FC2ブログ

今年も後二日

2011/12/30(金)

 朝、車を走らせてみた。確かにこの車は雪道が走りやすいと思う。

 昼前から、また三人で病院へ。今日で、ほぼ半分以上は仕上がったのではないだろうか。本は思い切って捨てることにした。廃棄できない書類をシュレッダーで裁断したが、大きなビニール袋が四袋にもなった。あと二日間くらいでほぼうまく行きそうだ。この休み中にはもう一度行くつもりだ。後は一月の連休に期待しよう。

 帰りに駅の東側の新しい道を使ってみた。広く、大きな本屋の駐車場にも初めて入ってみた。雪が溶けたらゆっくりと行ってみよう。

 私はこの休暇中に、1月4日の新年交礼会で職員に話しをする原稿と院長連盟の機関誌に掲載する原稿を書かなくてはならない。これからの一年の抱負はなんとかなるが、機関誌の原稿についてはその概要もまだ浮かんできてもいない。

 珍しいことに二日続けて  休肝日  となりそうだ。







スポンサーサイト



部屋の整理

2011/12/29(木)

 今日から年末の休み。
 昼前から、妻と息子と三人で病院に出た。自分の部屋の本棚の中等の整理を始めた。三年前に引っ越して来てから一度も目を通していない本などはあっさりと捨てることにした。それでもなかなか決心がつか無いものだ。古い書類を大量にシュレッダーで処分した。ローソンから昼ご飯も調達して食べた。

 午後3時でいちおう今日の分は終了とした。まあ、何とか目処がたっただけでも良かった。明日もできるだけ頑張ってみるつもりだ。

 今日は昨日の酒が残っていて、  休肝日




納会

2011年12月28日(水)

 明日からついに六日間の正月休み。私は明日から院長室の片付けをしなくてはならない。少し憂鬱だ。

 病院では、押し詰まってからのご挨拶の方々と午後からは、職員の挨拶も有って結構多忙。

 夜は医局の納会にちょっと顔をだして、それから私の部屋がある4F の各部署合同の納会に出席した。日吉○という居酒屋だった。二次会まで行ってしまい、最後の方は良くは覚えていない。

 叔父の件では何も連絡は無い。飛行機の混み合うときにぶつかったら大変だが、、、





ヒアリング終了

2011/12/27(火)

 朝から雪。今年は雪が多い。ただ吹雪きにはならないから助かるし、大雪でもないのも助かる。私の車はまだほとんど乗ってはいないのだが、雪道は走りやすいようだ。カーブの曲がり具合いも楽なようだ。まえのシーマよりは格下とはいえ、9年間の進歩はきっとそれなりにはあるのだろう。タイヤが大きいのも関係しているのだろうが。

 ただ燃費は同じようだ。まあ、病院との行き帰りくらいにしかに使っていないのだからまだ分からないが、、、、

 診療科のヒアリングが終了した。まあ内容的にも進歩していることだろう。次期の診療報酬改定も少なくともマイナスでは無かった。この勢いが続いてくれると嬉しいが。

 札幌のある病院の HP に当院のこれからの人事に関係する記事がでていた。年明けにはいろいろと確認したり行動を起こす必要ができた。

 今までは全く音沙汰が無かった私の退任後の進路について、提案と問い合わせが2件も有った。 もちろん丁重にお断りをしたが、少し本当は安心してそして嬉しかった。




院内巡視

2011/12/26(月)

 朝の四役会議は今年最後。正月休み中の確認等のみ。重要事項は無し。

 午後からこれも最後の院内巡視。できるだけ多くの部署を回ったが、一部栄養科等は毎日誰かが検食等に行っているので今回は伺わなかった。今週は私も検食にはいけそうだ。
 外来透析部門のロッカールームの移動の件、正面玄関の表示等等は有ったが大きな事柄は無かった。
  保育所にも行った。孫に会うことができた。起きたばかりのような眠たそうな顔をしていたが、手を上げて合図したら、ちょこっと手を上げて合図を返してくれた。

 夜はヒアリング は2件。当方の用意したデーターの誤りがあるようで、その確認ができないままで終了。単なる転記ミスに思えるのだが、、、ただ、診療側の前向きの姿勢には好感が持てた。ありがたいことだ。

 病院の外来も後二日。入院もどうやら正月休みモードに入っている。ただ今日は幸いにしてまだ新入院が最終的には50人を超えている。明日からは、退院患者数が入院より大きく上回る結果になるのだろう。




バイキング

2011/12/25(日)

 今日も休日。三連休だった。風邪はようやく直り気味。ただ、まだ寒い感じがあって、外には出たくない。正月休暇中に仕上げなければならない原稿が少しあって、早めに手をつけるも進まず。ただぼんやりと録画してあった映画をみたりして過ごした。

 夜、孫たちと  グランドホテル のバイキングへ行った。あまりたいしたものは無かった。年をとるとバイキングというのは合わないようだ。酒も2合くらいで収まった。

  上の孫の夢が早くも崩れたようだ。サンタクロースがくれた手紙の内容を母親が知っていたということで、どうも  ”サンタはお母さん  だったのだね” と言いだした。少しかわいそうな気持ちもするがまあしょうが無い。これも成長の一過程だろう。
 この次孫たちと会えるのは大晦日。皆で年越しをすることになっている。

 幸い少し日が長くなったような感じがする。少なくとも夕方の暗くなるのが遅くなった。嬉しい。これが正月を過ぎるともっとはっきりとしてくるだろう。私の退職の日がもっと近づくことでもあるが、、、、




医局ファミリークリスマス

2011/12/24(土)

 昼、小学校4年の孫の塾へ迎えに行った。息子の家の前に除雪車が入って、車を出せないと電話が来た。私が行ったので驚いていたが、久しぶりに、車の中でいろいろと話しをした。まだサンタを信じているようだ。密かに願ったものが届いたと喜んでいた。”一日早く届いたのは、届けるところがたくさんあるからなのだね”とまで言っている。今、4年生だが、どこで夢が壊れるのか。

 夜、ロワジールホテルで 病院医局のファミリークリスマスがあった。もう30年も続いている行事だが、だんだん参加家族が少なくて寂しいかぎりだった。
 昔、私が医局幹事の時に始めた行事だが、初期には130人以上の参加だったと思う。まあ、続いているだけでも良しとしなければならない。どちらにしても私には、来年からはもう関係は無くなる行事だ。







風邪直らず

2011/12/23(金)

 夕べは少し痰が切れなくて困った。今朝のまだ調子が悪い。朝から一歩も外には出ず。昼前に妻の生協への買い物に付き合った。その2時間くらいの外出のみで後は自分の部屋で、録画した、DVD の整理をした。まだみていないものがたくさんあった。

 次年度はきっとゆっくりとみることができるのだろう。

 調子が悪いので今日は休肝日。明日は医局のファミリークリスマスがある。

東京→旭川

2011/12/22(木)

 昨夕はいつもの 三井ガーデン汐留 に宿泊。酔っていたので、風呂にも入らないで寝てしまった。朝起きたら午前3時。少し仕事をして、午前5時半にはホテルをチエックアウト をした。さすがに外は真っ暗で寒かった。ただモノレールはこの時間でも混み合っていた。

 飛行機は旭川には少し遅れて着いた。マイナス19度とのことだった。病院には10時に到着。10時15分から遅れたが四役会議を行った。私は、昨日の会議の報告をした。その他、大事な報告・相談事項が多かった。

 風邪がどちらかというと悪化。咳がでて、鼻水もでる。痰も少しからむようだ。これ以上悪化しないことを望みたい。

 業務連絡会議とヒアリングがあった。今日のヒアリングは業績の非常に上がっている科なので楽だった。こういう科があと2,3あれば経営は安泰なのだが、、、

本社へ出張

2011/12/21(水)

 本社へ出張。空港で何人かの知人に出会った。皆、暮れの忙しいなかの最後の出張のようだった。
東京も今日は寒かった。私の風邪が結局はまだ治りきらないせいもあるようだった。少し咳が出るようになった。
 
 本社で会議が二つあった。会議の後、年末ということで、社長もこられて忘年会が貿易センタービルで行われた。近衞社長と隣り合わせの席で、いろいろと話が弾んだが、スイスロマンド管弦楽団のいまの指揮者とチューリッヒのオペラ座の指揮者の名前がついに二人とも出てこなかった。スイスロマンドは昔ステレオ装置が流行りだしたころ、アンセルメ指揮 のレコードを好んで聴いた記憶がある。シエラザードなどはいまでも思い出す。バレー音楽も聴いた。

 ところで、私は今は、ゴルドベルグ変奏曲に凝っている。グレングールド の書いた本をすべて読み直してみようと思っている。

  映像も探してみようとさえ思っている。




暇な一日

2011/12/20(火)

 今日は会議もヒアリングもなく、暇。病院のなかをあちこち歩き回ったり、機能評価のレポート書きをした。夕方ようやくメールに添付して送った。楽なはずだったがやっぱり書くのは苦手だ。

 薬剤へ行って、当院の電子カルテの処方の実際を学んだ。今回のレポートをつくるにあたって、唯一気になった点だった。私たちの病院の仕組みはしっかりと安全性も保たれていて、安心した。グラム単位の製品量でしか処方できないし、アラームもマスターにはかかっていた。もし、力価でも投与できるようにするのなら、マスターをもう一つ改めて追加すべきである。

 明日は東京本社へ出張がある。叔父のことも気にはなるが、時間的には寄る余裕がない。今年最後の出張だ。

 孫たちに年賀状を作った。




気ぜわしい

2011/12/19(月)

 医局の今年最後の朝礼があった。今年一年特に東日本大震災に対する、救護班等の協力への謝辞を述べた。病院の経営状態についてのいっそうの理解の件もお願いした。経営的には悪くはなかったがもう一歩先へ踏み出したいところだ。このままでは 並の上 というところで止まってしまう。

 四役会議では人事の案件が話題になった。確かにあと2週間をきったわけで、落ち着かない心境だ。
例のレポートはまだ完成せず。明日いっぱいを頑張るしかない。

 私の特に関係する診療科でも新たに大きな動きがあり。関係医師と夜意見調整をした。

 体調は改善した。良かった。




風邪気味

2011/12/18(日)

 夕べ飲んで帰宅して風呂へ入った。その後、汗が引くのを待っているうちに、裸で寝てしまった。そのためか 朝起きたらのどが痛い。体もだるかった。風邪気味だ。

 一日中外にも出ずに、なにもしないで過ごした。この前の、機能評価のレポートはあまり苦労しなくともできるだろうとまだ手を付けかねている。
 明日、明後日でピッチを上げなくてはならない。水曜日は東京本社への出張がある。

 夜、サッカーをみる。段違いの実力に驚いた。あれでは、何年たっても日本が勝つということはありえないだろう。バルセロナと日本との差を考えると、J1とJ2との差などは微々たるものだ。日本のサッカーはバタバタとただ走り回っているだけだ。

 体調不良につき、必然的に  今夜も  休肝日




年賀状

2011/12/17(土)

 朝から軽い腰痛がある。ゴルフの練習の予定だったが、あっさりと中止。年賀状を作成した。コンピューターで作るのは味気ないが、もう今の時代そうばかりはいってはいられない。数時間かかってなんとか作り上げた。

 夜、旭川医大産婦人科の忘年会。グランドホテルだったが、医大の他の多くの科も忘年会が重なっていた。私たちの病院でご招待を受けていたのは、麻酔科でそこには副院長の一人に行ってもらった。掛け持ちというのは結局はできないのものだ。

 私にとっては、今年は医師会がないので、忘年会の数は少ないほうだ。



年賀

この春で定年退職と入れようかなとは思ったが、猟官運動と思われるのも本意ではないのでやめにした。

北大訪問

2011/12/16(金)

 出勤して決済のあと、札幌へ。教授とは午後4時のお約束だが、この季節なので大事をとって、12時の電車に乗った。確かに折り返し電車が遅く着いたなと思っていたら、岩見沢のあたりが猛吹雪だという。旭川は太陽が照っていたし、滝川あたりまでは何ともなかった。しかし、美唄から猛吹雪。外が真っ白で電車が止まってしまうのではと心配になった。

 江別まで行くと快晴。局地的は大雪と大吹雪だったようだ。札幌では、結局、早すぎたので紀伊国屋で時間をつぶした。釧路の院長も北大のある教室を訪問するとのとのことで、あの広い店内で何度も遭遇した。
 本は  マーラーのデイスコグラフイー  と  ゴルトベルグ変奏曲の優しい解説書 を購入した。 

 北大病院の外来ホールで事務部長と待ち合わせた。教授との面談では好意的なご返事をいただいた。病院の該当副院長にも携帯電話で連絡した。

 午後6時の電車の予約をしていたので、事務部長とは別れて、駅地下の回転寿司で夕食。昨日の禁酒の分を飲んでしまった。電車は30分の遅れで、旭川についた。

 家でパソコンを広げたら、うまく立ち上がらない。きっと今回のサーベイのレポートを仕上げようと、揺れる電車の中でパソコンを開いたのが間違いのもとだったようだ。
 いろいろやってもダメで、修復ディスクを作っていたのを想い出した。祈るような気持ちで使用して、ようやくたちあがった。しかし全部で5時間はかかった。バックアップをとっておかなくては、ならないと痛感した。

 


一日入院単価

2011/12/15(木)

 夜、どうも雨が降っていたようだ。このまま雪が溶けるのなら良いが、、、、

 久しぶりなので、午前7時に家を出た。病院についてから、手紙の整理等をした。幸いあまり重要な事項は無かった。四役会議もいよいよ暮れが押し詰まった感じになってきた。11月の報告が届いた。入院患者の一日単価が 7万2000円強となった。初めての高値を記録した。血液腫瘍科の入院増も若干の影響もあろうと思うが、それに比例して材料費の増加もあるはずだ。
 ただ、一日単価の増は単純に良いことだと思う。

 一日  7万2000円強というのは、いわゆる総合病院としては、全国で20番くらいに入るのではないだろうか。


 午後からヒアリング。何とか、BSC を診療各科まで落とし込みたいものだ。まだ3年くらいは時間がかかりそうだが、、、、

 明日はまた札幌へ。どうも電車の調子が最近は遅れ気味なので、昼前には出かけるつもりでいる.

本当に久しぶりで  休肝日




帰旭

2011/12/14(水)

 やはり疲れていたとみえて、朝までぐっすりと寝た。10時半ころにチエックアウトをして、千歳空港の
一灯庵 で 鴨せいろ を食べた。これは地元のそば屋のようだが、結構おいしかった。

 午後3時頃に札幌医大のいつものホールで事務部長と落ち合って、或る科の教授を訪問した。予測通りのご返事ではあったが、良好な関係がこれからも続けていただけそうだ。本当は病院側でもう一歩踏み込んだ態度をお示しすれば、情勢が一変するのだろうが、、、4時の電車は混んでいそうだったので、4時半の電車で旭川に帰って来た。

 そのまま病院へ出勤した。今日は医局会議が開かれ、来年度の医局幹事を決める日である。また、この日は  仏蘭西亭 のビーフシチューをケイタリングしてもらって、皆で食べることになっている。
 医局ではもう何十年も前からホテルで、ファミリークリスマスパーテイを行っている。従って、医局の忘年会は開かれない。そこで、この会がちょうど忘年会の代わりになっている。

 選挙の結果はまあ望ましいものだった。疲れているので早々に帰ってきた。



羽田→新千歳

2011/12/13(火)

 三日目も無事に終了した。本当に数える位しか、指摘に値する部分が無かった。私は本当はかなりの衝撃を受けた。経営的に安定はしていることはわかっていたが、質的にもすばらしいことには驚いた。私たちの病院ももっとがんばらなくてはと思った。

 良い経験だった。廊下ですれ違う、職員の挨拶までもが、素晴らしい。決して、付け焼き刃ではない印象を強く受けた。我々の次回,四回目の受審はあと3年後である。少し準備を始めてみようか。

 羽田空港でいつもの立ち食い寿司で夕食と思ったが、足が疲れていたので、赤坂離宮 で軽く中華を食べた。8時半の便で新千歳空港へ。今夜は空港の ホテルコムズ新千歳空港 で宿泊する。明日はゆっくりと札幌へ行って事務部長とともに、札幌医大の形成外科の教授にお会いする予定になっている。




二日目終了

2011/12/12(月)

 本来は猛烈につらい二日目が終了した。今回は準備も完璧でその内容もすばらしく、非常に楽だった。初めての経験だ。聞きしに勝るすばらしい病院だと思った。私たちの病院も少しでも近づきたいものだ。

 夜の打ち合わせも、ごくスムースに終わってしまった。午後8時前には夕食。これも初めてのことだ。機構から女性職員が見学に今回は参加していたが、いつもこうだと思われたら大変だ。

 病院の事務部長から連絡があり、北大への訪問が16日になりそうだという。忙しいが仕方がない。明日は千歳空港に宿泊して、明後日は札幌医大を訪問の予定になっている。





機能評価第一日

2011年12月11日(日)

 朝から雪。今年は雪が多いようだ。今日は   ADO を使った。実はうっかりして予約してあった  JAL の便をキャンセルしてしまっていた。酔っ払って、他の便と間違って消してしまっているのを気がつかなかった。シニア料金で予約したものだから、年齢確認で手間取った。頭と顔を見たら、わかるだろうに、、、、病院の社員証は私が私をしょうめいしているので、問題があるようだった。
 ただ、この飛行機は座席が狭くて、腰には非常に良くなかった。

 珍しく  羽田空港第二ビルの蕎麦や つきじ庵 で昼食。鴨せいろ を食べたが値段の高い割には感心しなかった。
今回のホテルは  川崎日航ホテル。名前ほどではないが、まあまあか。

 訪問先は超優良病院。初めての受審だが、すばらしく準備ができていた。最近では珍しいくらいストレスがなく仕事ができそうだ。こういう機会は、本当に嬉しい。何とか病院の役にもたって、私たちにも有用なサーベイにしたい。うんと個人的にはできるだけ学んで帰りたいと思う。

 夜は沖縄料理の店だった。さすが沖縄で、日本酒が無いのが残念だった。おかげで今晩は酒の量が少なくてすんだ。




吹奏楽演奏会

2011/12/10(土)

 朝起きたら少し二日酔い気味だった。午前中は妻が美容院に行くのを送り迎えのみ。冬で雪が積もって曲がり角では、見通しが悪い。新しく購入した車はなんと一月でまだ200キロも走ってはいない。

 午後から病院で、緑が丘中学校の吹奏楽部の演奏会があった。盛会だった。何とか毎年きていただけるとうれしいのだが、、、今回は外来のホールで行ったが、大きな柱が邪魔だった。講堂は今回は先約が有って使えなかったが、次回は検討してもよいのではないだろうか。
 
 今回の催しを紹介していただいた 旧知の院長が、ご夫妻でこられていた。私が参加していて良かった、本当は札幌での講演会に行きたかった。

 夜、旭川医大の小児科の忘年会。今年からご縁があって参加するようになった。珍しい方々にもお会いした。毎日飲む機会が続いている。明日からも機能評価で出張なので飲むことになる。どこかで肝臓をやすませなければ、、、





大忘年会

2011/12/09(金)

 朝、始業と同時に、ある科の医師に来てもらって来春からの、診療体制についての病院のある意味ではかなり厳しい意志を伝えた。もちろん私の退職後のことでもあるし、副院長、事務部長にも同席してもらった。だんだんいろいろと気遣いをしないとならなくなった。

 その後、組合と妥結した賞与についての確認書を取り交わした。本当は何とかもっと余裕のある回答をだしたいものだ。

 9時台の電車で札幌へ。昼食は駅のそばや。今回は鴨がなくて普通の 鶏せいろ を食べた。この方がやはりおいしいようだ。駅の小さな 蕎麦や ではあるが、ここの蕎麦はおいしい。
 京王プラザホテルで ある病院長とお会いした。いろいろなことを確認した。これも来年の話ではあるが、、、
 出かけて行って良かった。

 急いで、午後1時の電車で旭川に戻った。夕方、診療科のヒアリングが2件あった。

 午後6時半から、病院互助会の忘年会。ロワジールホテルで行われたが本当に  520人余 の参加者は壮観だった。院長としては嬉しい限りだ。タクシーが来なかったら困ると思って、早めについたら幹事の方々がもう一生懸命準備をしていて、その軽食にちょっとつきあって、ちょっとビールを飲み始めて、結局は、最初の挨拶の頃にはすっかりとできあがっていた。

 最後はどうやって自宅に帰ったかは覚えてはいない。





御来訪者

2011/12/08(木)

 朝、近隣の支庁長(今で言えば振興局長)が三人訪問された。ドクターヘリの現状の把握のためだった。何とか補助金の増額にでも繋がればそんな良いことはない。ただ、新聞によれば、ドクターヘリの広告の掲載に協力するということらしいが、、、、
 私ははじめのご挨拶をして、その後は通例の四役会議を行った。昨日の人事の件が大きな話題だった。私が望んでいた方向で動くことにした。明日札幌出張の予約も成立した。

 明日は朝ある科の医師に病院の考えを伝え、それから札幌へ。午後2時の電車で帰ることができたら、その後ヒアリングが2件あり。夜はいよいよ病院の忘年会だ。520人の参加だという。




広告







診療部ヒアリング

2011/12/07(水)

 年二回、春と冬に行われる診療部のヒアリングが始まった。医師たちと親しく話しをする良い機会だ。12月いっぱいは続く。何とか予定を遣り繰りして、休まずに出たいものだ。本日はまず  2科が対象だった。いずれも昨年よりは改善が見られ、私も嬉しかった。特に画像検査などが、外来にシフトしているのが見られて安心した。

 人事に関する重要な用件が二つ有った。ここは病院の将来を見据えた意思決定が大事になる。明日四役会議で正式に十分話し合おう。また少し大学等へ出向く必要がありそうだ。私の影響力が使えることには頑張って動かなければならない。






日赤会忘年会

2011/12/06(火)

 この積雪はもう溶けそうにもないようだ。後は早く春がくるように願うのみだ。

 病院は安静。入院患者数も昨年同期よりも少し多い状態で経過している。ただ何となく師走の落ち着かないムードが漂っている。

 夜、旭川グランドホテルで  日赤会忘年会 が開催された。OB と現役職員との交流の場である。懐かしい方々と出会って楽しかった。いよいよこれから忘年会が続く。

 諏訪の日赤病院に2月にお伺いすることが決まった。年度末の落ち着かない時期で申し訳ないと思う。しかしお声がかかるうちが華と思って努力するつもりではいる。少しでもお役に立てると良いが、、、、







孫の誕生日

2011/12/05(月)

 下の孫の誕生日。4歳になった。私は団交があったりして遅れて息子の家に行った。孫達は大騒ぎをしていた。羽田空港で購入してあった箱の手品で100円玉をだしたり消したりして見せてあげた。これは孫達にはおおいに受けた。タネを明かさずに,来年春の上の孫の誕生日にはもう一度喜ばせてやろうと思っている。

 団交では、賞与の提示をした。早く黒字が定着して、負債がなくなり、もう少し余裕を持って,賞与を払えるようになりたいものだ。

 孫の誕生祝いで、床に座ったりしたせいか、軽い腰痛有り。来年2月に医師会からみの九州への公務出張の帰途、週末にゴルフの予定に誘われていた。しかしこうなると、寒い時のゴルフはやはり不安が募って、残念ながらお断りをいれた。情けないが、、、

 今週末の病院の忘年会の参加予定者が500人を越えているという。私としてはなんとも嬉しいことだ。これが職員のやる気とか病院にたいする帰属意識の表れならこんな好ましいいことは無い。




札幌→旭川

2011/12/04(日)

 昨晩はあまり多くは飲まなかったので、コンサドーレの特集番組をみたり,うとうととして、朝まで熟睡はしなかった。荒れ模様の天気というので、朝早く旭川に帰ることにした。

 悪天候だというのに、電車は結構混んでいた。駅でたくさん新聞を買い込んでコンサドーレの記事を読んだ。来年また降格してしまう可能性の高さをまだあまり書かれてはいないが、大丈夫だろうか。せめて下位でも良いから定着して欲しい。

 旭川に着くと雪が昨晩は30センチくらいは積もったようだった。家にちょっと寄ってから病院へ行った。重要な手紙はきていなかった。ちょっとした スピーカーを購入したのでそれを設置した。ちゃんと値段分は音が違うからいやになってしまう。

 今日一日は特になにもしないで終わってしまった。明日は下の孫の  誕生日。今日は従って  休肝日にしよう。





コンサドーレ

2011/12/03(土)

 何となく二日酔い。昨晩は飲み過ぎた。連泊だったのを幸いに、ホテルから外出しないで過ごした。ツイン仕様だったので、タオル等も豊富に備えられていたので、清掃も頼まずに済ましてしまった。

 昼からコンサドーレのテレビをみる。本当は  入場券 をもらっていたが、あまりにも混むのもいやで支部の次長にかわりに応援に行くようお願いした。喜んでもらえたし良かった。

 なんと予想とは違って勝った。J1に昇格となった。今までの昇格の時よりも一層大変になりそうだ。補強はできるのだろうか。絶対的な フォワード が必要だろう。その金があるのだろうか。いつも3万人以上の入場者があれば可能だろうが、、、、

 夜、このグランドホテルで、医大の第四内科の忘年会があった。札幌での忘年会はこれだけである。かなり飲んでしまってから壇上での挨拶を頼まれたが、これはお断りした。醜態をみせるわけにはいかないだろう。久しぶりに函館の院長に会って,話をしたのが収穫だった。頑張っておられることを労った。

 今晩もこのホテル。経営不振だということだが、その兆候はみられなかった。ただ、石鹸等が非常に高級なものを使っているようで、そのあたりもあるいは経営が逼迫した遠因かあるのかもしれない。




支部で会議

2011/12/02(金)

 朝、病院にちょっと出てから9時半の電車で札幌へ。

 午後1時半から支部で,会議が開かれた。院長事務部長会議がまずあって、支部からの連絡事項がいろいろと伝えられた。二年後のスポーツ大会主催の件が了承された。

 その後、院長・事務部長・看護部長会議が開かれた。会議として初回なのだが、今回は人材育成という件で話あわれた。本社から U看護部長が来られて参加された。 今後急がずに続いて行くことを期待したい。

 午後4時からは院長会議があった。ここでは、ブロック代表を決める話し合いが行われた。要するに辞める私の後任の決定である。だんだん定年が身にしみて迫ってくる。

 夜懇談会もあり痛飲。夜は  グランドホテル  で 2泊の予定。明晩は  札幌医大のある関連科の忘年会に出席しなくてはならない。





ドクターヘリの広告

2011/12/01(木)

 当院が基地病院として運営しているドクターヘリに企業の広告がのった。少しでも運営費の不足を補助してもらうためである。賛否いろいろとありそうだ。今回は医師会と民間医療機関と二つの自動車メーカーが協賛してくれた。そのお披露目が午前9時から屋上のヘリポートで行われた。報道機関も来てくれて寒かったがまずは良かった。

 四役会議、面接、明日の準備と多忙だった。夜には医師会の懇談会が花月で開かれた。心配したが、座敷に椅子とテーブルを入れてくれていた。助かった。最近、座敷に座る形式はほとんど無くなっている。それだけ皆の習慣が西洋化したのだろう。私は参加者を代表して冒頭の挨拶をさせられた。

 明日から札幌。
プロフィール

satoshig

Author:satoshig
 2012年4月から 旭川赤十字病院の名誉院長 となりました。
 現在の仕事のメインは同院の 常勤嘱託医師(検体検査管理加算Ⅳに該当する検査部門担当) です。
● 医療機能評価機構サーベイヤー
● 卒後臨床研修評価機構サーベイヤー


としての仕事も楽しんでいます。

 旭川赤十字病院には、1970年5月 から勤務し、副院長10年、院長を9年間 勤めさせていただきました。
 1966年北海道大学医学部卒業  もともとは脳神経外科医

リンク
最新コメント

最新記事
月別アーカイブ

フリーエリア
QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム