FC2ブログ

部屋の引っ越し

2012/03/31(土)

 夜、いろいろと考えたら眠れなくて、結局は2時間くらいうとうととした。

 朝、9時半頃から、妻と下の息子、義妹を伴って病院へ。院長室から今度の新しい部屋へ引っ越しをした。なんとも複雑な心境だ。事務職員もありがたいことに手伝いに来てくれた。二日間は絶対にかかると思ったが、どうやら一日で格好はついた。少なくとも院長室は空になった。

 明日は私一人で、新しい居室の整理をすれば良いだろう。何年間お役に立つかはわからないが、がんばってみよう。

 今夜は  休肝日。明日からまた三日間は飲む会が続く。

 ゴルフの練習が全然できてはいない。来週あたりから精を出そう。片手シングルになると宣言した手前もある。




スポンサーサイト



辞令交付

2012/03/30(金)

 東京は暖かい。
 午前11時から本社で、退職辞令をいただいた。
 9時半には出社したのだが、やはり最後だと思うと本社の建物の前で守衛さんに写真お願いしたりもした。来る機会がうんと少なくなると思われる。連盟の役員室でも写真を撮った。

 社長、副社長始め多くの幹部職員が集まってくれた。今日で終わりかと思うとやはり感無量のものがある。明日からの毎日を気を落とさずにがんばっていきたいものだ。

 たぶん花粉症だと思うが、鼻水がでてたまらず、午後2時の便で帰宅した。また花が届いて妻だけが喜んでいる。


辞令交付1








現役最後の日

2012/03/29


 いよいよ、今日で現役としては、最終日。日中はいろいろとお客さんがあった。
夕方講堂で職員に最後の挨拶をした。多くの方々が集ってくれた。話をしようとした半分もしゃべれなかったが、涙を流さないではすんだ。

 拍手に延々と送られて玄関からでるのはいやなので、講堂から送ってもらったが、せっかく集まってくれた職員と顔を合わす機会が少なかった。わるかったかなという気持ちも残った。

最終便で東京へ。ホテルは、空港にあるのがとれず、いつもの三井ガーデン汐留。いつもだと寝ている時間に移動するのは、辛いものが有った。東京は暖かいが風が強かった。







札幌 日赤会送別会

2012/03/28(水)

 朝、8時の電車で札幌へ。支部に退任のご挨拶に伺った。支部局長、事務次長とお話をした。今の事務局長とはオペラのことで話しが合う。いつだったか、東京文化会館で隣におじさんが座ったと思ったら、事務局長だったことがある。

 私はどうも風邪気味で調子が悪い。皆に拍手で送られて支部を後にした。
 昼にネットでみた蕎麦屋へ行ったが、まだ開いてはいないのでいつもの ごま蕎麦 で昼食として、帰ってきた。帰りの電車もひどい混みようだった。

 夜、日赤OBの会 日赤会が、退任祝いと新院長の祝賀会を花月会館で開いてくれた。古い仲間とお会いして楽しかった。これでだいたい送別会は終わった。明日は職員に最後のご挨拶をして東京へ最終便ででかける。







4月になったら、このブログをどうしようか悩んでいる。自分の気持ちの整理のためもあったが、職員に院長の動静を少しでも伝えたいと思って続けてきた。少なくとも目的の一つは失うわけである。
 読んでくれる人も少なくなるだろうし、本気で考え無くてはならない。まずは意匠を少し変えてみようか。

孫の誕生日

2012/03/27(火)

 今日も少し雪が降った。いったいいつまで雪なのだろう。今年はゴルフの開幕も遅くなりそうだ。準備が全くできてはいないので、それで私は好都合だが、、、

 昼に看護師のラダーの終了証書の授与式。若い看護師さんと話しができる貴重な機会だった。
業務連絡会議、経営改善プロジェクト、管理会議と続いた。プロジェクトは今年度もかなりの黒字が予想され、目的を達したので、発展的解消となる。また、再開などという事態にならないことを願いたいものだ。

 午後、ある地元誌の記者の訪問を受けた。ある医師が転任することに対する質問だった。意図してきたことと違ったようで、ちょっと話が噛み合わなかった。念のため総務課長にも同席してもらった。

 段ボール箱にCD 等を詰め始めた。数メートル離れた部屋にうつるだけではあるが、やはりそれなりに面倒なものだ。

 夜、上の孫も10才の誕生日。賑やかだった。昨年は下の孫が状況が把握できず、兄の方に皆の関心が行くので不満だったが、さすがに今年は ”今日は兄の日” と判っているのが、進歩を思わせて嬉しかった。
 今日もお祝いだからと飲んでしまった。少し風邪気味。不調である。

最後の一週間

2012/03/26(月)

 いよいよ最後の週になった。4役会議では例の Ⅱ についていろいろと情報の交換があった。特にM 副院長が聞いてきた、井上貴裕氏のお話は相変わらず示唆に富む内容だったようだ。私も本当は行きたかった。
 昼前に退職辞令の交付式があった。私以外の方に辞令を交付した。私と同じ年に入職した事務の方もおられた。懐かしい。

 夕方、脳死からの臓器移植のシミュレーションを行った。机上ではあるが、二回目。私の在任中には起きなかったいつかは必ず遭遇する事態だと思う。机上だけではなく実際のシミュレーションも必要だろう。
 ちょうど私は昨日、二日酔いの頭で、録画してあった 孤高のメス を観賞したばかりだった。それにしてもあの映画は問題だ。生体肝臓移植ではなく、 脳死の定義もないままの 臓器移植である。この時代にいくら20年前の時代設定だとはいえああいう映画がまかり通るのが不快だ。

 夜、グランドホテル 四季 で  市内の4公的病院の院長たちが送別会を開いてくれた。同窓で皆仲の良い関係である。ただ10年もするとこの4病院が2病院ほどになっているのではないだろうか。そういう危機感にはまだ乏しいようだ。






一歩も外出せず

2012/03/25(日)

 今日は一日穏やかな日だった。今日も少し気分が悪く、今日こそは休肝日とした。

 外出もせずに、”退任にあたって” の原稿書きをした。院内便りの挨拶は少なくともできた。後は医師会の機関誌と脳外科同門会の機関誌の原稿が残っている。

 いよいよ、後一週間だ。これだけ送別会が続くといやがおうでもその気になってしまう。まあ仕方が無いか、、、




二日酔い

2012/03/24(土)

 なんとなく二日酔いの感じ。午前中はなにもすることもなくぶらぶらと過ごした。午後から、ロワジールホテルで 医師会の代議委員会と総会が開かれた。私の勤めもこれで最後となる。ただ代議員制度も後一年で終了のようだ。一般社団法人に移行する決定がなされた。総会にちゃんと会員が集まるのだろうか。

 懇親会にも出席してきた。今夜は飲まないようにと思ったがやはり飲んでしまった。医師会の懇親会も今日はいつもよりは出席者が多いようだった。




多忙

2012/03/23(金)

 昨夜は寝られなくて朝の1便は無理だと思って、2便に飛行機を変更した。ところが、朝4時半には目が覚めてしまったので、また1便にもどした。

 5時半にはホテルを出た。薄暗かった。家に少し寄って着替えをして、10時半には病院にでた。決済がたまっていた。午後2時には、クリスタルホールで、診療報酬改訂についての説明会があった。必ず院長が出席などとものものしかったが、出席を確認するでもなく、おかしいと思った。そもそも講師がお粗末だった。3時半には抜け出して病院に戻った。

 午後4時から臨床研修医の終了証書授与式があった。いつか誰かが戻ってきてくれればこんな嬉しい事は無いと思う。午後6時半から、天金本店で祝賀会が開かれた。私はそこも午後8時には抜け出して、  ラーメン食堂NOBU というところへ行った。緑友会の今後を決める会合があった。会員の一人がその店のオーナーだという。

 最後の方は良くは覚えてはいないのだが、かなり遅くなった。

本社医管調会議

2012/03/22(木)

 今日は午前中は暇。ホテルの朝食を珍しく食べてみた。豆腐とうどんを少々、焼き魚少々、サラダという献立だった・これは自分の献立でホテルの朝食に何も無かったという訳では無い。

 午後からの会議なので、浜離宮に行ってみた。菜の花と梅が咲いていた。65才以上は150円と安く、また園内のナビゲートシステムを説明してくれた女性がいかにも年寄りは何もしらないという先入観で話してくれたので、私はいたく気に障った。

 その後、銀座をまわり博品館劇場がまだあることを確認して、田町へ行った。
 今後、赤十字本社にあまり関係が無くなったら、ここの  JALシテイ か グレイスリーホテルを利用することも増えそうだ。その後今度は東京駅へ行って、駅地下の変貌ぶりを実感した。

午後から本社で、医管調会議。Ⅱ群の病院は 10病院とのこと。本当は悔しい。明日の飛行機を1便に変更した。朝早いのはちょっとつらいが病院にでて、決済をすることも必要だろう。










院長連盟役員会

2012/03/21(水)

 朝の便で東京へ。東京は日の光は明るいのだが、強い風が吹いて寒く感じた。久しぶりに羽田空港ビルの蕎麦やで鴨せいろを食べた、おいしいとは思ったが、サービスが悪い。そば湯 などもだまっていると出てこない仕組みになっているようだ。確かに昼の混む時間にのんびりされても困るのだろうが、それが蕎麦屋のはずだ。残念ながら、もう行くまいと思った。

 本社で私にとっては最後の役員会が開かれた。新しい本社人事の話とか、診療報酬の改正の話題とかがあった。例のⅡ群・Ⅲ群の件では 前橋はⅢ群とのこと。少し安心したが、お互いにつらいものがある。

 夜には、貿易センタービルで役員会の送別会が開かれた。送別会も確実に残り少なくなっていく。少し飲み過ぎた。明日は 本社で会議。夜はまた  この 三井ガーデン汐留に宿泊する。

春分の日

2012/03/20(火)   祭日

 雪の春分の日。今日は一日  休肝日 とすることができた。昼には家内の生協への買い物につきあった。午後から息子と一緒に病院に出かけて、少し仕事をした。吹雪だった。こういうときには、屋内の駐車場は重宝する。

 夜は孫たちがやってきて夕食を一緒に食べた。孫二人に会うのは久しぶりだ。次に会うのは上の孫の誕生日と私の退職記念の家族食事会が控えてはいる。

 今年こそは、、、と思いつつ  旭川ゴルフクラブの年会費を払い込んだ。

 明日はまた東京へ出かける。最後の院長連盟役員会が開催される。その後には、打ち上げの懇親会も予定されているはずだ。


医局送別会

2012/03/19(月)

 朝医局の朝礼で、最後の挨拶。人事の件でいろいろと相談あり。看護学生の奨学金援助の面接もあった。
大きなニュースは次年度の研修医が医師国家試験に一人が失敗したというニュース。臨床研修医がフルマッチでないことになってしまう。病院にとっては大問題だ。

 研修医の採用試験のあり方を考え直さなくてはなるまい。

 夜、医局の送別会。毎日また飲む機会が続く。


予定変更

2012/03/18l(日)

 朝からのんびりとホテルで過ごした。このホテルは結構な代金なのだが部屋は狭い。ただ秋葉原の駅からはすぐで交通の便は非常に良い。

 11時にチエックアウトをして朝昼食 を兼用として駅構内の フードテラスで食べた。フライの定食を食べたがおいしかった。

 午後の予定を大幅に変更。夜の予定を午後に行った。とにかく明日帰るのではまた忙しいので、今夜に旭川に帰ることにした。これで少しからだが楽になった。

明朝は最後の医局の朝礼がある。医局への退任の挨拶も必要だろう。

下に院長連盟のHPに送った原稿を転載する。

昨日、キャバレーをみてきました。診療報酬改正の講演会をちょっとサボったので、ブログにはまだ載せていません。
藤原紀香さんのお尻の位置の高さと脚の細さにはいまさらながら感心しました。 
同じ 日本人とはとても思えない。

歌はまあまあですかね。まあ、ライザミネリと歌唱力を比べるのは酷というものでしょうが、新演出でしたが、私の好みとしてはもう少し小さい 劇場の方が気分が出た感じがします。
といってももともとブロードウエイの大劇場で上演されていたのでしょうが、、、MC役は意外に良かった。ただあのローラースケートはやり過ぎと は思いました。 ただ、大喝采でした。

家内に帰ってから言ったら、彼はそれが売りだったのですね。
  
千秋楽でしたが、紀香さんは、ちゃんと赤十字社の義援金の話をしていました。

女性が9割という観客の中で楽しんでは来ました。













上京

2012/03/17(土)

 毎日の飲食で何となく体がだるい。朝の便で東京へ。数人の知人と会った。昼から秋葉原のホールで診療報酬改訂のセミナーがあった。面白かった。これが私の参加する最後のセミナーかもしれない。しかし情報を得ることに鈍感になったら終わりだと思う。厚労省の課長補佐と米国グローバルヘルス財団のアキ吉川氏の講演だった。

 夕食をグローバルヘルス の理事長と社長にごちそうになった。これも送別会みたいなものだ。同じビルの中華料理でおいしかった。思えば長いおつきあいになる。いろいろとご指導をしてもらった。病院の今の安定には大きな寄与をいただいたと思う。 

 食事の話題で、例のⅡ群、Ⅲ群の話がでた。赤十字で言えば、予測通りの病院がⅡ群にあるが、さいたま は意外だった。諏訪が入ったということで、おめでとう と伝えたい。私たちの病院が研修医の数でひっかかったとは、、、これは簡単には修復が不可能だ。経営の悪い時代の、研修医教育の消極性が悪い結果になった。私の責任もある。



 今夜の宿泊は、秋葉原ワシントンホテル。ここを利用するのは始めてだ。駅から近くて便利だ。



会食2件

2012/03/16(金)

 日中は来客が多い。夕方、最後の団交あり。互いにあまりいやな気持ちにならないで話し合えたことを感謝した。

 旭川医大のリハビリの教授が来訪された。リハビリ室を見学され、さらにはスタッフにお話をいただいた。福鶴亭で夕食。聞けば東京オリンピックの年にお生まれとのこと。羨ましい。途中で抜けさせていただいて私の送別会に参加した。ドクターヘリのスタッフやへりの会社の方々が開いてくれた。皆おのおのご多忙のところを申し訳ないと思った。
 

私の送別会

2012/03/15(木)

 
 夜に旭川グランドホテルで 私の送別会 を開いていただいた。有り難いことに多くの職員が参加してくれた。

 私は絶対涙を流さないと思ってはいたのだが、涙がでた。ただ、涙の原因は 夭逝した長男をどうしても思い出したからだ。これが人生が順風満帆だったら、40年も長くこの病院にお世話になることは無かったと思う。いろいろなチャンスを利用してまた違う生き方をしていただろう。
 息子の闘病中の何年間か不安定な勤務しかできなかった。そのお返しをするの気持ちが強くてどこにも移動できなかった。

 多忙な時期なのに大勢の人に集まってもらって、たくさんの花束や記念品をもらった。私はいろいろと考えたが思いつかず、結局は定番の ホール時計(下に写真あり) を遺させてもらった。

 まあ今夜で踏ん切りをつけて新たに前を向くしか無いのだと思う。








ホール時計




帰旭

2012/03/14(水)

 朝から日本赤十字北海道看護大学の卒業式。華やかな卒業生の顔を見て楽しかったが、少し時間が長くて疲れた。
また、事務部長とオホーツクビールへ行って昼食。午後2時の列車で帰ってきた。疲れた。旭川は北見と比べてどうも積雪が多いようだ。

 駅で夕食を食べてそのまま今晩の仕事のホテルへ行くつもりだったが、時間が余った。そこでいったん家に荷物を置いてから旭川グランドホテルへ。救急の症例の事後検討会があった。私ははじめの挨拶をして帰らしてもらった。新旧の医師会長も来られていて、悪かったが体が持たない。

 明日はいよいよ私の送別会がある。



北見

2012/03/13(火)

 朝食はホテルでは食べなかった。駅で立ち食い蕎麦を食べたが、これが意外においしかった。新千歳空港から女満別空港へ。飛行機は正味30分。しかしこれは意味はある。列車だと5時間の旅になる。
 空港から北見市へは北見日赤院長・事務部長の車で同乗させてもらった。北見駅で明日の切符を受け取ってから事務部長と オホーツクビール園に行った。ここで結構飲んでしまった。

 今日のホテルは  ピアソン。このホテルの温泉は昔から好きだ。

 夜には 副社長と学長が出席されて、夕食会がホテルベルクラッシック開かれた。今回の北見訪問の主目的だ。相変わらず 副社長の温厚な見識には感心した。メールが2通きて、さらに三月中の予定がタイトになってきた。







支部役員会・評議委員会等々

2012/03/12(月)

 朝8時の電車で札幌へ。旭川駅がだいぶ完成に近づいている。タクシーの乗り降りする場所も駅舎に近くて楽になった。店舗なども少しずつ開き始めたようだ。少し腰の調子が悪くて、Uシートを利用した。

 10時半から支部でまずは役員会。支部長は相変わらずお元気だが、何か話しが長くなった感じがする。午後からは評議委員会。たいしたことも無く終了。その後、つけたりのような人事の委員会。それから院長会議を開催した。

 院長会議では大きな議題は無かった。看護学校の授業料値上げの件とか、泊原発の救護訓練等を話しあった。
 その後、院長・事務部長の懇親会が ガーデンパレスで行われた。私の送別会は年度が替わってから歓送会として行われるのが慣例となっている。
 今夜は飲むまいと思っていたが、やはり結構飲んでしまった。今夜は グランドホテルに宿泊。明日は北見まで出かける。

診療報酬改訂に関するセミナー

2012/03/11(日)

 朝から、銀座にあるホールでセミナーに参加。次期の診療報酬に関することで、本来は私は無関係ということにはなる。しかし、そうも言ってはおられない。いろいろと参考になった。今まで進めてきた方向は間違っていなかったことを確認した。それだけでも今の私には大事なことだ。

 明日からまた毎日飲む機会が続く。いよいよ、私の送別会もある。





2012/03/10(土)

 午前中は暇。退職にあたっての原稿書きをした。

 午後から下の孫が遊びにきた。久しぶりで、私の目から見ると一段とかわいくなっていた。コンサドーレの試合を横目でみながら遊んだ。兄のほうもしばらく会ってはいない。

 コンサドーレは何とか引き分けた。守備の方は意外になんとかなりそうだ。残留争いくらいはできるレベルかもしれない。

 夕方、産婦人科教室の同門会に招かれて出席。途中で退席させていただいて、空港へ。結構満員の飛行機で東京へ。今夜の宿泊は羽田エクセル東急。割高ではあるがやはり楽だ。





2012/03/09(金)

 今朝も陽射しがすっかり春の趣だ。雪が急速に溶け始めているのが判る。いよいよ残りは三週間となってしまった。挨拶の草稿とか書かなければならないことが、数編あるのだが、どうも書き始める気分にはならない。そのうち何とかなるだろう。

 心電図の勉強のほうは、内容が判らないまでも少しずつ進んでいる。これは明らかに私の気持ちの張りには役だっている。うまくこの機会を利用したいものだ。

 明日からはいよいよJ1 も開催だ。コンサドーレはどういう始まりからをするのだろうか。少し恐ろしい気持ちがする。




引き継ぎ

2012/03/08(木)

 4役会議では大きな議題は無し。食中毒かという話があったり、脳死の件がちょっと話題になったりした。ラダーの認定書の授与式とか、MSW の採用面接も行った。

 夜、 エスプリムートン という店で、私の後任者といろいろと引き継ぎをした。あらかじめ電話での予約の際に、ちょっと相談事があるので奥まった場所を頼んであった。
 いざ、伝えるとなると結構な量で、3時間はその店にいたことになる。赤ワインを二人で二本。久しぶりにワインはおいしかった。ただ少し飲み過ぎた。明日は 休肝日 にしよう。



勉強開始

2012/03/07(水)

 今日も暖かい。ただ少し降雪は有った。病院は特に大きな出来事はなかった。入院病棟の一階に、焼きそば等の自動販売機が入った。鯛焼きを購入したが、太ると思ってちょっとしか食べられなかった。実際どのくらい利用されるのだろうか。

 昨日購入の救急に関する本を読み始めた。さすがに、頭部外傷と脳卒中の部分は私の能力でも、まだ通用するようだ。結局は小児科が問題だ。

 夜、公用ができて、医師会の行事をキャンセルしたのだが、それが中止となった。夜は暇になった。
女子サッカーの決勝をみた。ゴールキーパーの出来不出来というのは恐ろしい。明らかに2点くらいでとどめておける内容だったと思われる。

 医療機能評価のレポートを送った。また自己嫌悪に陥りそうだ。

勉強開始

2012/03/06(火)

 今日は朝から暖かい。道路の雪も溶けて走りやすい。

 医学書を何冊か購入した。医学書を買うのは何十年ぶりだろう。
4月からの自分の生き方に大きな不安が有る。他の病院とか施設に再就職をして、全く新たな生活が始まるのとは全く違う。
極端に言うといまの状態から仕事がなくなるだけのようなものだ。

 落ち着いたらたまには、医師会の夜間急病センターでもお手伝いをさせていただければ、きっと有り難いと思う。これは4月からの私の仕事には  診療報酬上も抵触しないと思われる。
 ただ大きな問題は私の臨床能力だ。今の医学的実力との差を埋めなければ仕事にならない。

 そこで、勉強を少し始めるつもりだ。それがこれからの私の励みになればこんな良いことはない。

 ジュンク堂はがらがら。医学書の数は多かった。まずは以下の4点を購入した。

○マンガで学ぶ心電図
○心電図免許皆伝
○研修医当直御法度
○小児救急秘伝の書

 我ながら笑ってしまうような、医学書の題名ばかりだが、手の届くところから勉強を始めてみよう。夏頃には月に一度位は手伝えるような実力を備えたいものだ。







女子サッカー

2012/03/05(月)

 積雪量はまだ凄いのだが、道路の雪はさすがに溶けて地面が顔を出している。朝の車も走りやすい。4役会議のあと、人事の会議があった。私はできるだけ発言を控えるよう努力した。

 午後からは院内を回るのと、レポート書をした。3月の予定がタイトになってきた。4月との落差があまり大きくはしたくないのだが、、

 退職に当たっての、病院に残す 私の記念品 の注文が成立した。一週間くらいでは届くようだ。

 夜、女子サッカーをみる。対アメリカ。最後までみたが、ついに勝利してしまった。とにかくやはり守備の勝利ということになるのだろう。あの米国の猛攻を完封したのだから、、、
 眠いのを我慢してみたが、終わったらほとんど朝の起床時間に近づいていた。





体調不良

2012/03/04(日)

 あまり寒くも無く朝の陽射しが明るく見えた。もう春が近い。ただ、私の体調は最低だ。きっとどこかで風邪を引いたのだろう。少し疲れ気味であることは確かだ。幸い今週はあまり予定が入ってはいない。週末の東京行きのみだ。

 午前中は 確定申告を完成。午後からはもっぱら機能評価のレポート書きをした。レポートの方はあと二日間くらいで何とかなりそうだ。今回はあまり苦しまなくともできあがりそうだ。

 今日は一歩も家を出なかった。孫たちも来なかった。ちょっと寂しい。




確定申告

2012/03/03(土)

 今日は幸い何も予定のない土曜日。朝から確定申告の書類を作った。ネット上で作成できるようになって楽になった。計算が全く必要ない。昔と違って副収入がうんと少ないのも楽な一因かもしれない。

 途中、妻の美容院と生協への買い物の運転手をした。道路の排雪が効いて、地面がでているところが多く運転は楽だった。車といえば、まだ500キロも乗らないのに、6ヶ月点検の案内が来た。4月の中になったら、夏タイヤ交換も一緒に頼もうと思う。

 機能評価のレポートは明日真剣に行おう。今日は久しぶりに  休肝日。孫たちが隣の義兄のところに来ているはずだが、いまのところ顔を出さない。



祝賀会

2012/03/02(金)

 朝の1便で帰旭。空港内のホテルはやはり便利だ。気分にゆとりがある。旭川に着くとやはり雪の中だった。しかし何か春の気配が感じられた。家に寄って着替えてから病院へ。脳死からの臓器移植の件は、進展がないままに終息に向かうようだった。いずれ、現実の問題にはなるのだろうが、、、

 病院でいろいろと報告を受けた。臨床研修医に対する、当院のいままでの方針の問題が厳しく評価を受けたようだ。経営的な面がさきにたったとはいえ、責任を感じなければならない。

 午後から院内巡視を行った。考えたらこれが最後となりそうだ。

 夜、旭川グランドホテルで、定年退職をする診療部長の送別祝賀会があった。昔の医師や看護師までも参加して盛大だった。
 



プロフィール

satoshig

Author:satoshig
 2012年4月から旭川赤十字病院の名誉院長 しております。
 現在の仕事のメインは同院の 常勤嘱託医師(検体検査管理加算Ⅳに該当する検査部門担当) です。
● 医療機能評価機構サーベイヤー
● 卒後臨床研修評価機構サーベイヤー


としての仕事も楽しんでいます。

 旭川赤十字病院には、1970年5月 から勤務し、副院長10年、院長を9年間 勤めさせていただきました。
 1966年北海道大学医学部卒業  もともとは脳神経外科医

リンク
最新コメント

最新記事
月別アーカイブ

フリーエリア
QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム