FC2ブログ

寒い一日

2009/11/29(日)

 今朝も雪はないが寒い。病院にちょっとした荷物を運びそのまま、セミナーからの帰りのバスの待った。あまり来ないので院内のLAWSON で孫のお土産をちょっと購入しているうちに、着いたらしい。それでもご苦労さんと言うことができた。うまく事は運んだようだ。まずは良かった。

 ADr.や都の職員の方々にももう一度お会いすることができた。相変わらず院内は工事で雑然としていた。まあ、明朝どう変わっているかみるのが楽しみだが、、

 午後から、家内の買い物につきあった。
スポンサーサイト



沼田へも行かず

2009/11/28(土)

 好天気だが寒い。日陰の道路は凍っていた。朝、病院に自分の車ででた。そのまま沼田へ行こうと思ったが、思いの外道路が滑るので、大事をとって中止した。ちょうどドクターヘリのCSの部屋に行ったら、各峠の凍って居る状態が中継されていて、恐ろしくなった。挨拶だけに行ってすぐ帰るには危険過ぎると思った。参加者のバスが病院の前を出発するのを見送った。バスの中で激励の挨拶をした。

 病院の中は最後の工事の追い込みで大変だった。自分の部屋に行くのに大きく遠回りが必要だった。月曜日にまたみるのが楽しみだ。

 午後は予定の仕事をした。医師会の行事に顔を出す余裕はなかった。そのために予定を変更したのだから仕様がない。しかし少し後ろめたかった。

帰旭

2009/11/27(金)

 サーベイの三日目は余裕ある状態で終了した。いろいろと私自身にも参考になった。よく整えられたマニュアル類は私も欲しいくらいだった。豊田→新宿→品川→羽田 と乗り継いで2時少し前に空港に着いた。2時半の JAL の便に間に合って旭川に帰ってきた。雨だった。

 同じ便に、明日からの沼田町のほたる館で開く当院だけの医療安全の講習会にお招きしている、本社のA Dr.が乗っておられた。Dr.を迎えに来ていた当院の職員とも空港で会った。見学のために、同行した東京都の職員の方四人ともお会いすることができた。
 日中は時間があるので、私も明日現地に顔をだすつもりでいたが、ここで挨拶できたので、後は参加する当院の職員をどこかで激励すると済むことにもなりそうだ。とにかく雪だったら、病院の玄関で出発のバスを見送ろう。

 松江のホテルに電話して、不泊の件を伝えた。飛行機はすべてキャンセルしたが、医師会にいったいいくらお返しすることになるのだろうか。

二日目終了

2009/11/26(金)

 二日目にサーベイもどうやら無事に終了した。よく準備が整えられていて、楽だった。私たちの病院の準備にも参考にしたいと思う部分がたくさんあった。夜の会議も順調に終了した。これは明日も楽であろうと思われた。
 解放された気分でゆっくりと夕食を食べることができた。

 どうしても個人的な所用が生じて、土曜日の松江へは行けない事態になった。松江では医師会の勤務医部会の総会が開かれる。まあ、出張費用さえ、医師会に返却すると迷惑のかかるところは無いとは思えるが、、、少し残念だが仕方がない。

初日終了

2009/11/25(水)

 旭川を JAL の一便で出発。超満員だった。 JAL の経営不振が嘘のように思えた。ただ団体客がおおいようだったが、それでも収入のうちだろうと思えるが、、、

 東京は雨と飛行機の中では言われていたが、着いたら快晴。外套は不要だった。東京駅から中央線で八王子まで行った。一時半にはホテルに入れたがこれで飛行機の遅れがでたらギリギリということになる。冬期は少し心配だ。

 本日のホテルは 京王プラザ八王子 ということで医療機能評価機構のホテルとしては近来まれにみる立派なホテルだった。いわゆる普通のシティホテルだ。

 初日は無事に終了した。よく準備ができている。直接 サーベイには関係ないが 300床の病院でものすごい赤字だった。自治体病院の経営のあり方が問われれるのは宜なるかなと思った。今夜の打ち合わせは比較的早く終了した。>

診療部長会議

2009/11/24(火)

 結構、多忙な一日だった。朝、病院へ出て期待して外来を回ってみた。綺麗に改修されていた。エレベーターの内装等もすばらしいできだった。メインの外来通路となる部分もおもったよりも遙かに余裕があった。

 朝の四役会議で、新しい正面玄関の色彩や建築材料の設定を、設計の方と相談した。後一月でできるのだろうか。正面から、LAWSON とうに行くメインの通路が狭くないだろうかというのが、唯一の心配だ。格納庫の落成式の相談もあった。

 会議を終わるのを待つようにして、新聞社の訪問を受けた。ドクターヘリの特集をするとのことで、院長としての考えをかなり長時間お話し合いをした。補助が無かったら全く事業としてはやって行けないことを話しをした。

 今日は新型インフルエンザのワクチン接種の外来担当の日だったが、希望者の人数が少ないということで、外来にはでないですんだ。助かった。

 午後3時から、増改築の定例会議があった。この会議もいよいよ後一回で終了となる。考えるとなんと早いことか。最終的な引き渡しが一月中旬となるだけがちょっと誤算だった。当院がお引き受けした1月9日 医療機能評価機構の 地域フォーラム の時にはもう新しいスタイルに変身していると思い込んでいた。当日の午前中には 病院見学 も予定されているが、少し体制を考え直さなければならないだろう。まあこれは仕方がない。

 会議終了後急いで医師会へ。決済と引き継ぎが残っていた。これらはあまりたいした内容はなし。
夜、診療部長会議があった。精神科問題の現況も話したがこれは意見がでなかった。次回あたりまで進展があればよいが、、、会議は報告事項が多くてたっぷりと一時間はかかった。

練習再開

2009/11/23(月)

 勤労感謝の日で休日。約3ヶ月ぶりにゴルフの練習に行った。会費の更新の請求がきていたので、払いに行ったのだが、ついでに少し練習を再開してみた。左肩の痛みは増悪することはなかった。しかし30分もしないのに、疲れてしまって止めにした。まあ、少しでも今後の練習再開のきっかけになっただけ良かった。

 その後、病院に寄った。今日も細かい作業がたけなわだった。明日の朝みるのが楽しみだ。ドクターヘリは昨日、本日と呼び出しがかかったようだ。昨夕、病院の屋上のヘリポートに係留していなかったのは、愛別の飛行場に行っていたらしい。なんでも冬用にスキーのようなものを装着したらしい。

 あと少しで12月になってしまう。何か気持ちが追いかけられてきた。頼まれている原稿もまだできていない。精神科の見通しも全く立ってはいない。

荷物を発送

2009/11/22(日)

 昨日はボジョレヌーボを少し飲んだためか比較的熟睡できた。

 午前中、書類をとりに病院へ出た。手紙類はたいしたことはなかったが、病院中最後の工事の仕上げ中だった。入院患者数は休み中にもかかわらず、減っておらず。嬉しかった。

 帰宅後、ドクターヘリの状態を見ると一度出動したようだ。夕方みるとヘリポートはからで夜まで戻っていない。出動したは戻れなくなったのだろうか。電話で問い合わせようかと思ったが迷惑だろうから止めにした。

 今週の機能評価の仕事の荷物を発送した。あまり負担がかからなければ良いが、、、すべてリーダー次第だ。

羽田→旭川

2009/11/21(土)

 夜、中途半端に酒を飲んだので、眠れず。うとうととしたりしているうちに朝になった。朝食は食べず。午前10時からの、BSC の研究会に参加した。各種の職種の方々が集まっていた。会長講演が一番感銘を受けた。BSC を用いて、病院の活性化に成功している。

 来年は大阪で開催とのこと。誰かに演題も出してもらい参加したいと思った。

 午後8時に帰宅。ちょっとトラブルあるも落ち着いた。

東京→武蔵野→横浜

 2009/11/20(金)

 東京は好天気だが寒い。外套を持参してきて良かった。大森→東京→武蔵境 という経路で、中央線を利用して、武蔵野赤十字病院に行った。今回は日本病院会のセミナーがあった。出席の半分は赤十字関係だったようで、院長仲間にも多数お会いした。
 午前中は横浜の西岡院長のDPCのお話。今後のありかたについて話を伺った。ランチョンセミナーとして武蔵野の富田院長の脳卒中地域連携の話は感銘を受けた。やる気になればなんでも道は開かれるという内容だった。

 午後は権丈善一氏
の   医療政策をとりまく環境の過去、現在、未来  という話。面白かった。ある一つの見方としてはすごく参考になった。著書を   さっそく amazon で注文しよう。ものの見方が広がりそうだ。

 院内見学というのが最後にあったがそれは失礼して退席。新宿までいきそこから湘南新宿線というのを利用して横浜へ。この線は初めて利用した。
 横浜のホテルは  JALCITY横浜 。それなりに機能的には問題ないホテルだった。

 夜7時から 明日のバランストスコアカード研究会の会長招宴が ホテルモントレ でありそれにのこのこと出席。この研究会の今回の会長の病院にサーベイヤーで伺ったのが縁でおつきあいが始まっている。まあそういうことも良いことだと思っている。
 横浜港の夜景がきれいだった。いろいろな方にお会いした。高橋教授に病院訪問の希望を向こうから言われた。喜んでお受けしようと思う。厚生連のいろいろな経営方針を伺うこともできた。赤十字社の仕組みとはかなり異なっているようだ。



札幌→東京

2009/11/19(木)

 朝、8時半に家を出発。9時の電車で札幌へ。11時から支部で人事についての会議が開かれた。独立採算制を譲らない本社の姿勢とはあいいれない感じだ。賞与が病院ごとに少しづつ違って来ている現状とも相容れないことになる。どこで整合性をとるのだろう。1月に行う診療部長研修会の講師のお願いを次長にした。快諾をいただいた。

 そのまま、千歳空港へ行き、午後4時の飛行機で羽田へ向かった。空港で札幌市医師会の会長とお話をした。ある用事があって今回はファーストクラスを利用した。白ワインがめっぽうおいしかった。私は赤ワインのほうを好んでいるが、辛口であのくらいおいしいと白ワインも捨てたものではない。
 今夜の泊まりは アートホテルズ大森。定宿の一つだが、最近はあまり利用しなかった。

 近衛社長が連盟の会長に当選とのニュースがはいってきた。まずはおめでたいことだ。

投書の返事

2009/11/18(水)

 何となく体がだるい。風邪気味だ。珍しく総合感冒薬を服用した。
外来の最後の改修が終了した。保健所の監査の後で、みせてもらった。すばらしく綺麗で嬉しかった。きっと、当初の予算計画以上の工事をしてくれたのだろう。感謝しなれだばならない。患者さんの流れも変わることになるので、外来のいすの適正配置も心して頑張る必要がある。病院の意志をちゃんと職員に伝えよう。

 季節型インフルエンザのワクチンの接種が今日になっていた。風邪気味だが、熱もないようなので強行した。明日からまた東京と横浜への出張のせいもあるが、、、、

 夜、機能評価受診のための準備会あり。何とか役にたつように心がけたい。少しでも病院の改善に役立って欲しいと思う。

 日中、暇があったので、投書に対する返事書きをした。精神科の問題について、集中的に投書が届いていた。ちょうど、その件で上川保健所長からも電話をいただいた。いろいろと面倒な事柄があって、頭が痛い。 来春の予測される事態が、病院が望んでいることではないことを理解していただけるかどうか。まだ、病院がしっかりと頼めば何とかなるはずなのにと思い込んでいる人が多いようだ。年末のご挨拶には伺う予定ではあるが、、、




二重注文

2009/11/17(火)

 Scan Snap という便利な機器がある。原稿をスキャンして、PDFファイルに転換して保存できる。愛用している。故障したし、高価でもないので、買い換えようとした。しかし間違って2個注文してしまった。この1個を返品は可能だったが、それにいたく苦労した。これも加齢のなせる技かと思い少し憂鬱になった。

 今日は珍しく ドクターヘリに二回もお声がかかった。屋上のヘリポートでのヘリの発着を、自分のパソコンで見れるように設定されている。ヘリの音がしたので見ると離陸していくところが見えた。これが呼び水になってまた、頻回に飛ぶようになれば良いが、、、、

 新型インフルエンザの接種が始まっている。その問診の役を引き受けた。今日は約60人とお話をした。医師としての仕事をするのは久しぶりだ。本当は楽しかった。やはり自分は医者なのだと思った。

 夜、恒例の医師会の理事会。その後小さい分科会が二つあった。今日はよく二つに縁がある日だ。終了後、飲みに行くことを誘われたが、遠慮して帰宅。何か少し風邪気味で調子が悪い。

珍客

2009/11/16(月)

 朝、雪が降っていたが、つもるほどではなかった。病院にでると内科外来がほとんどできあがっている。今週中に引き渡しになるようだ。正面玄関はまだできてはいない。来春の落成式の次第、引き出物等の相談が始まった。
 四役会議で、先週の本社出張の報告をした。

 午後、医師会の決済に行った。これからまだ二週間続けて金曜日の会議には出席できない。申し訳ない。午後、中国から電子カルテの見学に大学教授という方々が来られた。誰にせよ、見学に来ていただくことは嬉しいことだ。中国の方々とはあまりお会いする機会はないのだが、英語はあまり話せない様子だった。韓国の方々とはかなり違うようだ。

 夜、医師会の会議の予定があるもちょっと急に所用が入ったので、欠席とした。優先順位をつけると、最近は少し医師会の順位が私の中では下がっている。
 明日も理事会がある。

雨の休日

2009/11/15(日)

 朝から雨の日曜日となった。明日からは雪とのことだが、それよりはまだ雨の方が好ましい。
ゴルフの練習に行こうかなと思ったが、やはり左肩の痛みが気になって止めにした。

 午前中は、二週間後の医療機能評価のサーベイの準備をした。確かにバージョン6はサーベイヤーにとってもストレスが少ないようだ。良い仲間であってくれれば良いが、、、

 午後から妻のスーパーへの買い物につきあった。帰りに スノウトレイを購入した。シーズンの早い時期なのでさすがにたくさんの品揃えだった。

帰旭

2009/11/14(土)

 朝、10時半の便で帰旭。しかし、飛行機は一時間も遅れて出発した。強風ということで着陸時にはかなり揺れた。2時から病院で、講演会のはじめの挨拶を頼まれていたので、家に寄って着替えて出かけた。ところが、一時半からの開始だったということで間に合わなかった。ちゃんと聞いていなかったか、ちゃんと教えてくれていなかったかだ。どちらにしても不覚だった。

 夕方、孫たちが来た。例によって竜巻のように暴れて帰った。しかし嬉しかった。久しぶりだ。帰った時はほっとするが、すぐまた来ないかなと願ってしまう。

医管調会議 弟夫婦と会う

2009/11/13(金)

 夜中に起きたりしたので、朝は7時まで寝ていた。おかげで 大浴場に入るタイミングを失した。いつものように朝食は抜かした。その代わり浜松町の駅で昼を食べてしまった。食べてしまってから大いに反省した。しかしあそこの牡蠣フライはおいしかった。

 午後1時半から本社で医管調会議。珍しく午後4時で終了した。全般的な経営状態は昨年度からは少しは改善しているようだ。旭川日赤は増改築の影響もあって、悪化だが、、

 ホテルに戻って風呂に入った。午後6時に浜松町北口で弟夫婦と会った。海鮮問屋というとこで夕食と酒。亡くなった長兄は酒は全く駄目だったが、私と弟は結構飲む。これはおいしかった。弟たちに会うのも今年はこれで最後だろう。何か雪が降ってもおかしくないような寒さだった。明日は オバマ大統領 の訪日の影響で、要所、要所の検問等がありそうだ。早めに空港へ行く必要がありそうだ。






院長連盟役員会

2009/11/12(木)

 夕べはなかなか眠れなかった。朝、6時に朝風呂に入った。ここのホテルの利点の第一だ。温泉ではないが快適だ。朝食は遅く、信州蕎麦の店があるのでそこで食べた。細い麺でどうも私は好きではない。

 10時半に本社の院長連盟室へ。もうすでに数人の院長が来ておられた。午前中は、支部、本社と病院との関係についての相談。北海道はある意味特殊な環境なのでそのあたりを説明した。昼にすき焼弁当がでた。これが分かっていたら、蕎麦は食べなかったのに。

 昼に、院長連盟会長・副会長で近衛社長に今回の世界赤十字連盟の会長選挙の必勝を願って激励に伺った。接戦とのことだが、うまく当選されるとまた東京出張ということになりそうだ。

 午後からは、役員会。いろいろと病院と北海道ブロックに報告する内容があった。
 午後4時半には終了した。明日会議が無ければ今日帰れたことになる。明日の午後一時までフリーの時間ができてしまった。ただ、東京も寒い。あまり歩き回る気持ちにはならない。ローソンで弁当と酒を買ってホテルでのんびりが適当かもしれない。忘れないうちにと、ホテルから道内院長に本日の内容をメールで知らせた。今後、心して連絡を密にしたいと思う。

 夜、ゆっくりと英語の勉強ということで、ハードデイスクに入れてあった  ローマの休日 を字幕なしで鑑賞。不覚にも涙が出た。ストーリーに涙では無く、この映画を初めて見た自分の若い頃を思いだしでの涙だった。






旭川→羽田

2009/11/11(水)

 朝起きると明るい。やはり雪が積もっていた。今年は雪が遅く少ないはずだったが。仕方なくタクシーで出勤した。今夜出発の旅行の荷物あらかじめ持って登院した。

 雪の中でも正面玄関の工事は行われている。本日届いた 増改築便り によると、今月の20日には内科外来も本来の場所に移動するようだ。いよいよ最終段階に入ることになる。正面玄関を入って外来を通過して、新病棟へ行く、その流れを確実に決定しなければならない。病院の意志を強く職員に伝えるつもりだ。

 午後5時半から、団交があった。この情勢のなかでは組合も大変だ。ただ、病院の運営方針についてはやり合ってしまった。私は組合にたいしては理解者のつもりでいる。ただ、いまの赤字が自分のせいだとは思ってはいない。方針も間違ってきたとは思ってはいない。そこを言われるとつい夢中になってしまう。
 昨年あたりまではまだ余裕をもって対応できたのではないだろうか。だんだん、加齢とともに、自分の許容範囲が狭まってきたのかもしれない。本当は自分で自分が、情けないと思った。あるいは中途半端なシンパというのが運動においては一番邪魔な存在かもしれない。
 飛行機の時間を気にしてと思ってくれれば良いが、、、

 最終便で羽田へ。今日はものすごく空いていた。空いているとそれはそれで心配になる。本当にJALは大丈夫なのだろうか。
 最終便の時は、第二ビルの  羽田エクセルホテル東急ホテル  と決めていたのだが、今回は3連泊ということで、 定宿の 三井ガーデン汐留 に変更していた。幸い雨はやんでいたが、ホテルに着いたら、もう午後11時を超えていた。私が一度寝たあとにやおら起き出す時間だ。これは肉体的にも精神的にも好ましくない。幸い、明日は午前11時に本社での会議なので、少しでのんびりとしよう。





早退

2009/11/10(火)

 朝からまた小雪がちらついていた。私の車は今週末の車検の時に、タイヤの交換を頼んでいる。従って自分の車は使えなかった。何となくからだが不調。幸いにして本日は決まった仕事が無かったので、院内を回り、自分の部屋の書類を整理した。11月中に完成予定の格納庫の落成式の相談があった。市町村から資金をだしてもらっているし、土地は旭川医大の多大なご厚意にすがっているし、細かに気を遣わなくてはならないことが多い。

 午後4時で早退させてもらった。明日の夜からまた本社への出張がある。

 医療機能評価機構の精神科領域のサーベイヤーの講習会にお声がかかった。どうしようか悩んでいる。自分の守備範囲を広げるのは良い事だとは思うが、精神科のサーベイを優先されてはそれこそ自分の精神状態に好ましくはない。

 上の孫の発熱は治まって、今日から登校したとのこと、良かった。

支部落成式

2009/11/09(月)

 昼12時の電車で札幌へ。札幌駅の構内の蕎麦屋  北海道蕎麦紀行 で昼食。これはおいしかった。駅内にあるというちょっと不便を除くと十分利用価値がありそうだ。きょうの蕎麦は滝川産だという。

 赤十字の北海道支部が新築して落成記念の式が行われた。今までのからみると雲泥の差だが、ちょっと安普請の感じも否めなかった。前事務局長にもお会いした。是非私たちの新築の病院を視察していただくようお願いした。院長たちは数人の参加と思っていたが、8人参加した。これは代表としては嬉しかった。
 釧路の院長と来春の講習会の費用の件、精神科の件を話し合い確認することができた。特に後者に関しては、私の失敗例があるのだから、思いとどまるよう忠告したつもりだ。

 終了後、院長たちで読売ビル地下の かつや という おでんや に行った。ここは上品でしかもおいしかった。酒もうまかった。ただ、予約がなかなか取れないらしい。
 たっぷりと飲んでその後札幌で宿泊するというのにも魅力があったが、、今週末に東京3日間宿泊ということもあり、無理矢理途中で席をたった。駅地下で、当院の事務職員二人に出会った。今日は相談事があって札幌に行ったはずだ。もう少し酔っていたら、そこでまた一緒に飲み始めて、札幌の町で沈没の可能性があったが、辛うじて理性が働いて、予定どおり午後6時の電車に乗って帰ってきた。帰るきっかけになるように、指定席をとっておいたのが功を奏した。




外出せず

2009/11/08(日)

 今日も特に行事の予定はなし。非常な好天気だった。ドクターヘリのことも少し気になったが、私が病院に行ってどうなることでもなし、我慢して家にいた。おかげでパソコンの環境がようやく整った。道内の院長たちに下半期の予定を書いて送った。

 隣の義兄が無事退院した。たいしたことでなくて良かった。今週、出張の時車検にだす。そのときタイヤ交換をお願いするので、冬タイヤを車に積んだ。ゴルフバックをおろしたが、ふた月はクラブを握っていない。今でも夜、左下にして寝ると朝、左肩が痛くて泣きそうになる。ただ、これが肩で良かった。腰とか膝なら歩けないことになる。

 孫のところにどうなったか電話もしたいが、寝てでもいたら悪いと思って我慢した。

暇な一日

2009/11/07(土)

 風邪気味でもあったし、今日はのんびりと過ごした。新しく購入したノートパソコンの設定をした。加齢とともに、だんだん設定に時間がかかるようになってきたような気がする。情けない。OS自体はかなり早い感じは確かなのだが。
 何か画面が鮮明でないような感じがする。何か設定を変えなければならないだろう。

 昼に一度ヤマダ電機に買い物へ。土曜日だというのにがらがらだった。帰りに病院へ寄るも、特に何事も無いようだった。

 今日は一日孫たちから連絡なし。連絡なしは特に変わりがないのだろう。





風邪気味

2009/11/06(金)

 何となく風邪気味。体がだるい。大事をとって、早退をしたいなとは思ったが医師会の連絡会議、夜は救急の会議があり私の管掌している項目なので休むのは無理だった。医師会に獲られる時間は馬鹿にはならない。どうせ、時間をさくのなら、自分にも、病院にも役にたつ形としなければ、無駄なことになる。精神科の体制については何となく、解決したような雰囲気になっていて驚いた。
 日赤は病院独自に又何か新たな展開をおこさなければ、どうも大変なことになりそうだ。

 昼過ぎに、浦河日赤から電子カルテの見学あり。中国からも見学談が来るという話も来ている。訪問を受けるのは良い事だ。

いろいろな事柄

2009/11/05(木)

 今朝は暖かく夏タイヤで出勤できた。夜間などは少し気をつける必要はあるかもしれないが、、、

 幹部会議で、新しい正面玄関の壁に掲示する病院名について、相談した。横書きの LED を用いて ということに落ち着いた。
 いよいよ増改築も追い込みだ。その他上半期の経営結果と今年度の予測がでた。思わしくない。身を入れて対策を講じる気持ちが大切だ。工事に伴う地下水の性状の変化についての問題も話題になった。弁護士に相談することになった。私も弁護士の方のご意見に従うべきだと思う。ただ、なかなかやっかいな問題だ。

 午後、上川支庁に赴いて、会議あり。上川のある医院の救急指定病院の認定の件。私は座長ということだったが、シナリオ通りにうまくことは運んだ。ただ、その会議の後で、保健所長等々と当院の精神科の問題で話合いがあった。本当は考えている方向が少し食い違っている。お互いに気がついていてそのまま話をするので、かみ合わない。10月始めの公的な会議に、無断欠席という事態になったのが、どこか響いているようだ。あくまでもこちらが悪いのだが、、、、

 会議の最中に息子から電話があり。義兄が交通事故で日赤を受診したという。救急車でなくて、午後飛び込むのは一番対応が難しいわけで、午後4時ころ帰院。副院長に診察を頼む羽目になった。しかし助かった。肋骨骨折で入院となった。重症でなくて良かった。

 孫の学級が学級閉鎖になったという。夜、発熱したというのできっと孫も感染したのだろう。大変な一日で、夜の医師会の理事会には出席できなかった。

 

休肝日

2009/11/04(水)

 今朝も息子に迎えに来て貰った。明日はどうやら大丈夫なようだ。いくら何でも今から根雪になるはずもないが、、、

 今日もドクターヘリはお呼びがかからなかったようだ。だいたい月に20回くらいの頻度に落ち着くのかもしれない。これから冬を迎えるとどうなるのか少し心配だ。

 夕方、工事の騒音がすごかった。仕方がないが、ご近所の反応が少し気になった。これもあと2ヶ月ほどで終了だ。

 夜、医師会の会議あり。どうも少し懐疑的に眺めるようになってしまった。これは私にとっても、医師会にとっても好ましいことではない。真剣に考えようと思う。

 本日は機会を失したので、   休肝日

祭日

2009/11/03(火)

 文化の日。
 雪がまだ降っている。明日からは少し暖かくなるというが、動きがとれない。午後少し雪が解けて、道路がでたので、タイヤの交換にスタンドに行こうかなとは思った。しかし混んで何時間も待つことを思うと止めにした。自分ですることも考えたが、腰痛でもおこすと面倒なのでこれもしなかった。

 購入したが、ゆっくりとみてはいなかった  ランスへの旅 をみる。ロッシーニ のあまりしられていないオペラだが、面白い演出で楽しめた。一度、スカラ座の演奏で東京でみた覚えがある。

 夕食は孫達もきて、隣の義兄の家で寿司を食べた。孫達と遊んで楽しんだ。孫と遊んでいるときが、一番幸せだ。

 明日から又、医師会の会議続きである。最近の医師会の対応をみていると、あまり力を注ぐのはつまらないと思うようになってきた。頭の切り替えが全くできていないようだ




ウインドウズ7

2009/11/02(月)

 昨日の雪はほとんど溶けなかった。病院へは息子にむかえに来て貰って出勤した。まさか根雪ということはないだろうし、ちょうど、今月末に車検があるのでそのときに交換をしよう。車を買い変えようかと思いつつ決心もつかず、現在乗っているシーマに特に不満があるわけでもなく、もう少し乗り続けることになりそうだ。

 午後、上川保健所と今週の会議の相談有り。ただ短時間で終了した。

 ウインドウズ7 のアップデート版が届いた。帰宅してから行った vista からの update は全く問題は無かった。ただ、結構時間がかかった。 私はどうも気が短くていやになる。 omnipass という指紋認証のソフトのアンインストール を要求された。

 7が本当に早いかどうかはまだ判らない。

積雪

2009/11/01(日)

 朝3時頃起きると外が明るい。さてはと思ってみるとやはり雪が積もっていた。11cmの積雪ということだ。数日前にすでに雪がちらついたことがあるそうで、初雪ではないらしい。とにかく車を動かせなかった。まだタイヤの交換をしていなかった。いつもだと少しぐらいの雪だったら、夏タイヤで何とかなるのだが、ここまで積もるとどうしようもない。雪が溶けるのを待つだけだ。

 10時頃息子と孫達が遊びに来た。元気で食べて騒いで帰った。下の孫は  象さん の歌を歌っていた。かなり言葉をわかっているようだった。昼食を食べ、楽しく遊んだ。

 午後ホーマックにちょっと買い物に歩いて行ったが、それ以外は外にはでなかった。




プロフィール

satoshig

Author:satoshig
 2012年4月から 旭川赤十字病院の名誉院長 となりました。
 現在の仕事のメインは同院の 常勤嘱託医師(検体検査管理加算Ⅳに該当する検査部門担当) です。
● 医療機能評価機構サーベイヤー
● 卒後臨床研修評価機構サーベイヤー


としての仕事も楽しんでいます。

 旭川赤十字病院には、1970年5月 から勤務し、副院長10年、院長を9年間 勤めさせていただきました。
 1966年北海道大学医学部卒業  もともとは脳神経外科医

リンク
最新コメント

最新記事
月別アーカイブ

フリーエリア
QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム