FC2ブログ

受審終了

2010/09/30(木)

 受審三日目が無事終了した。とにかく何かを成し遂げたことを職員とともに喜びたいものだ。総評をお聞きしても致命的は欠陥は無かったと思われた。私達の前向きの姿勢を感じ取って戴ければありがたい。私はかなり濃密に職員と接する機会が有ったことが一番の収穫だった。

 機構からの方々も良い方ばかりで、私は安心した。ちょうど昼食後にドクターヘリが 礼文島 から患者さんを搬送してきた。それを屋上のヘリポートで見学もして戴いた。

 疲れた。夜、院外との検討会があった。一度車を家に置いてから、出かけようかと思ったが、家に帰ったら疲れが出て、却ってつらくなるので、、直接グランドホテルへ出かけた。消防その他の方々との、ドクターヘリの事例検討会がひらかれていた。ちょうど一周年ということで始めの挨拶をした。
 挨拶をした後は申し訳ないが、疲れているので帰宅させてもらった。





スポンサーサイト



二日目終了

2010/09/29(水)

 受審の二日目。サーベイヤーにとってもとても辛い日程だが、受信側にとってもかなり大変なことを改めて認識した。午前中の面接にしても、自分の順番が来たらちょっと立ち上がって挨拶して、対応するといった事を徹底できなかった。サーベイヤー側にだれがどこでしゃべっているのかが、わかりにくかったであろう。

 私はずっと付いているつもりだったが、途中で一度 PHS が鳴って、部屋にもどった。本当のことを言うと、絶妙なタイミングでありがたかった。そのくらい疲れた。

 電子カルテを使ってのケアプロセスはやはり順調にはいかなかった。この項目の提示を要求されたらこのIDの患者のこのページをと決めていても素早くは動作ができないようだった。又要求もに少し無駄な事柄があったように思われた。

 終了後、1時間半ほど反省会。いろいろと指摘を戴いているようだった。ただ職員が致命的とは思っていないので、私もそのままにした。いざとなったら、後で繕えばなんとかなるだろう。各職員が一緒になって話し合う、この機会が重要だと思った。

 受ける側の立場になって私にもとても参考になった。サーベイヤーとして参加したときに、気をつけなければならないことにいろいろと改めて気づいた。ありがたい経験だと思われた。

 明日で終了。明晩はその後、ドクターヘリの事例検討会が開かれる。

受審初日

10/09/28(火)

   受審の初日が終了した。私の本日の仕事は、玄関への送迎とはじめの病院概況の説明のみ。外来用の通用口にタクシーが着いてしまって、慌てた。ロワジールホテルに宿泊というから確かに、裏口に着いてしまうかもしれない。
 準備は、出来ているつもりでもやはり足りない事だらけで、又、自己嫌悪に陥った。私のチエックは全てにおよばないのは当然とはしても、抜けてしまうのはいつも同じパターンだ。明日から何とか頑張ってみよう。このままでは職員に申し訳が立たない。

 全く関係のない或る話が、看護部からあり。私個人の皇室への感情とは別の話だから本人が納得するのなら、進めてみるよう話をした。

 最近ストレスが多く却って食べ過ぎになっている。酒を減らしている反動もあるのかもしれない。どこかで又ダイエットを強力に始めなくてはならない。
  夕食時、牛乳をいつもより多く飲んだら、午後9時過ぎに腹痛有り。私が腹痛は珍しい。

 

皮膚科外来

2010/09/27(月)

 精神科外来を改装した工事が完成した。引き渡しを受けた。
 10月から新設する皮膚科外来と従来からのスキンケア外来に用いる。改築の時一緒にできたらもっと安価にできただろうに、なかなかうまくはいかないものだ。壁を取り払い脳外科、神経内科の外来待合も広くなった。お金をかければとにかく何かしら改善するものだ。後は外回りが少し残っているはずだ。

 明日はいよいよ機能評価受審ということで、最後のチエック。いざとなるといろいろと気に掛かるものだ。受審が終わるといよいよ10月。今年度の半分が過ぎてしまうことになる。


 最近気になっているオペラが二つ。
 一つは  Arabellaキリ・テ・カナワ のDVDを視聴している。パットナム のも  HMV でみつけたので注文した。すくなくともこのオペラは主役が美人でなければつまらない。 薔薇の騎士 よりもある意味では好きなオペラだ。

 もう一つは  VERDI の エルナーニ  初期のオペラで、物語は荒唐無稽。ただ歌は面白い。来年東京で券を入手できれば観る予定をしている。パヴァロッテイとドミンゴがそれぞれ映像を残している。




孫来襲

2010/09/26(日)

 朝7時からホームコースの旭川ゴルフクラブの例会に参加するつもりでいた。しかし昨日、外反母趾のサポーターをしたまま新しい革靴を履いていたのが祟って、左足が痛かった。泣く泣くキャンセルの電話をした。いよいよあと二回しか機会が無いようだ。

 夕方孫達がやってきた。夕食を食べて帰っていった。上の孫は熱も下がり食欲もあるようで安心した。明日から学校へは行けるようだ。
  孫をみるのが生き甲斐のような感じがする。私の両親も本当はそうだったのだろうか。もっと離れて住んでいた札幌へ私の子供達を連れて行くべきだった。




医師会総会

2010/09/25(土)

 朝、気温は5度と下がっていた。ゴルフの練習に行くも車の排気ガスは真っ白な蒸気に見えるし、吐く息も少し白いことがあった。しかしいつもよりはかなり頑張って練習ができた。

 機能評価受審の準備を自宅で行った。午後から医師会の代議委員会、総会がロワジールホテルで開催された。これもわたしにとっては、後一回で終わりだ。二期、四年間の副会長の任期は来春でいよいよ終わりとなる。
 その後の懇親会はスキップして、グランドホテルへ。隣に住む義妹の誕生日祝いがあった。上の孫が発熱ということで欠席したのが残念だった。下の孫がのびのびと騒ぎ回っていた。
 孫はどうやら反抗期に入ったようで、何でも いや という。何かをさせようとすると、反対のことを言うとうまく行くようだった。これも成長の過程なのだろう。




寒い

2010/09/24(金)

 朝 4時に起きてみると寒い。ついに暖房を入れた。ネットで温度をみると6度だという。これではあの暑かった時が懐かしい。暑さに文句を言うのではなかった。朝の練習も寒くてその気になれず行かなかった。

 昼、医師会の連絡会議あり。ある外科医師の当番の話、明日の旭川市医師会代議委員会・総会の件その他があった。
 10月の勤務医部会での宇都宮出張の旅費の一部ももらった。
 午後、支部の次長が病院の視察に来られた。私はおつきあいができなかったが、何かお話があったのだろうか。今度札幌へ行ってみる必要がありそうだ。

 業務連絡会議あり。来週の機能評価受審のとき、とにかく挨拶を忘れないようお願いした。






院長杯ゴルフ

2010/09/23(木)

 何とか二日酔いでもなく、朝、7時にタクシーで台場のゴルフ場へ。今日は日赤会の院長杯のゴルフ。
今回は5組のフルマッチとなった。私の成績はやはり80台の前半ではあるが、ぱっとしない。同僚にドライバーで差をつけられるとやはり気持ちが落ち着かない。どこかで諦め無ければならないのに、、、

 せめて70台の後半に収斂するようにならなくてはならない。タクシーで行ったのは年に一度院長杯のこの会のみラウンド後の表彰式にアルコールをが自由に飲める。
 本当は少し自制していたが、やはり飲んでしまった。

 ここしばらくゴルフが続いている。ようやく足も手首も痛まなくなった。この時期を大事にしたい。しかしどう数えても後2回しか予定はない。

明日は  間違いなく休肝日 にしよう。




妻におつきあい

2010/09/22(水)

 本日ははっきりとした予定は無かった。専ら我々の病院の機能評価受審の準備に当てた。当院として問題の残るのは、人事考課の部分。否定しているわけではなく、本社から指導はあるが諸般の事情で全病院てきには実施ができてはいない。何とか B で収まるよう努力したい。

 夜、妻の旧友が旭川に来た。旦那さんが一緒ということで、私も付き合わされた。  藤田観光ワシントンホテル に宿泊しているというので、その12階の  銀座 で食事した。がらがらにすいていたが、おいしかった。連れ合いの方も北大工学部出身ということで何とか話しが繋がった。日本酒を3合ばかりのんでしまったのが、失敗だった。

 まあたまには妻への奉仕も必要だろう。




充実した一日

2010/09/21(火)

 朝、練習に行こうかと思ったが、雨も降っているし、疲れ気味だので止めにした。
 朝の医局連絡会議では10月からの3人の新任医師赴任の件について病院の立場を説明した。言わずもがなかとも思ったが、念のため話をした。
 四役会議では、いろいろと報告事項はあったが、重大な議題はでなかった。経営改善プロジェクトの前方修正の議題はあった。

 午前中は昨日まで私がみて、不足していると思われた部分についての確認をした。殆どは私の見逃しの部分が多く、良く言えば記載の仕方に配慮が足りない、悪く言えば私の見方が不十分ということになる。

 医師会と本日の理事会欠席の件と新入学児童の健診の件でやりとりがあった。この勤務医師不足、勤務医師疲弊の時代に本当に理に叶った制度なのだろうか。

 夜、合同面接のシミュレーションを行った。多くの職員が集まってくれた。私の話が役に立ってくれると良いが、、、、私としては、職員が挨拶をちゃんとできるかどうかが、一番の気がかりだ。

 今日も  休肝日    三日に一度は実行できて
いるようだ。素晴らしい進歩だ。




ほぼ、一日病院

2010/09/20(月) 

  祭日   朝9時半から病院へ。今日中に何とか書類の確認を仕上げようと張り切ってでかけた。今朝は朝食を食べたからと、昼食もとらずに私なりには頑張った。
 しかし午後3時半にはもうすっかり飽きてしまった。それ以上やっても能率がとても上がらないので帰宅。帰宅したらもう行きたくなくなって中止。まあまあ何とか浅くではあるが、用意してくれた書類のファイルは全部はみた。

 総体的には、よくできていると思う。いよいよあと10日後に迫った。私自身の答弁の内容も詳しく覚え込まないとならない。今週は幸い病院外に出る予定はない。

 自分達の病院の受審準備に没頭して、前回のサーベイの書類を機構に全く送り返していないことに気づいた。レポートは何も返ってでこないからあれで良しとなったと判断しよう。さっそく返却しなければ又次ぎのサーベイが迫ってくる。





Dr.ゴルフ

2010/09/19(日)

 朝6時前に家を出発。今回はドクターズゴルフ。愛別の国際カントリーだった。始めずっと雨が降って居た。高速道路を使って行ったがやはり40分はかかる。昔はここで早朝ゴルフをしたこともある。途中で現地に住むキャデイさんを拾っていったものだ。今からは考えられないことだ。
 朝何時に病院出勤したのだろうか。

 幸い途中で雨はあがった。成績は80台前半といういつものごとし。少しドライバーは振る事ができるようにはなったが、今度はアイアンの打ち方を忘れてしまった。

 帰宅後2時から病院へ。昨日の続きでファイルの確認作業をするも、疲れて5時半に中止。後は明日一日いっぱいにかけることにしたい。夜孫達がちょっと顔をだした。




午前中ゴルフ 午後病院へ

2010/09/18(土)

 朝、病院有志のゴルフが旭川ゴルフクラブで行われた。久しぶりのゴルフ。成績には言及しないことにしよう。アイアンで何回ミスをしたことか、、、それでも回れるだけ万足。早く成績に一喜一憂するようになりたいものだ。実は明日も愛別でドクターズゴルフがある。朝、6時前に家をでなくてはなるまい。

 午後から病院へ自分の部屋の鍵を開けると部屋いっぱいに病院機能評価受審のための、ファイルがラックに入って整然と置かれていた。院長室を広くしておいて良かったと思うほどの量だった。
 職員が苦労して準備したファイルだ。今日で1/3くらいは検討できただろうか。明日の午後も頑張ってどのくらい進展するだろうか。

 それにしてもこの週末の予定を変更して良かった。せっかく皆が準備してくれた書類の確認ができないところだった。本当は火曜日にも、院長連盟の仕事で本社にでかける予定が週末に連絡がきた。その日は  合同面接 の シミュレーションを予定している。仕方が無いが、今は我々の病院の方が大事だ。

 夜、孫達が来た。夕飯を食べて騒いで帰って行った。孫と遊んでいるときが一番幸せだ。




釧路~札幌~旭川

2010/09/17(金)

 釧路は雨。一日違いで訓練には支障が無かったことになる。朝風呂に入った。

午前7時半にまたF氏がホテルに迎えにきてくれた。ホテルのロビーで、珍しい方に会った。最近人の顔がどうも思い出せない。相手は私を良く知っているのに、誰だかさっぱりわからないことがある。
 空港まで車で送って戴いた。雨が降ってはいたし、多いに助かった。三日間すっかりお世話になった。それでも久しぶりにお会いして楽しかった。又再会を期待しよう。

 札幌は快晴。10時半の電車に間に合って旭川へ。家に寄って着替えてから、医師会へ。いろいろと話題があった。午後2時には病院へ。決済がたくさん残っていた。
  明日から三連休。当院の準備している機能評価の書類を確認しなければならない。午後から毎日病院に出かけるつもりだ。




災害救護訓練

10/09/16(木)

通常の一人だけの旅行の時はホテルの朝食は原則たべてはいない。今回6時15分からというので、珍しく食べてみた。ただ期待したほどでは無かったが、まあまあだった。

  予めホテルに送ってもらった救護服は着ることができたが、靴は不安があった。持参した運動靴で勘弁して貰った。せっかくなおりかけている足をまた悪化させたくはない。F 氏が又ホテルまで迎えに来てくれて、釧路市内を車で案内してもらった。釧路には亡母の妹が今も一人で住んでいるはずだが、敢えて寄らなかった.
  昼食はF氏に、東屋で蕎を御馳走になった。ほぼ真っ赤な救護服のままだから、きっと周りの人は奇異に感じたに違いない。

 午後から、愛国のほう行っている、救護訓練を見学した。何しろ皆は黒い編み上げの靴を履いているのに、私は白い運動靴。人前にでるのが、憚れて、いすにすわったままで失礼した。しかし、当院の職員に後で  院長がいなかった  などと言われたら困るので、一度だけ訓練しているそばまで行って声をかけた。

 夜、釧路キャッスルホテルで意見交換会があった。私はそこでの挨拶要員。
 そこでまた重大だが、聞きたくない話を聞いた。とにかくなにが有るか判らないのだから今を大事にしなくてはならない。二次会に誘われたが我慢して行かず。早く帰ってホテルで温泉に入った。










旭川~札幌~釧路

10/09/15(水)

午前中は病院に出勤。来客2件あり。いずれも短時間。今日は珍しく初めからノーネクタイで出勤した。先日の出張ですっかり慣れてしまった。慣れるとやはり楽なものである。

午後1時の電車のつもりだったが、まにあったので、12:30の電車で札幌へ。ちょっと大丸の地下で買い物をした。そこから、タクシーで、丘珠空港へ行った。殆どの機能が千歳に移ってしまったようで閑散としていた。
正味45分で釧路空港についた。今回の釧路出張の主目的は赤十字北海道支部の災害救護訓練への参加。とはいっても私は救護服を着て眺めているだけ。

空港には、F氏が迎えに来てくれていた。F氏とお会いするのが、もう一つの目的だった。
今夜のホテルは、ラビスタ釧路川。夕食はF氏にそのままおつき合いをお願いした。
場所はホテル近くの  炉端やきの鱗。  ムード満点の店だった。お互いに年をとった話をした。私の退職後の生活なども
どうしても予測させられた。久しぶりにお会いしたが、楽しかった。地元の酒もおいしかった。
今夜も酒量は多くはない。いつもの半分くらいか。

民主党選挙

2010/09/14(火)

 比較的暇な一日だった。機能評価のレポートの最終仕上げをした。午後には送ることができた。今回は前回と違って少し出来映えに不満が残った。仕方が無いか、、、その後、当院の受審に当たっての準備。サーベイヤーの控え室等を確認した。案内の掲示とかせめて控え室の窓ガラスくらいは拭くようにお願いした。

 民主党の代表選挙が終わった。結果はまあ期待したとおり。管さんは筋をとおしたことは事実だ。

NHK が結果が判明するとすぐに、特集番組も組まないで、相撲放送をしていた。契約か何かの関係かもしれないが、馬鹿な話だ。地デジも衛星放送も相撲を放映していた。きっと問題になるだろう。

  8月の医業収入の結果が届いた。8月は入院患者数が明らかに減った。夏休み取得等による医師数の減少がもろに入院数に反映したという結果だった。従って、収入は大幅減が避けられないと覚悟していた。ところが、入院の一日単価の上昇により、何とか目標には到達していた。嬉しい誤算だった。

 今のところ 医療クラーク の増員等の積極的な姿勢が功を奏している。

    明日は午前中は病院に出て、午後から釧路へ又出張である。週末の予定を変更して良かった。




帰旭

2010/09/13(月)

 ホテルでは午前5時に目覚ましをセットするも朝3時には目が開いた。そのまま先日の機能評価のレポート書きの仕事をした。午前5時半にホテルをチエックアウト。

 急いでいる日に限って羽田空港の乗客荷物のチエック場所が混雑しているとのことで、離陸が30分ほど遅れた。
 それでも、到着時間は10分の遅れで済んで、病院には午前10時前には,着くことができた。すぐ四役会議。何しろ今週の木曜日も釧路出張で会議が行えない。

 私は役員会議のあらましを報告した。福利厚生事業の見直しの話はまあ良いが、スポーツ大会の主催病院見直しの話は尾を引きそうだ。当分旭川が無理な話は判ってくれてはいるが、、、、

 たまった決済を昼食をとりながら行った。それから,医師会へ赴いて、医師会の決済。連絡会議の報告も受けた。帰院後予約してあったある外来を受診。幸い本日で終了した。

 午後6時から  当院の受審への準備。ケアプロセスの二回目のシミュレーションを行った。電子カルテの扱いの部分でやや不安を残した。まあ、かなりできている。

 長い一日だった。今夜は又  休肝日 となりそうだ。




代役の代役

2010/09/12(日)

 朝からホテルで機能評価のレポート作りをした。朝風呂にも入らないで頑張ってどうやら昼頃前にはできた。あとは数時間かけて見直しをすればよい。火曜日には送れるだろう。

 今日も東京は暑い。旧芝離宮恩賜庭園に行ってみた。少しでも水の近くだと涼しいかと思った。東京にはよく公園が残されている。
 昼から横浜。中華街に行くも人は多いし,暑い。家に少し饅頭・シュウマイ等を送った。それから、港の近くに行くとここは風があって,少し凌ぎやすかった。

 今日のオペラは 神奈川県民ホール。有名な割に小さな古ぼけた施設だった。
  今日の出し物は椿姫。
  お目当ての ゲオルギュー がキャンセルで代役だった。これは予め承知の上だった。しかしその代役も一幕の後半では声が出なくなり,さらに代役が現れた。アイリーン・ペレス というアメリカ人だった。しかし小柄で,声量が少し不足していて、きっと超一流にはなれないようだった。声の質と演技はそれなりのものだった。きっとこういうう立場のそれなりに実力のある歌手がたくさん舞台の袖にはひしめいているのだろう。
  これならはじめから代役の代役で始めて欲しかった。ただ正規の代役は非常に舞台栄えがした。

  午後7時前には終了。頑張れば札幌までは帰れた可能性がある。

  大学の同期の訃報が入った。いったいこれで何人友人が亡くなっただろう。元気でいることをありがたく思うことが必要だ。



マノン

2010/09/11(土)

 昨日は少し暑さが和らいでいたが、今日の東京はまた蒸し暑い。本当はオペラ観劇にいくのに,背広とネクタイも当然用意はしてきている。しかし、外の暑さをみて、一転 ポロシャツとなった。しかしこれで正解だった。

 ロイヤルオペラの行われた東京文化会館の中も暑く、汗をハンカチで拭きながら見る始末だった。尤も後半は冷房もようやく効いてはきたが。超満員で、トイレも特に女性は長蛇の列だった。ロビーもあんなに混んでいたの初めての経験だ。これは  ひとえに アンナ・ネトレプコ  のせいだろう。ただ、、まだ元の体型には戻っていないようだった。メトの ルチア の時のような姿ではないが、少し太いと言う感じは否めなかった。

 マスネーのマノンはひたすら面白かった。後ろの方の座席だったが、私の耳はまだ大丈夫のようだ。十分楽しめた。

 今夜はこれから精一杯機能評価のレポート書き。明日は横浜の県民ホールへ行く。




院長連盟役員会

2010/09/10(金)

 朝起きるもさすがに練習には行けなかった。7時に病院へ。休んでいた間の手紙の整理。8時くらいから職員の出勤があり,私たちの病院の機能評価の受審へ向けての相談があった。投書への回答方法、感染性廃棄物の処理の件が一番の課題だった。機能の求めていいることと、常識との間に少し乖離があるようだ。しかし当然ここは評価機構の定義に従うよう話をした。

 8時半に病院をでた。又東京だ。本社で院長連盟の役員会があった。今回は結構実りのある会だった。福利厚生事業にたいする人事部の話も連盟の意向に沿ったものになってきた。暑気払いの懇親会もあった。久しぶりに男山の大吟醸一夜絞り を空港で購入して持参した。

 酔って帰っては来たが、酒量は確実に落ちている。東京もようやく暑さの峠を超えたのではないだろうか。日陰を選んで歩くと上着を着ていてもなんとか歩くことができた。いよいよ秋か。

 今夜から三泊は定宿の  三井ガーデン汐留 。機能評価のレポート書きをこれからがんばらないとならない。





三日目終了

2010/09/09(木)

 三日目も無事終了した。この開放感は素晴らしい。1時半の新幹線で東京へ。グリーン車を使ったが腰痛がある。あちこちが痛くなってしまい憂鬱だ。最終便で旭川に帰ってきた。

 空港でM 氏ご夫妻に出会う。お元気そうだった。もう奥様同伴とはいえ、旅行をしているようだ。少し安心した。明日の連絡会議を欠席の了解を頂いた。
 明日からまた東京だ。院長連盟の役員会がある。本社の方々との懇談会もあるはずだが、あまり飲みたくない心境だ。将来の組織改編の話も少ししてみるつもりだ。

  肩がこって腰が痛い。どこかでまとめて体を休めなければ、、、、

  今回のサーベイは比較的楽だった。ありがたいことだ。レポートを早く仕上げなければならないそれを考えるとまた頭が痛い。あすからの出張にはノートパソコンを持参しよう。ハードデスクの故障が心配だが、、そういえば,今回のお仲間で、SSD を装着したノートパソコンを持ってこられた方がいた。故障に対しては安全なようだが、まだやはり欠点もおおいようだ。

病院を空けすぎるのが気になるので、15日の件,飛行機の予約し直しができたので、変更とした。






二日目終了

10/09/08

何時も大変な二日目がどうやら終了した。協力も良くて、私自身はストレスがなく、嬉しかった。病院側は今頃は疲れ果ててることだろう。自分の病院の受審が近いと、どうしても我々の病院ではちゃんと動いてくれるだろうかと考えてしまう。



廊下で職員に、笑顔で挨拶されただけで、いろいろと心配になって来る。私たちの病院では職員は挨拶がちゃんとできるだろうか、、、

   夜の打ち合わせも、大過なく終了した。雨も止んでいて、駅前の 日本海庄屋 という居酒屋で夕食。今夜もいつもの半分ほどの酒量で切りあげた。これが当たり前になってくれると良いが、、、、、





サーベイヤー業務初日

10/09/07(火)


新幹線で長岡へ。昼前にはついたが、私としては、初めての土地だ。
本日のホテルは、駅前のニューオオタニ。前回の木更津はオオクラだった。最近はシテイホテルが二回続いた。しかし、それよりも、チエックインの時間を早め、禁煙を徹底して欲しい。長岡日赤も本当は見学したい。三回目の受審ということで、準備はよくできているようだった。
。 あまりストレスがなく、仕事ができそうだ。仲間のメンバーも以前から考えると、平均化されたと言うか、楽しくサーベイができそうだった。


只、台風の影響かかなり強い雨がふっている。夜の食事も、アーケードが続いている雨の当たらない駅前で済ました。私としては、かなり、酒量をセーブしたつもりだ。








東京へ

10/09/06(月)

朝方に、凄い雨。最近は少し、気候が変だ。9月の最初の早朝医局会議。10月からの人事の話をした。
経営的にも頑張りを期待していることを伝えた。
午前中に、又いやな話があった。どこかで確りと、病院の覚悟を伝えなくては、ならない。

最終便で東京へ。また、機能評価のサーベイヤー業務だ。

暇な日曜日

2010/09/05(日)

 朝,恒例の練習。クラブ選手権の予選があるようだった。来年は私もせめてシニア,ミッドシニアくらいにはでてみたい。そういう気持ちが起きて来るくらい,足の調子は改善してきた。

 主メールサーバーの DTI が又おかしい。サポート対応の電話は相変わらず通じない。HPには何も情報がでてはいない。
 少し不信感が増してしまった。私は今はインターネットは光回線で TOPPA というプロバイダーを使っているので、そこでアドレスをゲットはした。しかし メールアドレス をすっかり変更するのはなかなか難しい問題がある。

 当分の間、  私へのメールは以下のアドレスにお願いします。このアドレスだと iPAD  でも受けることができるので、、、今後出張には、パソコンではなくて  iPAD を持参するつもりだ。キャリーバッグにいれて、ガラガラと引っ張って歩いているといつかは,ハードデスクが壊れてしまう恐れが大いに心配になる。

 sgotoh@hb.tp1.jp

  夜中にみてみると、 改善していた。未配になっていた金曜日のメールが届き始めた。しばらく経過をみなくてはなんとも言えないが、、、、

どうやら完全に回復したので、  DTI  を使うので良いようだ。ただ、説明のメールのひとつも入ってこない。

ホームページを探したら   お詫びの説明   が載っていた。少し安心した。

メールサーバー不調

2010/09/04(土)

 朝,ゴルフの練習。休日なのでいつもの2倍はできた。しかし熱くなって汗が噴き出るので途中でやめた。クラブを短めに握ることでかなりの改善があるようだ。少なくともダフリはすくなくなった。ただ、私のダフリの本当の理由は、右肩が下がるためだと思ってはいる。いわゆるギッコンバッタンが治らないようだ。

 今朝から、メールの調子がおかしい。メールの主サーバーは  DTI を用いているのだが、これが、受信しないようだ。金曜日の18時ころからのメールが全く入らない。病院に行って、自室のパソコンを使ってみるも,同じ状態だった。  DTI に電話するも話し中で繋がらない。HP には何も載ってはいない。

 夜になったらいつの間にか解決したが、その間のメールは結局はどこへ行ったかわからない。

 午後,近くの  クリスタルホール で 旭川市の救急体制についての,講演会あり。 M副院長の発表のみ聴講しにいった。ラフな格好でサンダル履きで出向いた。その格好で旭川市長にもご挨拶をした。シンポジュームの方は、その格好で  フロアからの意見などを求められたら困るので帰ってきた。

 夜、旭川医大の関連医局の同門会があり参加。自分の出身医局のにはここ何年かはご無沙汰している。教授その他の方々にご挨拶をした。前向きの考えを話して頂いた。

 二日間飲んだので明日は  休肝日 としよう。





新しい動き

2010/09/03(金)

 午前中はいろいろと整理があった。その他に、ネットの医療機能評価機構のHPを検討した。特にサーベイヤーのページを詳しく調べた。いままでの講習会の内容等があり、改めて理解できた部分が多かった。

 朝のゴルフの練習では足は痛くはなかった。ようやく治ってきた。今回は経過が長かった。

 内科の赴任予定の医師に病院でお会いした。又新しく来られる小児科の医師を今おられる医師達と引きあわせて,病院の考えていることを伝えた。これは、院外で  かた岡 で行った。うまく機能してくれることを願うのみだ。

 この週末には、皮膚科外来の工事も始まる。今まで何かとご協力を頂いた開業の先生に礼状をだした。

 

院内ラウンド

2010/09/02(木)

 今朝の四役会議も二人欠席で早く終わった。いろいろと学会や会議のシーズンで皆が揃うのはなかなかと難しい。10月からの新しい体制についての相談あり。あちらに気を使うと他の方で問題が起きる。とにかく人事というのは大変だ。

 午後から,機能評価に向けて病棟その他を回った。これだけ院内をくまなく回るのは珍しい機会なので非常に良いことだと思った。大きなことはないが細々と改善すべき事項は見られた。悪い言葉で言えば、うまくごまかすべき事項もあった。
  4時間近く歩きまわって足が疲れた。幸い痛くて歩けなくなるという事態まではならなかった。これには,外反母趾用のサポーターというのが、功を奏しているようだ。良かった。




9月

2010/09/01(水)

 いよいよ9月になった。今年の 2/3 がもう過ぎたことになる。これで年を越したらあっという間に一年が過ぎるだろう。皆,最後の一年は早いというから、、、、  
  そろそろ次のことを考えなくてはならなくなる。サッカーの監督とは違って病院の場合にはトップが変わって突然方針が違う方向に変わるということはありえない。

 朝、いつものメンバーで台場で朝ゴルフ。明るくなるのが遅くなった。4時50分になってようやくスタートできた。蒸し暑くて,汗が乾かなくて辛かった。

 夕方からケアプロセスの準備。シミュレーション。電子カルテを使ってのケアプロセス対応はなかなか難しい。一時間少しで終了したが、実際はどうだろうか。これから20日間が勝負だ。




プロフィール

satoshig

Author:satoshig
 2012年4月から 旭川赤十字病院の名誉院長 となりました。
 現在の仕事のメインは同院の 常勤嘱託医師(検体検査管理加算Ⅳに該当する検査部門担当) です。
● 医療機能評価機構サーベイヤー
● 卒後臨床研修評価機構サーベイヤー


としての仕事も楽しんでいます。

 旭川赤十字病院には、1970年5月 から勤務し、副院長10年、院長を9年間 勤めさせていただきました。
 1966年北海道大学医学部卒業  もともとは脳神経外科医

リンク
最新コメント

最新記事
月別アーカイブ

フリーエリア
QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム