FC2ブログ

久しぶりの勤務

2011/10/31(月)

 久しぶりの登院になる。午前7時には家を出た。まだ外套は要らないようだ。

 四役会議あり。12日のセミナーの具合を確認した。午後3時の便に間に合わすには、別府から空港までタクシーがひつようかもしれない。

 午後、ME の採用試験あり。ほぼ2時間ほどかかった。皆、良い方ばかりだった。臨床研修医のマッチングはフルマッチだった。何とか定員を上げてもらえないものだろうか。

 その後、業務連絡会議もあった。さすがに今日は電話も多く、多忙だった。



スポンサーサイト



暇な休日

2011/10/30(日)

 朝猛烈な霧。真っ白で何も見えない。朝早く、送金する都合で近くのセブンイレブンまで自分の車で行ったが、ヘッドライトが白い闇に吸い込まれてしまい、恐ろしかった、
 
 午前中、家内の生協での買い物に付き合った。久しぶりだ.すごい混雑だった。その後、例のレポート書きをしていたら、下の孫のみが来た。兄の方は友達が来ているという。もうすぐ4歳だが、一人だけだと、カルタをしたりあまりうるさくない。あのくらいなら大歓迎だ。ようやく、字が読めるようになってきている。結構、難しそうなパズルもできているようだ。
 家内と遊んでいるのをみながら、私はレポート書き。もう少しで仕上がるだろう。

 夜は、隣の義兄の家に皆が集まって夕食。孫が二人そろったらやはりすごい騒ぎようだった。もう今年の大晦日はどうしようといった話が出てくる。10月も過ぎるのが本当に早かった。そろそろ、自分の部屋の整理をしなくては、間に合わなくなりそうだ。





休日

2011/10/29(土)

 朝、起きて寒いが雨も降っていず、練習へ行こうかなともちょっと考えたがまだ膝が痛いので止めた。機能評価のレポート書きをし始めた。例によって進捗せず。昼、病院へ出かけた。あまり重要な知らせや手紙は見られなかった。

 そのまま、ロワジールホテルへ行った。糖尿病の患者会の  大雪会 の講演会が開かれていた。その開会のご挨拶のみ。この会自体は盛会だった。当院の職員も多数、手伝いに参加していた。ご苦労様。
 それこそ昔、職員だった方もこられていて、お会いした。昔話と噂話をたくさん聞いて面白かったが、私のこともどこかで言われていそうで、話の内容には気を遣った。

 ご挨拶のみで、レポートの事が気になって、帰宅させてもらった。レポートはまだ半分もできていない。何とか明日中には仕上げなくてはならない。
 来週は、再来週にしゃべることになっている2題目を整理しなくてはならない。
 初七日の法要の件も有るし、、、

 少し風邪気味か、、、半ズボンでは室内でも寒い感じがする。

 今夜は本当に久しぶりに   休肝日

義兄の葬儀

2011/10/28(金)

 天気は秋晴れだった。身内だけの葬儀ではあったが、心温まる良い葬儀だった。あれで宗教色がなければ私個人としてはもっと好ましいが、、、

 早めに推移して、午後4時頃に,妻と息子二人を乗せて,私の車で帰旭した。明るいうちに帰れて安心した。49日の法要は,出張中で欠席とならざるを得ない。差し支えが無ければ初七日の法要には行きたいと思っている。

 明日からは本当は職員互助会の、白金温泉一泊旅行の予定だった。私はこの葬儀とは別に,出張が混み合っているので、悪いとは思ったが、キャンセルしてあった。これは幸いだった。この週末で,今回のサーベイのレポートを書き上げなくてはならない。明日は昼に、糖尿病患者会の  大雪会 の講演会がロワジールホテルである。その冒頭の挨拶のみが頼まれた仕事として残っている。





義兄のお通夜

2011/10/27(木)

 午前中は出勤。幹部職員の出張が重なっていて、会議を開くことができなかった。決済をする書類がたくさんあった。入院患者の数はメールでは報告を受けてはいたが、実際も昨年よりは多く、安心した。

 午後早退。妻と息子とで私の車で岩見沢へ。妻の次兄のお通夜。孫たちも息子夫婦と夕方到着した。孫はいつものように、元気に走り回った後で、母親と旭川に帰った。
 私たちは今夜は岩見沢のホテルに泊まる。新しいホテルで良かった。
 息子二人がお通夜に残ってくれるというので、妻と早めにホテルへ引き上げることができた。








予定変更

2011/10/26(水)

 朝は3時半に起床。昨日の相談の結果をいろいろと確認した。午前6時半に家に宅急便を送った。医療機能評価の仕事の時には,替えズボン等をいつも宅急便で送っている。その手続きをして部屋に戻ったら、妻から電話。妻の次兄が亡くなったという。病気が病気だから年内一杯は危ないとは思ってはいたが、こんなに早いとは予測もできなかった。

 気落ちするであろう妻のこともあるし、まずは今日の仕事が終わったら旭川に帰ることにした。明日の院長連盟役員会は大事ではあるが、欠席とするしかないだろう。今晩新橋で会う予定だった弟に電話、ホテルのキャンセル、飛行機は何とか変更ができた。

 午後2時半の飛行機で帰旭。旭川に着くと、しとしとと雨が降っていた。霙に変わるほどの寒さではなかった。

 明日は午前中は病院。決済すべき書類がたくさん残っていることだろう。午後からはお通夜のために妻と岩見沢に車で行くつもりだ。明後日はたびたびで申し訳ないが休暇にしよう。








二日目終了

2011/10/25(火)

 私たちにとっても、受審病院にとっても、大変な二日目が終了した。ケアプロセスのやり方を少し変法としたのは、早く終了して、楽ではあった。しかし、やはり本来のやり方とは異なるように思う。今後どうするかは、考えてみよう。相手のあることでし,簡単には決められない事柄だ。

 ホテルへか帰ってからの,夜の打ち合わせは意外に早く終了した。尤もそれだけれ今後報告書を書くのが大変だろうが、、、食事はわざわざ  雷門 の近くまで歩いた。
 飲み過ぎが続いている。

 機構の仕事は明日昼で終了だが、明後日には本社で会議(院長連盟役員会)がある。一旦、旭川に帰ることも考えたが、どうせ病院には出勤する暇はできない。
 明晩、新橋で逗子に住んでいる弟と会う予定を組んだ。お互いに年齢を重ねてきたから、会える時には会うことにしている。





東京出張

2011/10/24(月)

 朝早めに病院へ顔を出した。事務部長と会ったり、今週末の互助会の行事が欠席となる連絡をした。一便で東京へ。A代議士と出くわしていろいろと話をした。ドクターヘリの導入等でいろいろとお世話いただいたものだ。この便は修学旅行の高校生が乗客の大半を占めていた。

 浜松町駅で  讃岐うどん の昼食。つくばエクスプレスで 浅草へ。  浅草ビューホテル がこの二日間の宿。このホテルは初めて利用する。

 病院へはここから30分はかかるようだ。途中で 新しい 東京スカイツリー が  大きく見えた。
 一日目は無事終了。少なくとも準備を一生懸命されていることは判った。
 夜の打ち合わせも今回はは簡単に終了した。明日もこうなら嬉しいが、、、

 夕食に外にでたが、浅草のまっただ中。私は浅草は来たことが無い。雷門も近いようだ。





孫来週

2011/10/23(日)

 朝から雨。ただ気温は高くて,霙という雰囲気ではなかった。機能評価の準備は本当は不十分なのだが、荷物は全部ホテルに送ってしまったので、なにもできず。

 午後から,二人の孫を預かった。彼らは年齢が6歳も離れてはいるのだが、とにかく仲が良いのだろう。二人そろって騒ぎ回っていた。本来は勿体ない話ではあるが、やはり疲れた。私と弟も同じ年の差だが、ああは絡み合わなかった。仲が良いのには越したことはないが、疲れるのは、こちらが、年を重ねてしまったせいだろうか。一人と遊ぶともう一人が必ずちょっかいを出す。といって両方を一度に満足させる遊びは無い。

 二人だけでは,私たちのベッドの上で、本当に騒ぎ回っていた。

 良くて嬉しいことだと思わなくてはならないのだろうが、、、

 夜は息子夫婦も来て一緒に夕食を食べて帰った。悪いが少しほっとするが、すぐ今度はいつ来るのだろうと期待する気持ちが強くなる。

 明日からまた出張だ。朝、ちょっと病院に顔を出してから出発のつもりだ。あまりに病院を空けすぎだ。病院に出勤するのは,金曜日になってしまう。




休日

2011/10/22(土)

 休日。午前中に病院へ出かけた。郵便物をチエック。あまり重要とか急を要するものは無かった。ただ、やはり月曜日の朝、病院に寄ることが必要なようだ。あまりにも出張が長期になるし、事務部長とちょっとで顔を合わすことも大事だ。

 嬉しいことに入院患者数が,昨年度よりもかなり多いようだ。どういうわけか脳外科は入院患者が少ないのだが、それでも総数では多いので良い傾向だ。このまま続いてくれれば良いが、、、、

 雪虫が飛んでいる。もう本格的な雪がふるのだろうか。特に今年はいやだ。

雪虫




 午後、孫たちが来るかと思ったが来ず。夜になって連絡があり明日襲来するようだ。

 案の定、コンサドーレが負けが続き始めた。いやな予感がみごとに当たってしまった。






 

本社経由で帰旭

2011/10/21(金)

 快晴。朝食は食べる暇もなく7時20分のバスで小松空港へ。この空港での蕎麦はおいしかった。空港で以前の連盟会長ご夫妻とお会いした。いつも仲良く旅行されていて、羨ましい限りだ。
 浜松町からタクシーで本社へ。近いのだが、約束の時間が迫っていたので仕方が無い。考えたらこの距離を使うのは初めてだ。本社で秋田の宮下院長と一緒に、副社長にお会いして,昨夕の臨時役員会の意向をお伝えした。良い感触だった。少なくとも、学会を途中退席して伺った目的は達したと思う。

 飛行機を午後2時台のに変更。羽田空港内の最近できた,立ち食い寿司で,昼食。ここの寿司は小粒であるが、目の前でに握ってすぐ食べるのはやはりおいしいものだ。品川駅にもできたので、今度はそれも食べてみよう。

 予定を変更したので、何とか明るいうちに帰宅できた。この終末は休み。しかし、月曜日からまた東京へ3泊の出張がある。あすあたりは病院に郵便物をとりに行こうと思っている。

 

 

赤十字医学大会

2011/10/20(木)

 この二日間福井市で開催される。今回は特に職員の思いが多いのか参加者がたくさんいるようだ。それをどう掬い上げるかもだいじな問題だ。

 朝、受け付けで、あっさりと満員ですから懇親会は無理ですと言われた。
 私は役員なので、無理ですは無いでしょうと言ったら可能になった.しかし私たちの病院の副院長も事務部長も断られたようだ。このあたりが赤十字のだめなところだ。
 ただこの件は,役員会で話題にして、当院の二人は出席可能となった。

 学会は盛会だった。間違いなく赤十字職員の気持ちが高揚していることが感じられた。医療人の集い も盛会だった。良いことだと思う。
 昨年退職した  OB の院長たちが何人か参加していた。役員をしていた方はほとんどおられたようだ。私もすくなくとも来年くらいは参加してみよう。高松で行われるが,そう思うと少し気楽になった。

私は役員会、評議委員会、総会、院長連盟臨時役員会、懇親会と結構な一日だった。

 院長連盟の臨時役員会では日赤年金の話。いきがかりじょう、私は急遽予定を変更して、明日早朝に東京に行くことになった。連盟の会長と一緒に副社長に院長連盟の意向をお伝えするためだ。これも最後のお役目で仕方が無い。








福井市

2011/10/19(水)

 右膝の痛みはとれてはいない。ただ腫れてもいないようだ。少し引きずるのみで何とか歩行は大丈夫。

 朝の一便で東京へ。そこから小松空港へ行った。旭川空港では当院の職員数人と出会った。また,福岡市で消化器の学会があるということで、知己のある医師数人ともお話をした。

 今回は福井市で開催される、日赤医学会への参加。私は役員で、役員会、評議委員会と参加しなくてはならない。私たちの病院からも、20題ちかい発表が予想されている。

好天気で福井駅からホテルまでも近いので、ゆっくりと歩いた。ホテルは ホテルフジタ福井。懇親会もここで開かれるので、一番良いホテルかもしれないが、最低だ。今時のビジネスホテル以下である。
 予算をけちったわけではないが、部屋の中も薄汚くて、いつもは裸足のままでいるのだが、今回は消毒済みと書かれていたので、スリッパを使った。

 ただし、レストラン は立派なようで、部屋のお粗末さとのアンバランスは際だっている。。

 予想通りに  コンサドーレ が負け始めた。シーズン終末には5位から10位というところに落ち着くのだろう。これも寂しいが、、、

 



日赤年金

2011/10/18(火)

 今朝は、右下肢というよりも,右膝関節が痛いようだ。数年前に一度痛みがあったことを思い出した。安静にしていれば,何とか今回も直るだろう。その安静が出張続きで難しいのだが、、出勤するのに外套が必要な感じがする。

 旭川駅で朝8時に南相馬市へ出発する救護班を見送った。ただ予定変更で一日短縮され、明日の夕方までなにも仕事が無いという。航空機の切符の都合等で予定通り出発した。しかし、本当はもう必要性が無くなっているのだはないだろうか。今後の継続についても未定のままのようだ。

 私のスマートフォンはうまく機能してはいる。予定の管理には最適だ。

 夕方、日赤年金機構の本部から、お二人が見えられて、今回の改正の説明。ことが年金だから、表面きっての反対をしにくいが、もう少しフェアーにできたのではないだろうか。ブロック代表としての私への説明ではあったが、私が他の院長に説明することでもなく、とりあえず メールをして、院長連盟のホームページに注目するよう伝えはした。









雪の予報

2011/10/17(月)

 朝起きると少し右足がしびれた感じがある。久しぶりだ。練習には行かず。来週の機能評価の材料を今週の出張もあるために、もう宅急便で送る準備が必要になった。病院から書類一切を夜、家に持参した。午後5時ではもう暗くなるようになった。早いものだ。

 朝の四役会議で、日赤の年金の問題について話し合われた。落としどころをどこにするのかが、難しいが病院の経営にとっては,大きな問題だ。もう少し早くからこの事態は予測できなかったのだろうか。このままでは赤字経営病院がたくさん増えることになりそうだ。
 そのあたりの深刻な状態はきっと本社  (厳密には本社ではないが、、、)判っていないのではないだろうか。

 これからの、冬は長い。旭川は天災が少ないのは良いが、もう少し秋の季候が続いてくれれば嬉しいのだが、、、
  予報によると夜中には平地でも雪とのこと。




岡山→東京→旭川

2011/10/16(日)

 朝、起きたら腰が少し痛い。風呂に入って、ボルタレンの湿布を貼った。鈍痛だが、気持ちが悪かった。ただ、朝食は何とか食べに行けた。朝食の内容は、確かに昨日とは少し違っているようだった。

 朝食後また風呂に入って暖めるも悪くはならないが改善せず。今日の行事を諦めることにした。どうせ今日は親善試合だけである。懇親会で釧路のバレーの応援を約束していたが、仕方があるまい。まだ,来週、再来週と出張が控えている。特に再来週は久しぶりの機能評価の仕事だ。

 ありがたいことに、午後0時がチエックアウトということで、ぎりぎりまでホテルにいた。タクシーでせっかくなので岡山赤十字病院の前を回ってもらいちょっと外観を見学。そのまま岡山空港へ行った。

 羽田経由で帰宅。東京は30度を超えた気温とのこと。ただ、空港から外へはでなかったので、あまり実感はなかった。富士山が空港からとても綺麗に見えた。最近では珍しい。
 幸いあまり腰の悪化は無かった。多分、昨夜の二次会の柔らかいソファーが良くなかったのかもしれない。







   カメラを持参していず。窓ガラス越しでケータイで撮った


赤十字病院スポーツ大会

2011/10/15(土)

 昨夜は飲み過ぎて,朝起きたら少し二日酔い気味だった。朝食は和食。これはおいしかった。明日の予約までされてしまった。

 タクシーで大会会場へ。私たちの病院は 野球もバレーも一回戦では見事に勝利。二回戦は浄く敗退だった。まあ仕方が無い結果だろう。バレーは確実に力をつけてきたようだ。野球は選手層を厚くしなくてはなるまい。

 応援しながらも私は、何か寂しくてたまらなかった。定年のこともある.大きな理由はもう一つあった。
 実は今年はバスケットも種目に加わっていた。私の運動能力は,短距離走、走り幅跳び、スキー、ゴルフでは人並みには有る、いや有った。
 しかし、私の一番の得意種目はバスケットだったと今でも思っている。中学と大学はほとんどバスケに明け暮れたものだ。右45度からののジャンプシュートは私の最も得意技だった。今更、できるわけはないのだが、競技をしている選手をみていたら、無性に悲しくなった。

 懇親会も盛況だった。ホテルが同じだったので、ゆっくりと楽しむことができた。メインテーブルは一つで良しと私は思う。今回は自粛した大演芸大会は私はこれからも不要だと思う。といって今回の施設紹介は長すぎだ。何も無くとも私は構わないと思う。
 競技種目の件で卓球が話題に登った。よく考えてみると多分あの優勝旗は後に院長連盟で作ったものではないだろうか。必須種目はあくまでも,規約に記載されている、社長杯として作成したものだけで良いはずだ。確かめてみよう。





岡山市

2011/10/14(金)

 今朝もすごい霧だった。練習には行ったが誰もおらず寂しい限りだ。腰痛が心配で、ドライバーは打たず。打つことよりも、ティーアップ の動作が腰には悪い予感がする。

 朝,8時に岡山のスポーツ大会に参加する選手がバスで出発した。今年は天気はどうなのだろうか。昨年は成田で行われ大嵐で,野球はじゃんけんで優勝した。私は胴上げまでされたものだ。

 午後1時の便で東京へ。岡山は雨と霧で引き返すことを承知での飛行となった。飛行機で副院長と会い、その流れで選手たちの夕食会にも参加した。やはり飲み過ぎてしまった。

 夜は雨は収まっているが、明日は降雨との予報。そうなるか。今夜の宿泊は駅直結のグランビア岡山.





スマートフォン

2011/10/13(木)

 今朝はものすごい霧だった。車のライトを全開にしても、まだ不安なほどだった。ただ、昨日のようには寒くはなかった。朝の練習場は常連が三人ばかり。もう少しでここも終了だろう。

 四役会議の内容は、あまり緊迫した事項はなかった。少し入院患者が増えかかってきている。嬉しいことだ。

 夕方、ドコモのショップへ行って、スマートフォンを購入した。いろいろと問題あり。ようやく、電話とメールのやりとりは可能になった。お財布携帯で  JAL はまだ対応していないのだろうか。明日からはあのカードを提示してあるく必要がありそうだ。うまくはいかないものだ。

 夜、隣家で孫たちと一緒に夕食。久しぶりだ。  感心に今夜は  休肝日 を守っている

結氷

2011/10/12(水)

 朝、久しぶりに練習へ行った。車で表示される外気温は台場についたら、零度になっていた。途中、何となく水たまりが凍っている感じがあった。いやだ。もう秋も深まったことになる。雪の美術館 あたりの紅葉は見事なものだった。練習も、何か体にわるいことをしている感じだった。

 病院では 避難訓練があった。消防から来られた方に べた誉め をされてはいた。私は火事の予防策としての禁煙の徹底を職員にお願いした。もし患者さんでも,見つけたら、病状に関係なく強制退院をしていただこう。後は客が数人、訪問されたのみ・

 道医から連絡があり、70歳を超え、20年間以上の医師会活動をした会員の表彰規定に該当したという。札幌まで行かなくてはならないだろう。道医の会長には二年前の落成式にお忙しいなかを、来ていただいた恩義がある。どうせその他大勢だろうから、格好が悪いが、、、、

 明日こそは 休肝日 としよう。

サッカー

2011/10/11(火)

 朝、何か寒くて練習には行けなかった。霜が降りていたようだ。

 病院は嬉しいことに少し入院が回復しているようだ。昨年との比較で言うとこれからの下半期が本当は勝負だ。昨年は下半期が驚異的な伸びだった。

 会議はあまり重要なことは無し。機能評価の今月の資料が届いて検討した。少しでも準備を進めておかないと,訪問する病院に失礼なことになってしまう。今週は週末は岡山の赤十字病院スポーツ大会だが気分的には何か楽なようだ。

 夜、酒を飲みながらサッカーをみる。格下相手とはいえ、なんと 8-0の勝利だった。みていて気分が良かった。次がアウエイとはいえまた同じ相手というのは恵まれている。往々にして、大勝のあとは,攻撃が単調になって点数がとれないことが多いからだ。





帯広→中札内→旭川

2011/10/10(祭日)

 さすがに今日は天気は下り坂だ。9時半には出発。帯広だから  六花亭 に行くというので,ホテルでも聞いて、なるべく郊外の店を探すも、見つからずに苦労した。帯広は 条、丁目が何か規則だってつけられていないようだ。私の車のナビもどうも良くない。

 その後、妻の希望で中札内の道の駅へ。これもテレビで紹介していたそうな。野菜類を購入した。なにも十勝まで行って,ゴボウを買わなくとも良いとは思ったが、勿論黙っていた。ただ、中札内からの帰途に帯広のまちを通らなくとも良いのは助かった。無駄なお金をかけた高規格道路とは思うが、重宝した。狩勝峠の頂上あたりから雨が降り出した。紅葉は,東大演習林のあたりがきれいだった。

 一時はかなりの強い雨だったが、幸い旭川に着いた頃には上がった。夜、孫たちから電話があった。明晩あたりは来るのだろうか。

 旅行中、朝早く起きて頑張ったおかげで、来月の院長連盟総会に向けて、大分日赤に抄録と画像のデーターをを送ることができた。











清里→帯広

2011/10/09(日)

 朝はゆっくりとして、10時にホテルをでた。今日もすごい好天気なので、摩周湖を回ってみた。私は  霧の摩周湖 に出会ったことは一度も無く、今日も快晴だった。いつもよりは湖のいろが一段と濃い感じがした。ただ、駐車場も売店もあまり混んではいなかった。

 足寄の道の駅を経由して帯広へ。数日前にテレビで幕別の 十勝ヒルズ の紹介があり、そこへ妻が行きたいというのでまず訪れた。蕎麦がおいしいというので楽しみにいったが、なんと材料が出払ったということで、食べられなかった。私はかなり気分を害した。

 今夜の宿泊は、観月苑 。新しく改築したという部屋に泊まった。和洋室でこれも露天風呂付きの部屋だった。しかし高価な割には私は感心しなかった。確かに夕食の食材は  雲丹、ふぐ、アワビ、タラバガニ等々ならんではいたが、あまり美味とも思えなかった。部屋にテントウムシがたくさんいたのも感心しなかった。確かに昨日のホテルとは何かが違う感じがした。














ホテル清さと

11/10/08

    妻と旅行。ネット等で、異常な人気の ホテル清さと に今夜は宿泊した。

 朝、10時に妻と車で出発した。好天気。遠軽、端野を経て、小清水に。小清水赤十字病院の玄関を妻にみせて、それから清里に向かった。私のナビはどうもおかしくて、電話番号を入力してもではほとんど施設と一致しない。結構清里の町をぐるぐると回って,自転車に乗って居る高校生に聞いて、それでも駄目だった,最後はスタンドでガソリンを入れてそこでようやく解決した。

 確かにこのホテルの人気の秘密は判るような気持ちがした。夕食も洋食ではあったが、おいしかった。量も決して多くは無いが何か良い食材を使っていることが窺えた。私は部屋付きの露天風呂が楽しめた。寒くも無かったし何回入ったか判らない。朝食も好ましいものだった。
  私は朝3時起きをして,露天風呂に入ったり、来月お総会の準備をしたりした。

 又利用したいと思った。次回行ったらきっと今回のことを覚えて居てくれるようなそんな錯覚さえ覚えた。













聴講

2011/10/07(金)

 朝、3時に起床。寒い。部屋のエアコンを調節しようとするも風だけが動いてかえって寒くなる。風呂へ入ったらら少し楽になった。この時期のエアコンは難しい。

 朝食も食べてみたが、まあまあか、、、サラダとヨーグルトは十分にあって良かった。レストランの雰囲気は申し分は無かった。

 午前中は来年度の診療報酬の話を赤坂まで聞きに行った。ただ、話は面白くはなかった。午後から昨日残した仕事をした。その後空港へ行き、ラウンジで総会のスライドの用意をした。これは幸い捗った。

 最終便は満員。オーバーブッキングがあったようで、明日に変更してくれる人を必死に探していた。




東京

2011/10/06(木)

 朝、練習へ。寒い。しかしここで頑張らなければ私のゴルフは終わってしまう。何とかもう一度平均が70台に戻したい。その力はあるはずだ。

 四役会議を終了後、午後1時の便で東京へ。東京は晴れてはいたが、気温は20度で暑くは無かった。やはり秋の気配が濃厚だ。これではクールビズは全く必要無し。
 いろいろと仕事を片付けて今夜の宿泊は、  京急EX品川駅前。 今回はデラックスツインということで、なんとも立派で、いつもの3倍くらいの広さだ。あちこちにいろいろと広げてしまって、明朝、忘れ物に気をつけなくてはなるまい。
 景色も品川駅の方面と高輪側が両方を楽しめる。




総会での発表準備

2011/10/05(水)

 今日は朝から決まった行事は無かった。出張の挨拶が続いたりしたが、それが一段落したところで、院長連盟総会の準備を始めた。どう探しても、以前に届いたはずの,たぶんFAX は見つからなかった。丁度病院会での講演の準備に追われていて、こころに余裕のない時に届いたのだろうか。どちらにしてもうっかりしていた。

 救急業務課に行って資料を頼んだ。担当副院長に最近どこかでしゃべった内容を貸してくれるよう頼んだ。私のパソコンに残っている以前のドクターヘリに関するスライド原稿を確認した。まあこれで,すべて集まれば後は,編集するだけになった。この週末にとは思うが、妻と道内ドライブを予定している。ホテルで仕事をすると怒られそうだし、来週早々に大慌ててで準備することになりそうだ。
いずれにしても,大分にはメールで謝っておこう。

 スマートフォーンを購入しようかと思っている。将来、iPAD の  3G は確かにもったいない。いつもは WiーFi で快適だし、3Gは ほとんど利用しない。旅先にはどうしてもパソコンを持参するし、最近はインターネット環境が整っていることが多い。
 携帯電話のNTT とソフトバンク の契約をまとめるとすると スマートフォーン になる。おさいふ携帯の機能も整備されてきているようだ。
 少し、勉強してみよう。

低温

2011/10/04(火)

 旭川の周りの山が白くなっている。今年は冬が早いのだろうか。暖かい冬という予報もあったのだが、、、
少しでも暖かく,冬の訪れも遅いことを願う。加齢とともに暑さ、寒さには弱くなってきているようだ。

 昨日失礼したので臨時の四役会議。8月の決算の報告もあった。赤字ではないが、当然、目標値には達してはいない。それでも少なくともこの下向きでは無い傾向で続いてくれれば良いが、、

 昼前に入社試験の結果の検討を行った。来年度の看護職員の採用の考え方についても議論があった。午後から院内巡視。これは最近定期的に行われるようになったが、良いことだ。管理者は少しでも院内を知り,職員と話しをすることが、絶対に必要だ。

 来ないなと思っていた院長連盟総会の発表の原稿の締め切りが過ぎていたようだ。私は知らせが来ないのを不思議に思いつついろいろなことに紛れて確かめもしていなかった。
 14日まで延長ということなので、明日から大急ぎで準備をしよう。いざとなれば、副院長の原稿を借りれば済むことだ。




叔母の葬儀

2011/10/03(月)

 朝、珍しく6時まで寝ていた。このメルキュールホテルは新しいタイプのホテルの感じだった。エントランスホールが広いとかテナントがはいっているとかではないが、機能的で素晴らしい。クロスホテルなども同じ感じである。これは今後とも、十分利用価値はありそうだった。
  朝食も好ましいものだった。さすがに外人が多かった。8時半に昨日の斎場へ行った。9時に写真の撮影があった。総勢 7人というある意味では寂しい、ある意味では意義深い人数だった。

 告別式も無宗教ということで、献花と思い出のビデオということで30分くらいで終わってしまった。私の母親の姿が何度か出てきて懐かしく思った。
 火葬場にも勿論行ったが、午後4時の電車には乗ることができた。

 いわゆる、法事のたぐいは11月とのこと。疲れたが妻と二人で出向いて良かった。




叔母の訃報

2011/10/02(日)

 夜中に一度電話がなった。それは二回で鳴り止んだので、いつもの間違い電話だったかもしれない。
朝、3時半に私はもう起きていたが、そこに従弟から電話が入った。叔母が亡くなったという。母の妹で,私と比較的年齢が近く、兄弟のような感覚だった。今回はお見舞いに行こうと思っていたところだった。

 私の予定が大変だ。午前中は孫の学芸会に家内を送る。私は昼には、例の  シンポジウムが控えている。昼食をとりながら打ち合わせという話だから行かずばなるまい。午後4時半には終わるだろうから夜にかけて札幌へ行こうか。幸い、週明けにはあまり重要な要件はないようだ。まあ、何回か往復することにもなろうが、

 今夜にお通夜、明日葬儀と決まったようだ。きっと従弟のしごとのつごうだろう。

 私は、昼にかけて,ターミナルホテルへ。いかにも秋の変わりやすい天気だった。シンポジウムは可も無く不可もなく終了した。動員されたのか、聴衆のみは多かった。

 妻と、午後6時の電車で札幌へ。叔母のお通夜があった。身内だけの無宗教ということで、開場に着いたときはもう行事は終了していた。夜の11時半までお通夜をした。悪いが,妻と  メルキュールホテル に12時前に宿泊とした。





プロフィール

satoshig

Author:satoshig
 2012年4月から旭川赤十字病院の名誉院長 しております。
 現在の仕事のメインは同院の 常勤嘱託医師(検体検査管理加算Ⅳに該当する検査部門担当) です。
● 医療機能評価機構サーベイヤー
● 卒後臨床研修評価機構サーベイヤー


としての仕事も楽しんでいます。

 旭川赤十字病院には、1970年5月 から勤務し、副院長10年、院長を9年間 勤めさせていただきました。
 1966年北海道大学医学部卒業  もともとは脳神経外科医

リンク
最新コメント

最新記事
月別アーカイブ

フリーエリア
QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム