FC2ブログ

帰旭

2010/01/31(日)

 朝早くホテルで目が覚めて、持参した 妻を看取る日 を読破。気がついたら中島梓の 転移 も最近購入した。病気の人の本を読むと何となく安心するのだろうか。悪い性格だ。
 朝、6時に温泉に入った。さすがに日曜日の朝ということで、ほとんど人がいなかった。私にしては長湯で30分くらい温泉にいた。朝食は我慢して食べず。ただ、コンビニで新聞を購入したときに、サンドイッチを買ってしまった。

 二日目の研修会は、DMAT とか赤十字の災害救護に関する物が多かった。面白かった。最後に締めの挨拶をして終わったが、また来年もこれは開催しようという気持ちになった。だんだん参加医師も種切れの感じがして、隔年開催を考えようかと実は思っていた。
支部の職員にも,当然旭川病院の総務課長にも感謝したい。

 午後1時の電車で帰ってきた。疲れ気味なので、指定席をとったが、空いていた。昨日の行程から考えると雲泥の差だった。

 今日は久しぶりに  休肝日
スポンサーサイト



診療部長研修会

2010/01/30(土)

 9時半の電車で札幌へ  と思って駅に行くとまだ電車は不通のままだという。ネットでJRのホームページにも記載が無く、6時50分のNHK の列車の予約状況の時にもなにも言ってはいなかったのに。
 滝川まで代行バスでそこからは、L特急が動いているという。都市間バスも考えたが、バスの時間が少ない方が良いと思いJRに任してみることとした。ところが、実際は大違いで、深川に止まるために高速は使わないし、滝川に着いたらやはり電車は動いていないという。
 結局4時間バスに揺られる羽目になった。少し二日酔いの身には辛かった。私の次の電車に乗ろうとした部長は高速道路を使って直通のバスが仕立てられて、私よりうんと早く到着したという。私が一番タイミングが悪かったようだ。

 新装なった支部で 診療部長研修会が開催された。院長連盟の主催ということでもう10回近くになる。初期には旭川が主催していたが、最近は旭川、釧路、北見が交代で行っている。私は主催者の立場で参加した。マンネリとは思うが良い意味のある試みだとは思う。
 夜には意見交換会もありまた飲酒。今夜のホテルは ジャスマックプラザ。ここの温泉はすばらしい。温泉に入ったあと、蕎麦をたべたかったが、必死に我慢した。

診療科の新設・訃報

2010/01/29(金)

 特に決まった仕事が少なかったので、一日中外来とか病棟を回った。新しい病院のなかの仕組みはかなりおちついてきたようだった。駐車場も混み合って並ぶということは無いようだった。ただ、旧正面玄関を使うのは仕方が無いが、車いすを整備したりするのはどうだろう。車いすの方は新正面玄関を使って戴く方が良いのではないだろうか。そうでないと、タクシーが中まで入らないとかドアが重いとかの話がまた出てきてしまいそうだ。

 昼昨日に続いて医師会の決済。あまり重要な話題はなかった。

 夜、新設を予定している科の教授と予定の医師とグランドホテルで会食をした。決定となった。次回の管理会議の議題としよう。何はともあれこの医局の引き上げを多い時代に診療科の新設というのは嬉しいことだ。職員の士気にも良い影響がありそうだ。

 午後、市立病院の院長から電話あり。旭川医大のある教授の訃報の件だった。当院に対して好意的に振る舞って戴いている方だ。信じられない話だ。誤報であることを願うが、もし本当なら心からのご冥福を祈りたい

腰痛は軽快

2010/01/28(木)

 朝起きるもあまり腰痛はなし。ありがたい。朝風呂に入った。自分の車で出勤することができた。立体駐車場に入れた。
 午前中四役会議。先週の大学訪問の一部始終や病院長連盟役員会での内容や支部の評議委員会等々の話題を説明した。午前11時半からグランドホテルで旭川市赤十字奉仕団の新年会。本当は駅まで支部の局長をお迎えに上がる予定が会議が長引いて伺えなかった。タクシーで自分でホテルに行った。盛大な新年会だった。西川市長も来ておられた。

 午後1時半から精神科についての保健所の監査がありそれに間に合わすために、ビールも飲まずに一時間でホテルを出た。保健所の監査のはじめのご挨拶をして、医師会へ。一週間前の決済業務が残っていた。

 その後病院に戻りまた、変な話題がでてしまった。今朝ある部長に伝えたことが変なことになってしまった。物事はなかなかうまくはすすまないものだ。

 体重がさっぱり減らない。明日からかなり本格的なダイエットを開始しよう。

腰痛

2010/01/27(水)

 昨晩は早く帰って、大浴場に入って寝た。しかし朝起きたら腰痛。右足もなんとなくしびれている。朝風呂へ入ってみようかなとは思ったが13階までいくのも面倒で入らなかった。朝食も食べず。少しずつ悪化してきた。ほぼ一年前にも腰痛でしばらくタクシーで通ったものだ。

 東京で歩けなくなるのはいやなので、午後の会議を欠席にして、飛行機も変更して、急遽帰ることにした。悪いとは思ったが、仕方がない。幸い飛行機は空いていた。

 今日は、夭逝した長男の命日。小学校2年で白血病で亡くなった。最後まで すき焼き が好きだったのでこの日はは毎年 すき焼き を家族で食べることになっている。
 今回は諦めていたが、腰痛のため思わぬところで夕食につきあうことができた。孫達も午後6時前には来て、2時間ほど食べて遊んで帰った。幸い薬がきいているのか、腰痛は悪化はしていない。

 週末はまた札幌出張だし、腰がこれ以上痛くならないよう願うのみだ。

院長連盟役員会

2010/01/26(火)

 千歳空港から羽田へ。今日は久しぶりにファーストクラスを使用した。おいしい さわらの西京漬け がでた。お酒をちょっともらったがこれも最上の日本酒だった。まあ8000円の価値があるかどうかは別の話だが、、、

 本社での院長連盟役員会はいつもの内容。ただ、スポーツ大会について、先日の北海道ブロックの会議で決めたことを報告して了解をえた。
 すなわち、次回の開催は成田、次々回は本来は北海道だったが、今回開催できなかった岡山が行う。北海道はスキップする。
 また開催病院は持ち回りでなく熱の高い病院が行い院長連盟で後援をする。機械的にブロックを回すと温度差があり、今年度のような事態がおきる恐れがある。ただ後者の方は、年度が明けたらもう一度相談することになった。

1 看護部長の副院長就任の条件の話もあった。日赤全体で5にんほどはおられるらしい。私も真剣に考えよう。

 退職一時金、や年金の資金ぐりが危なくなっている説明が人事部からあった。夜、役員会の新年会があった。ここでもおいしいお酒がでた。毎日続いているので早めに切り上げてホテルに戻った。ホテルはいつもの三井ガーデン汐留。

札幌出張

2010/01/25(月)

 朝8時の電車で札幌へ。混んでいた。10時半から支部でまず役員会議あり。道内の医療体制の報告をした。午後から赤十字評議委員会があった。そこでもふたつばかり質問があって私が答える場面があった。まっとうな質問もあったが、当然どうしようもない質問もあった。

 午後4時には終了して、午後6時からの会には余裕があって、小清水の院長といつものごとく駅の下で飲んでしまった。今夜の宿泊は 札幌駅の タワーホテル。

 午後6時から 道内の院長・事務部長・看護部長の懇談会がこのJRホテルで行われた。昨年から開催しているが、そろそろ本格的に会議を開く必要がありそうだ。

孫来襲

2010/01/24(日)

 予定の無い日曜日。朝、病院に自分の車で行った。立体駐車場を使ってみた。職員用の無料カードを使用してみたが、うまく行かず。結局、200円を帰りに払った。じっさいに使ってみるといろいろと不都合がありそうだった。立体駐車場は3階建てだが、一階は患者さん、2,3階は職員用とするつもりだ。しかし3階は屋根がない。いったい、職員駐車場の使用料金に何千円上乗せが、2階使用を考えて居る医師にも、他の職員にも納得のいく金額だろう。夏と冬でも違うのだろうが、、、私なら5000円くらいの上乗せでも屋根付きの場所の方が良い。

 病院で留守中の手紙類を整理していてまた新しい問題があった。私が言わなくても良いことを、言ってしまったということでかなり不興を買った事柄があった。私としては注意して話したつもりだったが、相手がいることだから当然私が悪い。すぐ対処して、2月に入ったら謝罪に伺わなくてはならない。また反省の材料ができてしまった。

 午後から、もう一度病院に行く用事ができた。今度は立体駐車場のカードをうまく利用することができた。

 夜,孫たちが夕食に来た。しばらく久しぶりに遊んだ。楽しかった。

東京往復

2010/01/23(土)

 JAL の朝一番で東京へ出張。東京はすばらしい好天気だった。桜が咲いてもおかしくない感じだった。これは不公平だ。旭川は吹雪いていたというのに、、、

 虎ノ門でセミナーを聴いた。講師の先生と親しく話しをした。それが今回の大きな収穫である。
最終便で帰旭。月曜日からまた出張なので無理をして帰ってきたがやはり疲れた。

 ダイエットと思い始めてからこれで20日間は経過した。体重は増加はしないが、目立った減少はない。もっとも今日にしても、朝は鍋焼きうどん半分で昼は食べずと努力したが、空港で鰻重をつい食べてしまった。ただ、これはおいしかった。

札幌出張

2010/01/22(金)

 朝、9時の電車で札幌へ。この電車はものすごい混みようだった。午前中は北大の医局を回った。良い話ばかりではなかった。うまく流れていると思われた科でも減員を匂わせられたりした。昼にかけて支部を訪問。ここでもいろいろと話題があった。安易に妥協するわけにはいかないので、明確にそして強固に自分の考えを述べた。
 昼食はガーデンパレスの地下の蕎麦屋で  鴨せいろ 。ごま蕎麦でだがこすれも結構おいしかった。

 午後から札幌医大を回った。アポイント無しで回ったところは当然の事ながら、教授はおられなかった。
午後3時半の電車で旭川に帰った。なんとこの電車も混んでいて、ようやく指定席を買ってのることができた。
 夜、疲れていたが、主として以前の仲間が集まる会合があった。祐一郎商店 という始めての店だった。料理、特に牡蠣はおいしかったが、もう一つ人と会う用事があったので、悪いとは思ったが、うんと酔っぱらう前に、途中で退席させてもらった。

 明日は日帰りで東京だ。

多彩な一日

2010/01/21(木)

 いろいろな事柄があった。まず新しい病院については特に問題はなかった。立体駐車場をいつから運用を変えるのか等々が話題に登った。幹部職員が試しに使ってみることとした。冬期になって医師駐車場が猛烈に混み合っている。どうしても雪山ができてしまうことや隣の車との間隔が広くとってしまうことが原因だ。停車中の車で出し入れも容易でないことが多い。それの解消の要素も含んでいる。
 時期が年度末に近づいているから仕方がないが、人事の問題がいろいろとあった。私も考えなければならない事項が多かった。

 午後、精神科の休診の問題について、どうしても院長の話を聞きたいという方と面談した。2004年の件が尾を引いているのは私の不徳のいたすところだ。これは反省が今でも必要だ。

 明日はまた札幌だ。明日は事務部長と一緒に札幌医大、北大をまわることになっている。北大の脳外科も最後に訪問してみようと思っている。

札幌出張

2010/01/20(水)

 朝8時の電車で札幌へ。さすがにこの電車は満員だった。札幌は小雨。地面には雪が無かった。札幌医大を訪問。満足ではないが、まあまあの感触を得た。札幌医大病院の外来を見学させてもらったが、結構問題はありそうに思えた。
 午前11時の開店を待って、札幌駅地下の 八雲 で いつもの鴨せいろ。この ごま蕎麦 はやはりおいしかった。支部に寄ろうかなとも思ったが面倒でやめた。本当は寄ってくるべきだった。旭川に戻ってから支部から電話があった。
 11時半の電車で旭川へ。旭川も高温だった。それから、いろいろと有った。来客や当院職員との面会だけでもすごい数だった。思いもしなかった新たな懸案事項も発生して、また頭が痛くなった。

 午後5時半から診療部長会議。報告事項のみで、幸い目新しいことは無かった。

大学訪問

2010/01/19(火)

 午前中なるべく外来棟に立っていた。風邪気味で少し寒い。あまり大きな問題は無いようだった。しかし、朝の登校時間に隣接する青雲小学校の校長と教頭先生が病院の前で、登校する生徒の交通整理をしておられた。確かに生徒の登校路を横切って車が正面玄関に入ってくる構造になっている。
 慌てて挨拶に伺った。半袖の白衣のままで玄関から飛び出したのでここでも風邪を悪化させたようだ。”早急に当院で対応します”ということにした。
 退職した職員の何人かが、様子をうかがいに訪問してくれていた。午後からはタリーズの前で、入院患者の方のご家族がピアノ演奏をしてくれていた。とにかく今までとは違う雰囲気になった。

 午後から事務部長と旭川医大の医局に新年の挨拶回り。そのときも寒かった。夜は医師会の理事会。ちょっと辛かった。明日は札幌医大に行く予定。悪化しなければ良いが、、、

新病院運用開始

2010/01/18(月)

 午前7時にタクシーで出勤。新しい一条側の新正面玄関に着いた。職員がもう出勤していていろいろと動いていた。初日は大きな問題は起きなかったようだ。ただ駐車場の関係も有って2条側の旧正面玄関を使用する人の方が多い感じがした。いずれ簡便な方法でも良いから使用者数を調べる必要があるだろう。それでも、新正面玄関からの流れが新たにできただけで、ローソン、タリーズは今までからみると遙かに混んでいるようだった。

 立体駐車場を全面開放していたとのことで、明日から一階のみに限定するよう、四役会議でも伝えた。きっと掲示・表示等がまにあわない問題も有ろうとは思うがそうしなければ、新たに造成した駐車場が間に合っているものかどうかの判断もできない。

 再来受付機の移動も問題は無かったようだ。ただ、防火シャッターとの兼ね合いでいかにも格好のつかない場所に設置されている。

 明日は外套を着込んで外部をゆっくりと回ってみるつもりだ。

 午後、有る職員と詳しく面談。懸案になっている事項について事情を聴いた。有益だった。

 夜、医局の新年会がグランドホテルであった。いつもよりは出席者が少ないようだった。いつもの通りにワインを飲んで帰ってきた。

札幌→旭川

2010/01/17(日)

 後楽園ホテルで朝食。和定食だが、ダイエットにはちょうど適当な量だった。8時の電車に乗った。札幌はものすごい吹雪で、岩見沢までの間にすでに30分は遅れてしまった。逆にいつも天候の悪い、砂川あたりからは快晴だった。

 旭川の駅には30分の遅れのままで着いた。旭川は快晴。駅で ビーフシチューの駅弁を購入。これは車内誌に載っていたのが偶然目についたものだ。

 今朝の北海道新聞に、明日からのオープンの広告が載っていた。午後から妻とちょっと病院の状態を見に行った。まだ、いろいろと工事をしていた。明日からあまり混乱が起きなければ良いが。

 本日は久しぶりに 休肝日

北大脳外科同門会

2010/01/16(土)

 午後の電車で札幌へ。後楽園ホテルで、北大脳外科の同門会の総会と会議があった。懐かしい顔に出会った。今回は旭川医大と北大の脳外科に同門から新しい教授が決まり、お二人と会うのも目的だった。。両方の教室とも、私たちの病院とは関係が深いわけで、後輩とはいえ、丁寧にご挨拶をしたつもりだ。いずれ今後お祝いに伺う必要がある。
 私が入局した当時は、教授が母の弟ということで、何かと居にくい感じがあった。もっと私が優秀か、全然駄目だったらまだ我慢できただろうが、私は結構つらい思いをした。早く日赤に就職してしまったのも、それが一つの理由だった。最近ようやく同門会への忌避反応が和らいできたようだ。それだけ年をとったのだろうが。参加者を見回しても、私より年上は数人しかいない。

 札幌は気温はそれほどは低くないのだろうが相変わらず風があり体感温度は低いようだった。手袋があっても良いなという感じだった。

 午前中に所用が有り息子のところへ行った。二歳の孫がいて、顔をあわすなり ”バンバン” と撃たれてしまった。 ”やられた” と言って倒れたら大喜びだった。いったいどこで 覚えたのだろう。

保健所の立ち入り検査

2010/01/15(金)

 朝から旭川市保健所の立ち入り検査あり.重大な指摘は受けなかった。しかし、昨年度の指摘事項がまだ直されていないと言われた。それらを私が全く把握していなかった。これは問題だと思う。反省しなければならない。もう一つ、職員の外部の方への挨拶がまだ十分徹底されていないような感じがする。一朝一夕では改善しないことだから、今から気をつけて行かなければならないだろう。
 医療機能評価の再受審を目指して私も少し病棟を歩き回ってみようと思った。

 夜、グランドホテルで旭川市歯科医師会の新年会に出席。これは日赤病院の院長枠。いろいろな方々とご挨拶を交わした。少し飲み疲れ気味。最後は失礼して帰ってきた。明日は札幌で北大脳外科の新年会である。

引き渡し式

2010/01/14(木)

 夜遅く、酒を飲んだせいか、朝5時半まで安眠した。ただ、腰と肩が痛かった。

 午前6時半にチエックアウト。フロントで感心なことに、昨晩の不手際を謝ってはくれたが、本当はあまり愉快なことではない。旭川行きの指定席を買ってから気がついたが、どういうわけか混んでいた。自由席の方が空いていたのでそちらにした。今日に限って710円も取られた。310円の時もあるのに。いつものごとくに、砂川、滝川のあたりで吹雪いていて、10分以上遅れた。

 午後から、最終の引き渡し式あり。何か淋しい気持ちがする。純粋の工期だけで3年余、準備期間から考えると6年くらいの事業だった。良い仕事をしてくれる方々に恵まれた。幸いと思う。
 何しろ私の任期のほとんどが費やされたことになる。落成式は3月6日に予定されている。

 夕方、ある部長と面談。管掌部門の人事についての話。

精神科サーベイの研修

2010/01/13(水)

 朝、6時に起きた。あるいは6時まで久しぶりに寝ていた。
 朝食は食べずに、8時半の南海電車で貝塚市まで行った。そこからなんともクラシックな電車で森に行った。この鉄道は水間鉄道と言うのだっただろうか。偶然、その電車に昔一緒にサーベイをしたことがある方と機能評価機構の本部の職員が乗っていた。

 10時半から研修開始。研修会場は 木島病院 という精神科単科の大きな病院。興味をもって参加したが十分甲斐があった。院内見学も面白かった。
 私は超急性期の精神科医療しか知らないわけで、非常に参考になった。精神科のデイケアとか授産施設とか面白かった。
 途中で雪がかなり降りすっかり雪景色になってびっくりした。飛行機の遅発を心配したが、幸い午後からは綺麗に雪は溶けてしまった。
 午後6時半の飛行機で千歳空港へ。遅れることもなく着いたので旭川まで帰ろうかと思ったが、ホテルのキャンセルをするのが面倒で、 ホテルグレイスリー札幌 へ宿泊。ところが、予約されてないということで、フロントで一悶着。私の携帯に記録が残っていたが、すごく安い価格だったので、少し恥ずかしかった。札幌駅の 蕎麦屋 でまた 鳥せいろ をおいしく食べてしまった。旅行をするとダイエットがすぐ後戻りしてしまう。

関西空港

2010/01/12(火)

 連休中は、幸いあまり入院患者数の減少はみられなかった。このままいやもっと増えて続いてくれれば良いが、、、
四役会議で日曜日に掲載する新聞広告の意匠を決定した。

 その後、新しい正面玄関、職員玄関、駐車場等を検分した。これがいよいよ最後となる。明後日には全面引き渡しを受けることになっている。今日のところは大いに満足だった。

 午後、道庁、上川支庁の職員の訪問を受けた。予告通りの話だった。綺麗に巧みにシナリオができあがって居る感じだった。勿論反対の余地はないわけで、あとは私が、病院がいかにしなやかに対応していくだけであろう。ある意味では私の真価のみせどころになってくるであろう。

 病院を出ようとしたところで、ある部長から連絡有り。ある職員が辞任の意向を伝えたという。これはまた少し面倒になった。木曜日にまた考えよう。

 午後5時の飛行機で 旭川→羽田→関西空港と乗り継いで10時に ホテル日航関西空港に チエックインをした。夕食は旭川空港で江丹別蕎麦をたべたが、今は空腹。ダイエットがようやく少し数字に反映し始めたのでここが肝要だ。

体調不良

2010/01/11(月) 成人の日

 朝から風邪気味。体調が悪い。結局一日何となく何もしないで、過ごす羽目になった。昨晩孫のところへ行く時寒いなと思った。そろそろ私もズボン下をはかなくてはならないようだ。また、一つ年寄りじみたことが増えてしまう。
 機能評価の再々受審の私なりの準備を始めた。ある出版社の受審のためのハンドブックを手に入れて読んだが、やはり内容は少し変なところがある。それを職員に教え説明するのが私の役目だ。

 午後から購入したブルーレイの 愛を読む人 を鑑賞。面白かった。久しぶりに映画らしい映画をみた。しかしはっきりと理解するには特典としてついていた、削除部分をみて始めて理解できた。主演女優の 日陰のふたり をもう一度鑑賞したくなった。この映画は以前みて感銘を受けたものだ。タイタニック はべつものとしてこの女優はすばらしい。

 風邪を治さないと大変だ。明日、道庁の職員と面談した後に、二日間大阪へ出張。木曜日は会議の後、増改築した外来棟の最終引き渡しがある。金曜日は保健所の監査、夜は歯科医師会の新年会。土曜日は北大脳外科の教室会議と新年会が予定されている。いずれもスキップはできないので体調を整えなくてはならない。

暇な日曜日

2010/01/10(日)

 暇な一日だった。今度の出張の準備に一度病院に出た。今日はいろいろな工事を行っていた。きっと昨日は見学会があったので差し控えた分を今日行っていたのだろう。壁の補修等がメインのようだった。後、数日で完全に引き渡される。

 午後から、今週の研修の準備を少ししてみた。しかし、精神科はやはり私の得意分野にはならない感じがする。講習を受けたばかりに精神科の有る病院ばかり当たったらどうしよう。今から心配してもしようがないか。

 夜、届ける物があって孫たちのところへ、30分ばかり行った。孫たちに会って少し満足した。

地域フォーラム

2010/01/09(土)

 朝、9時に病院へタクシーで出勤。一条側正面玄関に念のため回ってもらったら、新しい玄関が開いていた。始めて新しい玄関を使用した。午前10時から病院見学あり。私たちの病院の職員が動員されたとはいえ、たくさん出勤してくれた。ありがたい。このあたりの職員の協力の具合はすばらしいものだ。ドクターヘリも飛来してそれなりに、病院の宣伝になったと思う。11


13

こんなに職員の皆さんが頑張ってくれるならあれだけ逃げ回った 人間ドック学会 もあながちできないわけでもなかったかなとちょっと思った。

 午後1時から ロワジールホテルで、地域フォーラムあり。道内外から300人強の参加があった。医療機能評価機構の全く違う側面をみることができた。普段は会わない方12
とお会いしたり楽しかった。しかし本当のところ何かちょっと心に引っかかるものがあったのも事実だ。
 まあ、本日の行事が、これからの病院の活性化につながれば言うことがない。
 来週はさっそく精神科サーベイの講習会が貝塚市で開かれる。メールをもらってつい参加すると返事をしてしまった。

 帰りのタクシーの中で携帯に電話あり。孫たちが遊びに来ているという。今年初めてだ。夕食は 北の富士 からちゃんこ鍋をとって皆で食べた。二人の孫と楽しく遊んだ。

 正月休みが終わって、勤務になってから却って体重が増えてしまった。不規則にLAWSON の弁当を食べるのがよくないようだ。


明日の打ち合わせ

2010/01/08(金)

 朝から年始の客が多かった。結構気持ちのうえでは負担となった。私も大学の教授のところへこれから年始で回るのだが、相手の気持ちを考えなければならないと反省した。何となくいらいらとした気分でいて、つい昼に医師会へ連絡会議で行くことを忘れてしまった。午後2時に電話をもらって、慌てて決済だけしに伺った。この3年間で2回目だ。一度は午前中に葬儀の掛け持ちをしていてつい忘れたことがある。
 
 夜、ロワジールホテルで明日のフォーラムの打ち合わせがあった。旧知の加藤先生といろいろと情報の交換をした。いつまでも緊張を保っている彼にすごく刺激を受けた。明日は300人強の出席者があるようだ

医師会新年会

2010/01/08(木)

 朝の四役会議で全館オープンに向けての新聞広告の原案を討議した。写真を撮り直すことにしたが、まあ平和な話題だった。
 ところが、昼に北海道医師会と道庁から連絡あり。また面倒な問題が起きてしまった。対応を誤らないようにしたい。かなり長期の展望が必要だ。上手に軟着陸を諮らないと大変な事態になりそうだ。私たちの病院の命取りになりかねない、
 来週、道庁の職員とお会いすることになった。

 夜の医師会の理事会でも報告した。反応無し。期待する方が無理ではあるが、、、
その後 竹ちゃん鮨 で医師会の新年会があった。寒ブリ の刺身、しゃぶしゃぶ等々でおいしく酒をかなり飲んでしまった。この店はいつ来ても満足するが、本当は値段も一流である。腰の調子は最近はよいので、油断してあぐらをかいていた。やはり後半は腰が痛くなった。椅子席に座らせてもらえば良かった。
 後、一年で医師会も終わりだ。このいつも何か満たされない気持ちから解放されると思うと待ち遠しい。

暖かい一日

2010/01/06(水)

 朝から今日は暖かい。雪はあまり降らないようだ。道東の方面は大雪で大変なようだ。本日は病院はあまり忙しくは無かった。ただ何となく風邪気味でからだがだるい。寒気も少しあって、間隔を置いてだが、暖かいうどんと蕎麦を食べてしまった。せっかくダイエットを開始したばかりなのに。。。

 赤十字病院長連盟の機関誌に ”ドクターヘリと旭川赤十字病院” という記事を投稿した。その内容を以下に転記してみる。


strong>  ドクターヘリと旭川赤十字病院

旭川赤十字病院長      後藤 聰


   いろいろな難しい問題がありましたが、とにかく、ドクターヘリが旭川赤十字病院屋上のヘリポートに係留しております。
  2009年10月11日には本社から山田事業局長をお迎えし、高橋道知事、西川市長等々の来賓の列席のもとに、就航式を執り行いました。赤十字病院としては、前橋赤十字病院についで、2件目ということになります。
  就航式の前日には、利尻島まで交通事故の患者を収容に、往復240キロというドクターヘリの概念を覆す遠距離飛行も行いました。また就航式当日も式の後に試験飛行をする予定でしたが、要請が入り、試験飛行登場希望者を降ろして、任務に飛び立つという何とも劇的な開始の仕方でした。
  まだ、十分に期待通りの活躍とはいえないかもしれませんが、だんだんと地域の方々や、消防、医療機関等々に認知され、利用も増えてくるだろうと期待しています。
  毎月の運行状況は、当院のホームページに掲載しております。ただ12月に入って降雪があってからは、要請は減少し、また要請があったにもかかわらず天候不良で飛べない回数は増えています。これらはこれからの大きな課題です。
  ご存じのように、私たちの病院は約3年をかけて、病棟の新築、外来の増改築を行いました。その設計の段階から屋上ヘリポート設置の話はあり、計画はしておりました。
  ただ、これはドクターヘリを想定したものではなく、あくまでも災害拠点病院や救命救急センターの備えるべき要点のなかに”ヘリポートの設置”が含まれていたからです。3千万円弱と意外に工費が安く思われたのもその理由です。無駄かなと思いつつ実現させておいて今となれば良かったと思っております。
  私自身もドクターヘリに関してはあまり関心もありませんでした。テレビをほとんどみないせいもありますが、 第2クールをこの正月から放映する ”コードブルー” なるテレビドラマも一度もみたことがありませんでした。もっともさすがに、このドラマは今度は録画もしようとしておりますし、初期の版については DVD で購入して全部を鑑賞いたしました。
  ドクターヘリの話に私が絡み始めたのは、旭川市医師会の副会長としての仕事としてでした。
  2008年の春、急にドクターヘリの誘致の話が医師会内部で始まりました。釧路を中心とした道東地区が約1年前から、道内2機めのドクターヘリの誘致しようと運動を始めておりました。私も2機目の導入の場所は当然道東だろうと思っておりました。
  14万人に上る嘆願書を携えて、増田一雄医師会長にお供して2008年4月22日に、高橋知事へお願いに行ったことから私のドクターヘリとの繋がりが始まりました。ただ、私自身ではまだ当事者意識は薄く、正直のところ、近い将来3機目が考えられた時の布石になれば良いという認識でいました。
  この年、春の訪れがものすごく早く、4月だというのに、知事公館の庭や大通りに桜が満開に咲いていたのが、今でも一番印象に残っています。

  その後も私はあまり積極的には動かず、きっと医師会長はもどかしく思われただろうと反省はしております。2008年の秋には、旭川医大の吉田晃敏学長もご一緒に二回目の知事への陳情を行いました。このあたりから急激に2機、3機目の同時導入という話がでて参りました。これには、吉田学長、増田医師会長というお二人の政治力が大きくものをいったのだと思っています。
  旭川医大が誘致に並々ならぬ関心をお持ちの事が判っていました。私の立場としては、いざとなったら、旭川医大の協力病院としてお手伝いをして、屋上のヘリポートも利用していただければそれで良いと考えていました。職員にも事あるごとに当院の立場をそのように説明してきたつもりです。

  ところが、ドクターヘリの道北配置が具体化してくるとともに、どうしても救命救急センターにしか補助金はおりない、基他病院は地の規格の病院にはなりえないということがはっきりとしてきたようでした。
  結局、私たちの病院がお引き受けする事態になりました。本当は何か心苦しい感じを持っています。もっと本心をいうと ”ありがた迷惑かな” という言葉が一番当たるようでした。

2009年3月に正式の通知が来て、急激に準備が始まりました。何しろ、救命救急センターという名称ととヘリポートしかありません。幸い乗務する医師と看護師に関しては病院職員の関心が高く旭川医大、札幌医大、市立病院のご協力を得て何とか目処がたちました。
  ただ、北海道には冬という未知の悪条件があります。へりの機体は基本的には当院の屋上のヘリポートに係留されます。しかし、吹雪や極寒の気象条件を考えますと、格納庫の建設が必須です。しかし、当院には全くその土地がありません。
  そこへ旭川医大が名乗り出てくれました。無料で大学構内に土地を提供してくれたのです。また格納庫の建設資金の半分以上5、000万円を道北地区の市町村が補助していただくことになりました。ありがたいことです。
  さらに旭川医大は隣接して、ヘリポートを造成され、そこを格納庫からでたヘリコプターの発着に使用させていただくことになりました。
 これらのご協力がなければ、とても旭川赤十字病院だけでは、お引き受けが不可能だったと思います。
  当院で新たに作った施設は、まず 地下燃料庫、乗務員の待機部屋、無線装置の準備等々があります。特に燃料庫については地下に作って屋上までパイプでくみ上げるので、約7.000万円万円の資金がかかりました。赤字体質の当院ですので、かなり本社から厳しいチエックを受けてしまいました。

  国と北海道から補助金をいただけますので、 いわゆるランニグコストはほとんど当院の負担にはなりません。イニシャルコストの回収が少しでも可能かどうかが、今後の旭川赤十字病院の運営に大きな影響がありそうです。
 しかし、ドクターヘリの基地病院であるということを、職員一人一人の誇りとして、病院の活性化につなげ、強いては道北の医療のお役に立ちたいと考えています。
 今後ともご理解、ご指導をよろしくお願い申し上げます。

寒い

2010/01/05(火)

 朝はかなりの冷え込みだった。昼、旭川市の新年交礼会に出席のつもりだったが、忙しくて行けず。午後1時から医師会館に出向いて、増田医師会長の医師会職員への挨拶には参加した。帰りに外で車を待つ間も寒かった。

 午後はもっぱら院内のサインを確認して歩いた。上や横を見ながら何度もぐるぐると回ったので少し左足が痛くなった。新しい正面玄関もみたが、玄関ホールは結構な広さで嬉しく思った。後、2週間でオープンとなる。
 今月の9日午前中には仮オープンで院内見学の方々に披露することになっている。9日には 医療機能評価機構の 医療安全に関する 地域フォーラム が当院の当番で開催される。
 午前中は病院見学で、午後1時からはロワジールホテルで本番である。私も基調講演の座長を仰せつかっている。全国から、かなりの医療関係者が集まる予定だ。昨年は松本市の相澤病院の同じフォーラムを見学に行ったものだ。
 年明けのまず病院としては、大きい行事である。

仕事始め

2010/01/04(月)
 
 朝まず医師の朝礼あり。今年はとにかく経営改善が目標と話をした。久しぶりの四役会議は重要な用件はなかった。休み中の病院もクレームが数件あったのみで大事はなかったようだ。病院内を歩き回るも特に変化はない。
 夜、病院の交礼会あり。いつもより出席者が多い感じだった。まあ、集まってくれるだけでもありがたい。
その後4Fの会議室で軽く二次会。私は途中で退席させてもらった。今年はとことんまでは飲まないように注意して生活するつもり。

 体重が90キロ有った。もっと増えているかと思ったので少し安心。これなら、ダイエットでもとにもどせそうだ。明日から始めよう。今回は nifty のダイエットソフトを使用してみよう。これなら食事の記録も簡単だ。

快晴

2010/01/03(日)

 朝から快晴。前回の機能評価の資料を戻すべく病院に持参した。病院は大きな変化はないようだった。入院患者数は昨年ほどではないが、やはり減っていた。回復が早ければ良いが、、、
 ちょうどドクターヘリが富良野からの要請で、出動中だった。二週間ほど前に、事後検証の会を開いてからまた少し要請が増えたようだという。とにかく努力が大切だ。

 午後、家の自室の整理を少しした。大事に残しておいたVHSのテープを全部処分した。VHDのソフトも捨てることにした。後は、オペラのLDがかなりたくさんあるのだが、これも処分するつもりだ。これは図書館でひきとってくれるようだ。本当はもったいないが仕方がない。第一、再生する機器がもう手に入らないし、時間もない。DVDのソフトもまだみていないのが、自室にたくさんある。

 明日からいよいよ正念場の一年が始まる。気を引き締めて頑張るつもりだ。

 明日の新年交礼会で挨拶する内容を転記する。



新年のご挨拶                               院長   後藤 聰 

 明けましておめでとうございます。職員の皆様には良い新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。
  3年間かかった入院棟の新築と外来棟の増改築がようやく完成いたします。1月18日から、新しい正面玄関を使い、全面的に新しい運用が始まります。
また、いろいろな問題を抱えてはいますが、ドクターヘリも、10月から就航をしております。いずれも職員の皆様の深いご理解とご協力の賜と感謝しております。

さて、今年度の目標は、 ”経営状態の改善” の一言につきると思います。牧野副院長を中心に立ち上げた経営改善プロジェクトを発展させ、効果をあげるのを今年の重点目標にします。
私たちの病院は現在、経営改善のための準指定病院という取り扱いですが、指定病院にならないようなんとか頑張りたいと思っています。診療報酬は少しは上がるようです。私たちは、はっきりとした戦略をもって収入を増やし、またすっかり肥大化した支出を切り詰める努力をして行かなくてはなりません。

また秋には医療機能評価機構の三度目の受審が予定されています。”受審そのものに意味がどれだけあるのか” といった議論があるのは確かです。私は少しでも病院の機能を標準に近づける良い機会だと考えております。これまで支障なく動いているから今更変更しなくとも、、、、などとは言わないで積極的に変革することを期待いたします。


今年は私たちの病院にとっては、正念場の年となります。
互いに健康に留意しつつ、頑張りましょう。
>

正月二日目は平穏

2010/01/02(土)

 天候はあまりよくはない。千歳空港はまた降雪のため遅延が続いているようだ。今月二度千歳空港の利用を予定している。何とか変更を考えてみたい。

 一日のんびりと暮らした。部屋の掃除をしようかなとは思ったが明日も休みだから明日にしよう。足がかなり改善したが、再発が恐ろしくて、ゴルフの練習には行かなかった。この調子では雪が溶けるまで、練習には行かないことになりそうだ。

 夕食はまた隣家で、孫たちも来て一緒に食べた。
プロフィール

satoshig

Author:satoshig
 2012年4月から旭川赤十字病院の名誉院長 しております。
 現在の仕事のメインは同院の 常勤嘱託医師(検体検査管理加算Ⅳに該当する検査部門担当) です。
● 医療機能評価機構サーベイヤー
● 卒後臨床研修評価機構サーベイヤー


としての仕事も楽しんでいます。

 旭川赤十字病院には、1970年5月 から勤務し、副院長10年、院長を9年間 勤めさせていただきました。
 1966年北海道大学医学部卒業  もともとは脳神経外科医

リンク
最新コメント

最新記事
月別アーカイブ

フリーエリア
QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム