FC2ブログ

最終チエック

2009/09/30(水)

 朝から快晴。前回の医療機能評価の資料をようやく返送した。新たな補充審査の資料を読み直した。訪問審査をさせてもらうことにした。
 午後から、院長連盟総会の最終チエックをした。皆に迷惑をかけ手申し訳ない限りだ。総会の最終日も結構忙しいことが予想されている。その夜には精神科の件で保健所を中心とした話合いがあるはずだが、、、明日の保健所との予備の話合いの結果によっては、わたしもどうしても出席しなくてはならないかもしれない。

 いよいよ、ドクターヘリの就航式も迫ってくる。明日はいよいよ当院へ当院のドクターヘリが飛来する。今夜はたぶん旭川空港に停泊しているはずだ。
 私も今週末は、釧路の道東ドクターヘリの就航式に参列する。ただ、なんとも不思議なことに、市立釧路市立病院のHPにはドクターヘリの記載は何もなく、考仁会病院のHPにはあたかもドクターヘリの主体病院のごとき記載で、逆に市立病院との関係の内容の記載は皆目みられなかった。





スポンサーサイト



秋晴れ

2009/09/29(火)

 四役会議の後に、ドクターヘリ関連の施設を検収した。地下の燃料タンクもなんとも立派なものだった。屋上のヘリポートへの輸送設備も確認した。保育所の隣なので窓から覗いててみたが、孫は見えなかった。保育中の2~3歳の子供達に手を振られてしまった。
 午後から増改築の会議。あと3月ですべて今回の工事は完成する。ただ、私は患者駐車場が分散されているのが気になった。きっと再考を要することになりそうだ。あとあとのことを考えると、できるだけ集約することを考えるべきだろう。

 夜、機能評価の職員への説明会あり。たくさんの職員が集まってくれた。キックオフとしては成功だった。これから一年間の準備期間は何とかうまくいきそうな予感がしてきた。

 私自身のこととしては、ある病院の補充審査の件について機構に連絡した。一度訪問させてもらおうと思う。忙しいが何とかなるだろう。

 夜、遅くなってから、北見と釧路の院長におのおの別件でメールをした。




東京日帰り出張

2009/09/28(月)

 朝の一便で東京へ。しかし、飛行場に着くと、到着便が遅れて、折り返しの東京行きも1時間遅れだという。他の会社の便もどういうわけかほぼ満席ということだった。
 ただでさえぎりぎりの予定だったのでどうしようかとと考えたが、1時間以上は遅れないというので強行した。
 浜松町からタクシーに乗ったら何とか20分遅れで済んだ。虎ノ門パストラル。セミナーは面白かった。銀行からみた病院経営という内容の話だった。キャッシュフローの重要性が強調されていた。

 夜の最終便で帰ってきた。旭川は雨が降っていた。

 非常に疲れたし、久しぶりに本日は休肝日としよう。飛行機の時間というのはやはり不確定要素がある。機能評価等の時間が決まっているときには、一便早いのとか前泊が必要なことが良く判った。 





札幌へ

2009/09/27(日)

 朝から好天気。雲一つ無い。
 午前11時の電車で札幌へ。ホテルニューオオタニで札幌医大の麻酔科の教授の就任祝いがあった。ものすごい盛大な会だった。日赤関係では、北見と浦河の院長に会った。精神科の教授にもご挨拶することができた。
 釧路市立の院長ともドクターヘリのことをいろいろと話をした。取り組み方がやはり少し我々とは異なる感じを受けた。

 午後4時半の電車で帰ってきた。孫達が午後遊びに来たという。会えなくて残念だった。明日も東京へ出張だ。






帰旭

2009/09/26(土)

 飛行機を二便に変更したので、ホテルでの朝が少しゆっくりとできた。これが一便で帰るとすると、午前6時前にはホテルをチエックアウトが必要だ。
 羽田空港のいつもの蕎麦や 竹生 で いつもの 鴨せいろ。ただ本日は自分の車を使っているので、もちろん酒は飲まなかった。
飛行機の到着は少し遅れて、帰宅は午後1時だった。

 午後3時から、ロワジールホテルで 医師会の代議委員会と総会あり。私の出番は5分間ばかり用意された原稿を読み上げるだけだった。今回の代議委員会は、内容が多く予定より40分間も長くかかった。
その後総会がありこれは簡略化されて良かったが終了は午後6時を過ぎていた。

 懇親会は残念ながらスキップして、グランドホテルへ。義兄の誕生日祝いが有った。洋食のフルコースでダイエットには全く不向きだった。孫達にも会えて良かった。

 明日は札幌、明後日はまた日帰りで東京が控えている。少し疲れ気味だ。

 医療機能評価機構から、補充的審査の依頼がきた。よくは判らないが何事も経験だ。お受けした。日帰りで関東まででかけないと駄目かもしれない。





本社で会議

2009/09/25(金)

 朝、6時から朝風呂。このホテルの大浴場は温泉ではないが、明るく気持ちが良い。朝食は食べないで我慢した。しかし、本社へ行く道すがらの、蕎麦やでやはり食べてしまった。ここの蕎麦は結構おいしい。

 10時半から本社で会議。まずは病院・支部・本社との関係。それと本部機構強化の件が話合われた。
 午後は院長連盟の役員会があった。10月の私たちが主管する総会の次第の相談あり。その結果を病院に伝えた。スポーツ大会の件については、糾弾する意見もあったが、今後のあり方を考え直そうかという意見に落ち着いた。来年は成田は決定。再来年は本来は旭川だったが、岡山に戻すのか、あるいは温度の高い病院が主催するという形式にするのか再考することになった。私はそれで一向に構わない。

 その後懇談会があり、副社長、秘書の方々も来られて盛会だった。気持ちよく飲んでしまったので、ホテルが近くて良かった。





東京出張

2009/09/24(木)

 最終便で東京へ。夕食を空港で食べるつもりだったら、ものすごい混みようだった。辛うじて空いている寿司やで食べた。やはり結構高い夕食になった。おいしかったからまだ良いが、、、最終便で東京に着きいつもの、 三井ガーデン汐留 にチエックインしたら、もう午後11時だった。
 これは下手をすると私の一度寝てから起きる時間だ。
 これは体が疲れて参る。せめて、午後5時の便を使わないと、疲れて明日の仕事にならない。

 本日は、医局の朝の朝礼、四役会議、検食、院長連盟総会の件でホテルとの打ち合わせ、診療部長会議と結構忙しかった。何があっても自分の今いる場所を見失わないようにしたい。

 岡山で開催よていだった赤十字スポーツ大会の中止のメールが入ってきた。新型インフルエンザの蔓延を恐れる当番病院の気持ちはわかるが、ちゃんとしたルールを踏んでいないと思う。反響は非常に大きいようだ。明日の役員会でひとしきり話題になりそうだ。再来年の私たちの主管としての開催にも影響がありそうだ。
 私は日程が重なって参加したくてもできないでいた、あるセミナーに出席できることになった。





好天気

2009/09/23(水)

 連休も本日で最後。特に予定がなく、久しぶりに台場にゴルフの練習に行った。なんと調子は良いようだった。4番アイアンも問題無く打てた。左肩を十分回すということですべて解決するようだった。また少し練習をする気持ちがでてきた。幸いに左肩も痛くはならなかった。

 日中、天気は非常に良かった。25度くらいまで上がったのではないだろうか。これが10月一杯続くのなら良いが、、、すぐ秋風が吹き始めるのだろう。

 明日からまた仕事と出張。




孫を堪能

2009/09/22(火)

 午前中は職員の父君の葬儀。久しぶりで弔辞をきいたが良いものだ。焼香の時、医師会長の代理を頼まれていたが丁度携帯に電話があり、座を空けているときとぶつかってしまった。自分の焼香が終わったところで帰宅した。

 昼、病院へ。相変わらず工事が続いていた。タリーズコーヒーでピアノの患者さん向けの演奏会を開くというので見物に行ったつもりだったが、いつのまにか時間が変わっていた。コーヒーのみ飲んで帰ってきた。

 午後から孫達とつれて、百万ボルト へ行っておもちゃを買ってあげた。敬老の日に自分の小遣いでプレゼントをくれたお返し。二日間孫を堪能した。




孫達と遠出

2009/09/21(月)  敬老の日

 朝、練習に行こうかなと思ったが寒い。なんと2度だったよし。寒いわけだ。自分の部屋の暖房もいれてみた。

 朝、9時頃から息子一家と遠出。苫小牧の ノーザンホースパーク と言うところへ行った。私は初めて。孫は馬に乗ったりしてご機嫌だった。私は三人乗りの自転車をこいだりして、疲れた。疲れたがすごく幸せな気分だった。下の孫の自己主張の強さには驚いてしまう。うまく成長してくれると良いが、、、
 帰宅が遅くなり、今夜のお通夜には間に合わず。明日、葬儀に参列させてもらおう




2009/09/20(日)

 午前中、下の孫が母親と一緒に久しぶりにやって来た。しばらく会わないでいたら、急にしゃべるようになっていた。あれなら会話が成立しそうだ。すっかり幼児の顔になっていた。
 残念なことに午後の予定が有って、長くは遊べなかった。この連休中にもう一度遊ぶことができれば良いが、、、

 午後、ゴルフコンペ有り。根本的に考え直さなければ私のゴルフはもう終わってしまいそうだ。さらに残念ながら今年度の予定はもうない。クラブの例会もドクターズゴルフもすべて、病院の行事予定がぶつかっている。左肩の痛みも相変わらず続いている。

 夜、病院から連絡あり。診療部長の父君の訃報。明日のお通夜か葬儀には出席するつもりだ。




医師会会長・副会長会議

2009/09/19(土)

 午前中、小雨が降ったが、SDr.と台場でゴルフ。二人でのゴルフは今年はこれで最後。来年もお互いに元気だったらよろしくという話になった。内容はさんざん。全く、球がまっすぐ飛ばない。明日のコンペはどうなるだろう。


 昼食後、病院に行き休み中の体制の確認と少し残っていた仕事をした。この連休中に増改築の仕事がかなり予定されており、病院中が雑然としていた。

 少し昼寝したあと、夕方から、四地区医師会会長副会長懇談会が花月であり。旭川・札幌・小樽・函館の医師会の会長・副会長が年一回、一同に集まって、意見交換を行っている。今年は旭川の当番だった。政権交代に伴う対応について協議していたが、これでは本当は遅すぎる。
 二次会も付き合って酔って帰ってきた。

 アイズワイドシャット を ブルーレイで見直した。相変わらず音楽だけは印象的だが、理解できず。
ブルーレイのソフトは初めてみた。初めてのソフトとしては適当ではなかったが、寒々とした夜の大都会の雰囲気とか、華やかなマンションの内部等はやはり綺麗に再現されるようだ。まだ 2001年宇宙の旅  とかも購入しているのでそれが楽しみだ。





院内巡視

2009/09/18(金)

 午後から、看護部に付き合って院内の巡視をした。久しぶりでこれはちゃんと定期的に行うべき行事である。本当はちょっといろいろな事柄を気になった。いつも廻らないで、言うのは卑怯なので本日のところは我慢した。

 明日かた5連休。私の予定は前半の二日が、旭川ゴルフクラブでゴルフがあるのみ。なんと今年の予定はいまのところそれで終わりだ。恐ろしいことだ。

 夜、  眼下の敵 をみる。
 この映画は少なくともドイツを西部劇のインデイアンのようには描いてはいない.
クルトユルゲンス が懐かしかった。まだ生存しているのだろうか。 眼には眼を という映画をみたのも思い出す。札幌の北海道劇場だった。道劇と愛称していた。私の大学時時代のはなしだからもう45年も前のことだ。昔の記憶というのは恐ろしい。すぐ身近の記憶は全く覚えられなくなっているのに。





機能評価の再々受審

2009/09/17(木)

 午後2時からグランドホテルでドクターヘリの運行調整委員会の旗揚げの会議があった。医師会長が委員会長になり私と旭川医大の学長が副委員長に決まった。いろいろと質問があったが、ドクターヘリと防災ヘリとの区別がつかない委員が結構いるようだった。やはり前途多難を感じさせた。

 夜に病院で、機能評価機構の三度目の受審のためのキックオフの会あり。一年という長いようで、短い期間だが、私の経験をうまく活用できれば良いが、、、




余裕の一日

2009/09/16(水)

 浦河へ行くのを中止したので、一日暇ができた。おかげで投書の返事書きができた。二ヶ月ぶりだ。良かった。気にはなっていた。

 ドクターヘリの就航式の細目がやはり決まらない。出席者の人数を確認してからということにした。雨天だとまた変わることになるのだし、、、院長連盟の総会の件も、いろいろなことがあるものだ。明日、和歌山と相談してみようか。

 昨日はちゃんと 休肝日 としたので本日は心置きなく飲んだ。

 当たらないと高をくくっていたら、11月にサーベイの仕事が入った。東京の市立病院だ。連絡がくるとなるとやはり面倒に思えるものだ。



休肝日

2009/09/15(火)

 明日の浦河行きは中止とした。明日の朝、5時間の運転はとても大変だ。そうして明後日又午後2時までには帰ってこなくてはならない。無理をしないことにした。

 夜、医師会の理事会あり。
 その後7時半から当院 精神科の件で相談があった。上川保健所が主催だったが、善後策を講じる話ばかりだった。ただ、旭川の精神科医療の実情が詳しく理解できた。仕方が無いが少し残念だった。今後まだまだこの話は続くことだろう。私たちの病院にしても、救命救急センターでもあるし、精神疾患の方の身体疾患を全然診ないというわけにはいかないわけで、良い連携の関係が築ければそれに超したことはない。
 家に帰ったら9時半だった。

 本日は  久しぶりの  休肝日 。




札幌往復

2009/09/14(月)

 四役会議終了後、院長連盟総会、ドクターヘリ就航式の準備の相談有り。12時の電車に大急ぎで乗って札幌へ。午後2時に麻酔科教授とお会いした。教授就任のお祝いを述べた。病院を訪問して頂いたときに折悪しく私は出張で不在だった。

 2時半の電車に間に合って旭川に戻ってきた。5時から経営改善プロジェクトのキックオフの会議が有った。挨拶をして今後の検討をお願いをした。午後6時半からグランドホテルでこの9月一杯で辞める医師の医局の送別会。最近医局の行事への出席者がすくないのではなかろうかと心配になった。

 今回退職する彼は、私が70年安保の年に赴任したとき医師住宅の隣の部屋でよちよち歩きをしていたものだ。父君が日赤に勤めておられた。感慨が深いものがある。例によってワインをたっぷりとのんで帰宅した。

 明日の夜、医師会の理事会は欠席のつもりだった。午後4時頃から自分の車で札幌へ行き宿泊の予定だった。ところが、午後7時半から保健所が私たちの病院のP科の撤退問題を該当の病院を集めて相談をするという。その席に出席を求められてしまった。その後札幌へ電車で行くことも考えたがするとバスで浦河まで行くことになる。あのバスの狭い座席での3時間半は苦痛だ。どうしよう。

 浦河では赤十字の災害救護訓練があるのだが、欠席も含めて考え直そう。車の運転のきらいな私としては5時間もの運転は不安だ。




日赤会ゴルフ

2009/09/13(日)

 日赤会というOBと現役との交流の会がある。その院長杯という名目のゴルフが有った。台場でタクシーで皆がよりあって、院長杯のときのみビールを飲むとになっている。昨年は風呂に入って迷惑をかけたので今回はかなり自重した。

 成績は相変わらず。ドライバーが飛ばないのはもうどうしようもないが、アイアンが引っかかるのはいやになる。アプローチも相も変わらずショートばかりしている。

 後、ゴルフも数回しか予定がない。一度は公式戦に出なければ忘れられてしまいそうだ。飲んで帰って明るいうちから寝たので、一日がすぐ終わってしまった。




レポート書き

2009/09/12(土)

 朝からレポート書き。調子が出て、これはなんと一日中頑張って仕上げてしまった。リーダーに添付ファイルとして送ることができた。少し気が楽になった。これで明日の日赤会のゴルフも心置きなく出かけることができる。


充実した一日

2009/09/11(金)

 朝、臨時の四役会議。いよいよ10月11日に当院で行われるドクターヘリの就航式の詳細を検討した。
 テープカットを人数制限の上、一番最初に非公開で実施すると、かなり警護のための職員の手伝いが楽になった。あまり細かく考えてもどうしようもない。どなたをおよびするのかということでいろいろな所からお声がかかっって面倒なことだ。
 ここはおおらかに考えることにしたい。

 昼、医師会の連絡会議有り。先週の函館への出張中止のための、旅費を返却した。

 病院の経営改善についての相談有り。これを機会にいっそう頑張ってみたい。良い機会を与えられたとおもわなければ、、、
 午後の最後に前回視察時不満が少し有った新内科外来を見回った。今度は見違えるほど壁が綺麗になっていた。あれなら文句は出ないはずだ。私は大いに満足した。

 サーベイのレポート書きを少しは病院でできるかと甘く考えていたが、全く時間が無かった。この週末で仕上げなければならない。
 








サーベイ終了

2009/09/10(木)

 サーベイの三日目が無事終了した。私の領域で二つ、直して頂く部分が有った。しかし、いずれもすぐ改善できるところでおおごとではない。良くできた病院だと思う。

 伊丹→羽田→旭川と乗り継いで帰ってきた。あまり寒くはなく安心した。疲れた。早くまたもとのペースに戻って頑張らねばならない。朝食を食べないで、我慢したが又少し太ったようだ。




二日目終了

2009/09/09(水)

 サーベイの二日目が無事終了した。評点合わせも簡単に終了して、夕食を食べて帰ってきた。朝食は抜いたが、昼食は結構 heavy だった。又太ってしまいそうだ。
幸い夕食は豆腐料理の 梅の花 というところだった。おいしかった。

まだ午後10時だ。私の領域で本質的ではないが、 気になる箇所が少し有り、ちょっと憂鬱だ。まあ、簡単に改善可能な事柄だから問題はないが。
 総体的にはよく運営されて、準備も整っている病院だと私は思う。

 妻に電話すると、大雪山に初雪が降ったという。いよいよ夏もすっかりと終わりだ。それにしても初雪は早すぎではないだろうか。

 




サーベイ初日

2009/09/08(火)

 羽田→大阪空港はある理由でファーストクラスを利用した。たった45分間のためで贅沢かなとは思ったがまあ良いか。後で仕事が控えているので、ワインをたっぷり飲むというわけにはいかなかった。それでも妻に頼まれていた機内販売の物品は何も問題無く入手することができた。

 今回のホテルは審査対象病院のすぐそば。大都会は便利だ。
 本日予定の書類審査は簡単に済んだが、私自身は非常にやりにくかった。更新のはずだが、準備が万端とは思えなかった。夜の打ち合わせはあっさりと終了した。しかし明日はきっと大変だろう。
 リーダーが見た目よりはかなり高齢のようでそのかたくなさ、一途さが裏目に出なければ良いが、、、





旭川→羽田

2009/09/07(月)

 早朝の医師の連絡会議で、経営改善プロジェクトの発足と精神科の問題については、いまのところ動きがないことを伝えた。

 四役会議で、経営改善プロジェクトの紹介があった。結構大変な内容だ。その後内科外来の視察。パーテーションを以前のを流用しているのが何とも哀れだった。あれでは喜び、励みの度合いが少なくなりそうだ。まあしかし、少ない限られた資金で行っている事業だから理解して貰うしかないが、、、、

 道東・釧路のドクターヘリの就航式の案内状が届いた。なんと基地病院のはずの釧路市立病院では行わない。協力病院であるK病院のヘリポートで行うとのこと。
 ぜひ出席して、様子をを見てこよう。2泊が必要にはなるが、、、

 午後5時半から、インドネシアの救護支援に行った医師の体験発表会あり。私は始めの挨拶のみで失礼した。
 最終便で東京へ。久しぶりにシルバー割引を使った。発券するところで、3万数千円だったのを当日の安価のに変えますということで、1万1000円の券に変更してくれた。なんとも親切なことだ。宿泊は羽田エクセル東急。






のんびりとした日曜日

2009/09/06(日)

 朝、7時20分の電車で札幌。ついで丘珠から函館の予定だった。医師会の救急フォーラムに出席するつもでいた。しかし、朝どうしてもその時間には、乗れない事情ができて、出張は中止とした。昨日、中止の可能性は医師会にも届けては有った。

 丸一日、暇ができた。
 フロントガラスを取り替えるので、明日車を修理工場に出す。そこで車の内部を少しきれいにした。
 妻と西武デパートに行き、背広の寸法をとった。デパートに行くのは5年ぶりかもしれない。現在、ダイエットは全くしていないので、少し太り気味だ。少し仕事が落ち着いたらまたダイエットを開始しなくてはならない。

 大型の台風が近づいているという。火曜日から機能評価の仕事が大阪である。今回は小規模病院のため、医師は一人しかいない。もしも台風で足止めを食ったりしたら、大事だ。
 火曜日午前中に 新千歳→神戸 と飛んでぎりぎりに間に合うつもりだった。
 明日、最終便で東京宿泊に変更した。幸いに羽田エクセルホテルがとれた。
 往復とも、羽田経由にしたので、本当は機構からの旅費ではかなり足が出る。請求は可能だろうが、いつも旅費よりは安い飛行機代金で利用しているからしょうがないか。




紋別→旭川

2009/09/05(土)

 朝からな何度か温泉に入った。チエックアウトを午後1時まで延長した。来週の機能評価のサーベイの準備をした。

 午後2時半から紋別文化会館でドクターヘリの紹介の行事を行った。200人以上の参加があった。医師会長、市長、についで開会の挨拶をした。その後すぐ帰途についた。今度は2時間強で帰ることができた。

 慣れない車の運転はすごく疲れた。午後7時から旭川医大第三内科の同門会の懇親会に参加した。後期研修医が10人以上予定されているというなんとも嬉しい話が教授から有った。
 疲れがひどくて途中で退場させて頂いた。



早朝ゴルフ   紋別

2009/09/04(金)

 昼の医師会連絡会議のあとそのまま帰宅。用意をして、2時半には家を自分の車で出発。途中でいつものごとく道を間違えて遠軽を経由してしまい、紋別市に着いたのは5時45分。少し薄暗くなっていた。ホテルは 紋別プリンスホテル。  かにシャブ を夕食にしていたら、なんとも豪華で食べきれなかった。内部も以前、家内と利用した 紋別セントラルホテル よりも立派だった。海が見える。

 その昔、学生時代に紋別に来たことがある。道立病院に何週間かお世話になった。海釣りに連れて行って戴いたが、すっかり船に酔ったことも思い出した。変な話だが、河豚の仲間のなんとかという魚がたくさん釣れたことを思い出した。あの頃、札幌から紋別にはどうやって来たのだろう。鉄道が有ったはずだが、、、

 少し酔ったままで温泉に入った。これも又結構なものだった。明朝また何回か利用させて貰おう。

 今朝はSDr.とM副院長と朝ゴルフ。朝の4時半は真っ暗だった。左肩がまた痛くて参った。早朝ゴルフも今年はこれで最後。早いものだ。今年は今のところ一度も公式戦には参加していない。何とかこの悪い流れを断ち切らないと ”単なるゴルフ好きのおじいちゃん” になってしまう。


 予定が混みすぎ出、やや疲れ気味。。どこかで調節が必要だ。来週には機能評価のサーベイヤーの仕事が大阪である。確か、土曜日に東京行きもあるはずだ。




葬儀

2009/09/03(木)

 現職の職員の葬儀。まだ若くて能力のすぐれた方だった。ただ冥福を祈るのみだ。
一度家に戻り、服装を整えてから出勤した。

 朝、家を出るときに、車のフロントガラスにひびが入っていた。昨晩,空港からの帰りには気付かなかった。日産の方に来てもらい点検するも、他には異常なし。走行中に石でも飛んできたのだろうか。あるいは空港の駐車場だろうか。昨日は日中しか泊めていないのだが。いたずらとも思えないが。とにかく取り替えることにした。保険は幸いにして効くとのこと。まあ助かった。

 学長に手紙。どう反応していただけるか。道内の赤十字病院長のメールアドレスを整理して手紙を出した。とくに院長連盟総会のニュースを流した。




東京日帰り

2009/09/02(水)

 朝の一便で東京へ。赤十字の健康管理研究会が本社であった。恒例として日本ドック学会の前日に行われるため、来年は旭川で開催される。当院がお手伝いするので、念のために私も参加した。私は役員でもあるが、、、
 あまり外部の批評を、うけていない内輪の催しという感しが強かった。本当は最後の懇親会までいるはずだったが、明朝の告別式に参列のため日帰りとなった。

 会の途中で抜け出して、院長連盟室に寄った。院長連盟総会の時の相談がいろいろとあった。めんどうなことが結構多い。

 ドクターヘリも、院長連盟総会も準備期間が、後少ししか残っていない。増改築も最終段階だし、経営の改善も諮らなければならないし、医療機能評価機構受審の準備も開始しなくてはならない。医師会の用事も予定されているし、頭が混乱しそうだ。





もう9月

2009/09/01(火)

 もう9月だ。月並みではあるが、月日の経過の早いのには参ってしまう。秋風が吹いてきそうだ。後、ひと月でドクターヘリが飛ぶことになる。これからまた忙しい毎日が続く。

 午前中、上川保健所へ。所長始め職員の方々と善後策をいろいろと話し合った。とにかく、上川支庁は遠い。不便だ。

 私たちの病院の事務の職員が闘病の末、残念ながらお亡くなりになった。能力のある方だった。神居のお宅に伺った。私は明日のお通夜は参列できず、告別式に参列させて戴くことにした。出張を日帰りに改めた。

 夜、医師会の理事会あり。いろいろと話題があった。





プロフィール

satoshig

Author:satoshig
 2012年4月から 旭川赤十字病院の名誉院長 となりました。
 現在の仕事のメインは同院の 常勤嘱託医師(検体検査管理加算Ⅳに該当する検査部門担当) です。
● 医療機能評価機構サーベイヤー
● 卒後臨床研修評価機構サーベイヤー


としての仕事も楽しんでいます。

 旭川赤十字病院には、1970年5月 から勤務し、副院長10年、院長を9年間 勤めさせていただきました。
 1966年北海道大学医学部卒業  もともとは脳神経外科医

リンク
最新コメント

最新記事
月別アーカイブ

フリーエリア
QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム