FC2ブログ

大地の歌

2011/02/28(月)    40

 朝は結構な冷え込みではあった。しかし、日中は明るく道路の雪が解けている。退職、転職の職員が挨拶に来られたり、最後に絶対一言言いたいことがあったと言って部屋に来ることが多くなった。私は多いに歓迎だ。

 医師会の用事であちこちに電話。携帯を家に忘れたので電話機になれていなくて苦労した。

 このブログのテンプレートをちょっと変更した。気分を変えてみた。

 最近は休み時間には専ら 大地の歌  を聞いている。  ワルター、バーンスタイン、ベルティーニ、カラヤン等々みな指揮者によって微妙に変わるから面白いものだ。やはり私はワルターのモノラールが好きなようだ。ついにスコアを注文して手にとってみた。しかし,スコアをみただけでは私の能力では音が出ては来ない。




スポンサーサイト



東京日帰り

2011/02/27(日)

 医師会関係で最後の出張。朝一番の飛行機で東京へ。モノレールの線路沿いで梅が咲いている。もう少したったら桜が咲きそうだ。

 日本医師会館で予防接種の講演会があった。医師会副会長の仕事として、参加した。これで医師会の出張も最後のはずだ。予防接種の話しは無縁とはいえ面白かった。日本の外国からみると遅れている現状をしった。孫達はちゃんと受けているか心配になった。
 日帰りは確かに疲れてしまう。やはり所々で年齢を意識するようになった。





紅梅


旭川医療センター祝賀会

2011/02/26(土)

 日中はのんびりと過ごした。久しぶりに妻の生協への買い物に運転手で付き合った。吹く風は冷たいが、陽差しが暖かく駐車場の雪も解けて,道路も走りやすかった。

 夕方、旭川グランドホテルで、昔の道北病院今の旭川医療センターの新築祝賀会が開催された。いろいろと情報をえることができて有用だった。ただ、話しの長い人が多くあれは注意しなければならないと思った。私は話しが下手ですぐ種切れになるから心配は要らない。みんなもそう思って結果的に長くなっているのかもしれないが、、、

 旭川医療センターは創立110周年なそうな。私達の病院も、2015年には札幌にできてから100年に当たるはずだ。そろそろ何かの準備をゆっくりと始めてもよい時期かもしれない。

 午後に息子が録画してくれていた、当院の職員の出演したテレビ番組を集中的にみた。いろいろと考えることがあった。病院の管理という面では私への批難が出るであろう事は当然とも思える。運営という面からいうとうまく利用しているという側面もあるが、、きっとだんだん難しいことになりそうだ。

 ついでに、もっと著名な  F,Dr.  のことも少し調べた。何とも旺盛な自己顕示の努力にはある意味では頭が下がる思いがした。




人事異動

2011/02/25(金)   30

 午前中にある院長の訪問を受けた。いろいろと現状のお話をする。ここひと月あまり問題となっていた人事異動の件は、やはりうまくいかなかったことになるようだ。こちらとしては、自分の組織を守る事も必要なので、あれ以上は譲ることはできない。
  ”大事にお預かりする”  という言葉自体は名案だといまでも思ってはいる。 お互いにつらいところだ。相手側の気持ちになると本当に大変なことだろう。

 院内の今後の人事の件も担当者と話し合いをした。最近は今まで口を出さなかった部分にも少し自分の意見を反映してもらうように心がけている。人事というのは、経営の基本でもあるし難しいものだ。

 昼、医師会の連絡会議。医師会副会長としての私の任期も、あとひと月となった。学校医を辞退される方が多くその後任をお願いするのが、私の最後の仕事のようだ。これもなかなか難渋しそうだ。

 夕方、恒例の連絡会議あり。内示がでた人事異動の発表をした。うまく機能してくれることを願うのみだ。特に看護部長の副院長への登用に関しては,本人の努力は勿論だが、私の応援も必須であると自覚している。

 今日は  休肝日。 素面の時が一番だと  確定申告 の準備をした。ここ数年はパソコン上で行いこれは計算が全く必要ないので楽だ。ただ、ソフトが最新のエクスプローラーのバージョンには対応していないようで、保存したファイルの呼び出しがうまくいかないようだ。明日病院においてある古いノートパソコンを持ってこよう。この休み中に仕上げたいものだ。





東京→旭川

2011/02/24(木)

 朝、5時に目覚まし時計を設定していたが、4時には目が覚めた。それから寝てしまったら困るのでそのまま起きていた。午前6時、浜松町発のモノレールで空港へ。空港は相変わらず混み合っていた。飛行機は少し揺れたが予定より早く旭川空港へ到着した。素晴らしい天気だった。

 そのまま病院へ向かった。午前10時から四役会議。副院長二人は出張で欠席。昨日の本社での会議の内容の一部を報告した。退職積立金の話しなども、職員全員が理解しているべき問題だ。検体管理加算の件も相談が必要だ。
 ある科の医師確保手当も件も幹部会議で確認して話合う必要がある。

 午後の面談の予約がキャンセルになっていた。気持ちは何となく理解できるが、、、、その件にからんで職員の何人かと私との間で個別に話し合いが行われた。











東京

2011・02・23(水)

 朝起きたら、肩の凝りはとれていた。一便で東京へ。東京は好天気。梅が咲いている。
本社で  院長連盟役員会。いろいろな事柄が話合われた。今頃分かっても遅いということもあった。明日の四役会議で報告しよう。

 終了後大急ぎで、いつものホテルに手続きをとって、そのまま、すぐ新宿へ。午後7時から  新国立劇場  でオペラ。なんとこの一年間で、3回目の  椿姫 。
  一つ目の 文化会館での デッセイ のは面白かったが、二つ目は横浜で 50000円強も払って、代役の代役という災難にぶつかっている。

 今回はパトリッツイア・チョーフイ というソプラノ。最近 主役を張った  DVD   がかなり売り出されている。映像でアップになると首をまげて苦しそうに歌うのであまり好きではなかったが、実際は素晴らしく声が良くて、私は満足した。ごく前方の真ん中の席だったっが、そこからみても美しかった。
 あとは日本人の初めてみたメゾソプラノにも感心した。背が大きく舞台映えがした。韓国人のテナーは感心しなかった。

 私の耳と目はまだオペラ鑑賞には耐えられそうだ。そのうち老人性難聴で、オペラどころでなくなるだろうが、、、 この劇場の  入場料くらいだとまだ納得がいく。

 ホテルに戻ったら、11時半になっていた。明日は5時起きだ。




体調不良

2011/02/22(火)    40

 昼前に、   赤十字北海道看護大学  の学長が事務局長と一緒にみえられた。退官なさるにあたってのご挨拶だった。お話のし易い、我々にとっては非常にありがたい方だ。看護部長、事務部長を交えて昼食をご一緒しながらお話しをした。
 北見で3月18日に送別会も開かれるとのことで、これは、是非出席しよう。

 卒業式、入学式、と併せて、この春に3回北見へ行くことになる。いろいろと考えて、卒業式のときだけは事務部長にお願いした。なにしろ予定が過密だ。卒業式の時も、式の時間は本社出張と重なっていて、前日夜の交換会にしか出席できず、女満別空港から東京へ出かける予定だった。
  これを頼んだら少し気持ちも身体も楽になった。

 午後から何となく体調が不良。久しぶりに両肩が張って頭が痛い。血圧が高いわけではなく、単なる寝不足と疲れだと思うが、、、、

 少し早めに帰宅した。医師会の理事会は休ませてもらった。明日の東京出張のこともあるので、、、この出張も来月は欠席なので今月は必ず出席しなくてはならない状況だ。




日赤会 麻雀大会

2011/02/21(月)


 日中は取り立てて大きな出来事は無し。好天で暖かく雪が溶け始めた。確実に春は近づいている。
 朝の医局の連絡会議で、副院長の内示の件は報告した。反応は特に判らず。そのうちに私の耳にも何かしら、届くようになるだろう。

 夜、ロワジールホテルで日赤会の麻雀大会が開かれた。日赤会というのは日赤病院職員のOBと現役の親睦団体。まあまあの集まり具合か、、、珍しい方にお会いする事ができた。いつも思う事だがこの時くらいは、麻雀の仲間に入れたらと思うが、私はぜんぜんできない。パソコンにソフトをいれていて、暇なときに覚えようと思うがそれでも駄目。私には何かが資質が欠けているようだ。

ただ、弁当と酒をお付き合いして、幹事役をしていた、事務の職員を労って帰って来た。




義姉の法要

2011/02/20(日)

 朝から正月に亡くなった義理の姉の49日の法要があった。隣の義兄の家で行ったが、結構一日かかってしまった。しかし、久しぶりに孫達と遊ぶことができた。

 体重計にのってみて、がっかりした。ここ2,3年で一番体重が増加している。明日からかなり厳しいダイエットを開始しよう。便通を良くしようとしてヨーグルト類をかなり食べているのも悪いようだ。ヨーグルトは止めよう。酒はやめれない.これは少し減らすことを考えよう。

 忙しいような暇なような一日が終わった。今週はまた都合二回の東京出張がある。少しペースダウンが必要だ。





日本医師会講習会

2011/02/19(土)

 昨晩は遅く成ってからから,ホテルにチエックインをした。ローソンで購入した日本酒を飲んで寝たので起きたら午前6時になっていた。このホテルのうりにの大浴場に行こうかなとは思ったが、面倒で止めた。本当は裸で寝ていたので、わざわざ着替えて風呂に行くのが億劫だった。

 朝食は,浜松町の駅の蕎麦。日本医師会館で学校保険医の講習会があった。性教育の話しとかがあったが、私には驚くことばかりで、孫達が男で良かった。真剣にそう思った。

 午後からこの講習会を、スキップして 新橋で行われた医業経営のセミナーに参加。私が常日頃、尊敬する武蔵野日赤の院長の講演を聴いた。その講演の前にあった  井上貴裕  と言う方の講演にも感心した。特に 機能評価係数 Ⅱ に関するお話は非常に参考になった。
   私達の病院の  機能評価係数Ⅱ  は現行では,全国で45番目だったと記憶している。今回少し数字は下がったが全国同じ傾向らしい。何番目くらいだろうか。収入という面ではそんなに違わないのだが、何しろプライドがかかっている。
  彼はデーターを駆使してクリアカットに伝えたいことを説明している。まだお若いようだが、今後注目したいと思った。

 最終便で帰ってきたが、Jシート がとれていなかったので、腰が痛くて参った。




ドクターヘリ事後検証会議

11/02/18


日中は取り立てて大きな事柄は無し。例の人事の件でちょっと気になった事を、事務とか関係部署に確認した。幸い問題は無く杞憂に終わった。
夕方に院内講堂でドクターヘリの運航事後検証会議が開催された。釧路からもお集まり頂いた。私は院長として、お礼の挨拶をした。医師会長が出席されていた。彼は今回で勇退となる。次期会長に病院としては充分のお願いが必要だ。

挨拶をして直ぐに、退席。タクシーで空港に向かった。幸い今日の最終便は  08:25   と出発が遅かった。しかし混んでいた。東京に着きいつもの 三井ガーデン汐留 にチエックインをしたらもう 11時半になっていた。東京は風が強く寒かった。今回は医師会の仕事。来週も東京出張がある。それで医師会のノルマも終わりだ。私は良い経験をしたと思っている。





BSC 発表会

2011/02/17(木)    40

 四役会議は特に新しい話題は無かった。内示の季節になった。支部からの連絡が有って、おのおの必要な職員には伝えた。新体制がうまく機能してくれることを願う。また,赴任してくる予定の職員からの挨拶の電話も受けた。

 夜、講堂でこの一年間の  BSC の成果の発表会が開かれた。多くの職員が参加して、各部署 が3分間ずつの発表だった。成果に関しては、いろいろだったが、発表会としては盛大で私は嬉しかった。
 少し進歩してきていることを実感した。




診療部長会議

2011/02/16(水)

 久しぶりに自分の車で出社。こう車庫に入れっぱなしだと、バッテリーが上がってしまうのでないかと心配になる。今日は細かい事柄がいろいろとあって、結構忙しかった。

市立病院の院長から電話あり。どこも考えていることと、悩んでいることは同じなようだ。

 夜、診療部長会議あり。3/4半期の報告。幸い目標をオーバーして、このまま頑張って行くと、少しだが黒字も望めそうだ。気を引き締めて今後に臨みたい。

 3月の予定が、混み合って絶望的になってきた。何か中止できるものが有れば良いが。まさか最後の旭川市医師会の理事会を欠席するというわけにもいかないだろうし。自分の身体のことも考えなければならない。



各種会議

2011/02/15(火)     30

 日中は暇。今日も院内を歩き回ってみた。少し気になることが見つかった。後日相談してみよう。

 午後5時から,昨日に続いて,旭川グランドホテル で、当院の救命救急センター運営委員会と地域連携運営委員会をあいついて,開催した。外部から多くの委員の方が見えられた。ありがたいことだ。

 終了後、今度はロワジールホテルへ行き、産業医の講習会に参加した。まあまあ内容は面白かった。本来は初めの挨拶をしないといけない立場だったが、自分の病院の行事で挨拶を免れた。
  これは、ある事情で非常にありがたかった。実は私は演者も演題も全く知らないで意識しないで参加してしまった。



地域連携の集い

2011/02/14(月)     30

 午前中、四役会議。ちょっと争点になる事柄があった。今後にも関係していくことなので、私も気をつけていなければならない。

 先日のサーベイヤーのフォーラムで当院の電子カルテが話題に上った。不備というか、欠陥があるというか、とにかく誤解があったので、画面のハードコピーをとって添付ファイルで送った。おかげで私も当院の電子カルテを見直す良い機会となった。

 午後上川振興局へ行き局長に明日の会議への出席をお願いした。いつみても壮大な建物だ。その帰りに医師会で降ろしてもらい、決裁業務を行った。重要案件は無し。

 夜グランドホテルで、当院の地域連携の集いを開催した。普段、職員が何をしているのかよく判らない部分もあるので、私自身も楽しんだ。話しを聞いていると演者の資質といったものだ判ってくるから恐ろしいものだ。
 終了後には、懇親会もありいろいろな方とお話ができた。




孫達と遊ぶ

2011/02/13(日)

 暇な一日だった。まずゴルフの練習には行けず。いや、行かなかった。このままではどうも雪が解けるまで練習は始まらないのではないだろうか。せめて、素振りを頑張ろう。

 日中は出張の後始末。報告書を書いたり、アンケートを書いたりした。

 夕方から、孫達が来た。今日は私の母の命日ということもあった。久しぶりに、北の富士 に  ちゃんこ鍋を とりにいって、家で皆で食べた。おいしかった。孫達と食べるととりわけおいしい。 
   ”おじいちゃんの部屋を観たい” と言われて、初めて二階の私の部屋にきた。こうなれば少し綺麗にしておかなくては教育上よろしくない。この次も又二階に上がるそうだ。

 夜、N響アワーで  マーラーの大地の歌 をみる。私の好きな曲で、今までは、専ら ワルターのモノラールの盤  を愛聴していた。ある意味では衝撃的だった。本当はコントラバスのああいう音が入っていたのかとか、驚いた。改めて聞き直してみようと思った。マーラーについても少し評伝等を探ってみようという感じになった。

 今週もいろいろと予定が詰まっている。健診を受けなくてはならないが、なかなか予定がたたない。ダイエットも  休肝日もままならない。




東京素通り

2011/02/12(土)

 夕べは気持ちよく酒を飲んだものだから,今日は午前2時頃から目が覚めた。テレビで降雪の情報を得ようとするもなかなかうまくいかない。高速道路は回復したようだ。いろいろと飛行機の便を予約したり取り消したりしているうちに、東京→旭川の最終便がとれなくなってしまった。

 明るくなるにつれて,少なくとも神戸は好天気。飛行機を経路を替えると結構な料金になるので、予定通り羽田経由で帰ることにした。最終便が結局とれず、その前の便は変更できた。神戸→伊丹空港→羽田空港→旭川空港という経路で帰旭した。
  そのため臓器移植の懇話会には残念ながら出席できなかった。

 飛行機の中で、吉田秀和 の オペラノート を読んだ。古いタイプの音楽評論家ということになるのだろうが、我が意を得たり という部分がたくさんあった。特に、新解釈と称する オペラ演出に対する嫌悪の件は、非常に同感できた。

 今年はこれで雪に惑わされるのが 2回目だ。





サーベイヤーフォーラム

2011/02/11(金)

  朝、羽田空港の羽田エクセル東急ホテルから外をみると雪。今のところ、飛行機は飛んでいるというので羽田空港から大阪空港へ。伊丹から神戸へのバスは高速道路が雪の為、走っていなかった。それほどひどい雪では無かったが。バスで、大阪の丸ビルまで行き、そこから電車で神戸に行った。


   神戸ポートピアホテルでの医療機能評価機構のフォーラムが開催された。これは面白かった。懐かしい顔に出会った。新しい考え方を学んだ。
   ポートピアホテルを予約したが、何とも高価だと思ったが、良い部屋だった。夜、エグゼテイブルーム専用のラウンジがあるというにで、夜に利用してみた。夜景が綺麗だった。若いカップルが多く、よく金があるものだと,変なところで感心した。美味しいワインを楽しんだ。


    明日の飛行機がどうなるのか情報が錯綜していて,不安だ。できることなら東京へ降りて、臓器移植の報告会を聞くつもりでいる。ただ,羽田が雪で動きがとれないと大変なことになる。日曜日は旭川に絶対にいたい。

 神戸から千歳空港への、ANA も一応予約した。明日の天気の具合をみて決めよう。




夕刻東京へ

2011/02/10(木) 40

  朝の四役会議は、3人が出張で、すぐ終了。午前中は病院の中をグルグルと回って見た。特に大きな問題はみつから無かった。

  夕方の便で東京へ。この便は超満員だった。冬祭りと三連休のためらしい。羽田空港は平穏だったが、明日から、東海地方は大雪とのこと。明日は朝から、伊丹空港経由で、神戸へ行く予定だが、どうなるか。あまり無理はしたく無い心境だ。







平穏な一日

2011/02/09(水)     40

 本州は雪が降るとのことだったが、旭川は好天気。比較的、決まった予定がない一日。私の部屋に職員の訪問が多かった。これは良いことだ。

 支部へ昨日訪問した結果をある職員に伝えたり、該当の病院から連絡が来たりした。うまく (これは何がうまくだかが少し不明だが、、、) 事が運ぶことを願いたい。


或る科の長期的な展望についても、親しく話しをすることができた。

 もう早々と、今シーズンの日赤会のゴルフの予定が届いた。少しあせる気持ちになる。どこかで、打ち放しに行かなくては、素振りの熱も上がらない。





支部へ

2011/02/08(火) 50

 朝8時の電車で札幌へ。札幌雪祭り のシーズンというので確かに混んでいた。Uシート座席指定を予めネットで予約してあって助かった。札幌へ近づくにつれて益々混んだようだ。

 支部での話しはまあうまく行った。私の言わねばならないことは,聞いていただくことはできた。了解して頂いたつもりだ。

    ”お預かりする ”   我ながら良い適切な言葉だ。言い得て妙 とはこのことだ。

約一時間で終了、その後 紀伊國屋で  カルロス・クライバーの評伝  上下巻を購入。何しろ高価なので買おうか買うまいかかなり悩んだすえだった。
 午後0時の電車で帰旭した。途中、吹雪だった。そのまま病院へ。

 午後2時半に予定していたお客が来院。いろいろなお話をしたが、非常に私の為になった。これからもお付き合いをぜひお願いしたいと思った。
  これを言い出したら終わりだが、本当はもう少し私にも時間が欲しい。まあ、世の中そうはうまくは行かないものだ。

 夜、医師会の理事会。これもあと3回で終わりだ。会長、副会長はついに対抗馬はでなかったようだ。



       1クライバーの評伝






吹雪

2011/02/07(月)    50

 朝から吹雪。といっても 先日の名古屋で遭遇した吹雪ほどではない。吹雪は午前中続いていた。
今日から,四役会議は9時10分からとなった。これを機会に、少し、時間的にスリム化を計る必要はありそうだ。

 私は,明日支部へ行って話しをする内容の確認をした。まあ、当院にとっては都合の良い内容だと思う。午後からいろいろな資料で、赤十字病院のあり方についての自分の考え方を纏めてみようと試みた。当然、結論はでなかった。

 その昔、  層雲峡   に 分院 があった時には、診療支援とか当直に医師の協力は問題なく得ることができた。あれはやはり自分達の病院という意識が強かったからだと思う。分院の運営方針も診療部長会議等で報告、審議していた。そのあたりがポイントのような感じがする。






暇な休日

2011/02/06(日)

 朝は -17度くらいまで気温は下がったようだった。これで今年の低温は打ち止めにして欲しい。ただし、日中の陽射しは赤く暖かい。春だ。今年はとにかく雪が少ないようだ。私はまだ一度も除雪をしていない。車庫の雪下ろしもしてはいない。

 一日中特になにもせずに過ごした。こういう週末も時には必要だろう。自分の部屋の整理を少ししようと思いつつ怠惰に過ごしてしまった。アジアカップの総集編をみて楽しんだ。









荷物運び

2011/02/05(土)

 今朝も気温が高い。ただ変わり易い空模様で時々曇って雪が舞い降りた。
 午後から亡くなった義姉の住んでいたアパートからの荷物運びをした。年寄りの一人暮らしだったとはいえ、結構な量の荷物だった。
 私も必要のない荷物は片付け始めないとならない。この夏あたりから始めようか。

 今日身体を動したのはそれだけ。後はマリアカラスの DVD を三本鑑賞した。まだ良くは理解できていない。 永遠のマリアカラス  という  ゼッフィレッリ の珍品の映画も夜中に起きて鑑賞した。何とも感想を述べるようなものではないが、、、

 いずれにしても、最後の日本の公演はよほど調子が悪かったようだ。日本で  トスカ を演ずるというので、券を手に入れたが,キャンセルで確か カバリエ が歌ったのを文化会館で聞いた覚えもある。あのとき ホセカレラス がデビュウーしたのでなかっただろうか。札幌厚生年金会館での,記念すべき最後の公演の思い出ももってはいる。もう10年でも遅く最盛期がずれていたら、オペラの映像がたくさん残っていただろうに。






好天気

2011/02/04(金)     50

 今日も一日良い天気だった。昼に医師会へでかけたが、道路の雪は殆どが解けていた。只明日からまた冬型の気候に戻るらしい。早く春が来るのを待つ心境だ。医師会の連絡会議の中で来期の予定がもう確認が入ってきている。考えたら私には関係ないわけで、すっきりした気分とちょっと淋しい気分が両方感じられる。なかなか難しいものだ。

 コメデイカルの長に集まってもらって、4月からの組織の変更の内容を伝えた。慣れるのには少し時間が必要だろう。

 この週末は何も予定がない。支部には火曜日の午前中に伺うアポイントがとれた。


医師会新年会

2011/02/03(木)    50

 夜、医師会の新年会が  花月 で行われた。毎年恒例で節分の日に行われる。私の役員としての参加はこれで最後だ。多くの方々と会ってそれだけは有効だった。道医師会、札幌医師会からも会長等が参加されていた。大変なことだ。
 次期の幹部役員の人選が結構話題になっていた。私にはもう関係ない。

 日中、人事の件でいろいろと相談あり。私にとっては赤十字全体のことよりも当院の職員のモチベーション維持のほうが、はるかに重大である。私がしっかりとした考えを保つことを求められている。
  月曜日、支部にでかけてみようかと思っている。できるだけ良い形で終息したい。

   太陽の光が明るく温度も3月中旬なみの上昇だという。道路の雪が溶け出した。このまま春になるとは思えないが、確実に春は近づいている。



    昨日の審査の報告を早々とメールで送る事ができた。一つ心配事が消えた。




東京日帰り

2011/02/02(水)

 朝の一便で東京へ。意外に温度は高くはなかった。風でもあったら寒いくらいだろう。渋谷→用賀と行ってそこからタクシーで病院へ。早く着いてしまったので、病院の周りを回ってみていたら、何か由緒があるという、紅梅がもう蕾がほころんでいた。赤い色が非常に印象的だった。ただ、何となく少し不公平だと思った。

 仕事の方は早く終了した。的確に改善されていて、私は病院の努力に感銘を受けた。帰りは渋谷までタクシーを使った。

 今日の空港は比較的空いていた。国際空港で食事と思ったが、そこは混雑していそうだったのでやめにした。いつものところで、昼食兼用の夕食を食べた。

 旭川も好天だったようで、明日はプラスの気温だそうな。少しずつ春は近づいている。それにしても日帰りというのは全く余裕が無く疲れる。もう年なのだから少し余裕のある旅程にしなくてはならないかもしれない。




人事

2011/02/01(火)    20

  日付の後の数字は、ゴルフの素振りの回数。なんとたった20回で左肩が痛くなった。何とか一日で200回ぐらいまで振る回数を増やして,シーズンに入りたいものだ。

 内部の人事、外からの人事、外への人事の件で相談事が多かった。特に外からの件については、私は覚悟は決めたが、又一方ではちゃんとした条件を加えることにしたい。少なくとも当院の人事の今までの流れを妨げるまたは変更する事態は私には絶対許せない。職員のモチベーションの問題になる。そういうことをしていてはそれこそ共倒れだ。

 明日は関東まで日帰りで  機能評価の 確認審査。本当は日帰りは身体には辛いのだが、日程が詰まってきているので、いろいろな点で却って好ましい。





医局幹事とのお話し合い

2011/01/31(月)

 四役会議では先週の院長連盟役員会の報告をした。その他いろいろと議題があがった。特に来期の人事の件で2,3重要な話しを事務部長と行った。

 夜、新しい医局の幹事と病院幹部との懇談会。福鶴亭だった。あまり特別の話題はなかった。私からは病院の運営に対する協力に感謝を述べた。なにはともあれ、医師の協力が無くてはなにも進まないのは、確実なことだ。少し飲み過ぎた。明日は 禁酒 としよう。最近は週に2回は休肝日を守っている。






プロフィール

satoshig

Author:satoshig
 2012年4月から 旭川赤十字病院の名誉院長 となりました。
 現在の仕事のメインは同院の 常勤嘱託医師(検体検査管理加算Ⅳに該当する検査部門担当) です。
● 医療機能評価機構サーベイヤー
● 卒後臨床研修評価機構サーベイヤー


としての仕事も楽しんでいます。

 旭川赤十字病院には、1970年5月 から勤務し、副院長10年、院長を9年間 勤めさせていただきました。
 1966年北海道大学医学部卒業  もともとは脳神経外科医

リンク
最新コメント

最新記事
月別アーカイブ

フリーエリア
QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム