けた。同じ札幌を本拠にしたプロでも日本ハムはどうしてああ良い結果をだすのだろう。フロントがきっと悪いのだと思うが、これでは J3 に落ちる候補になりそうだ。尤も  バスケット  も似たような弱さだが、、、今年は本当はスカパーを契約しようかと思ったのだが、これでは止めた。




事務部送別会

2013/03/19(火)

 今日も暖かい。なんとか雪が溶けてくれると良いのだが、、、、

 夜、事務部の送別会があった。珍しく  トーヨーホテル 。昔は医局のファミリークリスマスもここで、開催したものだ。一人は小清水の事務部長に、一人は日赤の支部に赴任する。事務部もあれだけ集まると盛大だった。

私は冒頭の挨拶を頼まれたが、久しぶりの挨拶は緊張するものだ。一年前までは何ともなかったのに、、、明後日もドクターヘリの会議で挨拶を頼まれた。現役の病院幹部が皆出張らしい。お声がかかるのは何はともあれうれしい事だ。

 途中で退席させてもらうつもりだったが、クロークがしっかりしておらず、さらにははじめての外套を着ていったので、すぐには判りそうもないので、最後までいた。
 さらには、二次会にまで付き合ってしまい、少し疲れ気味。



今日も暖かい

2013/03/18(月)

 今日も暖かい。これで春の陽がさせばもっと気持ちが良いのだが、、、、

 レポートは提出した。これはいつもよりは早いペースである。

 あさの医師朝礼で、院長補佐 の話あり。良いことだ。良いと思うことはどんどんと進めていくべきである。誰を選ぶかが少し難しい部分もあるが、、、

 野球をみる。テレビの大宣伝の割には、全く打てない面白みの無い野球だった。ただ、これは打たれるぞと私でさえも判る時に、投手の交代ができなかった、監督の責任が大きいと思う。

 旭川市医師会、北海道医師会から各々連絡あり。4月からどの程度の仕事量なのかが、想像が着かない。そこだけが、不安である。




暖かい休日

2013/03/17(日)

 暖かい一日だった。レポートをほぼ仕上げた。いつもよりは良いペースだ。新バージョンの予習もどうやら順調に進んでいる。5月は往復とも仙台空港経由とした。牛タンでも味わおう。

 ギターの練習も進んではいるが、いよいよ私の指が短い欠点が目立ち始めた。セーハーに苦労する。指の力も足りないようだ。練習を積めば少しは解決するだろうが、その前に腱鞘炎を起こしそうだ。

 映画 追憶 をみる。懐かしかった。若かった時を思い出して 涙がでた。

 昨日、今日とようやくロキソニンのお世話から脱却できそうだ。ただ、そうすると隠れていた、腰痛がでて、ボルタレンのテープを貼っているから同じ事かもしれない。
 おもしろいことに 痛風 の痛みには  ボルタレンは 全く無力である。




暇な休日

2013/03/16(土)

 朝から暖かいのだが、雪模様。いったいいつになったら春が来るのだろう。

 レポート書きに専念する。明日一日でどうやらものになりそうだ。これでこのバージョンも終わり。少し寂しい感じもする。次のバージョンの勉強を開始した。今までよりは少しは理解できた。今までは全く理解できなかった。これならどうやら、頑張れば何とかなりそうだ。

 ただ、職員に伝えたりする際には、具体的でないだけ、難しい部分もある。

 フェブリク を服用すると何か凄く眠いような不快な気分になるようだ。昨日もそういえば病院に着いてから不調で、検査部の訪問もできなかった。私は結構薬に感受性が高いようだ。アダラートなどでも初期には頭痛があった。まあ数日で慣れるのだが、、、、




フェブリク服用

2013/03/15(金)

 今日から、 フェブリク を服用し始めた。10mgからの服用である。一生飲み続ける薬がだんだん増えていく。
多分、痛風の発作が起きてから丁度四週間になる。痛みはほぼ無くなったが、腫れはまだひかない。とにかく何でも直りが遅くなった。フェブリクを飲み始めると逆に、痛みが再現することもあるようだ。痛みなんぞが来ないことを願う。

 病院では特に何も無し。何となく人事異動のことなどで騒がしいが私は蚊帳の外である。道医師会とやりとりがあり総務課におせわをかけた。

 レポートは全く進捗せず。はやく切り上げて、新しいバージョンの準備を始めなくてはならない。とにかく頭の中では具体的になってこない。

 TPP についても、医師会の立場を含めて詳しく勉強して努力することが必要だ。個人的には仕方が無いかともおもうのだが、まずは公約違反である。例外規定などはあり得ないのは目に見えている。




帰旭  送別会

2013/03/14(木)

 朝はやはり慌ただしかった。珍しく旭川便は満員のようだった。旭川に着くと、真冬の様相だった。雪の量も反って増えている感じだった。

 家によって少しのんびりしてから、病院にでた。手紙が少し、後は事務部門の4月からの、人事が発表になった後なので、挨拶に来てくれる職員で珍しく私の部屋も賑やかだった。

 夜は、医局の送別会。相変わらず集まりが悪い。ワインを飲んでしまったが、飲み過ぎを警戒して途中で失礼させてもらった。




三日目終了

2013/03/13(水)

 朝から雨模様。サーベイの方は無事に終了した。受審病院のご協力で、ストレスが少ないサーベイだった。これでこのバージョンも終わり。次は新しいバージョンで5月である。頭をかなり切り替える必要がありそうだ。

 一つだけお仲間のことで、気になることが有った。機構に報告すべきか、考えどころではある。問題が起きてからでは遅いし、告げ口みたいでいやだし、困った。

 福岡空港で、昼食兼夕食。今日は羽田空港で宿泊。今回もホテルは 羽田エクセル東急  。疲れて少し足が痛い。またかなり腫れている。

 明日、なにも一番の飛行機にしなければ良かった。少しのんびりしたかった。



二日目終了

2013/03/12(火)

 在佐世保。

 今日は特に暖かいようだ。黄砂はあまりここでは目立たない。

 二日目が終了。この日はやはり歩くことが多いため少し右足が痛かった。引きずって歩いた。病院側の対応もすばらしく、気持ちが良くサーベイができた。夜の相談もあまり紛糾せず早く終了。今日も食事はそのままその部屋で頂いた。

 二日間、ホテルからでずに終わった。外へ出ないと酒の量も少ないし、コンビニで何かを買うことも無く、健康的で良かった。味気ない気持ちは当然あるが、、、、




一日目終了

2013/03/11(月)

 朝食は食べず。6時にはホテルをチエックアウト。この時間でも、空港は人が多く賑わっていた。羽田⇒福岡は空いていた。地下鉄で博多駅に。相変わらずこの近さは感動ものだ。

 佐世保往復の切符を購入。帰途は13時40分ころのにした。これで間に合うだろう。佐世保までの沿線は桜がっちらほらと咲いている。吹雪の中から来て、桜をみるというのは何かおかしい気持ちがする。腰の事を考えてグリーンをとったが、ガラガラだった。サービスも何も無し。

 サーベイは一日目は無事終了。内容はちゃんとしているのだろうが、何か準備がこなれて居ない感じで、ちょっと違和感があった。少し苦労しそうだ。

 夜の相談も早く終了した。夕食はホテルの中の日本料理。少し味気ないが、これも良いものだ。歩かなくて良いのは助かる。酒も少々で済んだ。

 医師会、その他のメールがあり。ご返事をした。

 大震災から二年たった。私自身の環境も大きく変わった。震災の時はちょうど神奈川県にサーベイに行っていた。病院にはすぐ戻りたいし、リーダーは仕事を完結したいようだし、困ったことを思い出す。震災が無かったら民主党ももう少し頑張ることができただろう。あの頃は  自民党 消失という話も流れたものだ。今の  我が世の春 という浮かれようは考えもできなかった。
 原発廃止も反故にされようとして、憲法改正まで堂々と話をする人が居る。一般国民の我々も意識を高く持っていなければならない。





旭川→札幌⇒羽田

2013/03/10(日)

 朝、3時くらいからテレビをつけて低気圧情報をみたり、暗い外を眺めたりしたが、あまり風雪はひどくはない。明るくなる頃には、強くなってきて、これはどこからも飛行機は飛ばないのではという感じになった。

 あっさり札幌行きを諦めて、旭川空港に賭けてみようと思った。ところが、旭川→札幌間は間引きをはしているが、L特急 は動いているようだった。都市間バスも、止まったとはネットでは出てこない。何かが動いて居る以上は札幌に行かざるを得ない。何しろ、北海道医師会の初めてのお仕事ということになる。

 電車は5分遅れただけで札幌に着いた。そこから医師会館までは近いのだが、タクシーに乗った。なにしろ夏靴で札幌の雪の上を歩くのはつらいものがある。

 医師会の今日の仕事は、新任のご挨拶のみ。都合、一時間ほどの仕事だった。そこから、又考えた。結構な吹雪だし、旭川空港と千歳空港では欠航頻度が大きく異なる。旭川の方が便が少ないせいか何とか離着陸するような感じだ。旭川に帰って最終便に賭けるという気持ちにもかなりなったが、思い切って千歳空港に早めに行って、飛んでいる飛行機を探すことにした。

 これが、正解だった。そもそも、変更不可の安い券なので、購入し直しを覚悟していたのだが、今回のような時には何ら問題なく変更してくれた。

 羽田には初めの予定の時間より早くつくことができた。夕食はいつもの立ち食い寿司。
 今夜はまた 羽田エクセル東急 に宿泊。割高ではあるが、便利さには替えがたい。復路にもここのお世話になる。夕食に  酒2合 飲んだら、部屋に入ってから両肩が凝って困った。きっと血圧が下がったのだろう。ロキソニンは今日は服用してはいない。
 風呂には入らなかった。いつもはみない野球をみた。

 明日は 7時15分の 福岡行き。空港内のホテルとはいえ辛いものがある。





ゆれる

2013/03/09(土)

 暴風雪とのことだったが、例によって、旭川の近辺ではたいしたことはなし。

 日本映画の  ゆれる をみる。ひどく感心した。もう一度見直してみようと思う。香川という俳優は、わたしはどうも好みではないのだが、ここまですばらしいと見直しが必要になろう。

 夜、皆が集まって寿司の出前をとって、夕食。私の父親の命日である。孫達は相変わらず元気だった。

 旭川市医師会の事務局長から電話あり。北海道医師会の会長選挙の結果だった。私にとっては好都合の結果で、喜ばなくてはならない。
  それにしても明日の天候はどうなるのだろうか。まずは札幌までの交通機関がどうなるか。これが、何かでも動いて居る限りは昼までには札幌へ行かなくてはならない。千歳空港が機能していなければ、急遽札幌に宿泊するしか無いだろう。

 月曜日、佐世保にて午後2時20分集合には、その場合は絶対に間に合わない。まあ、仕方あるまい。夜までには到着できるだろうから、後の二日間を頑張るしかないだろう。




暴風雪の予想

2013/03/08(金)

 病院では特に変わりは無し。腫脹がかなりひいてきたので、今までの防寒靴を履けるかなと思ったが、やはり全く入らない。おおきな靴で恐る恐る出勤した。職員駐車場に駐めて、病院に入るまでに患者用駐車場を横切ったが、ものすごく凍っていた。新しい靴は滑らないだけは助かった。

 週末はまた大荒れという。土曜日は一日特に予定が無い。亡父の命日ということで、隣の義兄の家に集まって、今回は   寿司 を食べることになっている。孫と会える。
 日曜日は昼頃に札幌の北海道医師会館 に行き、総会の席で 挨拶がある。その後千歳空港から羽田へ飛び、羽田エクセルホテル で宿泊の予定になっている。

 これが大丈夫だろうか。月曜日の午後からは佐世保で  サーベイヤー業務が予定されているので、日曜日の夜は東京にいることが必須となる。

 暴風雪は札幌近辺が凄いという予測がある。下手をすると、旭川から直接東京へ行く必要がありそうだ。念のために、旭川⇒羽田便の予約もした。

  珍しい後輩が、自著を送ってくれた。  脳からみた認知症 という題名だった。彼とは何年間か一緒に脳外科医師としてご一緒したことがある。熟読させて頂こう。



脳からみた認知症

春の雨

2013/03/07(木)

 急に暖かくなってきた。朝から雨模様である。気温が上がると、この家でも暮らすことができるような気持ちになる。あの寒い時期には、どうあっても、マンションを購入しようと思ったのだが、、、、まあ、除雪のことも真剣に考えなくてはならないのだが、、、

 まだ、ロキソニンは飲んではいるが、痛みはほとんど無くなった。ただ、腫れはまだとれない。今日も大きな靴で登院した。大きな靴での運転はブレーキを踏んだとき、うっかりするとアクセルにも靴の一部がかかってしまうことが解った。危ないので、これは注意しなくてはなるまい。早く、いつもの靴に替えるのが先決だ。

 今夜も  休肝日  。  又、あの疼痛がきたらどうしようという、恐怖心があるのだろう。

 痛風が落ち着くと、  無為な毎日が気になってきた。
 もっとも、今朝は検査室に朝回ったり、安全衛生委員会に出席したりはしたのだが、、、





レポート提出

2013/03/06(水)

 レポートをメールで提出した。今回は楽なはずだったが、やっぱり大変だった。あと、一回でいまのバージョンは終了。四月から始まる新バージョンでの、サーベイもレポートの形式もさっぱり理解できてはいない。どうなるのだろう。

 久しぶりに職員駐車場を使った。階段も駐車場から病院までの歩行も問題は無かった。まだ ロキソニン を服用はしているが、著名な改善だ。明日からは朝の、検査室の訪問も再開できるだろう。

 お酒にも再会といきたいが、これが、決心がつかない。今夜で七日間連続の   休肝日  を達成。これだけ中止できるのなら、少なくとも節酒は楽だろう。小さいものにした方がと  ワンカップ大関 を ネットで大量に購入してあるのだが、もっと良い酒にすれば良かった。




レポートは仕上がらず

2013/03/05(火)

 疼痛はかなり改善して、ほとんど足を引きずらずに歩くことはできる。しかし、まだ腫脹はとれない。一般的な経過からみると、直りは遅いようだ。まあ、ここまできたのだから慌てないことだ。今日も 休肝日 は達成できそうだ。

 どうせ、来週には九州まで、サーベイででかけるので飲んでしまうだろう。そこから帰ったら、  フェブリク を  服用開始としよう。

自分の車

2013/03/04(月)

 久しぶりに自分の車で出勤した。ただ、まだ腫脹のとれない足には冬靴が全く合わず、夏靴での運転だった。自分の駐車場に車を停めたのでは、屋根は有るけれども二階なので、滑る階段もあるし雪道を歩かなくてはならない。そこで、患者用の駐車場を使わせてもらった。仕方あるまい。

 医局朝礼に参加。従順に皆マスクを着用していて驚いた。今朝は取り立てて珍しい連絡は無かった。
ようやく、足の状態は快方に向かっている。ゴルフのことも少し考えられるようになって、大きなゴルフシューズを注文した。

今日で  休肝日 が もう5日は続いている。意志がけっこう強いというか、痛みへの恐怖心が強いというか、とにかく画期的なことでもある。



孫と遊ぶ

2013/03/03(日)

 まだ腫れも痛みも残っている。外出はやはりできないなという感じである。

 昼頃から孫二人で来襲。午後一杯は、孫達と楽しんだ。まあ、仲が良いこと。男の子二人でくっつき合って、遊んでいる。トランプやカルタやボール投げをして遊んだ。孫を満喫した。夜はひな祭りということで、隣の義兄の家に皆が集まり夕食。

 ちらし寿司と  松波 という豚カツ屋 から出前のフライを食べた。この次は、私の父の命日で今週の土曜日に皆で集まることになっている。

 今回のレポートは楽な仕事だと何となく思ってしまって、逆に一向に進展しない。確か、今週の木曜日が締め切り日だ。

 コンサドーレが初戦を勝った。何はともあれ、良いことだ。最終的にはやはり10位くらいで落ち着いてしまうのだろうが、勝つと観客も増えるであろうし、、、








旭川市医師会代議委員会・総会

2013/03/02(土)

 少しずつ改善していることはまちがいはない。しかしまだ、ロキソニンを一日2錠は服用している。

 午後3時から ロワジールホテルで旭川市医師会の代議委員会があった。最後の代議委員会である。総会もあり出席。ただその後の懇親会は、出席するとどうしても禁酒というわけにもいかないので、欠席とした。本当は参加すべきだったが、、、、

 今日の午後5時で北海道医師会の役員立候補の締め切り。帰宅後、旭川市医師会の事務局長から電話があり、常任理事は定数通りだった由。私の少なくとも今後2年間は決まった事になる。せっかくの機会だから有効に使いたい。

 3月10日 の昼、道医の総会の席に参加して挨拶するのが、手始めの仕事のようだ。翌日から佐世保でのサーベイがあるので、千歳から羽田空港へ行って羽田空港で宿泊することにしよう。

 会長、副会長の選挙は混沌としているようで、なかなか大変なようだ。

 

3月

2013/03/01(金)

 今日から3月。今日から週末にかけて大荒れの天気だという。

 今朝もタクシーで出勤。かなり改善していて、外来待合ホールを横切っての、出退勤のカードリーダーのところへも、自分で行くことができた。

 もう次のサーベイの書類が届いていた。エクストラで頼まれたものだから、日程が近接してしまうのはしようが無い。ただ長崎県だから、前後泊が必要となる。この週末で今回のレポートを仕上げなければならない。

 昼、ちょっと不快な事があり。私が少し神経質すぎるのかもしれないのだが、、、

 久しぶりに、検食。懐かしかった。

 夕方、病院の次年度の運営方針の説明会があった。院長初め幹部の考え方が率直に伝わる良い会だった。
これが、私のしてきた今までの方針ががらりと変わったなどというのであれば、とても同席はできないのだが、そうではないので、楽しんで聞いた。参加者も多かった。

 聞きながら、私はよくも、先駆的にいろいろと提案し、実行できてきたものだと、自画自賛を心の中でした。その点は幸せだ。

 今日も、どうやら  休肝日 でいけそうだ。何とか早く、足を治してしまわなくては、、、





プロフィール

satoshig

Author:satoshig
 2012年4月から旭川赤十字病院の名誉院長 しております。
 現在の仕事のメインは同院の 常勤嘱託医師(検体検査管理加算Ⅳに該当する検査部門担当) です。
● 医療機能評価機構サーベイヤー
● 卒後臨床研修評価機構サーベイヤー


としての仕事も楽しんでいます。

 旭川赤十字病院には、1970年5月 から勤務し、副院長10年、院長を9年間 勤めさせていただきました。
 1966年北海道大学医学部卒業  もともとは脳神経外科医

リンク
最新コメント

最新記事
月別アーカイブ

フリーエリア
QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム