FC2ブログ

産業医研修会

2009/10/31(土)

 午前中は暇。久しぶりにゆっくりと寝た。午後1時から、医師会の認定産業医の講習会。本日は 旭川カンディハウス と 男山酒造の見学。70人以上の参加があって盛会だった。インテリアセンターと言っていたころはショウルームをみた覚えはある。旭川家具は一応は知る人ぞ知る。名が通っている。ただ。値段が結構高価なのが欠点だ。
 普段はみることができない施設内部をみれるのは、面白いことだ。

 男山はつい先日もお礼に伺ったばかり。例によって試飲もありそれなりに楽しめた。最後は医師会経由で、駅までバスで送ってもらい帰宅。明日は雪とのこと。

 久しぶりに 読書。 ピアノ・ノート これは非常に面白い。演奏家による音色の違いのからくり等々興味深かった。




スポンサーサイト



業務連絡会議

2009/10/30(金)

 昼の医師会の連絡会議は特に重要な出来事はなかった。夕方、業務連絡会議。いろいろな行事が一段落してきたので、今後いっそう身を入れて経営改善の努力を始めることを宣言した。入院単価はこれ以上はもう無理だろうから、やはり増患に努めなければならない。これははっきりとしているのだが、当然うまくいくはずもない。頭が痛いところだ。

 精神科の件も両方の立場から進めているが、目処が立っていないことを伝えた。

 今夜は何もなく夕食後 購入してあった  愛の妙薬 をみる。ネトレプコ の演じているもので、これは非常に面白かった。あれだけの美形だと観ているだけで楽しくなる。
 ゲオルギュー のも楽しかったが、それ以上だ。来年の秋には来日して、マスネーのマノンを歌うとのこと。本気で見に行きたいと思っている。ただ最近耳がすこし遠くなっているので、劇場にいくのは少し不安がある。家で ヘッドフォーンで聞くのが一番快適であることは確かだ。





研修医との懇親会

2009/10/29(木)

 夜、 ししとう という店で臨床研修医との懇親会が開かれた。椅子席でなかったのがつらかったが、結構飲んで話しをして楽しかった。本当はもっとこういう機会をつくるべきだ。
来年度の研修医のマッチングが発表になった。三人ということで、フルマッチ には至らなかった。これは大いに反省する必要がありそうだ。何が不足しているのだろう。産婦人科、小児科の問題もあるのだろうか。

 午後から、医大の構内に建設中のドクターヘリの格納庫を視察。外観はかなりできあがっている。これからもいろいろとおきるであろう問題への対応は注意しなければならない。医大が負担するヘリポートもできあがってきている。本来ならばヘリポートもこれらの融雪等の費用も当院の負担という事も考えられたわけだから、医大にも十分感謝の気持ちを忘れてはいけないことになる。このあたりは当院の職員にも正確に伝える必要がある。

 本日ドクターヘリは2回飛び立つも?両者とも途中キャンセルになった由。

 今朝は早く起きたので、自分の部屋で  シェルブールの雨傘 を観賞。何回目だろう。今回のはデジタルリマスター版でやや画面はきれいになっていた。面白かった。最後の雪の場面はすばらしい。 太陽がいっぱい の 魚市場を アランドロンが散策する場、 エデンの東 の観覧車 ベンハー の戦車の競争等々  私の映画史に残る名場面だと思う。
 




ワクチン接種の跡が痛い

2009/10/28(水)

 昨日のワクチンの跡が痛い。3cm ぐらいの範囲が腫脹して、肩まで痛むようだ。丸一日たってから痛み出した。気分の何となく不調で仕事もあったので、午後からの医師会の仕事 法テラス の説明会には行かなかった。どうせ、一年間の報告をきくだけで会議ではない。

 ドクターヘリはこの三日間、お声がかからず。もう永久に、利用されないのではと思われてくる。

ドクターヘリ  札幌出張

2009/10/27(火)


 朝8時の電車で札幌へ。教授を医師派遣の件で訪問。もちろん、うまくはことが運ばなかった。しかし好意的なご返事をいただいただけが、今回の収穫。この大学のスターバックスは結構盛況のようだった。
 札幌駅地下街で 八雲 のごま蕎麦を久しぶりに食べた。おいしかった。 鴨せいろ はここのが一番おいしかもしれない。たれが熱いのが好ましい。本当は久しぶりの札幌でのんびりとはしたかったが、午後の会議があるので、電車に乗った。

 午後3時から、増改築に伴う会議。この会議も残すところあと2回のようだ。何か寂しい感じは否めない。
 ドクターヘリは昨日、今日は出動無し。冬が近づくと午後4時にはもう薄暗くなっている。これが釧路だともっと東だから大変だろう。本当はその分は朝が早いのだが、、、、
 格納庫の件で又いろいろと考えて、対応しなければならない事柄がでてきている。少しいやになる。
 午後新型インフルエンザのワクチンを接種した。

 先日のドクターヘリに関する 北海道新聞に面談を受けた記事を下記に転載。




ドクターヘリ新聞記事

院内巡視

2009/10/26(月)

 四役会議では特に重要なことは話題に上がらなかった。比較的早く終了した。特にはっきりとした予定が入っていないので、院内を歩き回った。現在の正面玄関の回転ドアが壊れたままになっているが、将来は裏口にしかならないので、壊れたままにしている。日中は解放のままになっているので、風が吹き込んでくる。そろそろ閉鎖しなければならないようだ。

 新しい正面玄関がちゃくちゃくとできてきている。後二月で人の流れがおおきく変わることになる。LAWSONやタリーズは今はどうも苦戦しているようだが、持ち直すだろうか。心配しながら私は見つめている。

 明日は朝から札幌だ。午前中で仕事が終わったら札幌で少しのんびりとしてこようかと思っていた。ところが、午後に増改築の会議があることを思い出した。残念だけれど、昼食後、すぐに旭川に帰って来ることになった。

 夕食時酒を飲んで、その後少し寝て、夜中に起き出して、購入していた 七人の侍 を観る。ブルーレイで改めて購入したものだが、さすがに綺麗だった。普通のDVD はもっているが、比べても明らかに違っている。白黒だから尚そうなのかもしれない。困った。全部を買い直したくなってきた。 赤ひげ 羅生門 などはずぐにも購入したい。










好天

2009/10/25(日)

 朝はホテルでのんびりと過ごした。8時半の連絡バスで空港へ。空港でいつもの蕎麦屋で朝食。少しここの蕎麦にも飽きてきた感じがする。札幌のごま蕎麦を食べたくなった。飛行機はほぼ満員。JALの経営が悪いなどとは信じられない感じだ。

 旭川はすごい好天気だ。ただ、大雪も十勝も山は真っ白だった。確実に冬は近づいている。
 午後は何もしないでのんびりと過ごした。北海道新聞に先日取材を受けた、ドクターヘリの記事がかなり大きく掲載されていた。

GHC創立5周年

2009/10/24(土)

 朝の一便で東京へ。修学旅行の高校生がいた。皆、同じマスクを着用している。何とも異様な光景だった。

 当院でコンサルタント業務をお願いしている GHC という会社がある。もうこれで数年いろいろな部分でお世話になっている。私も赤十字の他の病院に紹介したりもしている。
 そこが創立して5年になるということで、その祝賀講演会があった。本来ならこの週末は赤十字スポーツ大会が岡山で行われているはずだったが、例のインフルエンザ騒ぎで中止となった。そのためこの祝賀会に突然参加できることになった。

 "日本の医療はどこへ進む?" という講演が2題あり、次いで食事会、二次会と参加して、10時過ぎにホテルへ帰った。ホスピタルクラウン と セラピードッグ のショウがあったが、両者ともわたしは初めてみたので、感動した。観たことがない、知らないというような簡単な感想では済まないことがたくさんある。院長としてはアンテナをいかに張れるかが、その資質を問われる材料になる。

 今日のホテルは アートホテルズ大森 。定宿の一つだが、最近は利用する機会がなかった。
どこも経営が大変なようで、新聞が豊富に無料配布されていたのが、有料になり、羽田との連絡バスも本数が少ないようだった。





BSC 大会

2009/10/23(金)

 何か体が少しだるいような感じが抜けない。風邪だろうか。午前中、院内をいろいろと歩き回った。昼に医師会の連絡会議。あまり重要な話題はなかった。11月に又出張の前に、仕事が少しできてしまった。なかなかのんびりとした出張というのは無いものだ。

 今日もドクターヘリの出動あり。遠軽まででかけたようだ。

 午後から市立病院院長の訪問あり。院内を案内したが、数字を私が十分把握していないことに気づかさせられた。今度又ゆっくりと飲んで話合いたいものだ。

 夜、BSC の発表会あり。各職種の方々がたくさん参加した。内容的にはまだ未熟だが、今後この大会が病院の行く末を大きく決めるものとなるはずだ。その期待を込めて挨拶をした。





新型インフルエンザ

2009/10/22(木)

 新型インフルエンザのワクチンについて相談した。職員全員の分が来ている訳ではないので何らかの優先順位をつけざるを得ないだろう。私も事前の診察にかり出されることになりそうだ。そのくらいはお手伝いをしなければならない。幸い、院内も保育所もまだそれほどの流行はないようだ。

 改装した病理部門の視察をした。今までとは見違える改善だった。臭いが一掃されていた。
後、工事で残るのは正面玄関と内科の一部だけになった。

 ドクターヘリは、昨日、本日と出動した。昨日は、日没が近いので、ヘリは現場から飛び立ってしまい、ドクターはあのユニフォームのままで、美唄から電車で旭川まで帰ってきたという。

 朝、購入してあった カヴァレリア・ルスティカーナ を観賞した。あの ロミオとジュリエットのゼッフイレッリ の監督をした映画版だ。
これは非常に面白かった。なるほどと思わせる部分がたくさんあった。オペラの演出に説明は不要かもしれないが、これはこれで非常に意味があると思った。私は カラヤン の映画版も大好きだが改めて  道化師 を観賞したくなった。きっと購入してどこかにしまって有るはずだ。





診療部長会議

2009/10/21(水)

 日中は比較的決まった仕事無し。院内をぐるぐると歩き回った。何かが見つかるという話ではないが、院長が院内を廻っている姿を職員に見せるのはそれで意味があることだと信じている。

 夕方、ドクターヘリ出動するも、現地で患者さんを地元の病院に運んだようだ。日増しに日没が早まっているので、ヘリが帰院するまで心配なことだ。

 夜、診療部長会議あり。報告事項がたくさんあった。短期的は収入増加を目指して、ある疾患を対象に数日間在院日数を延期する相談もすることにした。ある科の医師減員の話あり。すぐにも大学に伺わなくてはならない。

 録画してあったロイヤルオペラ の トロヴァトーレ を観る。 ホセクーラ の主演だが、面白かった。これでソプラノがもう少しうまかったら言うこと無し。ハイビジョンあるいはデジタル放送の録画した作品のほうが、 市販の DVD  の作品よりもはるかに綺麗だ。今後のコレクションのあり方を考え直さなければならないかもしれない。







いろいろなこと有り

2009/10/20(火)

 午前9時半に、男山酒造を訪問。山崎社長に先日の院長連盟総会での特別講演のお礼を申しあげた。又いろいろと興味深いお話を伺った。此の時期、この時間にもう観光バスが訪れていた。

 本日の上川保健所の会議に、やはり院長としての私が出席することとなった。それならそうと早く決めると良いものを、、、、午後の取材をお受けする約束を1時間延期していただいた。

 午後2時から上川支庁で会議。思いがけず結論は好ましいものとなった。私も頑張ってみなければならないと思った。大急ぎで病院へ戻り、北海道新聞の方の取材を受けた。ドクターヘリについての取材だったが、私の話はどうしても、高邁ではなく病院経営との関係の話になってしまう。きっと取材された方はがっかりされたのではないだろうか。25日に掲載予定とのこと。

 一時帰宅して、夕食。それから医師会の 定例理事会 に出席。明日あたりに、新型インフルエンザ対応のワクチンが入荷しそうだ。報告事項がいつもよりは多かった。

 旭川医大の二つの講座の教授選挙が終了した由。ある意味では途中から予測したとおりの結果だった。一つは脳神経外科の教授の話でもあるし、私たちの病院の将来にも多いに関係のある事柄である。皆に相談しながら慎重に対応したい。時期をみて、私自身が行動を起こすことも考慮しなければなるまい。

 かなり疲れて帰宅。今夜は久しぶりに休肝日





久しぶりの病院

2009/10/19(月)

 朝の四役会議の後で、ドクターヘリの格納庫に記載する赤十字の記章の相談をした。屋根に赤十字の名を書くことは認められたというので、その線で検討した。記章の向きはヘリポートの仕様に合わせることとした。

 新型インフルのワクチンの話題あり。職員に投与の場合、いくらにするのか等々問題となった。季節型インフルと同様という案に落ち着きそうだ。本当は無料というのが正しいのだろうか、、、

 ちょっと意味の判らない不快なことがあった。まあ忘れてしまおう。ずぼらに物事を済ますのが私の良い気質のぶぶんだから。
 午後医師会の決済業務。今週は理事会、連絡会議ともに出席は可能である。





のんびりとした一日

2009/10/18(日)

 本日も取り立てて予定無し。朝からのんびりとした。午後久しぶりにゴルフの日本オープンをみた。初優勝がビッグタイトルという選手を応援してみて、うまく優勝するところををみれた。
 しかし、I 選手の強さは全く別格であることを見せつけられた。
 きっと、昔、ジャンボ尾崎がレビューしたときよりも、もっと衝撃的な事柄なのだろう。彼ほどに気儘な態度でもないしあれは人気があるのは当然と思われた。

 松本清張傑作映画選 というDVDブックを購入。初回は 砂の器 だった。ひさしぶりに観賞。ただ期待したほど画面が綺麗でなかった。ブルーレイの画面にかなり慣れてしまったようだ。親子の放浪の旅の画面がもう少し映画的高揚があったように思ったが、、、自分の感受性の低下だろうか。




2009/10/17(土)

 今日は全く予定の入っていない一日。出張中に届いていた、27インチのデイスプレイを病院に運んだ。電子カルテがだんだん見えにくくなってきている。
 たいした重さではないと高をくくって、いたら、これが重い。タクシーで病院の玄関まで行くべきだった。駐車場からの距離がつらかった。病院は大きな変化はなさそうだったが、ドクターヘリは一日一回の頻度で活動しているようだ。又、少し腰痛が始まった。

 午後からやはり届いていた、ブルーレイのプレイヤーを居間に設置した。ところが、テレビが古く HDM1 の端子が一つしかなくそれを、ポテト が使用している。使うたびに 端子を付け替えないとならない。どこかで、アンテナからの利用に変更する必要がありそうだ。始めは、難視聴地域だと思われていたが、ご近所の状態をみるとアンテナで済むようだ。ポテトは特に必要なさそうだった。

 夜、早い夕食を食べていたら、息子と孫達がやってきた。出前を頼んだり てんやわんや になった。しかし、楽しかった。孫と遊んでいると幸せで時間を忘れてしまう。



前橋→羽田→旭川

2009/10/16(金)

 いつものごとく朝食は食べずに8時半に会場へ。今日もいろいろと人にお会いした。
 二日目で参加者が少ないかと思ったが、意外に多かった。当院の看護部と事務の発表がありそれを聞いてから、会場を離れた。最後までいようとは思ったが、一便早いので帰りたくなった。
 高崎までタクシーで行き、新幹線の変更をした。ものすごく空腹になりレストランを探したが11時にならないとオープンしないという。初めて 吉野や に入った。すき焼きセットを頼んだが、やはり値段相応の内容だった。当たり前の話だが、、、

 孫達に だるま と 家にはつけものと 水沢うどん を購入した。旭川には明るいうちに着くことができた。





日赤学会初日

2009/10/15(木)

 赤十字社医学会が始まった。ホテルから会場までは結構な距離だった。どこかホテルを探そうにもネットの環境がないので、携帯電話で じゃらん で探すも、高崎にしか空いているホテルはない。高崎まで一度もどると学会に出たくなくなるので躊躇した。日赤医学大会は盛会。私は役員会、評議委員会と出席した。次々回の開催は福井となった。

 午後からの、講演会は クライマーズハイ の作者の 横山秀夫氏。 あまりお上手な話ではなかった。しかし、誠実なお人柄は伝わってきた。私は原作を読んだことはない。半落ち というの有ったがこれはさっぱり面白くなかった。
 学会会場から、念のため 東横インに電話してみたら、バリアフリーの部屋なら空いているという。お願いした。チエックインしてみたら、すばらしい部屋だった。広い。とにかく昨日のホテルは最低だ。自分のレパートリーのなかに  東横イン を加えようとさえ思った。 JTB に文句をいってあげようと思っている。あっと思ったがこの言い方はクレイマーの言い分だ。好意で文句を言ってると彼らは思っているからだ。

 午後からの総会も順調に進行した。私は確かに役員の一員で壇上に上げられた。夜、懇親会あり。せめて有名な 水沢うどん は食べたいと思っていたが、結局は何も食べずについ酒だけを飲んでしまった。いつもながら、ちゃんと間違えずにホテルに帰るのは感心する。




東京を経由して前橋へ

2009/10/14(水)

 朝四役会議。その後内科外来を視察。綺麗に仕上がっていた。もう少しで全部の工程が終了する。何となく寂しい気持ちもする。本日もドクターヘリは出動した。

 午後、医師会に決済に行った。夜間急病センターの件で、やはり報告があったという。後任がきまるまでは頑張ってくださるようだが、、、何しろあまり甘えるわけにはいかない状態だ。わたしにとってもおおきな影響があることになる。

 午後5時の飛行機で東京へ。旭川空港で久しぶりに蕎麦。これはおいしかった。鰻丼セットをたべたのだが、ウナギは全くおいしくなかった。
 この前食べた羽田空港のは確かにおいしい。こうなると一度どこかの専門店で4,5、000円のを鰻重を食べてみたい。

 新幹線を利用して高崎へ。そこからはタクシーを使ったので少し楽だった。看護部の副部長と師長に合い丁度良かったので、前橋まで同乗した。前橋で付き合わないと駄目かなとちょっと考えたが眠いので勘弁してもらった。

 前橋のホテルは学会の斡旋で JTB を通じて予約した。群馬ロイヤルホテルといい一番高いのを予約したつもりだ。確かに古くて格式は高そうなホテルだが、ネットは繋がらず、まさかと思いつつトイレをみたら、ウオシュレットではなかった。
  2泊の予定だが、メールを確認しないではいられないし、痔の心配もあるし、どこかホテルを探す必要がありそうだ。




病院訪問

2009/10/13(火)

 珍しく朝起きるのが遅かった。夜2回ほど起きたがその後熟睡できたようだ。朝7時に起床。
 朝食は食べなかった。ここの朝食はどうも好ましくはない。何が不足しているのだろう。夕食を一度食べてみたいと思う。
 いつもの蕎麦やで 天せいろ を食べた。これはうまくは無かった。いつもの 鴨せいろ とは全く別物だった。この店の蕎麦は暖かいつゆで食べてこそおいしいようだ。

 世田谷の病院を訪問。6月に訪問したところだ。当時不足だった部分をきれいに改善されていた。私も嬉しかった。快晴で駅から歩くと汗がでてきた。今週、北海道は初雪かもしれないのに、、、、

 最終便で帰旭。少し咳が出るようだ。明日からまた出張なので、早く報告を仕上げる必要がある。



最終便で上京

2009/10/12(月)

 祭日。体育の日は若い頃はよく遠出をしたものだ。今日は暖かく練習に行こうかなとは思ったがやはり肩の痛みが気になって中止した。

 昼前にちょっと確認をしに登院。駐車場から屋上をみて、ヘリがいないので、CS室に顔をだした。ドクターヘリの出動が 士別市 から要請があったという。かなりの頻度で出動していることになる。

 夕方、下の孫が息子に連れられて来た。上の孫は友達が遊びに来ているという。結構しゃべって家の中をかき回して帰って行った。楽しかった。

 最終便で東京へ。昨日、出席されていた Y 議員に空港でお会いした。昨日のお礼を述べた。私の妻と同窓ということで何となく親しみが湧く。”次の選挙も頑張ってください”などとつい余計なことを言ってしまった。

 本日の宿泊は、羽田エクセルホテル東急。レパートリーを広げようと思いつつ固定したホテルにばかり泊まってしまう。最終便の時は、羽田。本社での用事の時は、三井ガーデン汐留。一便で帰旭の時は、アートホテルズ大森.。







ドクターヘリ就航式

2009/10/11(日)

 予報とは異なって天気は快晴となった。午後3時から  道北ドクターヘリ の就航式が行われた。
 高橋はるみ知事や西川旭川市長にも出席していただいて、まあまあうまくことは運ばれた。
 この数日間で、 利尻、焼尻島からの要請に応じて出動している。、後は紋別にでも行けば完璧な運行状況ということになった。

 講堂で式を行いテープカットは屋上のヘリポートのヘリコプターの前で行った。その後、試験飛行を行うという時になって、富良野方面への運行依頼があって皆の面前から、患者を迎えに飛んで行った。なんとも効果的な運営だった。

就航式



 本社の医療事業局長がずっと旭川に滞在されておられた。夕食を 大雪の蔵  でご一緒して、空港にお送りした。


 明日の夜は最終便で東京だ。孫達が遊びにでも来てくれると良いが、、、

 病院で 奥様の入院後、初めて SDr. とお会いできた。自分のことだけで言うと、来年からの早朝のゴルフの継続がいささか心配だ。旭川市の夜間急病センターの件についても考慮し直すことが必要になりそうだ。


比較的に暇

2009/10/10(土)

 比較的暇な一日。朝、息子を久しぶりに職場へ送ってから病院に寄った。SDr.の奥様を見舞い。意識は徐々に改善している。失語症があるようだ。ついで、某病院の師長を見舞った。その病院の院長から頼まれていたのを思い出した。この方はお元気だった。

 ドクターヘリの CS の部屋にに顔をだすと、本日は医大の助教授が当番で待機していた。昨夕の保健所の会議に日赤からだれも出なかったと言われてしまった。私は出席できないと伝えていたはずだが、副院長が多忙で欠席してしまったようだ。申し訳ないことをした。

 午後、妻の生協への買い物を手伝った。夜、代表のサッカーをみる。正式のランキングは上でも、今回はどうしても格下としか思えない相手に苦戦。





総会終了

2009/10/09(金)

 無事、院長連盟総会は終了した。疲れた。職員の努力に感謝したい。スポーツ大会は成田、岡山と続きその後は未定ということになった。大きな声では言えないが、スキップするように努力したい。

 昼食後解散。来年は   鳥羽市  で開催される。私は急いで病院に戻った。午後1時から数人の院長が病院の見学に訪れてくれた。喜んでご案内した。案内の課長がすっかり要領良くわかりやすく案内するのには感心した。

 看護部自慢の ピクトグラム にも大いに関心を持っていただいたようだった。
 もちろんドクターヘリも案内した。ヘリは昨日は台風を避けて、札幌の丘珠空港に避難したという。風が収まったらすぐ戻ってきたようだ。
 院長達を見送りして、CSに行ったら、要請が入り士別市まで飛んでいったという。OJTのナースが一緒に行ったが、患者が二人いて、帰途はヘリに乗れないようだ。可愛そうに、、、

 その後、旭川空港まで赴いて、副社長を見送った。たくさんの院長がこの便で東京に帰るようだった。すっかり疲れて 車の運転もつらかった。
 医師会の行事にはでれなかった。



総会

2009/10/08(木)

 院長連盟総会が開かれている。内容はまあまあか。やはりこれだけ参加病院の規模と内容が多岐に渡ると、病院規模で分科会というのが必要かもしれない。DPC運用かどうかで、分けるのが適当かもしれない。まあこれは私だけで決める話ではないが、、、、、

 台風の影響が少し有ったが、副社長もどうやら無事到着された。夜の夕食会も市長も出席していただいた。二次会も終了。疲れた。

 

院長連盟総会

2009/10/07(水)

 朝から台風の話でもちきりだった。昨年は一度も上陸しなかったという。とにかく旭川は災害が少ないので非常に現実味に乏しい。

 飛行機の運航にはあまり影響がなく、昼には本社の局長方が旭川に着いた。福鶴亭で昼食。その後ロワジールホテルで院長連盟の役員の会議が2件あった。
再来年のスポーツ大会がまず旭川を変更して岡山が再度チャレンジすることになった。旭川をスキップとは決まらなかったので今後はその次の都市をどうするかの問題になる。私としては飛んで次の開催地に移るよう努力したい。スポーツ大会そのものの意義を否定はしないが、自分のところで開催となれば話は別だ。特にどう考えても自分の退職後のこととなるとしっかりと考えないとならない。せめて  美田を残す  までとはいかなくても、迷惑をのこしたくはない。




 午後6時半から夕食会。盛会だった。今夜は私はこのホテルに宿泊。職員にはなにかと迷惑をかける。

利尻島へ出動

2009/10/06(火)

 朝の四役会議で、明日からの行事の最後のチエック。小さな齟齬はあったが、まあまあ大丈夫と思われた。

 ドクターヘリの出動要請が 利尻町 からあり。出動した。報道機関もいろいろと集まり、記者会見のようなことにもなった。片道、200キロ以上という、ドクターヘリの概念からいうとやや遠距離すぎる。しかし、無事患者を連れて帰ってきた。まあ、良かった。利尻町の町長からすぐにお礼の電話をいただいた。喜んでもらえて良かった。

 夜、医師会の理事会あり。その席でも報告した。明日からの飲食に備えて本日は  休肝日。



準備

2009/10/05(月)

 朝、四役会議は明日に最終調整の打ち合わせということで無し。院長連盟総会で、司会をお願いしている女性とも打ち合わせ。まあこちらは内輪の会だから、私の挨拶もどうともなる。

 ドクターヘリの就航式は挨拶は紙に書かないといけないだろう。ドクターヘリの件でマスコミからの面談の申し込みが数件ある。あまり、まわりに影響のあることは言えないし、少し困ってしまう。
 本日は紋別、遠軽方面へ試験飛行をしたようだ。ドクターヘリの飛び立った後に、排気ガスのにおいが病室でするという訴え有り。私も確かめに行ったがそのときはなにも臭わなかった。

 いろいろなことが次々とおこるものだ。





釧路→札幌→旭川

2009/10/04(日)

 久しぶりにのんびりと過ごしている。ここの温泉は塩分が強く、まるで海水を温めただけのようにも思えるが、気持ちはよい。又機会が有れば利用したい。今度は海が見えるもう少し広い部屋にしたい。朝食は魚類が多く好ましいものだった。

 今週は、院長連盟総会がいよいよ開かれる。週末にはドクターヘリの就航式もあるし、来週は機能評価の一日の出張と日赤医学会が前橋である。ペースの配分を十分考えてあまり無理のかからないようにしたい。(ここまでは 朝 6時にホテルで記載)

 8時半に釧路を出発して、途中札幌で乗り換え、旭川には午後2時に着いた。電車の窓から赤十字病院が見えた。丁度、屋上にドクターヘリが有って、周りに紺色の制服を着た職員が見えた。これは十分すばらしい宣伝になる。

 一条側の現在修復中の壁面にはやはり 旭川赤十字病院 の文字を入れるべきだと思った。赤十字マークで十分という意見もあるが、ごく一般の人は、赤十字マークは病院のマークとしか認識していないのが現状だ。

 その気になって、みたら 市立病院 も 厚生病院 も もちろん 道北病院 でさえも 大きな病院名の文字が壁面に書かれている。あまり自分の意見を強調するのは避けてはいるが、これはそれとなく伝えてみよう。




釧路

2009/10/03(土)

 朝、7時3分の列車で釧路へ。4時間はさすがに長かった。どういうわけかグリーン車はがらがらだった。ネットで調べた時にはほぼ満員だったのだが、、、明朝も空いて居てくれればよいが。

 昼食は駅の中の蕎麦。あまりおいしくはなかった。食べながらこれなら春採湖のあたりに高名な蕎麦や が有ったのを思い出した。そこへ行けば良かった。

 午後1時半から、道東ドクターヘリの就航記念式。駅からは結構遠い。バスの便は良いという話だったが、タクシーで2000円以上かかるようだ。式はかなりユニークだった。神主が来てお祓いがあった。挨拶は、市長、知事、医師会長だけだった。テープカットは、知事、地元の衆議院議員二人、市長、医師会長の5人のみ。市立病院の院長もいわんや孝仁会病院の院長も挨拶はなし。
 その後試乗会といって知事も副操縦者席に乗っておられた。

 知事にはご挨拶することができた。次回の私たちの病院の就航式のお願いをした。天気さえよければ試乗もしたいというお話だった。それだけが今回の収穫。

 思っていたよりも早く終了してしまい、これなら旭川まで帰ろうかとも思ったが、久しぶりにのんびりするのも良いかと考え、 LA  VISTA にチエックインをした。釧路在住の F氏に連絡すべきだったとは思ったが、手段がなくて諦めた。このホテルは一度宿泊してみたかった。幣舞橋のふもとにあり、小さいながら温泉もある。

 夕食は一人で タクシーの運転手に教えられた、 ふく亭 という居酒屋。居酒屋というにはいささか立派だった。これはおいしかった。鯨で有名ということだったが、刺身はあまり美味ではなかった。牡蠣がおいしかった。もちろんサンマの刺身もいただいた




札幌へ

2009/10/02(金)

 午前中、院長連盟総会の際の任意のエクスカーションの最終確認を日本旅行と行った。今回はホテルの予約は当番番病院が行ったが、ホテル、航空機を含めて予約は旅行会社に任せるべきだろう。昼の医師会の連絡会議は特に重要な事項はなかった。

 午後2時半から火災に対する避難訓練が行われた。

 夜は管理会議あり。いろいろな報告が中心だったが、かなりの内容だった。それだけ今の私たちの病院は重要な岐路にあることになる。職員といかにそれらを共有できるかが問題だ。

 午後8時の電車で札幌へ。明日の釧路のドクターヘリ就航記念式に参列のためである。
 今夜の宿泊は グレイスリー札幌。駅から雨にぬれないで地下道を歩いていけるのはやはり楽だ。札幌のホテルのレパートリーを広げようと思いつつ、いつも同じホテルに泊まってしまう。





プロフィール

satoshig

Author:satoshig
 2012年4月から 旭川赤十字病院の名誉院長 となりました。
 現在の仕事のメインは同院の 常勤嘱託医師(検体検査管理加算Ⅳに該当する検査部門担当) です。
● 医療機能評価機構サーベイヤー
● 卒後臨床研修評価機構サーベイヤー


としての仕事も楽しんでいます。

 旭川赤十字病院には、1970年5月 から勤務し、副院長10年、院長を9年間 勤めさせていただきました。
 1966年北海道大学医学部卒業  もともとは脳神経外科医

リンク
最新コメント

最新記事
月別アーカイブ

フリーエリア
QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム