FC2ブログ

肌寒い

2010/04/30(金)

 肌寒い日が続いている。今朝は途中で起きて、ちょっと仕事をして又寝たので、朝6時前には起きられなかった。練習には従って行けなかった。明日はなんとしても練習に行こう。

 臨時の四役会議有り。評価機構の再々受審の病院としての希望日を確認した。9月の最終週となりそうだ。看護部の対外的な行事が入っていて、講堂を半分しか使えず、また受審の日程に制限がかかるが仕方が無いだろう。総務課と一緒に会場の確認をした。

 医師会の行事は、昼の連絡会議、夜の学校医・園医部門の役員会があった。明日も医師会の仕事で函館まで出張だ。
スポンサーサイト



練習と孫

2010/04/29(木)祭日

 朝から風が強く好天とは言えない。午前中、ゴルフの練習に。さすがにもう、コースはオープンしている。結構な数の車が駐車場に止まっていた。私のオープンはきっと5月11日の早朝ゴルフの会 緑友会 となるだろう。

 午後から下の孫が来た。何しろ活発で妻と二人で相手をしても、追いつかないくらいだ。しかし、嬉しいと思った。この連休中に孫達と何回遊ぶことができるだろう。この連休は5月1日と2日が函館に出張がある。医師会の行事をわざわざ五稜郭の桜の満開時期と会わせた筈が大違いのようだ。こうなれば、面倒で行きたくない心境だ。2日に早く帰って来たいが、飛行機も電車も満員のようだ。2日の午前中函館市内でオープンしている温泉でもあれば良いのだが、、、、

 それ以外の日はゴルフの練習に明け暮れよう。一日くらいフラノに妻を連れていくことがあるかもしれない。

夜、目が覚めてしまったので、録画してあった  モンタナの風に吹かれて  をみる。面白かった。映画らしい映画を久しぶりでみた。ロバートレッドフォード は年齢を重ねるにつれ、ますます素晴らしくなっていく。

HP 再構築

2010/04/28(水)

 明日からいよいよ連休だ。どこまで入院患者数が下がるだろう。本当のところはものすごく心配だ。
 当院の医療機能評価の再々受審がいよいよ9月のどこかに決まりそうだ。私たちの病院側の行事の関係からいうと、やはり予想通り最終週ということになりそうだ。
 少し私も気を引き締めて頑張ってみよう。だてにサーベイヤーをしているので無いところを職員に披露し認めてもらわなくてはならない。

 日中、職員の訪問が結構あった。良いことだ。

 久しぶりに ★私のHP★ を作って見る気持ちになった。惚け防止には明らかに有効だろう。この連休中に少し体裁を整えてみたい。

外回りの点検

2010/04/27(火)

 朝から快晴である。午前8時半に今病院で研修している研修医の部屋で皆と記念写真。午前9時には S.Dr.がみえて、5月からの部屋の確認をした。私たちの病院にとっても、勿論  S 先生にとっても良い結果になれば良いが、、、

 その後、事務長達と病院の外回りを見て回った。今日はどういうわけか全ての駐車場が満員だった。新正面玄関で同乗者を降ろした後の駐車場への車の流れについて、大急ぎで検討することにした。連休が明けたらきっと、植栽がはじまるだろう。工事の最後の段階となる。

 夜、診療部長会議あり。プロジェクトの理解を求めた。

 昼前に不本意ながら、今回のサーベイのレポートを送った。今が一番いやな時期だ。

経営改善プロジェクト

2010/04/26(月)

 久しぶりの四役会議あり。特に重大な議題はなかった。連休中のお互いの動静等の確認をした。会議の前に篤志家からの寄付が有り。丁寧にお礼を述べた。この不景気の仲ですばらしく嬉しいことだった。

 昼から医師会に行き決済と先週休んだ会議の内容を聞いた。夜の送別会の欠席の件も改めてお願いした。
夜、経営改善プロジェクトの会議があった。コアチームで検討した結果を承認した。今までほど切羽詰まってはいないが、私がちょっと思った甘い考えよりは、やはりかなり厳しい内容だった。
 連休が明けたらヒアリング等で、職員に的確に伝えたい。私たちの病院の将来がこのプロジェクトにかかっている。

 レポートが病院では全然手をつけれなかった。今夜は徹夜してでも頑張らなければならない。まずはリーダーに半日間の猶予をお願いした。

東京日帰り出張

2010/04/25(日)

 朝8時半に家を出た。自分の車でもあまり信号にぶつからないと25分で旭川空港に着いた。
 東京は暖かだった。永田町の都道府県会館で北海道主催の臨床研修病院のプレゼンがあった。

 ただ、これはもう役目を終わった感じだ。大阪を撤退したように、東京も撤退すべきだと思う。
 後は道のメンツを捨てて、レジナビに北海道として参加する途を探るべきだろう。この情報社会ではこの形態でのプレゼンというのはもう無理なようだ。
 私たちの病院としては、大阪のレジナビに参加することを考えても良いかもしれない。赤十字病院の枠もあるようだ。

 午後5時50分の最終便で旭川に帰って来た。飛行機は医者仲間ばかりだった。
 ちょっと、顔を合わせたく無い方もおられ、顔を下げて本のみ読んでいた。御陰で   キャッシュフローの仕組み という本を読み上げた。
 この 日帰り出張 というのは、本当はかなり疲れる。


札幌→旭川

2010/04/24(土)

 朝、4時には目が開いた。ホテルの窓から外を見るとちょうど藻岩山の方向が一望だった。私の生まれた家、育った家の方向だった。明けていく札幌の町並みを眺めて少し涙がでた。本当は30年間暮らした札幌に住みたいという気持ちがまだ、心の隅に残っている。

 朝、7時前の電車で帰旭。電車はがらがらだった。参列すべき葬儀の知らせが届いていたが、どうしても避けられない所用がありで失礼した、何となく腰痛がある。鈍い痛みだが、不快だ。

 午後から妻の買い物に付き合った。その後練習に行きたかったが、腰の事が気になって行かず。昼寝をした。今回のサーベイの報告を書き始めたが、いつものようにやはりうまくは書けない。いつもと同じに自己嫌悪に陥った。もう行きたくないと思ってしまう。要するに観察が足りないのか、メモ等が足りないのかとにかくレポートを書けない。明日は出張、月曜に医師会関係の送別会がある などと考えるとますます辛いことになってしまう。

 ホームページ作成の新しいソフトを購入したのでまた再開と考えたがこれもプロバイダーの情報がうまく設定できない。なんとなくいらいらの連続だ。


サーベイ終了

2010/04/23(金)

 今回の宿泊のホテルは一応はちゃんとしたシティホテルなのだと思うが、部屋でのインターネットのスピードが極端に遅い。実用にならない。秋に,赤十字医学大会があるので仙台に来るが、これではこのホテルには泊る訳にはいかないであろう。
 あまりにネットの繋がりが悪いと仕事にいろいろと差し障りがある。今日もメールの返事をだそうとしてもうまく流れていかないようだ。

 サーベイの三日目も無事に終了した。旧帝大の縦割り社会のまずい点も当然感じたが、一方院長を中心に頑張っていることも十分判った。私にとっては非常に為になった三日間だった。
 費用を出してもらって、良い経験をする、感謝しなければならないだろう。
 帰ったら自分達の病院でチエックすべきことがたくさんできた。

 仙台空港で千歳空港行きの出発まで、時間があり、地元の酒と牛タンと蕎麦を楽しんだ。
 札幌に着いたら、もう午後11時で今夜は JRタワーホテル札幌 に宿泊。ジャランで安く予約したのだが、30階のツインの部屋だった。これも得をした気持ちになった。お礼に冷蔵庫のアルコールを少し消費してあげよう。



二日目終了

2010/04/22(木)

 辛い二日目が終了した。さすが、大学で歩く距離が長かった。一番感心したのはなんといってもシミュレーター。なんと1000万以上の値段の器機もあるようだ。羨ましく思った。

 夜の打ち合わせは比較的に早く終了した。二日間とも同じようなちょっと高級な居酒屋に行った。仲間通しの話は面白かった。機能評価にきてこれだけが、楽しみだ。さすが、今回のリーダーの言うことには頷けるものがあった。いままで考えたことが無いような事実を思い起こしてくれた。

 酒を飲んだ話の仲で、私たちの病院のサーベイにこのメンバーが大挙して押しかけるという話になってしまった。酒を飲んだ上での話で、これは実際には実現しないだろうが、もしあると大変だ。やはり今回のリーダーもメンバーも見方は鋭いし、いつもは漠然と流して居る部分を指摘されてしまうだろう。

第一日目

2010/04/21(水)

 朝8時の電車で新千歳空港へ。空港では久しぶりに  八天庵 で 蕎麦を食べた。本当は 鰊蕎麦 を食べるべきだったかもしれない。昔札幌の北一条にあった時はよく食べたものだ。

 その後、11時半の飛行機で仙台へ行った。久しぶりに ADO を使った。座席が狭くて痛くて困った。すっかりJAL に慣れ親しんでしまっている。
 仙台は桜と辛夷が満開だった。羨ましかった。今回の宿舎は、メトロポリタン仙台  。まあまあのホテルだった。そうでなくでは本当はおかしいと思う。

 大学は懐かしかった。その昔脳外科医の時に、専門医制度反対等で、オルグで訪問したことが、何度もある。この大学の脳外科は間違いなく一時代を画したものだ。私の伯父が、お霊下 などいという何ともへんてこな名前のところに住んでいたこともある。懐かしい都市の一つだ。

花粉症

2010/04/20(火)

 昨日くらいから、くしゃみと何か鼻がむずむずする。どうも花粉症の症状だ。昨年の記録をみるとやはり 4月16日 に同じような記載がある。いったい何だろう。幸い去年はひどくならずに済んだのだが、、、、

 今日は比較的暇な一日だった。何人かの外部からの客もあったが、幸い面倒な方はおられなかった。SDr.に電話。何回かかけてようやく繋がった。今月中に一度ご足労をお願いすることにした。部屋等の確認をしていただくことになる。検査技師長に今後の詳細を伝えた。

 夜、医師会の理事会もあったが、これも最近になく短時間で終了した。ありがたかった。
今日は予定通り  休肝日 となりそうだ。
 明日からまた機能評価のサーベイヤーで忙しい。今回はストレスが貯まりそうなサーベイだ。  牛タン を食べる暇があるだろうか。加齢により食べれるようになったのは間違いなく  ウナギ と 牛タン である。

医局歓迎会

2010/04/19(月)

 朝の医局の朝礼で今年の病院の方針を簡単に説明した。この朝礼もどうやら定着した。殆どの資料を送ってしまったので、残った資料で機能評価の準備をした。特に精神科の部分が自分の当番なので、苦労しそうだ。

 午後、リハビリで院長としての今年の抱負を述べた。

 夜、医局の歓迎会あり。今回歓迎される新人は、研修医をいれて21人だった。勿論2回目3回目の医師もいるが。昔は研修医を入れないで、30人近くが移動したものだ。それだけ、医局依存が少なくなったのかもしれない。あるいは、それだけ個々の病院の責任が増していると考えるべきだろう。
 いつものごとくワインをたっぷりと飲んでしまった。

 明日の夜は 久しぶりに絶対 休肝日  としよう。

余裕の日曜日

2010年4月18日(日)

 昨日に続いて今日も一日何も予定のない日曜日。土曜日、日曜日が続けて暇というのは非常に珍しい。
午前中、ゴルフの練習に行った。今日はドライバー中心に行った。年だから飛ばなくて当たり前と言い聞かせながら練習するも、やはり飛ばない。内心、忸怩たる思いである。

 昼前に息子が孫達を連れてきた。昼食を食べて帰った。二日間、孫達をみて嬉しかった。上の孫はもう少年という感じになってきたし、下の孫はカタコトが益々増えて今が一番かわいいときだ。
 今度はいつ一緒に遊べるだろう。

 仙台のホテルに医療機能評価サーベイに関する荷物を宅急便で送った。今回も落ち着いた準備ができてはいない。少しマンネリになっている。これでは時間を割いていくにはもったいないことだ。

練習開始

2010/04/17(土)

 本日も快晴。東京は霙が降っているという。朝、ゴルフの練習に行ってみた。なんと半年ぶりだ。もうこれからはドライバーの飛距離が落ちたことに拘泥するのをやめよう。それでは全然進歩がない。100球打つのがようやくだった。しかし、明日も練習しようという気持ちにはなった。

 午後から DVD の整理をしていたら、孫達が来た。久しぶりに下の孫と遊んだ。楽しかった。夜は息子一家と焼き肉。これも久しぶりだ。上の孫と明日、お風呂に行く約束をした。上の孫に自転車を買ってあげたら、弟も ”晴にも欲しい”といわれてしまった。

好天

2010/04/16(金)

 朝から好天気。目に着く部分の雪は殆ど解けてきた。何とかこの週末は予定が無いのでゴルフの練習に行ってみよう。何か行動を起こさなければこのままで終わってしまいそうだ。幸い腰痛は治まっている。

 電話が数件あり。仲間の或る病院で機能評価を受けてみようかという話。これは私がお手伝いできることなので、大賛成だ。何しろ赤十字病院で未受審の病院は20病院くらいのはずだ。医師の派遣はできないが、私が動くのは一向に構わない。

 脳外科の後輩から、講演の講師を病院から派遣してほしいという話もあった。慢性期疾患の話というので、ちょっと私たちの病院の動きとは相反することになる。月曜日まで時間をもらった。

 夕方、放射線部に今年の病院の動き方の話。まだいろいろな部門が残っている。



帰旭

2010/04/15(木)

 朝起きたら雨。腰も重たく、朝風呂に入る気持ちにもならない。10:25の飛行機で帰旭。結構混んではいた。旭川に近づいて、大雪山のゴルフ場の上を飛んだが、真っ白。これはしばらくオープンにはなるまい。

 家にちょっと寄ってから病院にでた。午後から、看護部の係長会議で病院の今年のあり方を説明した。平成21年度の医業収入が7億円強の増加ではあった。ただ支出の部分はまだでてはいないが、、、減価償却費その他で当然赤字決済にはなるではあろうが、収入増は嬉しいことには違いない。
 また今回の診療報酬の改定をふまえたシミュレーションでも追い風であることは確かだ。

 職員にどういうふうに伝え、モチベーションをどこに持って行くかは難しいところだ。経営改善プロジェクトはどういう流れにもっていくつもりだろう。良く相談してみよう。

 午後5時から医師会で決済と連絡会議あり。終了後どこにも寄らずに帰宅した。

施設長会議

2010/04/14(水)

 朝起きた時から腰痛あり。ボルタレンのシップを張りこのホテルの売りの一つである大浴場に朝入るもあまり改善はしない。ただ、歩けないほどではないので助かった。天気は心配したほどは気温も下がらないで、外套を着ないで歩けるくらいだった。ただ、外套を着てもおかしくはないという感じでもあった。この時期の東京としては異常な感じではあった。
 旭川は雪と風が強いという。

 午前10時から本社で施設長会議があった。他の病院の院長と一同に顔を合わせるのはこの会と秋の総会のみ。そういうことでは貴重な会議だ。本社からのいろいろな連絡事項はそれなりに意味があった。ただ昨年もそうだったが、厚労省のお役人をお呼びしての特別講演はあまり面白くはなかった。対象が絞りきれないので結局は当たり障りのない話になってしまう。

 午後5時から臨時の院長連盟総会が開かれた。私の副会長再任を含めて人事の承認が主な議題だった。

 その後、副社長にも参加戴いて、恒例の意見交換会。いろいろな方にお話ができて有用ではあったが、腰が痛くて困った。看護部部長ともいつもの話があった。
 北海道だけの二次会も今回は勘弁して戴いた。とても座敷にあがって、座る気分にはなれなかった。

 明日は朝一番に乗ろうかとおもってはいたが、少しでも遅い方が腰に良いかもしれないと思い10時半の飛行機の変更はしなかった。着いたらすぐ、看護部の係長会議で話しをする約束になっている。今夜どこかで起きて準備をしなくては、、、、、


本社で会議

2010/04/13(火)

 東京は昨日とは打って変わった快晴。気温も高い。朝、ホテル近くの蕎麦屋で蕎麦の朝食。明日明後日もこの蕎麦屋で朝食としよう。少なくともバイキングの朝食よりはカロリーが低くてすむだろう。
 午前中は本社で赤十字医学会の会計監査があった。私は数年前から監査役理事だった。
 医療事業部に寄り、5月の札幌での研修医研修会の講師決定の話をした。ところがこれが、後で大間違いのことが判った。女性医師だと思ってすすめていた話が實は男性医師だった。私の思い込みだったのかもしれない。本社が確認の連絡を北見にして判った。大失態だった。予め判って良かったが、、いろいろな方々にご迷惑をおかけしてしまった。

 午後からは、医学会の役員会、評議委員会とあった。さらに医管調会議も午後3時からあった。その上、午後5時からは健康管理センターの理事会までもあった。8月日本ドック学会総会の前日に当院を会場にして赤十字健康管理学会が開催される。準備はできているのだろうか。少し気になった。医療機能評価の受審の準備も本当に進んでいるのだろうか。気を引き締めて確かめる必要がありそうだ。
 
 会議の連続でさすがに疲れた。本当は夜、五反田まで講演会を聞きに行くつもりでいたが、その元気はなく、ホテルに帰った。

 明日からはまた、天気が悪化するとのこと。







旭川→東京

2010/04/12(月)

 四役会議終了後に珍しいお客が有った。支部の前事務局長が突然訪問してくれた。
 私が今院長を続けていられるのは、彼の御陰であることは間違いない。苦しい時に見事に助けて戴いた。私は心から感謝している。面と向かってはなかなか、お互いに本心を表さないで今まできている。まあ、私が退職でもする機会には心から礼を言うことにしよう。このあたりの事情を知っている職員も殆どいなくなった。
 今回、多分突然現れたのも、彼一流の気の使い方なのだと思う。

 夕方の飛行機で東京へ。今日は珍しくすいていた。心配になるくらいだった。今夜からの宿泊は いつもの 三井ガーデン汐留 。東京はかなり激しい雨だった。明日から二日間のかなり詰めた日程がうまく消化できればよいが、、、

札幌

2010/04/11(日)

 朝、8時半の電車で札幌へ。電車はがらがらだった。午前10時から、ホテルポールスター札幌で臨床研修病院のプレゼンが開かれた。珍しいことに今回は当院のブースにも結構人気があった。良い事だ。ドクターヘリの影響だろうか。それとも参加してくれた研修医の努力のせいだろうか。

 午後1時からパークホテルで、旭川医大小児科教授を偲ぶ会が開かれた。最近の行きがかり上で、参列した。600人からの参加者だった。
 ただそこで医局員によるヴァイオリンの追悼演奏があった。きっとそれなりに自信があってしているのだろうが、全く面白くない。聞いていて楽しくない。
 技術以前の問題のような気持ちがした。勝手なことを言ってごめんなさい。
 私は本当は暇になったらヴァイオリンを練習しなおそうかと思っていた。しかし少し考え直そうかと思い始めた。音をつくるだけでも大変なのに、自信がある人でもあの程度ならがっかりだ。

 明日から又東京へ出張だ。






家で仕事

2010/04/10(土)

 朝、病院へネットで購入したファックスの器機を持参。備え付けた。いままでのは画面が小さくてどこへ電話をかけているのかさっぱり判らなかった。病院の周りの雪もかなり無くなっていた。

 帰宅後、家で再来週の機能評価の準備をした。なにしろ大学病院なので少し緊張する。
 ご一緒するメンバーもそうそうたる方々ばかりで気が抜けない。ともかく自己調査票の確認はできた。

 その後、病院の投書へのご返事を書いた。 病院からのお知らせ という形で返答している。しかし、いつもご返事を記載しながら自己嫌悪に陥ってしまう。何かもう少しスマートな方法を考えてみたい。投書の内容はあまり問題となるような内容はなかった。今までの正面玄関が変わったことにたいしてのご不満が多かった。これは慣れていただくしかないだろう。

 夕食後、先日亡くなった友人の未亡人に手紙を書いた。今まで書く気持ちにはなれなかった





快晴

2010/04/09(金)

 今日は一日中いろいろな申請書類等を確認した。自分で言うのも変な話だが、以前よりは核心に触れたチエックができるようになったようだ。本当は、もっと前にこの境地に達するべきだった。
 腰が痛く重く歩くのが辛かった。

 昼、医師会の決済に赴いた。外套無しで行けた。連絡会議は重要な話題は無かった。雪がかなり解けた。インターネットによると、旭川ゴルフクラブは17日からオープンとのこと。今年の私のゴルフはいったいどうなるのだろう。

 最近忙しいためか、ダイエットが全くできていない。いらいらするとつい食べてしまう。もう一度やり直しだ。





機能評価係数Ⅱ

2010/04/08(木)

 今日は会議の他は特に目立った予定は無し。好天気。部屋の書類を確かめながら整理した。結構重要な書類が見つかったりもした。
 朝の四役会議は特に大きな問題なし。なんとか、もう少しコンパクトにしたいものだ。久しぶりに検食。今回は蕎麦だった。

 午後から看護部師長会で病院の今後についての説明。15分の予定が30分かかった。診療報酬改訂に伴うシミュレーションの結果についても説明した。幾分追い風をうまく理解し、励みにしてもらえれば良いが、、、職員への伝え方は難しい部分がある。

 DPCにおける 機能評価係数Ⅱ が全国で45番目だったことも説明した。これは本当は誇りに思って良いことだと思う。病院の実力に応じて医療費に差がつく時代になってきたともいえる。
 少なくともいままで進めてきたことが間違っていないことを理解してもらいたい。

 9月10,11日の ロイヤルオペラ の券のお金を送った。何とも高額だが、外国に聞きに行く思いをしたら安いものだ。後はキャンセルなどのないように願いたい。私は、東京でカラス、アルゲリッチ、それにバイロイトではルネコロのドタキャンにぶつかっている。
 今回のネトレプコとゲオルギューは少しくらい耳が遠くなっていても、オペラグラスを持っていかなくてはなるまい。今から楽しみだ。



保健所長来院

2010/04/07(水)

 午前中、暇があったので、精算機のそばで観察した。あまり問題はないようだった。ただ、患者さんはほとんどがお年寄りで、全く掲示を読むということはない。旧正面玄関の使用がそれなりに活発なのも肌に感じた。
 それが良く判った。今までと流れが変わるとそのことだけで文句があるようだ。しかしこれはちゃんと定着しそうだ。

 午後、旭川保健所長が新任のご挨拶にみえた。医師として当院に赴任して居たこともあり、北海道庁におられたときには、ドクターヘリの当地への誘致にご尽力を戴いた方だ。
 旧知の仲なので、いろいろと情報の交換をした。感性は同じようで話しは合った。

 今日は早く帰宅した。代表チームのサッカーを見るも、無惨。あれでは、コンサドーレと似たようなものだ。北見が雪で真っ白という。そう来なくちゃ不公平だ。

自動精算機

2010/04/06(火)

 朝から雨。積雪が急激に解けている。今月から会計で自動精算機が稼働している。あまり問題なく動いているとはいう。詳しく聞くとカードがまだ使えない等々まだ不備な部分もあるようだ。明日、時間があるので、ゆっくりと観察してみよう。
 四役会議で一連の入学式の報告。北見は年に一度くらいは奨学生に会いに、きちんと体制を整えて行くということになった。あれでは、休暇中に集まってくれた学生に申し訳ない。幾分、対応が甘すぎた。

 午後から自分の部屋の整理。少し綺麗にした。夜の医師会理事会で某学会の件で、ちょっと問題あり。まあ大したことではないが、私の立場と意見を述べた。
 春になったので、タクシーでなく、自分の車で医師会の往復をした。ただこれは決して褒められたことではない。ちゃんとタクシーチケットがでているのだから、事故でも起こしたら、それこそ逆に非難を受けることになる。

 今日は休肝日をも守れるようだ。



看護大学入学式

2010/04/05(月)

 朝、10時から日本赤十字北海道看護大学の入学式。
式の後で、当院が奨学金をだしている学生を集めて話しをした。しかしこれは準備不足,打ち合わせ不足であった。私が少し遅れて定められた講堂に行くともう40人ほどの当院の奨学生がまっていた。
 ただこちらはなにも予定していない。私が出張で病院を開けていたためもあるのだろうが、集まってくれた学生に失礼なことだったと反省している。30分ほど病院の近況をお話した。
 事務か看護部の誰かがきて手配をすべきだった。まあ、初めての試みだから仕方がないのかもしれないが、、、、今後も続けるのであれば、十分考えなければならない。

 昼は大通りビルの 蕎麦屋で時間をつぶした。やはり、閑散としたものだった。

 午後2時の列車で帰ってきた。疲れた。幸い腰痛は起きなかった。この二日間また飲み過ぎた。
明日は必ず 休肝日   としよう。






北見




好天

2010/04/04(日)

 好天。雪がものすごい早さで解けている。目に見えるくらいだ。一度病院にでるもたいした話題は無し。

 午後4時台の列車で北見に向かった。明日は北海道看護大学の入学式。夜8時からオホーツクビールで本社の医療事業局長との夕食会があった。看護大学の学長も参加しておられた。先日の落成式の御礼を伝えた。驚いたことに北見は全く雪が無かった。今年の旭川がいかに異常な雪の量だったかということだ。

 今夜の宿泊は、北見ピアソンホテル。 北見ではたいていはこのホテルを使っている。昔は昼も温泉の利用と食事ができたものだ。そういえば、東急インが営業を止めていた。北見はそれなりにやはり大変なのだろう。真っ暗だった。
  明日の昼は、このビアホールか北見大通りビルで時間をつぶすしかないようだ。

訃報

2010/04/03(土)

 朝、ちょっと病院に出かけた。今日は小学校側の駐車場に停めてみた。やはり本通りからUターンして入るには私の車くらいの大きさでも少し辛い感じがした。注意して大回りをすれば良いのだが、、、朝の対向車が多いときにはなおさら難しいかもしれない。

 家に帰ってメールを開けたら、大学同期の友人の訃報が入っていた。脳外科大学院に一緒にはいり、互いの結婚式の祝賀会の司会をしあったた仲だ。彼が北里大学に行ってしまって次第に疎遠にはなっていたが、哀しい気持ちでいっぱいだ。葬儀は内輪でということなので、落ち着いたころに一度伺うつもりだ。
 最近、病気の方の話ばかりを聞く。いやだ。

 台場と大雪のゴルフ場の年会費を振り込んだ。今年は何回できるだろうか。なんと年会費とロッカー代金で6万円になった。

 今日は 休肝日 としよう。



助産師学校入学式

2010/04/02(金)

 朝、ホテルの部屋で、起きたらテレビが盛んに強風のことを放送していた。窓の外を見るもあまりひどいようには見えなかった。飛行機が昼頃までは飛ばないという話になっていた。浜松町までモノレール。
 そこからタクシーで看護大学に行った。途中桜が満開だった。芝公園も綺麗だった。増上寺の桜も車の窓から眺めた。
  助産師学校の入学式。今年から当院でも一人の看護師の教育をお願いしている。
 記念写真にまで参加してきた。

 帰りに医療センターを見学した。新築なったばかりだ。
 外来の待ち時間の苦痛解消のための呼び出しシステムとしての、カードを興味深くみてきた。パナソニックの製品なそうな。値段がいくらするのか判らないが採用してみたいと思った。

 午後2時台の飛行機で帰旭。羽田空港はすごい混み方だった。手荷物のチエックに長蛇の列だった。こういうときには私の本意ではないが、JAL のダイヤモンドカードはすごく有効だ。飛行機も満員の盛況だった。

何か右足の先が少し痺れる。昨日の腰痛と無関係ではないだろう。一年前の苦痛を思い出した。

 以前に申し込んで有った、英国ロイヤルオペラ の券の予約がとれたようだ。。9月にまず本当に行けるかどうかと、耳がかなり遠くなっているが、大丈夫かどうかが気になる。耳はますます遠くなるのだろうからこれがわざわざ東京までオペラを観に行くのも、最後かもしれない。少し無理をして行こうと願っている。



入社式

2010/04/01(木)

 朝から辞令交付と入社式あり。お祝いの言葉は簡単に済ました。
 只、新入社員講習会の院長の話としてパワーポイントを使ってしゃべったのも予定より早く終わってしまった。この前の浦河でも早かった。今日も本当は時間をオーバーするかなと思っていた。昨年まではたいていそうだった。しかし、10分も前に終わってしまった。急に早口になるとは思えないので、話をする内容が乏しくなってきたのではないだろうか。これも老化現象かと思うとがっかりしてしまう。

 この前の臨床研修指導医講習会の報告の後書きは書いた。

 午後5時の飛行機で東京へ。明日は医療センターの助産師学校の入学式に出席する。今年から病院から一人お願いしている。羽田についたら腰が痛い。又、羽田空港第二ビルの端から端まで歩くのに難渋した。今日の宿泊は羽田エクセルホテル東急。




プロフィール

satoshig

Author:satoshig
 2012年4月から 旭川赤十字病院の名誉院長 となりました。
 現在の仕事のメインは同院の 常勤嘱託医師(検体検査管理加算Ⅳに該当する検査部門担当) です。
● 医療機能評価機構サーベイヤー
● 卒後臨床研修評価機構サーベイヤー


としての仕事も楽しんでいます。

 旭川赤十字病院には、1970年5月 から勤務し、副院長10年、院長を9年間 勤めさせていただきました。
 1966年北海道大学医学部卒業  もともとは脳神経外科医

リンク
最新コメント

最新記事
月別アーカイブ

フリーエリア
QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム