FC2ブログ

ゴルフの練習を開始

2010/12/30(木)

 朝、9時に練習場に行ってみた。午前8時から開場していて、正月中も休みなしという。只、空いていた。3ヶ月ぶりのゴルフの練習だ。何とか来年は不様な成績は残したくない。ただ、考えたらミッドシニアを超えてグランドシニアに出場することになるのかもしれない。するとフロントからの戦いとなる。小技がだめな私としてはけっして有利ではない。

 1時間も2時間も同じ料金ということだったが、一時間半で止めにした。何とか球はまっすぐと飛ぶようだ。あと休み中は毎日通うつもりだ。

 午後からは妻の生協への買い物に付き合った。その後自分の部屋の整理。少し片付いた。貯まった ダビングしてあった  DVD にタイトルをつけようとして、確か以前に使った専用印刷機があるはずだと思って探したら確かにでてきたが、  なんと XP 対応版だった。  7 には全く対応なしということで諦めた。普通のプリンターで最近は印刷できるようだ。明日試みてみよう。




スポンサーサイト

宇宙戦艦ヤマト

2010/12/29(水)

 長い正月休みの初日。これから六日間の休みが続く。病院の院長室の整理・整頓と新年交礼会で話をする今年の抱負、それから院長連盟の機関誌への投稿という仕事がある。病院へ行って家に運ぶべき荷物を持ってきた。病院は安静のようだった。

 午後から,息子と上の孫と一緒に 宇宙戦艦ヤマト を観に行った。旭川市郊外の永山地区にあるシネマプレックス。商業施設もあるので、買い物客も多く駐車場が混んでたいへんだったが、まあまあ面白かった。特撮はスターウオーズの初期のものくらいのレベルかと思われた、昔のアニメ版を見直してみようかと思った。
 ヤマトはもう30年も前に小学2年で亡くなった長男が大好きなアニメだった。パンフレットを買って、飾ろうと思っていたが,売ってはいなかった。

 夕食に  吉野の味噌ラーメン を食べて帰ってきた。

納会

2010/12/28(火)

 快晴。ありがたいことに雪が少ない。こんな年末も珍しいのではないだろうか。午前中、四役会議。病院組織図の変更について相談あり。現状とあわすことも必要だし、理想的な形を考えることも大事でなかなか難しいものだ。

 少し部屋の整頓をした。正月休み中に何回か来て綺麗にしよう。午後から職員が年末の挨拶にまわってきた。嬉しい事に11月の収支がでて、かなりの黒字。このままでいくと今年度は何とか黒字決裁が望めそうだ。正月明けに患者数の急激な回復を願うのみだ。ただ,希望が持てるようになってきたので、病院の皆にも伝えやすいのが私としては助かるところだ。

 夜、医局の納め会に参加。病棟の看護師とか職員が集まってきて、いつもにも増して賑やかだった。4Fの管理棟の納め会は外で予定されてはいたが、医局で飲んでいるうちに、酔っ払ってきたので、失礼して帰宅した。






東京日帰り

2010/12/27(月)

 快晴。朝の一番で東京へ。このJALが、なんとも空いていた。些か心配になった。Jシートには二人しか座っていなかった。
 東京は暖かだった。富士山が綺麗に見えた。

 三回目の会議。年末のこんな時期にもするのだから、時間がかかるだろうが、何とか結果がでれば良いが、、、私は内心多いに期待している。すごく意味があることだとも思っている。

 或る院長から機能評価の評点についての、疑問と批判をお聞きした。確かにおかしい。人事考課に関する部分だが、私達の病院は同じ状態で 3 でクリアしている。私もサーベイヤーとしては、その方向を主張すると思う。判定の統一性がぜひ必要だ。あるいは中間報告だから見逃されているのかもしれないが、、、自分のことではないが、やはり気に掛かるものだ。無理して,受審病院の枠をひろげるよりも、今まで認定されている病院に対するきめ細やかな対応の方が大事でないだろうか。

 JALの最終便で帰旭。なんとこれはすごく混んでいた。親子連れが多かった。冬休みなのだろう。





Don Giovanni

2010/12/26(日)

 午後10時前に寝たら例によって午前1時には目が覚めた。ちょうど録画中だった、フルトベングラーの ドン ジョバンニ を観る。古くから在る名盤だが、今回ハイビジョン用にデジタル変換していて、画面も音声も格段の進歩をしている。技術の進歩は本当に恐ろしいくらいだ。ザルツブルグ の野外大劇場が懐かしい。私は以前その劇場で 魔笛 をみた。 レバイン の指揮だった。

 ただ,私はこのオペラは何回みても良く判らない。魔笛 の荒唐無稽さとは又違って何がなんだか判らない。あの  ベルイマン が作った  オペラ映画  魔笛  を昔鑑賞した覚えがある。探してみよう。ケネスプラナーが  最近作ったものは面白かったが,何かしっくりとは来なかった。

とにかく   LOSEY の作ったドンジョバンニの映画もあるので,今日これから見直してみよう。

 孫達は昨夜来たし,特に予定が無いので、年賀状を書いて投函した。さらに何とかレポートを仕上げて添付ファイルとして送った。やはり送る段になると内容が粗末で恥ずかしい気持ちとなった。いやなものだ。

明日は今年最後の東京本社へ出張。押し詰まっているので、日帰りで無理して帰ってくるつもりだ。



年賀状

2010/12/25(土)

 暇な一日。ようやく年賀状を作り上げた。後は少し文字を書き加えるつもりだ。明日中には仕上げるだろう。
 機能評価のレポートは八割方できた。後は丁寧に推敲するだけだ。火曜日が締め切りになっている。月曜日は日帰りで東京へ出張なので明日中に仕上げる必要がありそうだ。

 夜、孫達がやってきた。久しぶりに遊んで楽しかった。今度は大晦日に会えるはずだ。  宇宙戦艦ヤマト の映画を正月休み中に見に行く約束をした。
 今日は比較的寒い一日だ。冬至は過ぎたがまだ日が長くは成っては来ない。これが正月を過ぎると、目に見えて朝が早く明るくなる。





医局ファミリークリスマス

2010/12/24(金)

 細かい雪が降っている。臨時の四役会議。機構改革の件、その他が話し合われた。途中で支部の局長から電話あり。思う方向に話は進んだようだ。感謝しなくては、、、

 看護部のラダーを通過者の表彰式有り。若い人に直接会う良い機会だ。その後医師会の連絡会議。あまり重要な件は無かった。会長は欠席だった。今年はこれで医師会の仕事も終わりである。

 午後4時から業務連絡会議あり。今年はまあまあの一年だったと報告した。その後ちょっと早めに帰宅。5時半に頼んであったタクシーでロワジールホテルへ妻とでかけた。医局のファミリークリスマス。

 年々、参加者が少なくなるようだが仕方がない。来年は孫達を連れて行きたいとは思うがどうなるか。無理強いのできることでは無いし、、、

 この週末は何とかゴルフの練習の糸口を作るのと、年賀状を完成するのと、機能評価のレポートを仕上げることだ。




暇な一日

2010/12/23(木)  祭日

 今朝も午前2時くらいに目が覚めてそれから寝られない。私はそれを一向に気にしないから良いのだが、、、起きて今回のサーベイのレポートを書いた。かなりできてこれは順調である。朝4時に必ず北海道新聞か届くのでそれを読み,5時に朝日新聞か配達されるで続けて読んで、そのあたりで眠くなってきた。
 今日は休日なのでのんびりと寝直した。これが、平日だとこうはいかない。

 本日は特に予定はない。道内は大荒れとのことだったが、幸い旭川はそれほどの事はないようだ。釧路や帯広空港は欠航になっているとのことだった。
 ゴルフの練習に行こうかなとちょっと思ったがやめた。この次の週末には行ってみよう。そうしないと正月休みに繋がらないことになってしまう。又、昨年度の二の舞になってしまう。

 孫達が来るかなと内心期待して待っていたが、音沙汰はないようだ。おかげでレポートの方は進展したが、、、

夜、11時半に目が覚めてしまった。又眠れない。起きて自分の部屋にあがり,購入してあった  映画版のオペラ カルメン を鑑賞。 以前 LD で持っていたものを、DVD で買い直して有った。昔ほど感心しなかった。ドミンゴが若く,ホセにはぴったりだったが、、、音がわるいのではないだろうか。画像は素晴らしく改善していたが音がどうもおかしい感じだった。  同じ系統のドン・ジョバンニも購入したので週末に楽しみに見てみよう。
                 


                     






自分の車で出勤

2010/12/22(水)


 久しぶりに自分の車で出勤した。道路は滑って困ると思いいつもよりは早めに家を出た。幸い混んではいず、病院に着くことができた。しかし、駐車場から病院の玄関への200メートルくらいが、滑って歩きにくかった。感心に大粒の砂を散布してあるのだが、あまり有効ではないようだった。緊張してあるくものだから、腰が痛くなった。

 大事な手紙は届いていなかった。新年会の案内状があった。休み中の報告に職員数人と面談があった。

帰旭

2010/12/21(火)

 朝2時過ぎには目が覚めてしまった。寝ようとしても眠れず。起きて最終日の準備と持参した DVD を鑑賞。ブロードウエイでの  RENT を記録した版だった。映画版は以前に見ている。プッチーニのオペラ  ラ・ボエーム を下敷きにしているが、面白かった。舞台の熱気が伝わって,映画版とはまた異なった楽しさだった。もう一度映画版もみなおしてみよう。




 午前6時に大きな方の旅行鞄を自宅に宅急便で送った。その後少し眠くなってきたが、起きなかったら困るので、そのまま起きていた。朝食は二日間ともなんとか食べないで我慢した。

 今日も快晴。特に大きなこともなく終了。最後の講評の時に眠くてたまらなかった。

 午後2時40分の飛行機で帰旭。旭川は雪はかなり解けてはいたが、やはり冬だった。家ににちょっと寄ってから、医師会へ。今年最後の理事会がありついで理事会の忘年会が ロワジールホテルで行われた。これは結構良いものがでた。アワビをひさしぶりに食べた。焼酎もおいしかった。

 明日、明後日は今のところ会合の予定はない。休肝日にしよう。

二日目終了

2010/12/20

   辛い二日目が終了した。色々な意味で大変だった。前回もそう思ったが、こう同じ事が続くようならしばらく機構の仕事を休んでみようかと思ってしまう。機構の対象病院を拡大しすぎなのではないだろうか。

  単に私の当りが悪いだけの話だと良いが、、、、、ホテルでの会議が9時までかかり、食事から帰ったら11時を超えていた。幸いお仲間との夜の食事も楽しく終わった。夜こうやって異なった経歴とバックグラウンドの方々と酒を飲みなが話をできるのだけが、このサーベイの良いところだ。


東京へ

2010/12/19

日曜日だというのに、一便で東京へ。旭川と東京では20度も気温が違った。コートが要らないくらいだ。東陽町は機構の研修で何回か来たことがある。ホテルは狭い部屋の代表的な佇まい。



機能評価のサーベイの仕事。自分の病院の受審で少し役に立つかと頻度をあげたのが、今も続いてしまった。
今回のお仲間は良い方ばかりのようだ。それだけでホッとした気分になる。キリの施設を経験していると少々の事では驚かなくなる。一日目は無事終了。夜9時には夕食を食べてホテルに戻る事ができた。








孫と買い物

2010/12/18(土)

 朝から細かい雪が降っている。午前中は暇だった。午後から孫達とクリスマスのプレゼントの買い物。隣の義兄も一緒に行った。トイザラスに行くも,上の孫の希望したものはなく、下の孫だけのを買った。ついでヤマダ電機に行ってようやく希望するものが見つかって満足したようだ。この次に孫達に会えるのはいつだろう。案外、大晦日になるのかもしれない。

 夜、グランドホテルで旭川医大の産婦人科と皮膚科の忘年会。掛け持ちをして、動き回るつもりが、産婦人科で話しているうちに面倒になって腰をおちつけてしまった。掛け持ちはやはり不可能だ。

 今年もあと2週間も残っていない。明日からはまた東京へ出張。サーベイの仕事がある。荷物を送ってしまったので、どんな病院だったかをすっかり忘れてしまっている。モードを切り替えなくてはならない。明日はまず東陽町のホテルへたどり着くまでが一仕事だ。




夜間急病センター忘年会

2010/12/17(金)

 今日は比較的安穏な一日。

 左の外反母趾の炎症はようやく治まってきた。このくらいで快方に向かうのなら幸いだ。

 昼、医師会の連絡会議に行く。歳末ムードでおおきな案件は無し。午後3時から,病院のアトリュームでクリスマスへの催しがあった。LAWSON と タリーズ の共催のようだ。音響が良くない。上に皆音が抜けてしまう。といって、反響板をつけるほどのことではないだろう。

 夕方、福井大学医学部付属病院のご一行様が手術場とかICUとか洗浄設備を見学に来られた。勿論私達の病院だけを見に来られたのではないが、嬉しい事だ。

 夜、医師会の夜間急病センターの忘年会あり。
今夜は,忘年会が一番多い日だとも思われた。夕方予定されていた脳外科のヒアリングが臨時手術が入ったということで、中止にもなったので、タクシーの混雑をさけて早めに外へでた。何年ぶりかで、二つのデパートの本売り場を眺めてみた。三省堂富貴堂ともに,雑然と本が並べられていた。あれでは営業不振になるわけだ。ただ、いろいろと本はあった。

  会場は 井泉。 私は管掌副院長として挨拶をした。この4年間の任期中に一度くらい医者として、当直勤務等のお手伝いをしたかった。
 ただ、とんかつで名のとおっているあの店で 刺身とか懐石料理まがいのものがでてもあまり楽しいものではなかった。

 私は隣り合わせた医師会長といろいろとお話をして、この副会長としての4年間を総括できたのだけが収穫だった。





大雪の蔵

2010/12/16(木)

 朝から細かい雪。旭川はまだ-8度くらいだが、北見は-20度以下だったという。考えられない。よくそんな所に住んでいるものだ。四役会議で,組織改編の話と正面玄関の使用方法の話がでた。組織改編は診療技術部新設の件だし、玄関は少なくとも冬期は回転ドアしか使わない方向で検討することにした。

 回転ドアについてはきっといろいろと物議を醸しそうだ。私もかなり長時間玄関ホールで観察した。横の予備のドアを使うのは,まず職員。ついで、タクシーの運転手とか、出入りの業者とか、慣れた人、ついで車いすの出し入れが多い。一般の患者さんはまずは回転ドアを使っている。一人で車いすに乗っている方は回転ドアを使った方が楽なのは間違いない。

 回転ドアは風が吹き込まないようにできているが、予備のドアは開けると風がもろに吹き込む。

 少し人をつけたりして誘導すると問題は無いと思われる。

 夕方、ある道内の病院の院長から、 赤十字スポーツ大会 についての苦しい胸の内を書いたメールが届いた。実は北海道ブロックの順番で、数年後に主催をお願いしてあった。院長からは内諾を得ていた。
 ところが、病院の幹部会議で話しをしたら,猛反対にあったという。反対の理由はいちいち尤もなもので、私としても反論のしようもない。ある意味では正常の反応と思われる。
 返上(正式にはまだ引き受けていないのだから、この言葉はおかしいか、、、)という結論になったらしい。次の役員会で説明しなくてはなるまい。

 年の暮れで挨拶の客多し。こちらが、ストレスを感じないよう,お願いしたいものだ。

 夜、医師会の事務局の忘年会が  大雪の蔵 であった。雪の積もった庭が綺麗だった。飲む量を極力セーブした。





忘年会後半戦開始

2010/12/15(水)

 昨晩、寝る前に 6年前のボルタレンを期限切れかなとは懸念しつつ、服用した。夜中に目が覚めたら、痛みがすっかり和らいでいた。朝みると、腫れは残ってはいるが赤い色が完全に消失していた。これで収まってくれるならこんな嬉しいことはない。

 病院にでても、久しぶりに院内を歩き回った。年の暮れに向かって気がついたことはどんどん改善の指示を出そうと思った。正面玄関の回転ドアは良いのだが、横についている、非常用のドアを使用する人が多い。風がまともに吹き込んで、正面ホールの温度が下がるようだ。タクシー待ちとか、迎えを待つ人が結構いる。玄関ホールだから,少し温度が下がっていても良いという考え方もあろだろうが、どうしよう。冬期は横のドアを閉鎖するのも一方法だとは思う。車いすの方も本当は回転ドアで何も不便は無いはずである。

 夜、診療部長会議があったが、大きな話題は無し。11月の医療収入が嬉しい事に上方修正した目標値をクリアしていた。この正月休みをいかに目減りを減らして頑張れるかだ。

 その後、ゴルフ仲間の Sドクター  N元事務部長 と忠和いある  和楽村 というところで忘年会。話が弾んでつい飲み過ぎた。明日からの忘年会は少し自重が必要だ。

飲むとやはり少し咳き込むようだ。





札幌へ

2010/12/14(火)

 足はまだやはり当然のごとく改善は見られない。今日も自分の車では出勤できず。ロキソニンを服用すると少し楽なようだ。杖をついて歩こうかとも思う。亡父の使っていた杖が残っている。

 午後1時の電車で、札幌へ。電車は結構混んでいた。この昼の時間帯では何本か便が廃止になった。その影響だろうか。ちょっと平日にしては混みすぎだ。

 札幌には全く雪は見られない。札幌医大のいつもの講堂前の広場で,事務部長と落ち合った。新しく就任した教授へお祝いを述べに伺った。全くの初対面だったが、まあ目的は達した。
 4時の電車で帰って来たがこれも混んでいた。年内は札幌へ行くのもこれが最後。

 夜、久しぶりに孫から電話あり。今週の土曜日にクリスマスプレゼントを一緒に購入しに行く約束をさせられた。楽しみだ。

 今日は  休肝日。明日からまた何日間も忘年会が続く。



左下肢の調子悪し

2010/12/13(月)

 左の外反母趾の部分の痛みが増した。駐車場から病院までの距離を歩けそうもなく、タクシーで出勤した。病院について院内履きにしている、大きめの靴を履くとこれは調子が少し良いようだった。

 或る病院長から電話あり。期末勤勉手当をかなりのカットをしなければならない。しかし職員のモチベーションという点からはできるだけ、減額を抑えたい。上部機関に相談したいが、どうだろうかという内容。職員のためには勿論良い事だが、空気が読めていないといわれてしまう危険性は指摘した。
  
 四役会議で大きな問題は無し。ラダーの表彰式や、看護部がお呼びした講師の方へご挨拶をした。

  夜、グランドホテルで救急搬送症例の検討会が開かれた。たくさんのゲストも来られて盛会だった。私は挨拶をした後で、途中で同じホテルの  四季 に赴いた。公的病院長会議が開催された。旭川医大の学生実習の件や医師会への対応の件が話し合われた。ただ、私の望むような結論にはならなかった。これも仕方が無いことかもしれない。医師会の会長選挙に思いがけない人がでるという話しもでた。よく考えたらこれも有りかもしれない。

 医療機能評価機構から付加部門の救急の研修の案内がきた。こうなれば受けてみようかと思う。

 それにしても、私は酒が弱くなった。いつもの半分でかなり酔った。挨拶だけした勉強会の後の意見交換会がまだ続いているかなとちょっと思ったが、酔っていたので止めにした。
 明日は休肝日にしよう。





猛吹雪

2010/12/12(日)

 昨晩は少し飲み過ぎたのか,夜中に咳で目が覚めた。
 そのまま起きて持参したソフトでオペラを鑑賞した。グラインドボーン音楽祭のトリスタンとイゾルデ。レーンホフの演出である。楽しんだ。
 本当は朝食もついていたのだが、面倒になって朝6時半にチエックアウト。6時52分の電車に乗った。札幌は雪は降ってはいなかったが、滝川のあたりから猛吹雪。電車のスピードを極端に落として走っていた。旭川についても,吹雪の勢いは止まらなかった。これは絶対に飛行機は降りる筈がないと思ったが、少し遅れたくらいで、全部旭川空港に降りたようだった。

 ようするに、とんでもない嵐以外は着陸することができるようだ。ただ、もしもの時にキャンセルできる予定なら良いが,そうでは無い時には精神的に非常に良くないことになる。

 帰宅してからもなにをするでもなく過ごしてしまった。今週は忘年会の最盛期。何とか火曜日のみは飲む機会無い予定だ。ただ,札幌医大へ行く用事がある。

 昨晩くらいからまた左の外反母趾の部分が痛い。せっかくゴルフの練習を始めようと思ったのに、、、
何とか悪化しないで欲しい。





札幌

2010/12/11(土)

 休日。朝からのんびりと過ごした。午後になって札幌へ。札幌グランドホテルで札幌医大の第四内科同門会の忘年会が開かれた。私達の病院には血液内科を引き受けて戴いている。
 お招きを受けて参加した。電車の中と札幌駅で忘年会だという医師何人かと会う。札幌は全く雪は無し。会場ではいろいろと珍しく懐かしい方々にお会いして楽しかった。伊達の年末手当の状況なども聞いた。正確に職員にも知らせる必要はあるだろう。

 遅くなったので,宿泊は同じホテルに泊まることとした。二次会にも行かず、ゆっくりとからだを休める事ができた。




病院忘年会

2010/12/10(金)

 昼、医師会で夜間急病センターの委員会。来年度の予算の承認をした。旭川市からのお金は今年度と同様という予算になっている。その後連絡会議もあり次年度の役員の体制の話もでた。私の後任の件も話になり、明後日公的病院の院長が別件で集まるのでそのとき,ある院長を説得することになった。

 その後、事務部長と昨日の続き。本日は内科系の教授を訪問した。幸い大きな問題は提起されなかった。勿論今日も引っ越しの準備の真っ最中。

 夜、ロワジールホテルで病院互助会の大忘年会。なんと450人強の申し込みということで、昨年より100人も多かった。良い事で私は非常に嬉しかった。研修医の余興とか、女子職員の妖艶なベリーダンスとかもあり,明らかに皆のモチベーションは少しづつ,上昇中と私には思われた。
 会の初めの挨拶で  今年は病院にとってどちらかというと良い一年だった と私は述べたが、本当にそうで有って欲しい。気がついていないだけであるいは、目を背けているだけで、 少しずつ 神々の黄昏 が近づいているなどということの無いように願いたいものだ。

 酒をつがれて飲んでいるうちに酔っ払ってしまったが、嬉しい気持ちで帰宅した。
 




年末のご挨拶

2010/12/09(木)

 四役会議で先日の病院長連盟役員会議の報告をした。説明しながらよく考えると、今後に尾を引きそうな大事な問題がある。出退勤の今の時刻を打ち込むシステムもどこかで改正する必要がありそうだ。別に超過勤務を申請・承認するシステムを持っているといっても通用はしないようだ。通用しないかえって危険なシステムに拘泥する必要は無い。
 いろいろと情報を得ることが必要だ。私は、あちこちに収集する網を打って置くつもりだ。

 何とも趣旨の判らない来客が一人。
 午後から事務部長と旭川医大に挨拶回りに伺った。今日で関連教室の半分を回る事ができた。明日あと少しのお約束が残っている。当然のことながら約束の時間がマチマチなので、待ち時間ができてしまったり結構疲れた。訪問を受ける教授のほうもさぞご迷惑だろうと思うと、今回は特にすぐ切り上げるよう留意した。北大と札幌医大は年が明けてからを考えている。

 旭川医大は改築がまだ半ばで、ちょうど引っ越しの真っ最中の教室もあった。素晴らしく活気があるように感じられた。

 来年度の予算立案の方針の説明があった。皮算用のようにうまくことが運ぶよう願うだけだ。



医局幹事選挙

2010/12/08(水)

 朝、久しぶりにホテルでのんびりと過ごした。このホテルの売りの一つの大浴場にも行かなかった。朝食もとらず。とにかく部屋から一歩も出なかった。9時にチエックアウト。只この時間帯はモノレールは各駅止まりばかりだった。羽田空港で朝食と昼食兼用の食事と思っていたが、時間が無くて食べなかった。

 旭川に着くとやはり雪はまだ残っていた。家に寄って軽く昼食をたべてから病院へ出勤した。

 夜、医局で研修医が発表する  CPC. 久しぶりに参加した。私は医局の行事もほとんど出席できないでいる。その後、恒例の医局幹事選挙があった。昔は任期が無制限だったので、長期政権がいつ信任を失うかという興味があった。私も長い間幹事を仰せつかったが、幸い落ちる前に、副院長になった。
 その後、年一回恒例の ボジョレヌーボの会。  私の医局幹事のころから続いている行事である。仏蘭西亭 のビーフシチューは相変わらず美味だった。





上京

2010/12/07(火)

 朝、3時頃に起きてレポート書き。何とかできたことにして、リーダーにメールに添付して送った。恥ずかしい気持ちはあるが、もう限界だ。気持ちを切り替えないとやっていけない。

 夜が明けると一面の雪景色だった。それほど深い雪ではないがうっすらと積もっている。朝家を出て、旭川空港に着く頃になって雪の降り方が強くなって、見通しも悪くなった。これはつぎの飛行機は、危ないとは思ったが、まあ今日の仕事はいざとなったら休む事も許されると気楽に構えることとした。

 飛行機は何とか着いた。ただ、翼についた雪を除くのに時間がかかって15分ほど出発が遅れた。東京は不公平なくらい良い天気だった。風もなく暖かい。ワイシャツ姿の人がたくさんいた。外套を着ていると汗ばむほどだった。

 本社で院長連盟の役員会。大きな議題は無かったが、退職給付金の見直しの話が目を引いた。奈良県の産科医師の宅直の扱いの裁判の結果についても、考えさせられる問題だった。東京都はすでに対応を迫られているという。わたしも又勉強をする課題ができた。

 その後、忘年会。皆が持ち寄った酒の量が異常に多く盛り上がった。それでも私はすこしはセーブできるようになったようだ。

 今夜の宿泊も  三井ガーデン汐留  。レポートをだしてしまったので、のんびりと持参した DVD でオペラを鑑賞できた。
  明日の朝は10時半の遅い飛行機の予定でいる。一便に変更しようかなとも思ったがそのままとした。




団交

2010/12/06(月)

 朝、医師の早朝連絡会議で酒酔い運転厳禁の話をした。病院の経営のほうは、今年度の予測としては、なんとか少し明るい兆しもみえてはいる。ただ、他の優良病院と比べるとまだ改善の度合いが少ないようだ。この原因の追及はできてはいない。更に、これからの正月休みが心配だ。正月明けにすぐ、病床利用率が回復するだろうか。ここ数年は病院の意志を強く伝えてうまくはいってきてはいる。ここはもう、くれぐれも医師や看護師にお願いしたい気持ちでいっぱいである。

 ボランテイアの方で1000時間を超えた方お二人の表彰式があった。心からの敬意を表したい。ここしばらくは少し衰退気味なのが気になっている。初めは私が副院長になった頃の話だから、長い時間がたったものだ。

 気管挿管実習の救急救命士のかたの表彰状の授与も有った。私はつくづく彼らの努力に感心する。

 今週末の病院の忘年会の参加者が450人という噂だ。この前の日赤会にも現役職員の参加が多かったし、院長としては嬉しい限りだ。これが、職員のモチベーションのアップの現れならこんな喜ばしいことはないのだが、、、、

 夜、団交あり。早く職員に大きく何かで還元できるような経営状態になれば嬉しいことだ。疲れてしまって、ヒアリングには行けなかった。労働者派遣法を私も詳しく勉強する必要がある。何も判っていないことを知らされた。

 明日は又本社に出張。レポートはまだ完成していない。どこかで諦めて送ってしまおうかとも思う。次の資料がもう届いてしまった。

孫の誕生日

2010/12/05(日)

 朝、早く起きて仕事。それでもまだ仕上がらなかった。8日が閉めきりなのでぎりぎりとなるだろう。とにかく書く欄が多すぎて難渋する。
 そうこうしているうちに、もう次のリーダーからメールが入ってきた。

 今日は雪との予測だったが、降らず。道路にはすっかり雪は無くなった。この状態が続いてくれれば、良いが,,,

 下の孫の3歳の誕生日。一緒に  トイザラス へ行って、  トミー のおもちゃを購入した。上の孫も付いては行ったが、ちゃんと今日は弟の誕生日だということを理解していて、自分はクリスマスにサンタに頼むものを物色していた。大人になった。ただまだサンタを真剣に信じてはいるが、、、

 夕方から,息子の家に皆が集まって、誕生祝い。中華料理をとって賑やかに皆でお祝いした。お祝いなので今日もまた持参した  最後の  ボジョレヌーボ 2本を飲んでしまった。明日は絶対に禁酒

   幸い、右膝の痛みはとれてきた。この機会にゴルフの練習を再開したい。来年は今年のような不様なゴルフをしたくはない。




学校保健会 忘年会

2010/12/04(土)

 朝、3時頃目が覚めた。ホテルの外の景色をみるも、雨は降って居ない。風もたいしたことはない。まあ良かった。ただ,飲み過ぎた訳でもないのに気分が優れない。最近間違いなく酒が弱くなった。あのくらいセーブして飲んでいて気分が悪い感じが残るのでは大変だ。

 レポート書きを始めるも全く能率が上がらない。マーラー のⅥ番を聞いてぼんやりと過ごす。バースタインの演奏に最近はこっている。

 朝食も食べずに6時50分の電車で札幌を離れた。駅までの途中に多分風で折れた木の枝が道路脇に、散らばっていた。電車は本日から新ダイヤの筈だが、この電車は変更は無かった。
家に帰って風呂に入り2時間ばかり仕事。

 午後からグランドホテルで、旭川市学校保健会の総会。 (注 昨年の記事)創立50周年の記念行事。私は今回順番が当たって会長を仰せつかっている。最初の挨拶も申し訳ないが,書いて頂いたのを棒読みとさせてもらった。いろいろと表彰があり、手渡すも慣れていないことなのでさぞぎこちなかったであろうと思う。
以前当院に勤めていた看護師の方に偶然会う。中学生の息子さんが運動能力検定優秀者の表彰だという。面はゆいが私の名前の表彰状を私が手渡すわけである。懐かしくいろいろとお話をした。

 懇親会もあったが、酒はのまずに我慢。その後の眼科医局忘年会で来賓挨拶を一応は酒の入らない状態で行いたかった。酔った状態では失礼だろうし、もし変な事を口走ったら、取り返しがつかないことになる。

 同じホテルでの、旭川医大眼科の忘年会に参加。いつもにも増して盛大だった。私は冒頭の教授のプレゼンテーションに多いにに感心した。パッションを持って行うと、成果が必ずや付いて来るという話は私もどこかで熱く語ってみたいと思った。私のような年齢と立場でも心躍る感じがするのだから、若い医局員はしっかりとリーダーの心を汲まなくてはならないはずだ。

 旭川地区を代表して,挨拶をしたが、率直に感想を述べさせて戴いた。旭川市の夜間救急へのご協力の感謝を伝えた。

 二次会に誘われたが、仕事が気になって帰宅。帰ったがやはり仕事にならず,今夜は早く寝て明朝で何とか仕上げよう。



院長・事務部長会議

2010/12/03(金)

 猛烈な低気圧が迫っているという。出張の準備の上、病院へ。きのうに続いていろいろと職員におあいする事項が多かった。11時半の電車で札幌へ。電車の中でもレポート書きをしようと,今回はパソコンを持参した。ガラガラ空いていることが解ってはいたが、電源の確保のためにUシートを利用した。しかし揺れて画面を注視するのは辛いのでやめた。

 出発時の旭川は曇り空だったが、滝川あたりから雨。札幌ではかなり本格的に降っていた。幸い風はなかった。しかし,枝が折れて落ちる可能性があるということで、いつもの道庁構内の道が制限されていた。

 午後1時半から支部で会議。珍しくいろいろと議論が沸騰した。支部に設置された経営管理室の費用の一部を病院で負担する件についてが大きかった。今までの経緯と今後の流れのこともあり私も積極的に発言せずには居れなかった。

 午後6時から、ガーデンパレス で意見交換の場が設けられた。忘年会という側面もあり盛り上がった。仕事を抱えているので私は敢えてこのホテルを予約していた。二次会には行かなかったが,仕事もできなかった。明日の朝早く起きて頑張ろう。

日赤会忘年会

2010/12/02(木)

 朝、病院に運転して行く時には、道路は凍ってツルツルだった。いつもの事とはいえ、慣れるまでは大変だ。休んだ後なので、四役会議も決裁も時間がかかった。特に決裁には2時間くらいかかってしまった。医局への挨拶回りの予定も作った。年内は旭川医大、年が明けたら北大と札幌医大を回ることとした。

 立場を替えて挨拶に来られる身になるとなんとも面倒なことだと思うが、といって省略するという選択肢はやはり無理なのだろう。どこかで考えどころかもしれない。

 夜、日赤病院の現役とOBとの懇親組織である 日赤会 の忘年会が グランドホテルで開催された。いつもにもまして、多くの参加があった。特に現役の職員の参加が多いのが,院長としては嬉しかった。
  機能評価のレポートのことを考えて飲まないようにはしていたが、やはり飲んでしまった。それでも二次会には参加しないで帰宅はしたが、レポートを書くまでにはいかなかった。

 明日は札幌の日赤支部で会議と懇談会で札幌宿泊、明後日は午後から医師会がらみの会議と大学医局の忘年会、日曜日は孫の誕生日と続いている。心してかからないと、いつまでたっても仕上がらないことになってしまう





雪が残っている

2010/12/01(水)

 東京は快晴。外套は全く必要無い。いろいろと有ったが、午後1時には終了。今回のサーベイは私はかなり考えることがあった。本当にしばらく機構の仕事を休んでみようとさえ思せられた。機構やメンバーには何も不満は無いのだが、、、

 午後2時40分発の便で帰って来た。空港で昼食に、  槙  で  鰻重を食べた、余りおいしいと今回は思わなかった。終わったという満足感が乏しかったせいかもしれない。
  ただ、その便も旭川は降雪のため、千歳空港へ着陸することを承知で出発と言われてしまっていた。冬の大事な出張は、本当に一日早く行くことを考慮しなくてはならないようだ。

 しかし,どうやら無事旭川には降りた。降った雪は解けてはいなかった。昨日は凍ってあちこちで渋滞したという。明日からの運転がいやだ。飛行機を降りたときから、右耳の聞こえが改善しない。左耳は改善したのだが、、、、最近気圧の変化にかなり敏感に反応するようになってしまった。

 さらに今朝起きた時から,右の膝が痛い。初めての事だ。酔っ払って転んで打った訳でもないので、どうしたのだろう。シップをして、ロキソニンを服用した。階段を下りる時が一番痛いようだ。水でも貯まったのだろうか。




プロフィール

satoshig

Author:satoshig
 2012年4月から旭川赤十字病院の名誉院長 しております。
 現在の仕事のメインは同院の 常勤嘱託医師(検体検査管理加算Ⅳに該当する検査部門担当) です。
● 医療機能評価機構サーベイヤー
● 卒後臨床研修評価機構サーベイヤー


としての仕事も楽しんでいます。

 旭川赤十字病院には、1970年5月 から勤務し、副院長10年、院長を9年間 勤めさせていただきました。
 1966年北海道大学医学部卒業  もともとは脳神経外科医

リンク
最新コメント

最新記事
月別アーカイブ

フリーエリア
QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム