FC2ブログ

一日目終了

2012/01/30(月)


 朝8時20分に家をでた。霧で一便が東京から届かないかもしれないとの話だったので、少し早めに空港に行った。幸い空港のあたりは快晴だった。

 あまり遅れずに羽田に着いた。そこからが大変だった。何の気なしに、つくばエクスプレス乗るものだと決めてかかっていた。エクスプレスのホームに行くもそんな駅はない。総武線の間違いだった。津田沼で降りてしこからタクシーを使った。2時20分集合だったが、ホテルに着いたのは30分前だった。ぎりぎりというのは精神的には非常によくなかった。

 ホテルも最低。最近の機構のホテルは結構良いのが続いたが今回は良くない。ネットも繋がるが遅い。狭い、暗い、寒い。さらに空気が乾燥してひどい。

 病院も,職員が準備に努力されていることは分かるが、私には参考にはなりにくいレベルだった。前回伺った病院のすばらしさを改めて確認した。

 
スポンサーサイト



旭川医大小児科教授就任祝賀会

2012/01/29(日)

 朝から雪。幸いすごく積もるほどではなかった。午前中に一度病院にでかけた。ちょっとした忘れ物があた。病院は特に変わりは無し。

 午後からグランドホテルで、旭川医大の小児科教授の就任祝賀会があった。懐かしい顔にあった。特に長男の主治医に何年かぶりでお会いした。今からもう30年以上前にはなるがお世話になった。不満がないわけではないが、若かったかれはそれなりに頑張ってくれたと思っている。家内にもよろしくと言ってくれたし、命日のすぐ後でおあいすることができて良かった。

 明日からまた千葉への出張だ。気をつけなければと思いつつまた飲んでしまった。ただ、間違いなく前よりは弱くなった感じがする。これは良いことだ。



産業医講習会

2012/01/28(土)

 休日。午前中は釧路で行う講演の準備。何とか明日で完成しそうだ。午後0時の電車で札幌へ。混んでいた。岩見沢が珍しく晴天だと思ったら、江別が猛吹雪だった。札幌には20分くらい遅れて到着。

 札幌は曇りだったが、風が冷たい。旭川よりよっぽど体感温度が低く感じる。講習会の会場まで近いのにタクシーに乗りたいと思うほどだった。講習会はいつものごとし。ようやく次の更新までのノルマの1/5 を達成した。後ろの方の座席で、トリスタンをゆっくりと味わうことができた。

 夕食は、駅地下の回転寿司。ここの寿司は私はおいしいと思う。帰りの電車もあまり悪天候ではないと思うが、やはり20分ほど遅れた。

 明日は小児科教授の新任祝いがある。




保健所の監査

2012/01/27(金)

 朝5時半のモノレールで羽田空港へ。さすがにこの時間のモノレールは満員ではなかった。AIR DO のシートはやはり堅く狭く心地よいものではなかった。あまり遅れたわけでもないのだが、病院に着いたら9時半を過ぎていた。それでもようやく間に合った。

 保健所の監査は無事終了した。大きな指摘事項はなかった。4時半には公表も終わって保健所長以下帰られたので、私もちょっと早退させてもらった。とにかく疲れた。

 評価機構から救急部門の審査の  OJT の案内が来ていた。なんと私が 指導を受ける立場だった。レパートリーを増やすためには良い機会と積極的に考えよう。

 今日は長男の命日。息子と孫たちも来て、長男の好きだった、すき焼きをして食べた。孫たちは今夜はなにかおとなしくて、心配だった。これなら騒いでくれた方がよほど良いと思った。

 今日は  休肝日。

本社で会議

2012/01/26(木)

 午前中は暇。朝は食べずに昼は品川駅構内の立ち食い寿司ですました。同じ立ち食い寿司なら、羽田空港の寿司のほうが私の好みには合うようだ。2貫すつでてくるとどうしても食べ過ぎてしなうし、、、

 午後から本社で会議。この会議に参加するのもあと一回だけである。経営状態は昨年度よりは悪い病院が多いという。
 その後院長連盟の部屋で今日参加した院長達で新年会。また飲んでしまった。明日は自分の病院で旭川保健所の監査が控えている。本来は役員会のよていだが、どうしても保健所と日程の折り合いが着かなかった。
  午前7時の便に乗らなくてはならない。5時半にはホテルをでるので、起きるのが本当は心配だ。

 ホテルの窓からライトアップした東京タワーが見える。昔なら感激したものだろうが、、、










弟と姪

2012/01/25(水)

 札幌医大の教授に会って頂く件は、事務部長にその段取りをお願いした。うまく運んだようだ。2月3日ということで、本来は医師会の新年会 だが、そうはいってはいられない。病院の将来のほうが、重要だ。

 午後1時の便で東京へ。二泊の予定でいつもの、三井ガーデン汐留。
午後5時に浜松町の駅で、弟と亡兄の子供の姪とあった。姪の子供も一緒だった。4人で駅の近くの居酒屋で夕食を食べた。久しぶりに日本酒を飲んだ感じだ。私が退職すると簡単には東京にも出てはこないからというのが趣旨だった。楽しく話しをすることができた。帰国子女である姪の娘にあうのは久しぶりだった。

 酔って風呂に入ろうかと思ったが辞めにした。このホテルの大浴場は、本来は売りなのだが、最近は利用することがない。面倒くさいのが先にたってしまう。これもきっと加齢のなせる技なのだと思う。

明日は、午前中は暇。午後から本社で会議。その後、新年会が予定されているはずだ。
 




昔の写真

2012/01/24(火)

 暖かいのは一日だけだったようだ。今日はまたいつもの寒さに戻った。ただ、雪は降らない。岩見沢、江別のあたりは大雪で、札幌との交通がすべて遮断されているようだ。臨時職員の採用試験にこられない方ができたようだ。正規職員の採用試験には必ず院長が、列席するようにしたが、臨時職員の面接には参加してはいない。

 午前中、旭川医大の非常に関係の深い臨床科の教授を訪問。増員のお願いをするも、今回は名寄への支援が新たに有って、そのため見送りとなったようだ。地域医療を考えると仕方が無いとしか言えない話で、せめて、院長に会ったときに言ってやろう。彼は医局の後輩だ。

 午後から、大事なメールを事務部長と相談のうえ送った。何か心配ではあったが、夜になってご返事を頂いた。2月はすごい過密なスケジュールだが、奇跡的にお教え頂いた夜は空いているようだった。この機会を大事にしたい。

 院長連盟のU嬢から昨年秋の旭川訪問に関わる原稿の草案が届いた。私の子供の時の写真も先日スキャンして送ってあった。原稿を読ませていただきながら、昔のことを思い出して懐かしかった。

一枚だけ下にアップロードしてみた。フラテ山の会というのに所属して、結構学生時代は山登りをした。後ろはは大雪山。たぶん忠別岳あたりかなと思うが、、、今から思うとリュックの背負い方が素人ぽいが。






暖かい

2012/01/23(月)

 この数日は寒さが和らいだようだ。朝起きた時の感じが異なる。外の温度が家の中で分かるというのは防寒対策がうまくいっていないことになるが、、、とにかく楽だ。病院の行き帰りもストレスが少ない。

 四役会議で診療報酬改訂の予測が話し合われた。今のところ、我々のおこなってきたことは方向性は間違いはないようだ。私も関係が無くなるなどとは思わないで、できるだけ関心を失わないようにしたいと思う。

 ようやく講演の準備が軌道に乗った。明日はまた細々とした用事が重なって多忙な予定となってはいる。
最近は、節酒は守られている。ごく薄い 水割りで我慢できるようになった。少なくともアルコールの量としては大きく違うはずだ。



2012/01/22(日)

 朝8時の電車で帰ってきた。電車は空いていた。

 昼前から孫たちが来襲。初めのうちは言い聞かされて来たとみえて、おとなしくしていたが、後半はやはり地がでて、騒ぎ回っていた。親たちもやってきて夕食を食べてから帰った。都合8時間ぐらい一緒に過ごした。将棋もしたし、カルタでも遊んだし楽しかった.孫との将棋は本日は1勝1敗。
上の孫がパソコンを自由に操っているのにも驚いた。下の孫がどうやらカタカナも覚え始めたようだ。

 孫たちが帰ってから、講演の準備を始めるも遅々として進展せず。今週は東京への出張がある。何とか頑張らねば、、、、、

 久しぶりに今夜は    休肝日








北大脳外科同門会

2012/01/21(土)

 今日もまだ結構な寒さだ。午後2時の電車で札幌へ。これが混み合っていた。さらに天候が悪い訳でもないのに、札幌へは10分ほどの遅れだった。2月に釧路へいくのだが、飛行機ではなく列車を予定している。札幌での乗り換えの時間があまり無いのだが、どうやら危険なようだ。朝早い電車に変えよう。

 東京ドームホテル札幌  で北大脳外科教室の会合があった。いつもは失礼することが多いのだが、今回は次年度の体制の問題があるので出席した。懐かしい顔には出会った。お互いに皆年をとった。旧交を温めるには良かったが、病院の体制については新しい情報は特にはえられなかった。

 退職後、懐かしくなって頻回に出席するようになるかは分からないが、まずは良かった。夏のゴルフ大会くらいは出席したいものだ。

セミナー

2012/01/20(金)

 寒い。ネットでみると旭川で マイナス30度とでている。これは旭川とは言っても、江丹別という市内からは遠く離れた蕎麦の生産で有名な場所のことではある。

 蕎麦といえば、私は暇ができたら蕎麦打ちに挑戦したいと思っている。腱鞘炎が気にはなるが、それは 蕎麦打ち機器 を購入すると解決するはずだ。後始末がたいへんだと妻には反対されそうなので、いまのところは黙っている。

 家の周りでも今回は マイナス20度にはなっているようだ。ただ、旭川は風が吹かないので、体感温度はそれほどは低くは感じない。札幌のほうが、風がふくので私は反って、札幌に行ったときの方が寒く感じる。

 2月に講演を2回お引き受けしているので、準備を始めようとするもいろいろと用ができてできなかった。この週末には何とか手をつけなくては間に合わなくなってしまう。

 夜、道北救命セミナ という催しがあった。今回は主として、ドクターヘリ関連の内容だった。私は開会の挨拶をした。たくさんの人々が参加してくれた。関係職員の労を讃えたい。
 ただ、残っている仕事のことが気になって、ホテルの外にでるだめ押しの懇親会は悪かったが、勘弁して頂いた。




快晴

2012/01/19(木)

 今日は珍しく快晴。四役会議では、次年度からの大事な事柄を話をすることができた。少し気が楽になったが、また少し私は憂鬱になった。午前中に支部の局長から電話あり。これも次年度の病院に関する人事の件だった。着々と私の辞めたあとのことが決まっていく。

 事務部長と一緒に、午前、午後と二度にわたって、旭川医大を訪問。慣れない仕事というのはどうも疲れる。何か重大な事柄は言われずに安心はした。

 旭川医大で時間が余って、外を見ていたら、ドクターヘリが戻ってくるのに遭遇した。100メートルくらい離れてガラス越しとはいえ、あまり大した騒音ではなかった。やはり日赤病院の屋上のヘリポートに降りるときの音とはかなり違うようだった。少なくとも内臓に響くという感じではなかった。





旭川医大廻り

2012/01/18(水)

 午前中は大きな出来事はなし。午後早くから事務部長と旭川医大を訪問した。予定通り半分の関連医局を回ることができた。特に大きな問題はみられなかった。ある医局での今後の処遇の問題がちょっとあったが、今後はっきりとしたらまた考慮しよう。
 明日、もう一日費やすとほぼ、年始のご挨拶は終了する。

 夜は、診療部長会議あり。細かい問題は有ったが、重大な議題はみられなかった。3月の定例の予定が入ってくる。どこまで参入すべきか、慎重に考えよう。あまりしゃしゃり出るのも性に合わないけれど、何もしないのもおかしいと思う。

 スマートフォンのスケジュール管理の件はあっさりと解決した。たいした努力もしないでうまく作動した、



札幌往復

2012/01/17(火)

 昨日は夜になってようやく札幌への電車は動き出したらしい。今朝も寒かった。私の家はもう築30年にはなるので、防寒の面では非常にお粗末な設定になっていると思われる。といって今更家を建て替えるわけにはいかないし、、、

 電車の具合が心配で、朝8時の電車で札幌へ。20分くらいの遅れで無事札幌に着いた。途中、岩見沢のあたりの雪は確かに異常だった。

 札幌に比較的順調に着いたので時間が余って困ることになった。ヨドバシカメラも紀伊國屋も頻回に行ってもう行く気持ちにもならない。そこで、札幌駅のシネマフロンテイア に行った。MET のlive viewin opera 映画を上映しているのが分かっていた。  ちょうど  10時から  グノー の ファウスト を予定されていた。4時間、3500円という入場料だったが、観賞した。面白かった。  一年以内にたぶん WOWOW で放映されるとは思ったが、大画面のオペラは楽しかった。まあ、入場者は10人にも満たなかった。

 その後、北大で事務部長と会い、関連教室の教授を訪問をした。最後は札幌医大を回って、午後5時の電車で帰旭した。これでひとまず、北大と札幌医大の年始回りは終了した。

 明日、明後日とは 旭川医大の教室へのご挨拶が残っている。

 帰宅してから、スマートフォーンの  スケジュール管理のアプリの調子が悪い。Google と シンクロナイズしなくなった。あれこれ調節するも今晩は直らず。明日また挑戦しよう。





2012/01/16(月)

 久しぶりに自分の車で出勤。朝の医局の朝礼では、正月休み後の順調な入院患者数の回復の報告と礼を述べた。さらに最近ちょっと目立つ患者、患者家族の方への医師の話し方の問題を報告して、善処をお願いした。血液の棄却率が0,1% 台まで改善した報告もあった。すばらしいことだ。努力すれば、できるという典型である。

 日中、旭川は雪はないが、例によって岩見沢は大雪ですべての電車が止まっているらしい。札幌への交通手段はないようだ。明日、札幌出張だが大丈夫だろうか。

 夕方、少し早めにでて、パソコンの備品と本を購入。家の周りでは気にならなかったが、中心街でも排雪が十分ではなく車で走りにくかった。寒いのもあと2週間だとは思うが、、、、

吹雪

2012/01/15(日)

 夜中からずっとあまりひどくはないが吹雪。体の調子も今ひとつ良くないので、今日は一歩も外へは出なかった。
  購入しては有ったけれど全然みてはいなかった  ROME をみた。
 きっとNHKの大河ドラマのようなインチキな脚本ではあるのだろうけれど、見ている分には、非常におもしろかった。興味も涌いてきた。
  少しあのあたりの歴史を勉強してみようかと思った。塩野七生女史 の本も読んでみる気になった。そもそも私は今まで女性だとは知らなかった。

 興に乗って、エリザベステーラーの クレオパトラ もみたが、これはつまらなかった。本来の6時間バージョンがあるならそれをみてみたかった、厚化粧のテイラーには幻滅を覚えた。当たり前の話ではあるが、若草物語 とか 陽の当たる場所 の面影は全くない。




吹雪と孫

2012/01/14(土)

 朝から吹雪。雪も降って吹きだまりができている。何となく鈍い腰痛があって、ゴルフの練習にはいかなかった。午後から、4歳になったばかりの孫が遊びにきた。カルタをしたり、漫画映画を一緒に見たりした。成長の跡が見えて嬉しかった。文字を結構読めるようになった。

 夜は息子一家と外で夕食。といっても神居の蕎麦屋  そば源 に行っただけだが、、、、孫たち二人とも食欲が旺盛で、1,5人分くらいずつは食べたようだ。






支部・大学訪問

2012/01/13(金)

 朝、ホテルで少し喉がイライラして目が開いた、空気が乾燥しているらしい。夜中に まさか 加湿器 をフロントに借りにもいけないので、風呂にお湯を張って代用した。

 朝食は昨日食べ過ぎているので、食べなかった。総体的にはこのホテルはビジネスホテルとしてはちゃんと内容を備えた良いホテルのようだ。

 午前10時前に支部を訪問した。人事の件を報告し、相談した。その後私は  また 紀伊國屋 や ヨドバシカメラ 等て時間をつぶした。昼食にステラマリス の根室の回転寿司 はなまる亭 で食べようとしたら、開店の前から人が並んでいるのでやめにした。並んでまで、昼食を食べる人の気が知れない。

 いつもの地下の 八雲 で  いつもの 鴨せいろを食べた。最近いろいろな店をたべることにはしているが、ここのが一番おいしい。めんつゆ の温度が高いのが好ましいのかもしれない。

 午後2時の札幌医大のホールで事務部長と落ち合って、教授を訪問してご挨拶。特記すべき内容はなかった。このホールが寒くて参った。たぶん 正規採用ではない職員の休憩所になっているのだろうが、もう少し環境を考えるべきだと思った。

 北大も回ってから、午後4時半の電車に間に合ったので帰ってきた。今回は疲れた。来週もまた札幌へ2回出張がある。地元の旭川医大にも二日間にわたって訪問しなければならない。




札幌出張

2012/01/12(木)

 朝、四役会議では12月の収入がまあまあだった報告があった。まだ支出が分からないので何とも言えないが、少なくとも悪いことではない。

 札幌へ12時の電車で出張と予定していた。ところが、電車の運行が吹雪きで遅れているとのことで、急遽11時の電車に乗った。確かに岩見沢のあたりでは猛吹雪だった。それでも10数分の遅れで札幌につくことができた。結果的には早く着きすぎて時間をつぶすには難渋したが、遅れるよりははるかに良い。

 事務部長と落ち合った末、3時に札幌医大、4時半に北大の関連教室にご挨拶をした。浦河の院長・事務部長が同じ行程で回っていて、両方の大学で出くわした。

 私自身は出身教室の教授にも廊下でご挨拶をしたし、今度、裏日本のある大学の教授に決まった後輩にも会ってお祝いをいうこともできた。

 今夜の宿泊は、初めての  ホテルリソルトリニテイ札幌。なんでも事務部長の定宿なそうな。夕食はネットで調べて  。ホテルのすぐ近くだが、牡蠣の専門店。異常な人気を保っている店だった。
 ただ本当にこれはおいしかった。ノロウイルスも気にならないではなかったが、まあの”それなり値段の店”だから無いと信じよう。
 明日の予定は午前中は支部。午後から同じように 挨拶回りをする予定である。

 

帰旭   ボランテイア開始15周年記念

2012/01/11(水)

 朝の一便で帰旭。旭川が大雪で、千歳空港に降りるか、あるいは羽田に戻るかもしれないという前提だった。後30分で着陸というときになっても、まだ天候次第というせつめいだった。
 しかし幸いにも旭川空港におりることができた。ちょっとだけ、家に寄って、着替えてをしてから病院にでた。私は朝早いのは苦にならないはずではあるが、やはりこの一便で帰るのは少し負担がある。

 夕方、ボランテイアの導入が始まってから15周年のお祝いの会を病院の講堂で開いた。感謝状を差し上げたり祝賀会も開いて、盛大だった。多くの幹部職員が出席してくれたのも、嬉しかった。私はなるべく酒を飲まないようにしていたので、間が持てなくて本当は困った。

 その後、恒例の医局幹事との話し合いが 福鶴亭 で開かれた。今年は医局から病院への大きな要望事項はないとのこと。ここでもあまり飲まず、食べずで押し通した。

 しかし、帰宅して体重を量ると残念なことには、ちゃんと増えていた。



東京出張

2012/01/10(火)

 連休は終了した。今朝の入院患者はやはり昨年よりも20人くらい少ないようだ。早く回復してくれるよう祈る気持ちだ。

 四役会議終了後、JAL で東京へ。空港でちょっといやなことがあったが、まあ仕方がない。相手の身になって考えることも必要だろう。それにしても気持ちの小さい方だ。本当のところは私は何も絡んではいないのに、、、

 今回の出張はいつもと出張とは様相が異なり、内容は記せない。しかしまあ目的は達した。ホテルは 明日一番で帰旭しなければならないので、空港内の羽田エクセル に泊まった。ここは少し割高ではあるが、やはり朝が早い時には気が楽だ。驚いたことには、WI-FI が使えるようになっていた。

  夜、ウイスキー の水割りにしてみた。パーティ等では 濃くしてもらうのだが、今回は薄くして飲んだが、何とかなるようだ。少しこれで続けてみよう。間違いなくカロリーは少ないはずだ。

夜、持参した DVD で DON PASQUALE を観賞。  EVA MEY がでている。私はこのソプラノの硬質の声はきらいではない。タイス などはいつも楽しんでいる。しかし先日テレビでみた、  MET の 演奏と比べると、大違いだった。演出力の差と なにしろあの ネトレプコ の 歌唱と演技力はやはりすばらしいものだ。



三連休終了

2012/01/09(月)

 今朝はまたゴルフの練習へ。今日は1時間半 練習した。練習のし始めはいつもそうだが、結構うまくできているような感じもする。これが続けていくといろいろと粗がみえてくるのだが。幸いにもまめもできず、手首の腱鞘炎もおきないようだった。

 午後から、自宅の部屋の整理。いらない本とか古い雑誌を処分した。二階にある書斎の本も処分しようと思う。今更古い脳外科の本などは使い道もない。

 夜、隣の義兄のところで、皆で夕食。孫たちは今日はおとなしかった。私のダイエットは今日は中止。今日は日本酒を飲んでしまったが、日本酒をやめてウイスキーの水割りにしようかと思う。。私はウイスキーはオンザロック がすきなのだが、どうも体には良くない気がする。
 今週は、東京出張と北大・札幌医大教室への挨拶回りがある。









ゴルフ初練習

2012/01/08(日)

 今日は何もすることもなく、する気もしない日曜日。例の院長連盟への投稿原稿も全く頭に浮かんでこない。
 午前9時からゴルフの練習場に行ってみた。私の自宅から4キロほど離れた高速道路のSPの傍らにある。
 温度はマイナス9度とのことだったが、ヒーターがあるので、寒くて困るほどではない。しかし、血圧には注意が必要だろう。
 やはりあまり混んではいなかった。初めてなので一時間で終了。明日もいこう。今年はたっぷりと時間があるので、何とかホームコースの公式戦にでてみたい。
  現在の私のハンデはいくつくらいが適当なのだろう。

 午後から自宅の自室を少し整理した。明日もまた捨てることができる雑誌類を少し処分してみよう。ゆっくりと身辺整理をしているようで気になるが、、、

 明日から飲む日が続くので今日は  休肝日





連休初日

2012/01/07(土)

 三連休の初日。天気は悪くは無い。午前中、原稿を書こうとするも全くできず。今回は諦めようかとも思う。

 昼過ぎに、妻と病院へ。院長室の整理。だいたいできた。後は引っ越しの時に頑張れば、それで大丈夫なようだ。

  これはまだ次期が早いのだが、退職の時に この病院に40年も世話になった記念に、ホーム時計 を 残させてもらおうと思った。その置き場所の候補地をちょっと妻と探した。ホール時計は以前にK看護部長とK事務部長が連名で立派な典型的な型のものを外来ホールに寄贈してくれている。そこで私は競合しないように、ちょっと雰囲気の違ったモダンなデザインの時計を考えてみたいと思う。まあ、今後どういう推移をたどるかは未定だが、、、、








新年の院内巡回

2012/01/06(金)

 ちょっとベッドが塞がってきたかと思ったら、もうまた明日から三連休。これを何とかして乗り切らなくてはならない。昨年より入院患者数は20名ほど少なく経過している。

 午後から新年の院内巡回。要所要所だけに本日は極端に縮小した。電子カルテのサーバー室の候補も回ってみた。適当な広さではあるが、なんと地下。ハザードマップでは当院は忠別川の氾濫の時には、水没のぎりぎりのはずだ。ちょっと気にはなるが後数年できっと電子カルテのバックアップはクラウドになるのだろう。それに期待しよう。少し甘いかな、、、

 新年を期して始めたことが二つ。
一つは何回目かのダイエットを開始した。少なくとも  6キロ は落としたい。これから宴会が続くだろうからかなり環境はきびしいわけだが。
 もう一つはごく当たり前のことなのだが、病院の出退勤時に、職員カードを意識してカードリーダーに通すこと。院長は勤務時間の規定は無いなどと思って、本当のところは面倒で怠っていた。4月からのこともあるので、ちゃんとした習慣を身につけようと思う。

 今日は5時半には退社。来週からまた頑張るつもりだ。この連休中には一度は病院に部屋の整理にでなくてはなるまい。









11月の収支

2012/01/05(木)

 今朝は自分の車で出勤。ほんの少しだが、雪が降っていた。今のところ、この新しい車はリッターあたり 4.2キロほどは走る。前の車は、冬期には3.6キロ ほどしか走らなかったから、やや改善といえる。これで遠乗りしたらどうなるのか楽しみだ。とにかく全長が12センチほど短いのは運転しやすい。

 四役会議では11月の収支の報告があった。一日入院単価が7万円を超えたと思ったら、材料費が大幅に高騰したように見えたが、それほどでもないようだ。収支の状況は前年度よりもかなり良いという報告だった。このままこの冬を乗り切って欲しい。昨年度はとにかくこれからの三ヶ月が入院が猛烈に多かった。

 

御用始め

2012/01/04(水)

 今日から出勤日。夕方、交礼会で話す内容を下に添付した。

案の定 ベッドはがらがらだった。昨年よりも 20人は少ないようだ。朝の医局の連絡会議で早急に日常の診療体制に戻るようお願いした。初日の新入院患者数も  50人にいくかどうかのようだ。昨年は二日間にわたって 60人を超えた記憶が有る。

昼過ぎにゆっくりと院内を回ってみた。特におおきな問題はないようで安心した。

 夜は恒例の新年交礼会が講堂で開かれた。いつもにもまして多くの職員が参加してくれた。職員のモチベーションの上昇の現れだとしたら、本当に嬉しいことだ。





新年のご挨拶                 
                      病院長 後藤 聰
 職員の皆様、明けましておめでとうございます。健やかな初春を迎えられたことと、心からお喜びを申し上げます。
 昨年は未曾有の災害である東日本大震災が起きました。日本の国民一人一人がその痛みと悲しみを分かち合い復興に努めて参りました。震災からの復興はまだ半ばにも達してはいませんが、きっと我々日本人はその英知を結集して頑張り遂げると私は信じております。
震災の対応については、職員の皆様にも大きなご協力を頂きました。 改めて、赤十字社職員の責任と誇りを再確認できた一年でした。
 翻って私たちの旭川赤十字病院のこと考えますと、大震災の救護活動への結集のエネルギーが病院の運営の力にもうまく反映できたと思います。
幸い昨年は病院の方には大きな出来事も無く、この春の医療費の改正でも、少なくとも現状維持の方針のようです。今まで進めてきた  “救急と地域連携を中心とした急性期の入院医療” という方針を一層深めて継続して行きたいと思います。
 ただ、私たちの病院は今一歩の努力をも求められています。このままでは “ちょっと良い病院” という範疇の評価で終わってしまいます。ここまできたら、他の病院から参考にされる、目標にされる一段上の病院になりたいと思います。努力次第では決してできないことではないと思っております。
 まずは 医療の質 ということにも注目したいと思います。今年はクリニカルインデイケイター という概念を定着させます。病院内外にその結果を報告していきます。
 さらに今年はバランスとスコアカードをもう少しずつ浸透させていきます。一朝一夕にできることではないので慌てはいたしませんが、着実に職員の皆様の理解を頂き行動を深めたいと願っています。

 最後に職員の皆様のご健康と病院の一層の発展を願って私の年頭のご挨拶といたします。

法事

2012/01/03(火)

 今日で休暇も終わり。昼にかけて昨春亡くなった義理の姉の法事が行われた。隣の義兄の家でお坊さんがきて法事。その後は  旭川グランドホテル四季 で会食だった。
 孫たちは相変わらず活発な騒ぎだったが、前からみると少し落ち着いて来たようだ。ただ、上の孫の弟を可愛がるのは、立派なものだ。私と弟も同じ6歳差だが、あそこまで弟を可愛がったという記憶は無い。良い、ありがたいことだと思う。

 夕方、孫たちがお使いの用事があって家に来た。兄が弟を橇に乗せてきたのだが、暗くなりそうだったので、わたしが帰りは送った。橇の上では立ち上がる、わざとに転んで雪の上に転がるなど大変だった。勿論私にとっては嬉しく楽しいことではあるのだが、、、

 夜、珍しく  NHK のニューイヤーオペラコンサートをみた。藤村実穂子 には感激した。昨年、東京でトリスタンを見たときのあの感動を思い出した。メゾソプラノの特質がすべて良い方向に現れている感じがする。




孫たちと買い物

2012/01/02(月)

 今朝は少し雪が降ってはいた。しかし、大変と言うほどでも無い。
昼頃、下の孫から電話がきて、大晦日に約束したウルトラマンの人形を購入しに行こうという。付き合った。しかし、孫は目移りがするらしく、結局は何が欲しかったのかが分からなくなって、  ”おじいちゃんが選んで、、”とまで言い出した。上の孫も一緒に行ったが、最近は大人になって今日は自分の日でないと分かるとおとなしく弟の面倒をみていた。
 息子の車に同乗して行ったのだが、道路の雪も溶けて暖かい穏やかな天候だった。

 明日は隣家で昨年の正月に亡くなった 義理の姉 の 法事がある。そこでまた孫たちに会えるだろう。




元旦

2012/01/01(日) 元旦

         


 落ち着いた天気の元旦。今年一年は平穏な年であることを願う。
 昼前からまた、妻と息子と三人で病院へ。今日で部屋の片付けはかなり進展した。後、一日くらいで何とかなりそうだ。期待していたことができて良かった。

 孫たちは義兄と一緒に、近くの温泉風呂に行ったようだ。本当は私も一緒をしたかったが、今回は自分の部屋の片付けなので、不満も言えない。

 後、残すところ本当に三ヶ月になった。無事に終わりたいものだ。ただ 死に体 になるのはいやので、極力前向きに動こうと思っている。勤務の晩年を無為に過ごしている人をたくさん見てきたので、、、




プロフィール

satoshig

Author:satoshig
 2012年4月から 旭川赤十字病院の名誉院長 となりました。
 現在の仕事のメインは同院の 常勤嘱託医師(検体検査管理加算Ⅳに該当する検査部門担当) です。
● 医療機能評価機構サーベイヤー
● 卒後臨床研修評価機構サーベイヤー


としての仕事も楽しんでいます。

 旭川赤十字病院には、1970年5月 から勤務し、副院長10年、院長を9年間 勤めさせていただきました。
 1966年北海道大学医学部卒業  もともとは脳神経外科医

リンク
最新コメント

最新記事
月別アーカイブ

フリーエリア
QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム