FC2ブログ

サーヴェイ初日

10/11/29


朝起きたら雪。少し積もっていた。空港に自分の車で行くつもりでいた。しかしタクシーにしないと駄目かなと思ったりしているうちに、吹雪模様になってきた。念の為、日本航空の発着状況を、ネットでみると、東京発の一便は、千歳空港へ降りるかもしれないのを承知で飛び立ったらしい。


旭川空港まで行って、もし降りて来なかったら、今日の予定は最悪の展開になる。医師が一人というのは、こういう場合は、取り返しがつかない。一日早く出発すべきだった。甘く考えていた。欠航率は千歳空港の方が高いのだが、ここは決断をして新千歳空港へ向かうことにした。8時半の電車に飛び乗った。しかし、滝川の辺りで快晴になった。旭川空港にも少しばかり遅れて飛行機は着いたようだった。今更、引き返せるわけもなく電車の中から、予約してあった飛行機をキャンセルして、新たに千歳発を予約、購入した。

千歳空港のラウンジで、先輩の医師の姿を見た。声をかけようかなとは思ったが、また自慢話を聞かされるのは嫌だと思い直した。私の心の狭いところだ。

この便も少し遅れた。羽田に着いたのは、午後2時。ギリギリで今日の目的の病院につくことができた。4人体制のお仲間は、幸い良い方ばかりだった。
ホテルは昨日からの因縁の、シェラトン都ホテル東京。一流ホテルなのだろうが、昨日の謝罪は一言も無かった。これは、JTB. への報告書に絶対書いて送ろうと心に決めた。ある事情があって、夜の打ち合わせも早く終わった。

夜の食事はホテル近くの 中華料理。これが意外においしかった。。明日もここにしようという事になった。







スポンサーサイト



孫のお遊戯会

2010/11/28(日)

 朝から寒い。ただ雪は降ってはいなかった。夕べは深夜になってからは、咳がでなかった。

 8時に家を出て、妻と下の息子と三人で保育園へ。下の孫のお遊戯会。泣いている子供がいるのからみたら、孫はまだニコニコと笑っていた。たいした芸はしなかったが、、、一時間ほどで終了した。仕方のないことだが,会場が狭い。年長組と年少組との二部交代制はそれはそれで良い方法だと思われた。

 例のカメラは,使う事はできた。しかし動画機能の方が便利だった。孫の行事は動いて,音がでる方が良いに決まっていた。

 帰宅して孫達が来るかなと思っていたら、東京のホテルから電話。明日から宿泊するホテルに荷物を送ってある。荷物は届いたが、予約客のなかに名前がないという。そんなはずは無いと頑張るが絶対無いという。  JTB の扱いなので、東京の JTB に電話するもあいにく日曜日で休み。

 今度ご一緒する リーダーの電話番号を探して、利用することになっているホテルの確認をするも、やはり間違いない。そうこうしているうちにホテルから、予約はされている、自分達の間違いだったという連絡がきた。何十回も今までサーベイに参加して初めての事だった。実際はどういうことだったのかは不明だが、2時間ほど面倒だった。

 夕方から雪。これは少し積もりそうだ。まだ根雪にはなって欲しくはないが、、、孫達は今日は現れなかった。





旭川市医師会医学会

2010/11/27(土)


 朝、ホテルで午前2時頃目が覚めた。それからは全く眠られず。そうこうしているうちに朝の出発の時間になってしまった。朝、5時半にチエックアウト。真っ暗ななかを、空港へモノレールで行った。この時間でもモノレールは混んでいた。

 朝食はラウンジのクロワッサンで済ませた。今日は珍しいことに、予定よりも早めに旭川空港についた。そのまま,医師会へ。昨日の会議の報告と決裁を行った。いつも事務局には、迷惑のかけ通しである。

 家に帰って着替えて、ちょっと病院に寄った。手紙の確認と年末調整の書類の確認をした。その後、旭川グランドホテルへ。

 年一回の医師会医学会が開催されている。本当は病院の互助会の旅行の日で、泊まりがけで層雲峡温泉にいくことにはなっていた。しかし、私は医師会の行事や会議にあまりに欠席ばかりなので、今回は医師会の行事に参加せざるを得なかった。一泊温泉旅行会の首尾も本当は気になっている。

 特別講演は  秋山仁 氏。確かに話しの内容は面白かった。かなりユニークなキャラクターの方だと思われた。会員の参加は多くはなかったが、いろいろと珍しい先輩にお会いした。




 夕食会が ホテルの 四季 であったが、私はやはりお酒を飲むと少し咳き込むようで、大事をとって帰宅した。明日は孫のお遊戯発表会があるし、明後日はまた機能評価のサーベイで東京行きだ。

本社出張

2010/11/26(金)

 朝の JAL の一便で東京へ。飛行機はあまり混んではいなかった。東京は旭川とは大違いに暖かかった。外套は必要ないようだった。
  午後から本社の幹部と院長連盟会長・副会長との話し合い。いろいろと将来の赤十字病院のあり方について話合われた。医療事業部本部制とか独立採算制とか、すぐには解決はしないだろうが、柔軟に考えていきたい。こういう機会を作った総務局長の考え方は評価すべきだと思った。その後、浜松町の貿易センタービルの地下のワインコーナーで会合。これも結構楽しかった。

 今夜の宿泊はいつもの 三井ガーデン汐留。明日は午前6時にはホテルを出発しなくてはならない




札幌 支部へ

2010/11/25(木)

 今朝は寒かった。病院へ出る途中のグランドが真っ白に霜がおりていた。四役会議は特に重大な事柄は無し。ただ、最近少し冗長気味である。どこかの時点で改善すべきだと思う。4月からの新体制になったら皆に相談してみよう。

 久しぶりに検食。多忙で殆ど行っていなかった。ただ、いつも木曜日なので同じ献立になってしまう。これは誰が悪い訳でもない。

 大急ぎで、12時半の電車で札幌へ。赤十字北海道支部の局長にお会いしに出向いた。お願いすることがあった。仕事の話の後はオペラの話。いろいろと精力的に鑑賞の機会を作っておられるのには感心した。お話をしているうちに私も2月の  チョフイ- の椿姫を観たくなった。




 3時半の電車で帰旭。旭川に着いたら寒かった。かなり身体の状態は改善したが、まだ完治にはほど遠いようだ。明日は本社出張がある。来週のサーベイの荷物も作らなくてはならない。

 ネットで探したら、  トラビアータ の券は入手可能だった.
院長連盟の役員会の後なら,時間がとれるはずだ。




女子学生の会

2010/11/24(水)

 今日こそは、寒くなるという話だったが、意外に気温は下がらなかった。

 夜、旭川医大で,女子学生と女医が話し合う会が有った。医師会も絡んでいることになっており、私も旭川市医師会副会長として参加した。昔、日赤に勤めていた方も来ていて、久しぶりにお会いした。私が副院長になったときに,お祝いの会で花束をくれたよちよち歩きの娘さんが、もう大学生だという。

 会は先輩女医の体験の発表とフリートーキングとなっていたが、学生の参加者が少ないのが勿体ないのと、少し奇異に感じた。将来を考えるのに非常に有用な機会だと思うのだが、、、、先輩としての女医の参加の方が遙かに多かった。

 午後は、避難訓練、経営改善会議、管理会議と忙しかった。避難訓練はあんなものだろうか。何か緊張感に乏しかった。どうしてだろう。経営改善に関しては、上半期の目標は達しているので、下半期もこのまま継続とすることになった。最終的に少しでも黒字になってくれたら、こんな嬉しい事はない。

残念ながら,体調はまだ戻らない。



 

暖かい祭日

2010/11/23(火)

 今日は寒い一日の筈がそれほどでもなかった。暇な祭日であった。

 鷹栖のインター脇のゴルフの練習場に年会費を納めにいった。昨年もちょうどこの祭日に納めていた。ところがそれから一度も練習に行っていなかった。腰痛、右肩痛等々で散々だった。冬に全く練習しなかった付けが今年度に回ってきたのだろう。そういえば素振りもこの2週間はしていない。

 一年間なにもしないというと、新しい一眼レフカメラがそうだ。はじめは珍しく使ったがその後は、なにも使っていない。結局は小さいデジカメが便利で使ってしまう。今月末に孫のお遊戯会がある。望遠の威力を発揮したく取り出して使い方を復習した。うまく写すことができるかどうかは不安である。

 来週の機能評価サーベイの準備をした。受審戴く病院が東京だ。行くには楽だ。しかし4人体制というのは,守備範囲が広く又最後のレポートの書く量も多くて私はいやだ。作業量が普段の二倍になる。医師は一人しかいないので何か事故が有ったら大変な迷惑をおかけする。その時までには、体調は整うだろうかな、、、

 夕方からトリスタンをみる。なかなか演出も面白く,主演の二人もかなりの美形で(尤も男に関してはどうでも良いのだが、、、、、、)、楽しめた。舞台の上で、二つのビール樽が豪快にぶつかり合うような哀しい事態に遭遇したことが何度もある。
  私の音楽のレベルでは言えることではないが、もう少し歌唱がうまければ、言うこと無しと思われた。
 テナーの リチャード・デッカー という歌手は来年東京で演奏会形式のトリスタンをするらしい。ちょっと食指が動いた。ソプラノの ヨルダンカ・デリロヴァ の今後を期待して眺めてみたい。





機能評価受審結果

2010/11/22(月)

 暖かい。午後からは雨という予報だったが、強くは降らず。

   9月下旬に受審した  機能評価の中間発表がようやく届いた。10年前からの3回目の受審である。
 少なくとも  は 無かった。認容されると言うことになる。思いがけないところで 初めての が付いていたり、思ったより 3 が多かったりはしたが、まあ良かった。私も少し責任を果たしたような気持ちがする。
 3 の項目を全部改善しようとすることは無いが、選らんで,長期的に改善する努力が必要だ。職員にうまく伝えたい。
 私はいつもは書く立ち場で、じっくりと報告書を読んだことが無かった。本当のところは大いに参考になった。今後の報告書の書き方に生かそうと思う。

 朝の四役会議は長くかかった。ただ、私が伝えたいと思ったことはどうやらうまくいった。自分でも昔から比べると、自分の意見を強く主張するようになった。今の立場を踏まえてなら良いが、加齢で頑固で周りが見られなくなっているのなら本当は問題だ。注意しなければと反省はした。

  支部がらみの当院に絡んだ人事の件で、支部その他とやりとりあり。これに関しては少し自分の我をとおしてみることとしたい。木曜日、局長を再度訪問するアポイントを戴いた。

 朝、トリスタンを観た。第3幕のみを集中的にみたら、面白かった。やはり、バイロイトで観た ポネル の演出はイゾルデはトリスタンの元には来なかった。トリスタンの妄想だった。来なかったイゾルデがマルケ王の后としてその後をどう生きたのか興味が湧いた。あるいは生きなかったのか、、、、
 この機会にトリスタンを少しでも理解を深めようと、新たなDVDを三つ  HMV に注文した。

 明日も休みなので,ちゃんと視聴していなかった DVD をみてみよう。確かヒロインが マリアカラス 似という評判だった。       
            



 
トリスタン1

トリスタンとイゾルデ

2010/11/21(日)

 日曜日、身体の調子は良くなった。咳の数はうんと減少した。只、自分の部屋へいくと咳の回数がふえるようだ。埃だろうか、、、

 一日中静養。途中、妻の買い物に生協、ホーマック等に付き合った。天気はすこぶる快晴で風も吹かず、このくらいの天候が12月いっぱい続いたりするのなら素晴らしい事だが、、、

 前日の続きの  メトの トリスタンとイゾルデ  を鑑賞した。面白かった。あまり奇をてらった演出でもなく楽しめた。ただ、このオペラは本当は判らない。少し勉強してみる気持ちになった。その気になったら、参考書はいくらでも出版されている。  愛と死、昼と夜  殆ど理解できていないようだ。
バイロイトでも観たあのポネル の演出のものも見直す必要がありそうだ。確か第三幕は全てトリスタンの妄想という設定だった気がする。照明の美しさのみ記憶に残っているが、、、

 明日から体調がすっかり改善していることを望みたい。明朝の四役会議でいろいろと重要な案件を説明しなくてはならない。少し準備をしてみよう。

トリスタン







少し改善か

2010/11/20(土)

 朝、3時頃目が覚めたが何となく調子がよい。呼気のさいに少しゼイゼイしていたのも感じられない。明らかな改善のようだった。素直に嬉しかった。

 午前中も特に問題なし。午後から下の孫が遊びにやってきた。いろいろと一緒に遊んだ。久しぶりだ。又一段と成長していた。孫と遊んでいるときには本当に幸せだと思う。

 上の小学校3年の孫も午後4時過ぎにやってきた。一人で児童会館で遊んで来たという。大きくなったものだ。息子夫婦も夜には来て,皆で夕食を食べた。
 私の身体の調子は少なくとも悪化はしていなかった。これで収まってくれるとありがたい。

 明日は、鷹栖のゴルフの練習場に年会費だけをを払いに行こう。この練習場は旭川では数少ない施設だが、作冬はいろいろとあって、殆ど利用できなかった。それまでは休日の朝にはいつも利用していた。
 この冬はとにかく頑張らなくては、、、




出張中止

10/11/19(金)

 本日も咳と痰が絡む状態は改善がなかった。朝、起きて自分の部屋で、録画してあった  メトの新しいトリスタンをみていたが咳が止まらなかった。

 病院にでても同じ状態だった。飴を買ってなめると少し楽だが、咳き込んだ時に気管に吸い込んだら大変なのでいい加減で止めにした。午前中或る診療科の医師達が来て話し有り。ある程度は予測された事態だが、、、月曜日の四役会議にて報告することを約束した。返事はヒアリングの際にということになった。

 昼、医師会の連絡会議あり。最近私はとにかく医師会役員行事への出席率が悪い。申し訳なく思っている。忙しい病院長が医師会の副会長になるのはそもそも無理なのだろうか、、、個人的にも親しい現会長を少しでもお助けしようとなった副会長だが、迷惑をおかけしていそうだ。
 任期の二期四年は来春で終了する。次年度にどのように引き継いだら良いのだろう。たいしたことでは無いと思いつつ悩んでしまう。

 私にとって重要なのは、医師会ではなく旭川日赤のこれからの問題だ。人事のことも含めていろいろと考えなければならないことがある。関係職員を呼んで意見を聞いたり,少しずつ動いてはいる。来週もう一度支部へいくことになるかもしれない。

 何とかこの週末で、直してしまいたいので、札幌への出張は中止とした。航空医療学会ということで多いに興味があったのだが、仕方がない。背に腹は替えられない。
この週末で改善がなかったら、良い医者にかかろう。そう思わせるほど辛かった。

 珍しくありがたいことに、入院患者数が増加している。88%というのは竣工以来初めての数字だ。この状態が続いてくれると院長としては非常に嬉しい。





札幌の支部へ

2010/11/18(木)

 朝、午前3時に自分の咳で目が覚めた。寝ている間はあまりせきはなかったようだ。そのまま起きて仕事をした。起きてからは、咳がなかなか止まらなかった。陽が上がってきて外を見ると,一面の霜。それとガスがかかって真っ白だった。非常に寒い。

 8時半での電車で、札幌へ。電車は空いていたが、咳がでて周りの人に悪い感じがした。

 道庁の前庭は紅葉が綺麗だった。特に銀杏がまだ残っていて、多くの観光客が写真をとっていた。
 支部の局長とお会いして、いろいろな当院の抱える人事の問題を相談した。かなり私の望んでいる方向で事が流れそうだった。

 午前11時から、人事委員会。これは余り大したことはなかった。処遇の一体化と独立採算制とはとにかくどこかで矛盾を露呈してしまう。支部提案の各病院の負担金の話については、問題があると思われた。終了後、一緒に会議に出席していた小清水の院長、伊達の事務部長と今後の対応を含めて話し合った。12月上旬の院長。事務部長会議は紛糾しそうだ。

 午後1時半の電車で帰旭。本当は札幌駅で例のメトロポリタンオペラの映画をみたかったが、咳をしては迷惑と思い我慢した。今回はボリスゴドウノフを上映しているはずだった。

  病院にそのままでて留守中の決裁を行った。事務部長に会談の結果を伝えた。
夜、消化器内科のヒアリングがあった。私は出張等でとうてい全部にはでられないので、できるだけ病院にいるときには出席と思っている。



ボジョレ



 今日はボジョレヌーボ-の解禁の日。私は JALショップ で 半ダース注文していた。今日届いていたのを開けた。新聞には必ず”今年のは最高”と記事がでるが、私は”今年のも最高”と思った。それでも,半分で飲むの我慢した。








院長連盟役員会

2010/11/17(水)

 明け方、ホテルで自分の咳で目が覚めた。それからしばらく止まらなかった。きっと隣の部屋まできこえていたのではないだろうか。朝風呂も入る気持ちになれず。朝食も食べなかった。

持参していた清教徒の DVD を鑑賞した。これは楽しめた。ベッリーニ のオペラは一度も実演をみたことがない。来年の秋にボローニアオペラで  清教徒がある。この時には,この  DVD でも歌っている フローレス が出演する予定になっている。切符は手に入れてある。


清教徒

 午後から本社の院長連盟の部屋で役員会があった。咳がでて痰がからむので、ペットボトルを持ち込んで、飲みながら参加した。今年度の院長連盟関連の行事の反省と次年度後の予定を話しあった。二年後は私は関係無しと思うと少し淋しかった。
  スポーツ大会を北海道でという話に関しては、何年か後に縮小した形でなら釧路で可能かもしれないと話をした。釧路の院長に早速連絡しなくてはならない。余計なことを言ったといわれたらどうしよう。
  PC の件はどうやら、みんなも納得したようで、まずは良かった。包括契約を止めた後の,自己管理が非常に重要なことになる。

 最終便で帰旭。満員で何かダブルブッキングがあったようで、出発が遅れた。旭山動物園の園長と座席が隣り合わせになって挨拶した。実は昨日の出発の時も同じ便だったのだが、目を合わせなかったのとご迷惑だろうと気がつかないふりをしていた。ところがちゃんと気がついていて、”旭川からも一緒でしたね”といわれてしまった。やはり、手抜きは良くない。

  明日の支部への出張は仕方が無いが、金、土のドクターヘリの学会はスキップしたい心境だ。体調が整って行けるようになったら、予約し直そうと、ホテルだけはキャンセルした。







本社 医管調会議

11/11/16

少しだが体調は回復した。昨晩はあまり咳き込むこともなかった。本当は、出張などに行かないで休むべきだがそうもいかず。ただ、自分の車を運転する気持ちにはとてもならない。朝の一番の飛行機で東京へ。空港から支部へ電話。事務局長に明後日,面会のアポイントを戴いた。少しばかり、報告と相談がある。
東京も今日は寒い感じだった。薄いコートを着ていて丁度良かった。

本社で会議。赤十字病院の経営状態は全般的には改善傾向にあるようだ。私達の病院も決して悪くはないが、取り立ててよくも無い。どうしてだろう。
医師数の回復の成果は下半期にならねばでては来ないだろうが、、、、がっかりした。


議事録を確認して今一度詳細に検討してみよう。
夜はどこにもよらずに、ホテルで休むことにした。最近弟ともあっていない。こういう暇な夜は本当は一番良いのだが、、、、

ホテルはいつもの三井ガーデン汐留。たまには他のホテルとも思うが、予約する段になると結局はここになってしまう。再上階の大浴場で暖まって、さて早く寝ようかなとしたときにかなり咳き込んだ。もうこれは明日の会議も欠席だと思うくらい辛かった。

           ふろ



2010/11/15(月)


 朝起きて外を見たら真っ白だった。車の冬対策は全部できているつもりだったが、考えたらワイパーを替えていなかった。まあこの次で良いだろう。気温が零度で、寒かった。いよいよ病院の立体駐車場の真価が発揮されることになる。夜、暗く寒い所で車に積もった雪を払うあのつらさからは今年は開放されるはずだ。

 四役会議では大きな話題はなし。昨日の計画停電は大過はなかったが、見舞客の制限を忘れたとのこと。見舞いの方への対応に追われた。もう一つは階段を使うと病棟のバックヤードにでてしまう。この対策も必要だった。確かに重大な事だ。来年は一般の見舞客を全面禁止で良いと思う。どうしても必要な方は別に考えれば良い。
 地方誌にのった私達の病院にもちょっと絡んだ話も話題にはなった。私の咳は改善傾向にはあるも、直らず。ローソンで 飴 を購入して少し楽になった。

 今日は青森県立病院からの見学があった。数年前、機能評価の仕事で伺った事があるのを、思い出した。確か天候が猛烈に悪くて、交通機関が麻痺していた記憶がある。始めて青函トンネルを通った記念の出来事だった。
 とにかく見に来て頂けるのは嬉しいことだ。

 明日からの出張はできたらスキップしたい。いろいろと考えたがやはり行かざるを得ないことになった。
医師会にも理事会の欠席のメールをした。




氷雨

2010/11/14(日)

  朝からずっと冷たい雨。家からでないで静養した。明後日又一泊で東京、それから週末にかけて二回札幌へ出張がある。風邪がまだ直らない。咳がまだ止まらず,相変わらず痰もからむ。早く直さないと出張が辛いことになる。
ぼんやりとテレビをみて過ごしてしまった。結局。病院へもでかけなかった。孫達からも何も連絡がなかった。尤も、風邪をうつしたら困るので、連絡が有っても、家に呼ぶ訳にはいかなかったろうが、、、

 夜、女子バレーをみる。何十年ぶりかの、メダルということで観ていて興奮した。サッカーと違って点数が容易に出入りするのが良い。ストレスが少ない。これはバスケットと同じ傾向だ。只、流れが大きく作用するのはバレーのようだ。タイムアウトの取り方が大切になる所以だろう。
 何十年も前に東京オリンピックの  東洋の魔女 を 夢中になってテレビにかじりついたことを思い出した。あの頃はまだ白黒テレビだった。

 明日から雪マークが付いている。あまり降らなければ良いが、、、

 

暇な週末

2010/11/13(土)

 この週末は特に予定はない。とにかく風邪を治すのが一番だ。日中、妻と息子が背広を買うというので,運転手として付き合ったが、車の中で暖かくして、待っていた。

 後は、TWITTER  を少し試してみたりはしたが、良くは判らない。面白みもまだ理解できていない。

   明日は病院へちょっとでかけてみようかと思っている。年に一度の、計画停電があり、  ローソンとかタリーズは休業するはずだ。強いて登院の必要はありませんいわれてはいるのだが、、、

 二日間、,休肝日が続いている。酒を飲む気持ちにはとてもならない。久しぶりに夜、女子のバレーを観る。ブラジルに、負けたが面白かった。結構、見た目にかわいい選手がいるのに驚いた。不純な動機だと妻に言われながら、明晩も観てみようか。



帰旭

2010/11/12(金)

 かなり愛用してきた、テンプレートが何か故障したようで、ブログの意匠を変更した。
 夕べは飲んだせいもあって、午前3時に起床。それから少し仕事をした。朝食はついてはいたのだが、二日間ともこのホテルでは朝食は食べなかった。少しでもダイエットを開始しようと思っている。朝、7時半にチエックアウト。駅まで歩いてみた。仙台市の朝は寒くもなく良い天気だった。外套を着なくても充分通用する温度だった。今日も本当は医学大会は行われる。私は病院で用事があって、半分で失礼した。

 9時半の飛行機で新千歳空港へ。このJALは何とも貧弱な座席で座っていて腰が痛くなる。この飛行機が又揺れたうえに、遅れた。さらに到着スポットからの移動がバスだった。
 JRのホームまでも急いで走るようにしてようやく予約購入してあった電車に間に合った。

 旭川には、1時20分に着くことができた。指定席が珍しくガラガラと空いているのに、隣の通路側に座った男性が、席を移動しないので少しいらいらした。
  午後2時過ぎに麻酔科の教授の訪問を受けた。私は20分ほどしかお話をしなかったが、予定を切り上げて帰ってきただけの意味はあったと思う。無理をして帰って来て良かった。

 午後3時からは医師会へ行って、決裁と本日の昼に行われた連絡会議の報告をしてもらった。最近医師会の諸行事への出席率が最低だ。これでも頑張ってはいるのだが、、、

 関連医局の忘年会の案内が入ってきだした。なるべく私が出席するよう心がけてはいる。

 幸いこの週末には予定が入っていない。風邪をなんとか直してしまわなくてはならない。来週も結構タイトな予定の筈だ。





日本赤十字社医学会総会

10/11/11(木)

   朝起きるも、声がすっかり嗄れて最低の状態。夜じゅうせきをしていたせいだろう。話をできる状態ではなかった。風呂に湯気を満たして入るも全く改善せず。

     仙台国際センター日赤医学会総会が開催された。本来は石巻病院の主管だが、石巻市には1000人からの参加者の入る会場が無いということで仙台市で行われた。盛会だった。私は、いろいろと関連の会議が続いて忙しかった。次回は福井市で行なわれる。

    この学会も漸くコンセプトが確立してきたようだ。非常に有意義な会になってきたと思う。赤十字に勤務する、いろいろな職種が一堂に集まって話し合うことができるようになった。
以前は [めずらしい一例報告] などというのが多かった。専門科の学会では通用しないようなのを、練習のために出したような演題もあった。その当時からみるとすばらしい変貌だ。
 これは日赤の医療機関が進歩したということもあるが、日本の医療全体が変貌をとげてきていることだろう。

 ちょうど本社から出席されていた事業局長と事業部長にちょっと自分達の病院のこと北海道ブロックのことを相談した。

 夜の懇親会も多くの参加者が有った。こんなに参加者が多いのは初めてではないだろうか。
 スポーツ大会の時とは違って、特別なテーブルの配置が無く、全員立食で、私はそれが又良い事だと思った。皆でテーブルを囲んで飲んで話合う。せいぜい、外部からのお客様への配慮で十分だと思う。

 体の調子が少し改善しておいしい酒を飲んでしまった。二次会にも行った。幸い会場のホテルは宿泊しているホテルの隣なので楽だった。
  結局、何も食べず夜中に空腹で目が覚めた。明日は早朝の飛行機で帰らなければならない。


旭川ー千歳ー仙台

11/11/10


午後からの旅行の荷物を持って、病院へ。
新築に際して、救急外来の受け付けホールに、ステンドガラスを御寄付戴いた篤志家の方のご不幸の新聞広告を見た。その対応をした。御冥福を祈りたい。私とあまり年は違わない。自分を幸せだと思わなくてはならないようだ。

午前中、上川、留萌、宗谷支庁長の視察が有った。会議の一環らしい。最もいつのまにか支庁という名称は無くなったのだが。ドクターヘリの視察だった。始めのご挨拶をした。ドクターヘリのおかげで、いろいろなところで病院の名前がでる。これはありがたいことだ。ひょんな事から、舞い降りた事業だが、これにも大いに感謝しなくてはなるまい。

12時の電車で新千歳空港へ。此処から仙台へ行った。空港で何人かの知人に出会った。北海道は雨模様だったが、仙台は晴れ。ただ、飛行機がいかにも狭くて、本当は辛かった。
帰りが慌ただしい予定なので、お土産のササカマボコを家に送った。前回、好評だったのがどれだか解らず、二種類ずつ送ることにした。九重を捜したがこれが見つからなかった。


空港のレストランで、ギュウタンとカキフライを食べた。これはいずれもおいしかった。もうこれで仙台へ来た目的は半分達成した。ただ、なにしろセキが止まらない。珍しく風邪薬を真面目に服用はしているのだが、、、、



明日から、赤十字社医学会総会が開催される。学会に出ないでホテルで休むのが一番良さそうだ。しかし、当然そうはいかない。役員会、評議委員会、総会と出席が私には義務付けられている。 今回の宿泊は、三井ガーデン仙台。小奇麗なホテルである。一番上の階に大浴場があり、利用した。お湯が溢れて居ないのが気に食わなかった。




2010/11/09(火)

 今日は比較的暇な一日の予定だった。風邪を治してしまうためにも早退しようと思って家を出た。しかし、病院に出たら出たで,何かと仕事があって、途中で帰るわけにはいかなかった。咳がひどい。数年前に喘息のような状態になったことがあったが、少しそれに似ている。
 まさか  COPD ではないだろうな、などと数少ない知った病名があたまに浮かんでくる。たばこは何十年も前に止めているし、、、

 医療機能評価の前回の資料一切を,本部に返却した。ここ数回のサーベイで少し自分の能力が増したような感じを持っている。これは単慣にれたというだけかもしれないが、、、ここではづみをつけようと、サーベイに当たっての、いろいろな資料を SCAN SNAP  で  PDF のファイルに落として、最終的には、 iPAD に納めている。暇をみては確認と学習をしてみようと少し張り切っている。こういう気分になったときを大事にしたい。こういうときこそが能率があがるものだ。

 午後には、診療技術部門の責任者の職員に、上半期の経営状態と今後の見通しについて説明と質問を受けた。質問に答えながら、組織の改編の話もさっぱりと進捗していないことを思い出した。




風邪治らず

10/11/08 (月)


   家で夕食を家族で食べているときに、珍しく遅く郵便が届いた。なんと大塚義治副社長の著作を贈って頂いた。出版なさったことは知っていて、そのうち  AMAZON  で購入と思っていた。嬉しかった。ちょっと拝見すると、お人柄そのものの、ゆったりとした文章が流れている。ゆっくりと読まさせて頂こう。
 私は文章を書ける方をみると無性に羨ましく嫉妬心にかられる。何か原稿を頼まれると、数日間はそれこそ辛い思いをいつも味わってしまう。 子供の頃は結構作文などはうまい方だったのだが、、、 
             

                  大塚副社長著作

               
  風邪の具合は悪化はしないが、改善も無し。暇な一日でよかった。四役会議では、私からの話は今週の予定のみ。支部からの提案の話が話題に上がった。しかしこれは大きな問題で、ブロック代表としての私の資質をさえ問われかねない。本社の本部制との関連もある、
  急がず皆と話し合って対応しよう。

   診療部長のヒアリングの時期になった。上半期の経営状態をもとに、目標値と達成度をお互いに検証し合わなければならない。ただ、残念ながら私のこの過酷とも言える日程では、各科部長全員とは会えないようだ。部長側が絶対私との面談を希望するか、私が必ず会う必要有りと判断した部長以外は、副院長と事務部長にお願いするしかないようだ。これは本来は望ましい事では無い訳だが、、、、

  来年度の職員採用の計画の話もでた。これは、絶対に前向きに考えねばならない問題である。ともすれば、私も消極的になりかねないので、注意して、ことに当たりたい。後に悔いを残すことになる。正確な次年度からのあるいは将来にわたっての、情勢判断が必要だ。

   帰宅すると少し体は楽になってきた。明後日からまた仙台への出張が控えている。




銀杏並木

2010/11/07(日)

 週末は、このホテルに二日間宿泊したことになる。早朝のホテル備えつけの温泉を利用した。小さいけれど好ましい温泉である。朝6時半までは部屋着のままでも、利用可能なのが、とりわけ便利だ。

  朝食は 息子と三人でバイキングとした。息子は昨日来ることができて,同じホテルに泊まった。このホテルのバイキングは質は高くはないがまあまあの内容だ。ただ、韓国、中国の観光客で混み合っていた。日本人も海外に出るとああいう大きな声でしゃべり合っているのだろうか。
   最近は毎日三食をたべている。ダイエットを本格的に始めなければ、、、、

 ホテルをチエックアウトしてから、息子と別れ、妻と二人でタクシーで北大構内を見物に行った。
  医学部の銀杏並木 が今日あたりが最後の見頃だった。落ち葉も多かったが、銀杏と紅葉が綺麗だった。ものすごい人並みでもあった。そこで、知人に出会ってこれ幸いと二人で写真を写してもらった。
 ついでに北海道庁、グランドホテルへも行った。ホテルで旭川へのお土産を購入した。

 11時半にホテルに預けて有った車を出して、出発。2時間少しで旭川に帰った。好天で運転はしやすいはずだったが、あまり 慣れてれていないので疲れてしまった。
  帰途に孫達の所へ寄ってエクレアのお土産を渡した。孫が遊びについて行くといったが、暖房機が停止しているし、どうなるか判らないのでこの次ということにした。
  幸い、暖房機は問題なく直っていた。

   夜になってから風気味。どうしようもなく辛い。私が風邪をひくのは珍しいのだが、、、妻に言わすと殆ど裸で寝ているからだという。

  旭川市長選挙の結果がでた。現職の市長が再選された。順当なところだろう。ドクターヘリ誘致等ではお世話になっている。市長にとっては旭川経済の立て直しが急務だ。私にとっては、、、、これは言わずもがなだから止めておこう。


<


ラインの黄金

10/11/06


    朝食は二階の和食で海鮮丼を食べた。これが結構おいしかった。朝食後部屋に戻ったところで、留守番をしている息子からメールが携帯に入った。家の暖房機具が故障したとの事。業者の方を頼んだりたいへんだから行けないという。我々も様子をみて帰ろうかとかんがえた。それにしても、目的の祝賀会にせめてお祝いを持参しなくてはならない。とにかく夜まで経過をみることにした。

    妻はデパートに義妹と買い物。私は時間を何とか潰すことにした。駅上の三省堂でいろいろと本を購入した。その一冊は  歪んだ権威  日本医師会の事を書いた本だ。その他 iPAD 関連の本を数冊買った。iPAD  は愛用はしているが、充分つかいこなしているとはいえないのが現状だ。

札幌シネマフロンテイアにいくと、やはり メトロポリタンオペラ  の ラインの黄金 を上映している。なんと3500円も入場料が高かったが、12時半開演とちょうど都合がよいので、購入した。
  これだけ高価だと誰も観客は居ないかと思ったが、20人ほどはいた。私はそれなりに楽しんだが、私は昔のオットーシェンクの演出のほうがすきだ。

   レバインがすっかり弱っているのには驚いた。自分の力では、カーテンコールにでてくる事もできないようだ。来年の6月の来日公演は本当に大丈夫なのだろうか。最近、入場券を捜してみようかという気持に少しなっていたが、考え直す必要が有りそうだ。あるいは、最後かもしれないから、キャンセル覚悟で購入という考え方も成り立つが、、、、

    映画が始まる前に、息子からメール。暖房機具は直ったので札幌ヘでて来るとのこと。

映画終了後、私はニューオオタニホテルへ行った。開講20周年のお祝いをお渡して、何人かの知っている医師と話をして、祝意をお伝えした。今回の出張の目的はまずは果たした。




札幌

10/11/05


午前中は病院。休み中に大きな出来事は無かった。支部の情報に関して、事務部長と相談あり。これはなかなか大きな問題である。将来の赤十字病院のあり方にも関わって来る。
本社の流れをも踏まえて、慎重に対処したい。
面談しようとしたある部長には、互いの都合が入れ違っていて、会えなかった。来週に仕切り直しとなる。

昼、医師会の決裁と連絡会議。これも取り立てて大きなことはなし。話の節々に年末ともう一つ、任期終了が近い雰囲気が漂って来る。ただすごく感じているのは私だけかもしれないが、、、、、


ちょっと早めに退出して、自分の車で札幌へ。妻が同道した。車で札幌は今年三回目となる。明日ある教室の開講20周年祝賀会が開催される。それに出席するのが、私の目的だ。私が祝賀の宴にでているときは、下の息子もでて来て妻の相手をする予定になってはいる。買い物には義妹もつき合ってくれることにもなっている。

今夜の宿泊は、札幌プリンスホテル。このホテルは、駐車場も比較的利用し易い。広くはないが、部屋も使い易い。タクシーの利用に都合がちょうど良い。


夕食は、 梅の花 へ行った。豆腐尽くしの料理だが、美味しくたべた。やはりカロリーをあまりきにしなくとも良いのは嬉しいいことだ。家にもお土産に送る手続きをした。

サーベイヤー講習会

2010/11/04(木)

 昨晩はローソンで酒を買ってホテルにはいったのだが、結局は我慢して禁酒とした。旅行先で飲まないことは初めてではないだろうか。

 朝、このホテルでは珍しく朝食を食べた。サラダと魚を中心だったが、おいしかった。ただうどんが昔と違って何か海草風であまり気に入らなかった。サラダの類が豊富に有ったのは好ましかった。

 午前10時半から講習会。私は始めて水道橋の機能評価の本部に行く機会ができた。講習の内容はそれなりには面白かった。私の一番弱点である、レポート書きが少し得とくできたかもしれない。
感染性廃棄物や採血室の構造について、見直しの説明もあった。評価機構の評価基準をその時代に即して直して行くことは、絶対良い事だが、今まであれだけ頑張った事との整合性をどうやってとるのだろう。

  私は私なりにできるだけ、客観性をもって仕事に当たりたいと思う。自分の感性に従うことも重要だし、それが又機構のこれからの発展に役立つはずだとおもうことにしている。自分の能力の足りない部分はいつも感じてはいるが、少なくとも機構のこれからのあり方に水を差す方向にはなっていないはずだ。

 活動メンバーはやはり限られているとみえ、知った顔にたくさんお会いした。飛行機の都合で4時15分には退出した。今日も飛行場は空いていた。



期日前投票

10/11/03(金)祭日

朝起きた時、少し二日酔いの感じが有った。最近では珍しいことだ。明日の講習の準備をするもさっぱり進展なし。誰かが書いたレポートの見本が有って、それを訂正せよ、、、と云うのだが、、それで良いような感じがしてならない。これでいはいけないのだろう。
しかし、 まあ、その為の講習会だと開き直って気持ちが楽になった。


市長選挙の期日前投票に行く。今回はきっと投票率は低いことだろう。投票した後に、冬タイヤを交換にスタンドに行った。先日、購入後預けて有った。交換をボンヤリと待っていたら、 突然、おじいちゃん と呼ばれた。なんと孫達もガソリンを入れにきたのだという。買い物に行くところだと云うので、引き止めなかった。


夜、最終便で東京へ。飛行機は空いていた。今夜の宿泊は、いつもの 三井ガーデン汐留。荷物が少ないと浜松町の駅からの距離も楽に感じる事が解った。
今晩を禁酒できるかどうか。





札幌往復

2010/11/02(火)

 久しぶりに朝11時半の電車で札幌へ。新装なった旭川駅社屋をみた。まだ工事中ではあるが、確かに木材を多く使って、その香りが漂っている。今までのと比べると雲泥の差ではあるが、どういう店舗がはいるのだろう。せめて函館の駅くらいには,できあがって欲しい。工事中ということで、タクシーを降りてから歩く距離は結構なものだった。

 この電車はガラガラに空いていた。この次の ダイヤの改正で廃止になるのは仕方がないかもしれない。30分に一本は札幌行きが発車という  売り が消えることにはなるが。

 札幌は秋特有の雨。晴れたり、突然降ったり慌ただしい。北大構内の銀杏並木はきれいだった。今週末、妻と札幌へ来るつもりだが、そのときまでは,散らないでいて欲しい。
  本日の目的のやはりうまくはいかなかった。充分のご理解は戴いたが、すぐの対応は無理という結論だった。やはり彼に頑張ってもらうしかないようだ。

 午後3時半の電車で旭川へ。何となく腰が重く、すいていることは判ってはいたが、指定席をとった。帰宅して雨に濡れた服装を整えてから,グランドホテルへ赴いた。
 ドクターヘリ開始一周年記念の講演会が開かれた。私ははじめの挨拶と特別講演の座長を仰せつかっていた。講師はこの業界では有名な  西川渉氏だった。札幌、釧路のへり関係の医師も集まって面白い会だった。

 医大の救命センターはまだ陣容が整ってはいないようだった。こことの対応が今後数年間、我々の病院の一大関心事項になるであろう。

 懇親会、二次会とおつきあいして、いつもよりは飲んでしまった。それでも明日の東京行きを考えて途中で帰宅させてもらった。


業務連絡会議

2010/11/01(月)

 朝、病院へでるのに外套を着るのが当たり前になってしまった。ただ今日は暖かい。せめてこの11月いっぱいは降雪もなくこのくらい暖かければ文句はない。

 北大の教授との面会のアポイントが明日午後となった。大急ぎで帰って来ないとグランドホテルで開かれる、夜のドクターヘリの講演会にまにあわなくなってしまう。私は確か特別講演の座長も当たっている。

 業務連絡会議あり。スポーツ大会の報告もした。明日は札幌。明後日の夜から、また東京だ。サーベイヤーのレベルアップのための講習会がある。例題がでていて、それをもとに討論するらしい。私には例題の文章も結構立派に見えて、どう直すのが正しいかさっぱり判らない。困った事態だ。





成田→羽田→旭川

2010/10/31(日)

 台風は夜中のうちに完全に去った。いつも感ずることだが、台風が関東を過ぎるとテレビの関心は完全に無くなってしまう。北海道ではこれからというときにはもう台風一過といった表現に変わっていることが多い。

 朝、5時半にホテルをでた。成田の駅で大きなキャリングケースを引いた外人が何か近づいて来ると思ったら、成田空港への電車の乗り方を聞かれた。久しぶりに英語を使う羽目になった。

 今日は モーニングライナーというのに乗った。これは快適だった。がらがらで早かった。日暮里の駅にも始めて降りた。空港も今日はすいていた。JAL のラウンジも人がいない。飛行機も半分ほどしか乗っていなかったが、  ただ Jシートのみ満員で、アップグレードができなかった。

 旭川は快晴。嘘のような天気だった。午後疲れて、少し昼寝をと思ったら下の孫がやってきた。それから夜まで孫と遊んだ。孫はいろいろと会う度にできることが増えていく。今日は靴を自分で履ける、ブロックで箱をつくれるようになっていた。孫の成長をみていると本当に楽しい。

 夕食は上の孫と息子夫婦もきて賑やかだった。今週もまた東京へ出張がある。
プロフィール

satoshig

Author:satoshig
 2012年4月から 旭川赤十字病院の名誉院長 となりました。
 現在の仕事のメインは同院の 常勤嘱託医師(検体検査管理加算Ⅳに該当する検査部門担当) です。
● 医療機能評価機構サーベイヤー
● 卒後臨床研修評価機構サーベイヤー


としての仕事も楽しんでいます。

 旭川赤十字病院には、1970年5月 から勤務し、副院長10年、院長を9年間 勤めさせていただきました。
 1966年北海道大学医学部卒業  もともとは脳神経外科医

リンク
最新コメント

最新記事
月別アーカイブ

フリーエリア
QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム