FC2ブログ

日曜日

2011/01/30(日)

 昨晩は祝賀会から帰って来て風呂に入ってまず寝た。11時少しまえに起きてアジア杯の決勝をみた。面白かったが、あれは完全に負けている試合だった。ま、それがサッカーだろうが、、、

 朝ゴルフの練習に行くつもりで起きたが外は寒そうなので中止にした。練習で身体をこわしたら何もならない。そのかわり二月に入ったら,素振りだけは熱心にしよう。

 一日全く家から出ずに過ごした。50年前の  NHKイタリアオペラ での  アンドレアシェニエ をみる。デル・モナコの歌は素晴らしいが、学芸会のような仕草が懐かしい。あの当時の熱気みたいなものを思い出した。考えたら,オペラの演出と歌手の演技はものすごい進歩をとげたものだ。只私は本当は演出は,奇をてらったものよりは、オーソドックスな昔の物の方が好きだ。




スポンサーサイト



旭川医大救急講座教授就任祝賀会

2011年1月29日(土)

 今日は暇な一日。暇な休日があると何か罪深いような気持ちになる。これは良くない事だ。午前中少し二階の部屋の整理。ついで、来週の機能評価の確認審査の内容を確認した。まあ何とかなりそうだ。
3月の機能評価のワークショップで逗子へ行くが,弟へ連絡をした。寄ってみるつもりだ。

 後は,  歌劇場のマリアカラス  という本を読み、付属のCD を聞いた。私はカラスの凄さというのが、本当は判らない。悪い声を振り絞って歌っているようにしか聞こえない。少し纏めて聞いてみようという気に成った。

 午後3時から、旭川医大の救急講座の教授就任の祝賀会。奇しくも今日は先代教授の命日という。いろいろな方にお会いした。今後、医大の救命センターとは何とか仲良く頑張って行きたいものだ。


カラス



零下20度

2011/01/28(金)

 朝、寒い。どうやら-20度以下になったようだ。久しぶりだ。これでこの冬最後にして欲しい。幸い雪は余り降らない。日中の日差しはあかるくなった。早く冬が終わってほしいものだ。橋のところではダイアモンドダストは観られなかった。

 午前中、K 病院の院長といろいろと話しをする。なんとも大変なようだ。本当はいろいろと頼みたいのだろうけれど、こちらも簡単にはいかない。経営改善プロジェクトを立ち上げ職員を鼓舞し、ようやく赤字から脱出かというところだ。まやかしとも思える独立採算制度を真剣に考える直す時期に来ていると思う。

 一つの県に一つか二つしか赤十字病院のないところと、10もあるところでは事情が全く異なる。多くの病院を抱える県だけでも、本部制度を敷くことも必要かもしれない。いまの状態ではこれ以上の発展性は全く期待できないだろう。私には時間が足りないが、、、、

 昼には医師会の連絡会議。また、出張の話しを引き受けてしまった。ただでさえ忙しいのに、,,

小樽へ  

2011/01/27(木)

 朝、6時10分にタクシーの迎えを頼んだ。6時45分の電車で札幌へ。そこで乗り換えて小樽まで。小樽へ行くのにJR を使うのは久しぶりだ。銭函、朝里のあたりの冬の海が綺麗だった。石狩湾を経て対岸の留萌方面の山々が白く輝いていた。国道や高速道路とは異なって、線路は昔ながらの海岸縁を走っている。札幌から海がこんなに近かったのかと改めて思った。それにしても旭川からは海は遠い。
留萌の海岸まで70キロは離れている。
 小樽の積雪はすごかった。或る診療部長の父君の葬儀に出席した。知った方には会わなかった。帰途 タクシーには待ってもらって、 かま栄 に寄って、かまぼこ をお土産に購入した。

 夕方、旭川に着いたが今日は病院に出ずそのまま帰宅させてもらった。
 今日は夭逝した長男の命日。すき焼き が大好きだったので、いつもこの日には、息子一家も来て すき焼き を一家で食べている。
 長男が生きていたら,今度の誕生日で40歳だという。それだけ,我々が年をとってしまったということだ。年月を経るにつれ却って、長男の影を引きずってしまうことが多くなった。

 今年になって初めて孫達が我が家に来た。ふたりともそれぞれに、かわいい盛りだ。




東京日帰り出張

2011/01/26(水)

 朝の一便で東京へ。本社で院長連盟の役員会があった。いろいろと病院に報告すべき事項があった。

 私が披露した  赤十字スポーツ大会 についての、釧路の院長の手紙は皆にいろいろと物議を確かに醸した。しかし私も彼の病院の方々と同様の意見である。これはおいおい、彼もこの役員会に出る立場になるだろうし、皆に判ってもらうしかないであろう。あの大会が曲がり角にきているのを、気がついていないだけだと私は思っている。
  東京は暖かだった。何かもう梅でも咲きそうな雰囲気だった。

 本来は明日の重要な会議もあるのだが、私は所用があり,最終便で帰旭した。羽田上空が悪天候とのことで、飛行機が降りられず,他の空港に降りるということが続いたようだ。旭川便は何とか遅れても飛んだが、女満別便は欠航になった。満員という掲示がでてはいたが、実際は使用飛行機が変更になったのか、ガラガラだった。

 明朝は6時過ぎの電車に乗らなくてはならない。



経営改善プロジェクト会議

2011/01/25(火)

 朝、臨時の四役会議。私は先週の出張の報告をした。入院患者は90%を超えたままである。これは良いことではあるが、どうも在院日数が少し伸びてはいるようだ。よく現状の分析が必要だ。新規入院の数はあまり増加はないようなので、安心してはいられないのかもしれない。

 夕方から、経営改善プロジェクト会議と管理会議あり。今年度はどうやら黒字になりそうだ。これが続いてくれれば良いが、、、明日、東京は日帰り出張にしたが、明後日小樽まで葬儀が入った。無理をすれば行けないわけではないので、私が参列することにはしたが、うまくはいかないものだ。
  赤十字奉仕団の新年会は副院長に再度替わってもらった。本当はその方が身体は楽なのだが。

 夜、アジア杯のサッカーをみる。死闘のすえ勝利。こうなれば、決勝戦も勝って欲しいものだ。



保健所の立ち入り検査

2011/01/24(月)

 朝、久しぶりに自分の車で出勤した。本日は定例の四役会議はなく、10時から保健所の立ち入り検査。私は初めと終わりの挨拶と院内巡視のお相手のみが仕事。午後4時過ぎに講評あり。あんなに褒めてもらっても良いのかと思うくらい誉められた。
  ドクターヘリもわざわざ格納庫から飛来してもらって観て頂いた。今の保健所長は道庁におられる頃にドクターヘリの誘致にご理解を戴いた方である。モノレールの中で電話を戴いたことを思い出した。

 休日明けでも,入院患者数はあまり落ちない。ちなみに昨年の今頃と比較したら70人くらい多いようだ。これでインフルエンザでも流行ったらどうなるのだろう。考えてみたら恐ろしくなる。

 機能評価の確認審査の資料が届いた。私は補充審査と確認審査の違いさえ判ってはいなかった。
 現地に赴く必要がありそうだ。何とか日帰りではできそうだが、、、



休日

2011/01/23(日)

 快晴。気温も比較的暖かめだった。今日の予定を綺麗にサボった。飛行機のキャンセル料金は取られたが、身体には非常に良かった。ゆっくりと起きて久しぶりにオペラのDVDをみて、先日の機能評価のレポート書きをした。だいたいできあがった。明日もう一度見直して,書き足して、夕方にはメールで送る事ができそうだ。

 昼に妻の買い物に付き合う。何しろ車を運転するのも久しぶりだ。あんまり放置しておいたら、バッテリーが上がってしまいそうだ。

 日が長くなった。午後4時半でも明るい。日差しが赤くなってきた。寒い日がいくらあっても、確実に春の息吹が少し見えている。

 恐ろしくて,体重計に乗る気持ちにならない。明日の朝は計ってみよう。

  明日から心を入れ替えて   DIET 




 

診療部長研修会

2011/01/22(土)

 朝、早くホテルで目が覚めた。仕事をした。6時45分になって朝食。これはお粗末だった。ダイエット中の私には何ら問題はないが、、、、ヨーグルトはおいしかった。

 11時まで部屋にいた。ただ仕事用に机がなくこれはビジネスホテルとしては、不満が残った。変な姿勢でパソコンを使ったら腰痛が起きた。  紀伊國屋に行って本を探すも高価で手のでないものもあった。クライバーに関する評論を購入したかったが買ったら7000円をこすので躊躇して結局購入せず。
 
 午後2時から北海道支部で、道内赤十字病院診療部長研修会。今回は釧路病院の当番で二日間に渡って行われる。主催者側としていちばん最初の挨拶をした。今回の研修者は11名。旭川からは4名の参加だった。細々とではあるがもう10年以上続いている。
 これは他のブロックに対して誇って良い事だと思っている。

 私は挨拶のみで失礼して、午後3時の電車で旭川へ。猛烈な混みようだった。旭川に着いて一端帰宅。午後6時からまずグランドホテルで鍼灸師会の新年会でご挨拶。これは医師会長の代理。本当はこんな事は必要無いと思うが、、、、
 ついでロワジールホテルに行って、薬剤師会の新年会に出席した。これは日赤病院院長としての仕事。いろいろと話題があった。面白かった。

 腰痛と疲れがあるので、明日の東京日帰りを中止にした。自分が少し残念に思うだけで迷惑は誰にもかからないはずだ。



再び札幌

2011/01/21(金)

 久しぶりに登院。正面玄関の予備のドアの問題は解決が付いていた。当然、四役会議も種々の話題があった。昼には医師会の連絡会議へ。ここは会長選挙に誰がでるかが大きな話題だった。或る医師が出るという噂でもちきりだった。しかし私にはもう関係はない。まあ、私達の病院とうまく波長が合うひとになってくれることを願うのみだ。

  午後2時半の電車で札幌へ。今日は札幌宿泊とした。明日も又札幌だし、元気だとは言いながら疲れが大きく貯まっている。
  今夜は札幌医大のある科の教授を訪問した。この一年をかけてよくお話をし合うことが必要だ。勿論、私達の病院としても、ある部分は覚悟を決めることも肝要だろう。今後私がどこまで関与して行くべきか。なかなか複雑でもあり考えたら淋しい心境にもなる。

 本日のホテルは  三井ガーデン札幌  。初めての利用だった。東京のイタリア街のと比べると、大浴場は小さくて粗末。部屋での仕事用の机が小さくて役に立たない。
 今日はツインの部屋に泊まったので、シングルはどうなっているか。もう一回くらいは泊まってみたい。

夜、一回寝てからアジア杯のサッカーをみる。今日の試合は面白かった。日本のサッカーもようやく一皮むけたのかもしれない。





札幌出張

2011/01/20(木)

 朝、8時の電車で札幌へ。これは混んでいた。そして札幌の雪は旭川の比ではなかった。除雪はまだしも、排雪が全く不十分で歩きにくかった。タクシーもスムースには動かなかった。
 今日は北大を回った。かなり将来の見込みまでいろいろと教授と話し合うことができた。
 まあまあ目的は充分達したと言えるだろう。ただ,疲れた。

明日は久しぶりに登院。はんこ押しがたくさんあるだろう。四役会議も臨時に開催の筈だ。昼には医師会の連絡会議もある。そうして、午後5時には札幌医大の或る教授を訪問しなくてはならない。また2時半の電車に乗ることなる。やはり札幌に今のところ宿泊を考えている。
 翌日の診療部長講習会をサボるわけにはいかないし、、、、

 メールでの連絡によると、本日の病床利用率は90%を超えたそうな。まさか在院日数が伸びているのではないだろう。


 

三日目終了

2011/01/19(水)

 三日目は終了した。病院の努力を多いに称えたいと思う。今回は私も非常に気持ちよく楽に仕事ができた。サーベイのお仲間も好ましかった。午後2時の新幹線に乗った。東京は好天だった。最終便で帰旭。ただ、この飛行機は異常な混み方だった。旭川はかなり雪が積もっていた。札幌はもっとひどいらしい。

 明日から三日間札幌往復がある。北海道大学と札幌医大の教授訪問である。辛いけれどそれが私の仕事だから仕方が無い。明日も病院に出る時間はなく、手紙類のチエックができていないのも、少し気に掛かっている。
 日曜日の東京日帰りは何とかキャンセルしたい心境になった。来週も本社への出張があることだし、、、、

  嬉しい事が一つ。転送されてきた病院医事課からのメールによると、私達の病院の病床利用率が90%に近づいている。最近では非常に珍しい。なんとかこの状態が続いてくれると、今年度は黒字決裁になるだろう。


二日目終了

2011/01/19(火)

お互いに大変な二日目がどうやら終了した。病院側の努力と協力に敬意を率直に表したいものだ。あの規模の病院で職員の意識を保って、急性期で頑張るのは大変なことだろうと思う。
夜打ち合わせの後、夕食会。なんと飲兵衛ばかりで驚いた。私の上をいく人ばかりでだった。
少し節酒をしなくては、、、、


返事をすべきメールが数個届いたが、どう言う訳か、Ipad の調子が悪くて、返信ができなかった。困ったものだ。

初日

2011/01/17


ホテルから一歩も出ずに24時間も過ごした。こんなにホテルを有効に使ったのは初めてだ。
昨夕は寒くて参った。今朝になってようやく暖かくなった。昼食も部屋にデリバリーして貰った

午後2時過ぎに集合して、病院へ。
初日終了。少なくとも準備はよくできていた。ストレスが少なくて助かった。ある教授の訃報が入った。予測されていたとはいえ、哀しいことだ。心から哀悼の意を表したい。病院に連絡して善後策を検討した。木曜日の北大訪問の予定が確認できた。

東京~名古屋

2011/01/16(日)

朝から寒い。本当は夕方の新幹線を予約していた。しかし、怪しいので、朝から名古屋に行ってしまう
ことにした。
品川に行くと少なくとも上りはかなりの遅れだった。下りは何とかと言う話だったが、やはり15分は遅れた。品川駅のホームで待っている間が寒かった。しかし東京は快晴だった。富士山は綺麗にみえていたが、安城のあたりから吹雪模様。名古屋は真っ白だった。

結構な吹雪。携帯で写真を撮った。駅から外へ出る気持ちにもなれず、駅内のレストランで昼食。ホテルの送迎バスが有ったのでそれを利用した。幸い早目に、チエックインができた。ありがたかった。今日から三日間はキャッスルホテル。ただこの部屋からは、お城は見えなかった。

東京へ

1011/01/15(土)

朝から雪。見通しが悪い。jalの一便で東京へ。医師会の会長と副院長と同じ飛行機だった。副院長とは偶然席も隣り合わせでいろいろと最近の情報の交換ができた。


まずは、水道橋の機能評価の本部へ。付加機能の救急部門の審査の実際を学んだ。何とか私でもできそうではあるが、実際には需要があるのだろうか。
午後4時半で終了。今度は飯田橋に行った。グローバルヘルスのセミナーが有った。これは、相変わらず面白かった。相澤病院のお話は何時もながら刺激を受けた。ただ、一日入院単価が、50000円代だという。私たちの病院は幸いにして、68000円を超えている。それでどうしてああいう差が生じてしまうのだろう。改めて検討が必要だ。

その後懇親会があり、いろいろの人とお会いした。今夜のホテルは懇親会会場のホテルメトロポリタンエドモンド。初めて利用した。

札幌

2011/01/14(金)

 一度仮眠をしてやおら起きて、今朝早くサッカーの試合をみた。確かに球回しは早くなったが、そこまで。なんともゴールを決めれない。これはもうどうしようもないのかもしれない。いままでと違う次元に入りそうで、入りきれない中途半端な状態だ。
 今日一日の予定があるので、少しそれから寝た。

 朝8時の電車で札幌へ。10時に事務部長と札幌医大のいつもの広場で会った。今日のご挨拶回りでは特に問題となるべき事項はなかった。まずは良かった。
今日の目的は達した。

 午後2時半に支部を訪問した。支部長、次長と今年初めてお会いする。当然、例の人事の話しがでた。聞き置くだけにした。午後4時の電車で帰旭。この電車は物すごい混みようだった。間引き運転のためだろうか。朝、何の気なしに指定席を購入してあって、重宝した。旭川まで立ったままの人がいたようだ。

 旭川についてそのまま医師会へ。決裁業務を行った。連絡会議の結果の報告をもらった。その後、一度家までタクシーで。タクシーに待ってもらって、用意を調えてロワジールホテルへ。育成会という民間保育園の団体の新年会。旭川市市長が出席されていたので新年のご挨拶の為行ったようなものである。明日からの出張の用意もあり、早々に帰宅させてもらった。




医局新年会

2011/01/13(木)

 四役会議は特に大きな議題は無し。その後、看護部のラダーの修了者の賞状授与があった。若い看護師さんと接する数少ない機会で私は大事に思っている。

 夕方、団交あり。雇用に関する法律について私ももっと勉強する必要がありそうだ。その後医局で新年会。私は CPC にも遅れて参加した。新年会は外で開催しても参加者が少ないということで、病院内で開催したようだ。さすがにあまり盛り上がらず、早めに帰宅した。

 明日は札幌医大と支部を訪問しなければならないし、明後日からは東京と名古屋へ出張がある。これから10日間ばかり,毎日出張が続くという大変な予定になってしまった。どこかで調整が必要だろう。

寒い

2011/01/12(水)

 今朝は寒かった。-17度くらいまで下がったらしい。このくらいでもものすごく寒いと感じてしまう。暖かい所に移住したい心境だ。寒さはまだ何とかなってもこの雪はいやだ。今年はまだ記録的に少ないのだが、、、

 病院には久しぶりに自分の車で行った。寒いと道が滑らないのが助かる。屋内駐車場は非常に快適。これでもう少し広さに余裕があれば言うことはないのだが。少し駐車するのに難渋することがある。前に大きな車が止まると大変だ。

 午後、血漿分画センターから来客あり。今頃になって宣伝活動をしても少し遅い感じもある。まあ努力を認めなくてはならないが。




医師会理事会新年会

2011/01/11(火)

 連休開け。幸い本日の新入院患者は60人弱も有った。この数ヶ月で今年度の決裁の方向が決まってしまう。何とか黒字で終わるよう祈る気持ちだ。

 四役会議の後、昼は医師会へ。選挙管理委員会が発足した。いよいよ私の任期も残り少なくなった。貴重な四年間だった。無駄をしたとは思いたくないが、、、

 夕方、脳外科のヒアリング。改めて驚いたことに診療科別の原価計算でもかなりの黒字である。MRIの増設を希望された。これは叶えるよう努力すべきだ。各科に平等などということはありえない。めりはりが必要だと思う。次期診療報酬の改正で、手術料の見直しは必至だろうが、何とか影響が少なければ良いが、、、

  私は今院長連盟の北海道ブロックの代表ということにはなっている。この件に関して異なった立場で2件続けてちょっとアプローチがあった。ただし、この地位は何も公的なものではなく、単にとりまとめ役であって、他の9の病院に責任も権限も何ももってはいない。そのあたりに誤解があるようだ。

 夜、医師会の理事会ついで新年会が行われた。  竹ちゃん寿司 で 寒ぶりのしゃぶしゃぶがおいしかった。途中で電話がきたりしたので、それを潮時に帰らせてもらった。

 何しろ座敷で座るというのは苦手だ。腰痛が起きるのも心配だった。せっかく最近は調子が良いので。











休日

2011/01/10(月)

 成人の日。
 朝、ゴルフの練習に行こうかなと思ったが、少し風邪気味だったので、中止した。練習に行かないと、今日は特に仕事が無く、原稿を書き上げと今回、義姉のお世話になった病院に手紙も書いた。気になっていたことなので、できあがってほっとした。原稿はメールに添付して送った。

 今日は孫もさすがに来なかった。明日からまたタイトな毎日が続く。今週末は東京出張とその後、名古屋に機能評価サーベイの出張がある。関連教室の挨拶回りで今月中に札幌にも3回くらいは行く必要がありそうだ。




初七日

2011/01/09(日)

 今日は比較的に好天だった。雪は降らず。午前中、義理の姉の 初七日の行事。昼食は  ロワジールホテルだった。ダイエットがうまくはいかない。仕事も進まない。明日一日で何とか病院長連盟の原稿を仕上げなくてはならない。

 孫達とはたっぷりと遊ぶことはできた。それだけはヨシとしなければ、、

 隣の妻の兄弟達は今日の夜の飛行機で東京経由で帰った。また日常の生活に戻る事になる。

 夜、カラヤンの 薔薇の騎士 の映画をみる。昔、札幌市民会館まで行って,字幕も付いていない版をみたのが最初だった。どうしても欲しくて通販でビデオを購入したら、雪というか、黄砂が降っているような全く鑑賞に値しない粗末はビデオだったこともある。確か当時で数万円したかと思う。
 それからみると今回のは,デジタルリマスター版で、画像も音も綺麗で、隔世の感がある。シュバルツコップの美しさに感激した。
 薔薇の騎士は好きなオペラの一つで、4月に新国立劇場の切符を手に入れてある。



薔薇の騎士2

薔薇の騎士1

BSC 作成

2011/01/08(土)

 三連休の初日。午前9時から病院で今年度の  BSC の作成をした。四役や関係事務部門の15人ほどが集合した。平日だとなかなか纏まった時間をとれないので、思い切って休日に行うことにしている。 午後3時までかかってようやく骨子を作成することができた。勿論最終的には経営状態の改善をめざすことにはなっている。
 それでも昨年からみたらかなり要領が良くなった。BSC については我々の病院は先駆的な病院からみると遅れ気味だったが、ようやく定着してきた。


夕食は妻の兄弟達と焼き肉。せっかくのダイエット中だというのに、、、私は椅子席でないと腰痛が起きるので参ってしまった。来週の医師会理事会の新年会が寿司やで行われる。今から不安である。

 明日はもう義姉の初七日。早いものだ。

今日も吹雪

2011/01/07(金)

 朝から吹雪が止まない。病院の駐車場から玄関までのたった200メートル弱の間で寒いと思った。昨年あたりまではあまり寒いとは感じた事はなかった筈だ。やはり年のせいだろうか。なんとなく70という年齢を意識してしまう。ズボン下を履くようになったらお終いだ。そうは成りたくないものだ。

 昼、医師会の連絡会議。1月22日に鍼灸師会の新年会の挨拶が当たってしまった。札幌での診療部長研修会から無理してでも帰ってこないとならなくなった。そうなれば、ちょうど都合がよいので、旭川市薬剤師会の新年会にも病院枠で出席しよう。欠席のご返事を出してはいた。
 翌日千歳から東京のつもりだったが、旭川空港に変更した。ついでに来週週末の名古屋への新幹線の手配、ホテルの変更もした。

 昔からの友人の年始の訪問を受けた。或る当院の診療科と大学医局との関連の話しの次第を聞いた。真摯にそして慎重に対処が必要だ。対象の医師に院長室に来てもらっていろいろと話しを聞いた。彼がしっかりと考えていることが判って嬉しかった。

 明日から三連休。院長連盟機関誌への原稿書きと初七日そして明日は  病院に出て BSC についての会議がある。






猛吹雪

2011/01/06(木)

 朝から猛吹雪。この冬初めてだ。ただ車は道路が滑らなくて走りやすかった。昨日までとは大違いだ。

 最近は幸い足の調子は良いので、病院の中を歩き回った。患者数はほぼ回復。又、三連休が控えてはいるが、、、
 年始の客多し。業者の方でノックもしないで入ってくる人がいて些か驚いた。 吹雪は夜まで止まなかった。しかし、旭川空港へ到着する飛行機は全てちゃんと着陸ができたようだ。あの吹雪で見通しが悪いのに良く着陸できるものだ.日中でも車はライトをつけて走っていた。

 機能評価の次回の準備を始めた。何かちょっと悪い予感が又するが、、、予感が当たらないことを願うのみだ。



義姉の葬儀

2011/01/05(水)

 朝、3時に起きて又義兄の家に行き、線香の管理係。午前6時半には義兄が起きてきたので一端家に帰った。

 午前9時から葬儀。妻がバスのステップを登るのが辛いというので、旭川聖苑に行くのに自分の車を使ったが、道路が凍っていて、大変だった。考えてみたら、雪道を運転するのはこの冬初めての感じだ。
 繰り上げ法要、夜の食事と無事終了。世話になった姉にお別れをした。

 院長連盟の機関誌への原稿ができないまま。この次の連休で勘弁してもらおう。

正月前の忘年会から続いて、食べ過ぎ、飲み過ぎ。本格的にダイエットを始めよう。

病院の院内誌に載せる,年頭の挨拶をメールで送った。下に転載しておく。

 




明けましておめでとうございます。職員のみなさまには素晴らしい新年を迎えられたこととお慶びもうしあげます。
昨年は病院の増改築工事が終了し、ドクターヘリの運行も軌道に乗ってまいりました。又、医療機能評価機構の三度目の受審を行い、中間報告の段階ですが、無事認容されるようです。職員の皆様の多大なご協力を心から感謝もうしあげます。
更に昨年の新年のこの会で、経営改善を大きな目標に掲げました。経営改善プロジェクトを立ち上げ、職員の皆様とともに努力を続けて参りました。診療報酬の改定という追い風もあり、どうやらあと少しの努力でこの3月には単年度黒字という朗報が聞かれるかもしれないという所まで改善してきております。
総じて良い一年であったかに思われます
改めて、今年の目標としては経営改善プロジェクトの更なる推進を上げたいと思います。BSC の活用も多いに視野にいれていきます。重ねて職員の皆様のご理解、ご協力をお願い申し上げます。
もう一つ、病院の組織を改編しようと準備を進めています。現状に見合った組織に直す部分と理想に向かって改編するのと両方の側面が考えられます。いずれにしましても職員の皆様には説明し,ご了解を戴く事項だと思っております。
又、ここ数年のように今年度は大きなプロジェクトが予定されておりません。こういう機会に医療の質ということをゆっくりと考え直してみたいとも考えております。
 今年一年の職員の皆様のご多幸をお祈りして私の新年にあたってのご挨拶といたします。

新年交礼会

2011/01/04(火)

 病院の新しい一年が始まった。

 私は1時に起きて隣の義兄の家に行き、義兄と交代。感心に上の息子も来ていた。それから朝まで、線香係。トリスタンの一幕と三幕をみた。

 朝、義兄が起きて来たので,交代。今朝はタクシーで出勤した。病院はやはり入院患者は300を切っていた。今年初めての四役会議は大きな議題は無かった。昼医師会へ。医師会長が医師会の職員に新年の挨拶をするのにおつきあいをした。

 嬉しく少し安心したのは、本日で60人以上の新入院があったことである。

 5時15分から新年交礼会。いつもより多くの職員の参加があった。今年は経営改善プロジェクトの一層の推進を掲げて進むことにした。大きな行事もないので、医療の質について少し考えて観る機会をつくるという話しもした。

 午後6時半に帰宅。義姉のお通夜。明日は一日休暇をとった。




義姉の死

2011/01/03(月)

 2日の夜中に 妻の姉が亡くなった。2年くらいの間、入退院を繰り返した闘病生活の末だった。兄弟の長女で妻とは年齢もかなり離れ、私の子供達がいろいろと世話になった。それこそ、私の長男の病気の時には、御夫婦そろって留守番とか私の食事の支度まで泊まりがけで世話をしてくれた。当時は札幌に住んでいたのに本当にいろいろとありがたかった。
 夫と死別した後は私の家の近くにアパートを借りて住んではいたが、私はたいしたことはできなかった。

 明日、通夜、明後日葬式と決まった。明日は病院では新年交礼会も有り、私は今年の病院の方針を述べなくてはならないので、どうしようもできない。しかし、明後日は休暇をとらせてもらおう。葬儀は身内だけで隣の義兄の家で行うことになった。

 身内だけの行事とはいえいろいろと朝から有り、結構忙しかった。
今晩は午前1時から朝まで、枕元に起きて付いている役目が当たった。



鉄道員・ポッポヤ

2011/01/02(日)

 正月の二日目。旭川は今日も穏やか。雪も降らず,気温も高い。朝食の前に,ゴルフの練習。今日はあまり調子は良くなかった。すぐ一時間が経ってしまって、2時間に延長しようかなと思ったが,つぶれた豆が痛くて断念した。。

 昼、DVD のタイトル付けをするも,プリンターの位置が悪く、腰が痛くなって中止。仕事の体制を改める必要がありそうだ。故障したプリンターはきっとタイトル印刷には使えるだろう。そうなれば、二階の自分の机の上で使おうと思う。

 午後から,鉄道員(ぽっぽや)をみる。今まで何回もみているが、初めから涙がでた。
 ターミナルであるあの駅や駅前のたたずまいが父母のすんでいた、幾春別に非常によく似ている。縦坑や炭鉱住宅街の様子も懐かしかった。
 男の生き方もそうだが、死んだ娘が死期の近い父親に会いに来るという設定が私には何ともたまらなかった。ちょうど正月で親戚が集まって亡くなった私達の長男の話が出たりする機会が多いものだから、尚更だった。
 私は本当は羨ましく思った。

降旗康男監督と高倉健の映画をもう少し集めたくなった。今のところ、夜叉、駅、ホタルは持っているはずだ。







静かな正月

2011/01/01(土)

 珍しく朝5時過ぎまで寝ていた。夕べはかなり飲んだ。まあ正月だから許してもらおう。

 雪も降らず穏やかな元旦。朝食はとらずに午前7時半に家を出て、ローソンで、新聞を購入、それからゴルフの練習場に行った。一番のりだった。今朝は-1度と暖かく、かなりのびのびと練習ができた。

 帰宅してから,朝・昼兼用の食事をした。午後から妻と病院に出かけた。院長室の掃除と整頓をした。思い切ってかなりの書類を裁断して、本も捨てた。少なくとも机の上は綺麗になった。また春頃には、手伝ってもらう必要がありそうだ。

 恐れていたとおりに,入院患者は半減していた。ドクターヘリの出動も無いようだった。4日から患者数が戻ってくれると良いが、、、昨年の記録をみると4日の一日で60人くらいの入院があったが、今年もそうなってくれることを願う。

 どういうわけか,夕食後腹痛あり。下痢は伴わなかったが、病院に行こうかと思うくらいだった。一時間くらいで幸い改善した。何か痛み止めを常備して置かなくてはと思った。

 今年は良い年でありますように、、、、まずは健康でありたい。




                     赤富士
                 
プロフィール

satoshig

Author:satoshig
 2012年4月から 旭川赤十字病院の名誉院長 となりました。
 現在の仕事のメインは同院の 常勤嘱託医師(検体検査管理加算Ⅳに該当する検査部門担当) です。
● 医療機能評価機構サーベイヤー
● 卒後臨床研修評価機構サーベイヤー


としての仕事も楽しんでいます。

 旭川赤十字病院には、1970年5月 から勤務し、副院長10年、院長を9年間 勤めさせていただきました。
 1966年北海道大学医学部卒業  もともとは脳神経外科医

リンク
最新コメント

最新記事
月別アーカイブ

フリーエリア
QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム