FC2ブログ

前橋日赤訪問

2009/02/27(金)

 朝9時から、行動を開始、高崎駅に荷物を預けて、前橋に向かった。意外に近い。何で高崎に新幹線の駅が決まったのだろう。どうでも良いことだが気にはなった。政治的な事だろうか。

 前橋赤十字病院は建築してからかなり経っているようで、やはり古めかしい感じは否めなかった。
 視界不良ということで、ドクターヘリも飛べないので、駐在している航空会社の方々ともゆっくりと話をすることができた。手稲に居たことがある方もいて、冬のヘリ整備の大変さもおききすることができた。いろいろと参考になった。

  前橋の院長は昔から、尊敬している人で久しぶりに親しく話しをすることができた。諏訪、徳島、大阪等々お会いして話しをきくべき院長が沢山いる。私もそういう院長になりたいとは思っているが。

 今は午後4時で羽田空港にいる。雪模様と言いながら何とか飛ぶようだ。

スポンサーサイト



院長連盟役員会

2009/02/26(木)

 朝、一便で東京へ。出張の職員と数人と出会った。赤十字病院長連盟の役員会。月一度開催されている。
 今日は多彩な内容で、ある意味では面白かった。月曜日の四役会議で報告することが沢山できた。今後の病院の運営に大きな意味を持つことも話合われた。

 赤十字病院で臨床研修をしている研修医の赤十字としての研修会が、今年は九州と北海道で行われる。ままでは東京で二日間だったが、地方で一日で行うらしい。旭川でといわれていた。
 会場確保のことがあって、気をもんでいたが、最終的には 5月29日に決まった。私たちの病院の講堂を使用することになる。

 初めはその一週間前という話だったが、そこでは北海道・東北院長事務部長会議が青森県で開催する予定が前から入っていた。無理を言ってしまったが、その分一生懸命お手伝いをしよう。私たちが企画する話ではないのであくまでもお手伝いではあるが、、、

 今夜のホテルは  メトロポリタン高崎。明日、ドクターヘリの現場をみようと、前橋赤十字病院を訪問するためにここに宿泊した。
 ずっと前にオーダーリングの見学で富岡市を訪問するので、このホテルに泊まったことがあるのを思い出した。15年以上昔のことだ。思えば年をとったものだ

腰は完治か?

2009/02/25(水)

 腰は殆ど良くなった。夕べ、うっかりして孫を抱いたがどうやらなんともないようだ。たっぷりと三週間かかった。
 今日はあまり決まった仕事がない一日だった。助産師外来開設の報告有り。良いことはどんどん勧めていきたい。ただ、何を進めるにもお金がかかる。支出が限りなく増えていきそうなのが、心配だ。漠然とした不安感がいつも渦巻いている。

 少しずつ引っ越しの準備をしている。夜、医師会の会議。乳ガンの検診委員会だったが、これも30分で終了した。これだけのために集まるのは何か少し勿体ない感じもする。

 明日は又本社に出張だ。

日赤会麻雀大会

2009/02/24(月)

 夜、花月で 日赤会(OBと現役との親睦会) の麻雀大会あり。残念ながら私は麻雀は全くできない。したこともない。本当はこんなときには仲間にはいるくらいはできても良いとおもうのだが、、学生時代は自宅から通ったし、運動部だったので機会が無かった。ただ食事と酒を飲むために参加した。気がついたらちゃんと家に帰っていた。

 日中、手稲の院長の訪問を受けた。私の同期の院長が引退したあとの院長だ。ちょっと考えさせられた。すばらしく能力のありそうな方だった。

 O課長に来て貰って、脳死からの臓器摘出についての院内体制について聞いた。少しまじめに取り組んでみよう。ドナーカードの所持をこちらから聞くかどうかは別にしても、もし持参しているひとが現れたときには的確に対応しなくてはなるまい。思い切って一歩前進してみたい。

 

鳥インフルエンザ

2009年2月23日(月)

 今日はテープを貼らずに出勤した。自分の車の運転もどうやら何ともなかった。朝の会議で、医師募集の広告の話を皆に納得してもらった。脳死からの臓器摘出のシミュレーションの検討もすることにした。

 前橋日赤の院長に電話して、木曜日の役員会の後、金曜日にドクターヘリの現場を見せてもらうことにした。院長とは旧知の仲で、今回の訪問は非公式としよう。高崎に宿泊することになるかもしれない。朝、東京からでも間に合うが、現地まで行って居る方がやはり楽だろう。

 夜、旭川市保健所で鳥インフルエンザ対応の会議あり。5病院でベッドを確保する話となった。やはり何か安心できるものを示さないとなかなか職員には納得してもらえないであろう。
 今日はタイミングも失したので、休肝日。

s-028.jpg

少し再発か?

2009/02/22(日)

 朝から、ボルタレンのテープは使わなかった。何とか大丈夫と思っていたが、昼前に生協への買い物につきあって、荷物を持ったら又少し左大腿部の後ろが痛くなった。慌てて又テープを貼った。2時間ほどで治まったが、少し精神的なものが有るような気持ちもする。きをつけなければ、、、

 WOWOWでフランス語の  レデイチャタレイ をみる。これは面白かった。いろいろと映画化されたのをみたが、これが一番良くできているのではないだろうか。ケンラッセルのも興味深かったが。

東京→旭川

2009/02/21(土)

 朝2時に目が開いたので、そのまま機能評価のレポートの点検をした。朝3時半ころに今回のリーダーのもとにメールに添付して送った。いつも、この時が一番いやだ。
 午前9時半に駒込の日本医師会館へ行った。駒込の駅から歩くのを心配したが、大丈夫だった。ただ、医師会館の椅子はやはり感心しなかった。あれは背の角度がちょうど腰に悪い。腰が何ともない時から座ると痛くなったものだ。学校医の講習会だったが、結構面白く聞いた。なにことも経験だ。

 午後から脳死からの臓器移植の症例検討会に出席した。東京駅の八重洲口のところだった。これも又興味深かった。いろいろなことが判った。決して他人事ではなく、いつ私たちの病院でもドナーカードを持った人が現れないとも限らない。少し体制を整える必要がありそうだ。私にそう思わせるだけの良い機会だった。
 羽田空港は猛烈な混みようだった。千歳空港が全く機能していないようだった。旭川はすごく恵まれていることになる。疲れたが今回は良い出張だった。

東京出張

2009/02/20(金)

 今日も自分の車で出勤することができた。ようやくいつもの状態にもどってきた。医師会の連絡会議が昼あった。特におおきな議題はなかった。この体制も後一月だけと思うと少し寂しい気持ちがする。

 午後5時の飛行機で東京へ。千歳が雪で飛行機が飛ばなくなったためか、混雑していた。今年は暖冬は良いのだが、千歳空港の欠航の多いのは異常事態だ。尤も私は使用する機会は少ないが、、、空港で看護部長と偶然会い、羽田で夕食を食べた。
 私の週泊は 羽田エクセルホテル東急。前回の腰痛で休み休み歩いた長い地下の通路を今日は楽に歩くことができた。嬉しかった。今日中に前回の機能評価のレポートを仕上げようと思ったがやはりうまくいかない。

平穏

2009/02/19(木)

 久しぶりで自分の車で出勤した。これは幸い何ともなかった。
 四役会議で新年度の人事等についての話し合いあり。あまり問題になる点はなかった。LAWSON とTULLY`Sの店舗の見取り図が決定したようだ。何とか利用が多いことを願う気持ちだ。
 今日は 岩国医療センター からの見学を受けた。良いことだと思う。
 朝、ボルタレンテープを使用したが、午後からも痛みは無かった。

 じほう社から電話での取材を受ける。ドクターヘリ拠点病院の件。昨年、取材に来られた時、少し煮え切らない話をしたので、今の気持ちの確認だった。

診療部長会議

2009/02/18(水)

 朝、やはり駐車場の雪とかが心配でタクシーで出勤。午後、砂川市立病院の見学有り。電子カルテ中心ではあるが、見に来てくれるだけでも嬉しいものだ。本当はこちらも砂川の病院経営を聞きたいところだ。そう言えば、当院の地域連携システムはなかなか好評のようだ。

 バーサー大会の本部の訪問もあり。私は救護部長なにかになっているようだ。一度見学に行く必要はありそうだ。

 診療部長会議あり。いろいろな話はあった.
認定看護師によるスキンケア外来の話が圧巻だった。これからも増やして行きたい。その他ICU当直の件があった。Y部長の発言をすばらしいと評価しなくてはならない。こういう医師が居ればまだ病院も捨てたものではない。

 家に帰ったら、孫たちが来ていた。下の孫は、すっかり歩くのが普通になっていた。上の孫は春休みに隣の義兄たちと東京に行くらしい。インフルエンザ蔓延で学級閉鎖だったようだ。明日は登校するようだが、又閉鎖ということもありそうだ。孫たちと遊んでいると本当に幸せな気分になる

ドクターヘリ運航研究会

2009/02/17(火)

 朝は腰痛は無かったが、やはり大事をとって自家用車は使わなかった。午前中調子が良いので、少し院内を回ってみた。するとやはり又腰痛が始まった。歩く距離が長くなるのはよくないようだ。明日、健診で胃のバリューム検査の予定だったが、とてもコルセットを外す気持ちにはなれず延期してもらった。

 午後3時の医療裁判の会議もキャンセルした。午後5時半からの、ドクターヘリの会議に欠席はできないので大事を取った。会議は医師会館で行われた。
 結論は拠点病院は日赤、格納庫は旭川医大の敷地を使わせてもらうことになった。私は 救命救急センターの責務として引き受けるが、大学初め医療機関の協力と市町村の資金的援助が必須とお願いした。

 頑張らざるをえないが、大変なことを引き受けてしまった。軌道に乗るまでのここ数年が辛いものがある。私も勉強しなくてはならない。

 午後6時半から医師会理事会が続けて行われた。考えると理事会を行う部屋の椅子は非常に腰に悪い。この次は何かクッションを持参しようと思った。

地域医療連携講演会

2009/02/16(月)

 朝からあまり激しくはないが吹雪。駐車場から病院までの数百メートルの距離を歩くことがやはり不安でタクシーで出勤。四役会議は一度抜かしているのでいろいろと話があった。特にドクターヘリの準備態勢について話合った。

 午後から医師会。先週の分の決済等々。その後駅に寄って、3月の北見看護大学の卒業式に参列するための指定席を購入しようとしたが、ものすごい混みようでやめた。 JR北海道 のHP はまだ完全に復帰していない。不便なことだ。

 ボルタレンのテープは今日は貼ってみなかったが、昼頃やはり不安になって貼った。午後6時から旭川グランドホテルで地域医療連携の講演会。当院主催で当院の5科の部長が自分たちの日頃行っていることのPRをした。これは私にとっては非常に面白かった。なにしろ、自分の病院の医師が日常なにをしているか把握する機会がなかなかない。良い催しだと思った。懇親会もあり、いろいろな方々とお会いした。

 立って話をするうちにやはり腰痛がおきて、後半は椅子に座った。しかし確実に改善はしている。今回は2週間かかった。

医師会道北ブロック会議

2009/02/15(日)

 昨晩はいろいろな人とお会いして、どうやって帰宅したかよくは覚えていない。とにかく良かった。病院にとっても私にとっても好都合だった。もし異なった結果になっていたら、私のあと二年間の副会長の立場は非常に微妙になるところだった。

 11時半からグランドホテルで、医師会道北ブロック会議。主に3月の道医師会総会の下準備と来期のいろいろな役割についての分担の件だった。遠くは稚内、名寄からの参加もあった。昼食もでたが、ものすごい量で、半分も食べれなかった。
 帰途、病院に寄った。W女史からのチョコレートが届いていた。唯一のチョコ。
入院患者数はあまり減ってはいなかった。後、さらに恒常的に20人くらい増えてくれれば良いのだが。明朝の医師朝礼で話しをしよう。

 今日は一日のかなりの期間が吹雪き。毎年春先にある吹雪がこれで終わってくれると良いが。

しばらくダイエットが中断していた。明日から心を入れ直して開始しよう。

サーベイ最終日

2009/02/14(土)

 今日でいよいよ最終日。今は午前7時。朝食にいくところだ。今のところまだ腰痛はない。今日で最終日。なんとか迷惑をかけるのは最低限で済んだようだ。まずは良かった。

 今日は医師会の選挙の日。私たちの病院何人かの医師は投票に行ってくれるだろうか。不在者投票はしてくれただろうか。今度はそちらの方が心配になってきた。

 今は17時。羽田空港にいる。空港の案内で旭川行きは旭川空港が雪のため羽田に戻るか、新千歳空港に着陸することを了承の上でいう案内が流れている。まあそれでも良い。とにかくこの地を離れるのが第一だ。

 飛行機は旭川空港に何事もなく着陸した。この中で何人かの医師仲間にであった。みなきっと投票はしていないのだろう。

 帰宅したところで連絡をもらった。現医師会長が、前回より差をつけて当選とのこと。まずは病院にとって良かった。勿論私の動きやすさの点でも良かった。 居酒屋 六番目にみなが集まっているというので、ちょっと辛かったが、無理して服も着替えないで祝勝会に参加した。

最悪の事態

2009/02/13(金)

 サーベイヤーの仕事の二日目がどうやら終わった。私の体調は非常に悪かった。朝、ボルタレンのテープは貼った。一見調子は良いように思えた。午前中は何とかクリアした。
 ところが午後のケアプロセスの二つ目の詰め所で左大腿部の後部が痛くて動けなくなった。勘弁してもらって、薬をのんだ。しばらく痛みを堪えながら我慢した。ようやく仕事を終えることができた。部署訪問も何とか回ることができた。本当は自分が情けなくて参った。後明日一日を何とか迷惑をかけないで終了したい

 夜、食事に行くときはどうやら痛みは止まっていた。明日もこのくらいなら良いが、、、

さあどうなるか。

2009/02/12(木)

 今 午前7時 はまだ腰の調子は良いようだ。尤もホテルの部屋から一歩もでていないが。朝食も機上ででるので、食べず。東京はすばらしい天気だが大阪はどうだろうか。

 ファーストクラスの食事はたいしたことはなかった。上品で物足らない感じだった。しかし、腰のためには非常に好ましい環境だった。ただ、一時間そこそこで勿体ないという思いが強く、これは羽田→福岡間くらいに利用した方が良いと思われた。

 伊丹空港に着いたら、またやはり腰痛があり、梅田までは何とかバスで移動したがそこからホテルまではタクシーを使った。ホテルは ホテル大阪ベイタワー。 機構で使うホテルとしては珍しくみばえの良いホテルだ。以前違う名前のときにとまった覚えはあった。高層のすばらしい建物だった。私の部屋は43階だった。宅急便の荷物は幸い届いていた。ボーイが部屋まで運んでくれて助かった。早くチエックインできたので、バスを使い暖めて、ロキソニンも服用した。

 サーベイの初日は特に目立ったことは無かった。ただ、サーベイヤーのもう一人の医師も、さらにリーダーも計三人が腰痛持ちで、腰をかばいながら歩くという始末で話しが合い、驚いた。一人は神経根ブロックを受けて来たばかりという始末だった。

 食事を終わって部屋に戻ったのは10時。これから明日の面談の下調べがをしなくてはならない。

旭川→羽田

2009/02/11(水)

 昼に妻の買い物につきあう。久しぶりに車の運転をしたが、道路がカラカラに乾いて居て、楽だった。午後5時の便で東京へ。飛行機は異常な混みようだった。I代議士に出会いドクターヘリに尽力のお礼を言うことができた。

 空港までタクシーで行ったが降りた時に腰痛あり。軽い荷物だが預けた。いつもは座ることはほとんどないのだが、あいている椅子を必死に探した。
 あいにくどこも人がいたり荷物を置いてあったりして、蕎麦屋で休んだ。羽田についてからも痛くて、車いすを頼もうかとさえ思った。

 明日からの仕事はできるのだろうか。些か心配になっている。今夜は羽田エクセルホテル東急。羽田空港第2ビルの端から端まで歩くのが辛かった。

 サッカーを観る。負けはしなかったが得点のにおいがしなかった。まだかなりの差があるようだ。
 風呂にゆっくりと入ったら、少し楽になった。これなら明日から大丈夫という気持ちになった。

種々の会議

2009/02/10(火)

 安静時の痛みは著名に改善した。しかし、300メートルくらい歩くと左大腿部の外側が痛みがでて、歩きにくなった。いわゆる間欠性跛行だ。脊柱管狭窄症だろうか。さすがに医者で病名だけはいろいろと思いつく。夕方、ボルタレンテープを腰に貼ってみた。これは良いみたい。

 午後5時から、グランドホテルで地域医療委員会、救命救急センター運営委員会あり。遠くは浜頓別からも町長が出席していただいてありがたかった。ただこの不況の中でどの自治体も費用負担については非常に厳しい状態だと思われた。
 その後少し時間があまったので、隣家に孫が遊びにきているのを会いに出向いた。タクシーに待ってもらった。下の孫がようやくスタスタにちかく歩くようになった。

 午後7時半から、同じグランドホテルで、公的病院院長会議があった。厚生病院の院長が新しく就任したのでその祝賀会をかねていた。なんといつもの部屋がなく、座敷だった。申し訳無いが低い椅子を用意してもらった。

 明日は何とか出発できそうだ。
 

まだ直らず

2009/02/09(月)

 久しぶりで一日中病院に勤務。午後、内科外来のところで、立ったままで相談しているうちに猛烈に腰が痛くなった。ただ、座骨神経痛という感じではなく、いわゆる重い腰痛だった。午前中念のためにボルタレンテープを処方してもらった。が、まだ使ってみていない。これが効果がなかったらどうしようという気持ちになる。
 明日でも試用してみよう。とにかく明後日からの旅行が心配だ。

 東京→大阪の飛行機を変更した。まず8時半の予約はあまりに早く着きすぎるので10時半に変更。そうすると適当なシートが無く、探したがファーストクラスしか空いていず。それを予約した。たった1時間の距離は勿体ないがしようがない。

 外来の新しい仕様について現場で相談。まずは紆余曲折を経ながら思い通りに近づいているようだ。ただあれだけ検討した結論のはずが、あっさりと変更になる。これは結局は病院側が強い気持ちを持ってリードしていくしかないようだ。

大丈夫かな

2009/02/08(日)

 腰の状態は少し改善している。しかしまだ自信が無く病院へはタクシーで出勤。日曜日だったが、医師会選挙の対応について、病院の考えを、医師会会員の当院の医師にメールをした。40人近くの数だった。どういう反応があるかは、ある意味では楽しみだ。
 せっかくアドレスを登録したので、今後、直接話しかける手段として活用できるなら利用してみたい。

 ただ、医師会員のリストで今日はメールしたが、会員登録されていない部長が数人いることが判った。どういう事だろう。

 医療機能評価のサーベイの業務の荷物を関西に送った。もう後戻りはできない。多分大丈夫だとは思っているが、今回の腰痛は今までと少し違う様相をしめしているようだ。

 昨日、録画していた 藤原歌劇団の ラボエーム をみる。私の一番好きなオペラだ。カラヤン・ベルリンフィルのレコードから私のオペラ狂いが始まった。ただ、テレビで日本人のオペラをみるとどうも学芸会をみている感じになってしまう。歌がうまいとか下手とかの問題ではないようだ。

 全くの偶然に、札幌二期会のラボエーム の講演の日時を確認していたら、 ラボエームの映画 の上演が見つかった。なんと あの とにかく美しい ネトレプコ がミニを演じているらしい。これは絶対見逃せない。札幌でも上演するようだが、東京にでたときでも時を逸せずにみたい。なにしろあの ネトレプコだから。
 

少し改善か?

2009年2月7日(土)

 最近はどうも夜中の2時過ぎには目が開いてしまう。小用のことも多いのだが、その後はまず眠れない。儲けたと思ってそのまま起きてしまうことにしている。本を読むことは少ないが、録画したものや、購入したは観ていない DVD を鑑賞したりしている。
 デジタル放送をみるようになって、オペラをかなりの数が週末に放映されていることに気づいた。さらに録画しても、 下手な DVD よりもよほど綺麗だ。Blu-ray Disc のソフトをまだ購入していないので判らないが、きっとすばらしいに違いない。

 腰はやや改善したが、妻の買い物の手伝いは明日まで待ってもらうことにした。今日はロキソニンは今のところ使ってはいない。

 来週の週末は医療機能評価機構のサーベイで、関西に仕事がある。水曜日の夜に出発だが、腰は大丈夫だろうか。妻は今から断った方が迷惑をかけないというが、私は何とかまにあうような気持ちがするし、、、本当は不安だ。荷物を予めホテルへ送ろうと思って居る。

 夕食後  録画してあった Always  をみる。古い映画で内容も判っていて、馬鹿にしてみていなかった。面白かった。知らなかったが監督が スピルバーグ だったのだ。うまく造られた映画というのは、内容に関係なく感動させるものだ。

腰痛悪化

2009/02/06(金)

 朝は3時頃から起きて録画して有った ヒトラーの贋札 をみた。これは面白かった。シンドラーのリスト と少し類似した設定だったが、、、
 その後 バレー 白鳥の湖のDVDを鑑賞。特にこの時点では腰の痛みの悪化はなかった。
 朝食に妻が そばをゆでたので、その鍋を流しまで移動するよう頼まれた。そのときはなんともなかったが、5分後くらいから左大腿部の後ろが痛くなった。

 朝、病院にはでれなかった。ロキソニンを二錠服用

 11時に病院へ。決済とNドクターと面談し、電話を一つかけた。12時過ぎに医師会へ。毎週の決済の日。 夜の選挙管理委員会には腰の加減で出席できないことを了解していただいた。

 午後2時にそのまま早退の形で帰宅。考えたら今週はまともに一日病院にいたことがないことになる。

 夜、医師会から連絡をもらう。やはり会長選挙は挙行されることになった。病院内の会員にメールで病院の意志を伝えることにする。

保健所の立入検査

2009/02/05(木)


 腰痛はまだ治らず。今日は自分の車を運転して登院。駐車場から病院への距離を歩くのに難渋した。交差点で左足が痛くて座り込みそうになった。ようやく自分の部屋に入って、ロキソニンを服用して少し楽になった。薬が効いて居る間はまだ良いが、、、

 四役会議では、認定看護師が行う スキンケア外来の件が話し合われた。良い事だ。もくろんでいるようには収入に直結するとは思えないが、これからも推奨していきたい。

 医師会の選挙についての病院の対応についても相談した。来週メールという手段をつかうことにした。

 来週の医療機能評価のサーベイの資料がたっぷりと送られてきているが、まだ準備する気持ちになれない。この週末で頑張るしかないようだ。第一,重い書類を家に持ち帰ることもできない。

 午前10時から保健所の立入検査。腰痛が直らずに、ご挨拶と御礼の言葉のみで、院内の巡視にはおつきあいができなかった。特にあまり問題は見られなかったようだった。

 夜、医師会の理事会。注目すべきは会長の報告の中で、医療事故調査委員会の件について、いままでとは異なったまともな感想を述べておられた。良い事だ。選挙の立候補の件が話題になったが、あすは選挙管理委員会がある。あまり面倒なことにならなければ良いが、、、

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

腰痛治癒せず

2009年2月4日(水)

 今まで愛用していた、楽天のブログに、不適切な広告が無理矢理のってくるので、FC2に変更した。

 朝起きるもまだ腰痛は治らず。自分の車を運転する自信も、駐車場から病院まで歩く自信もなく、タクシーで出勤となった。病院でもなるべく、歩かないようにしていた。ロキソニンもあまり効果が無かった。
 
 午後から、面談が一つしか予定が無く、それが終了した時点で早退した。


 夜、ゆっくりとサッカー見物。格下であれでは練習にもならないのでは、、、ああ簡単に失点するのではオーストラリア戦が思いやられる。

 深夜に マリアカラス最後の恋 などというある意味では珍品の映画をみる。WOWOW の本領発揮の映画で、 DVDを購入するほどのこともないし、といって、カラスと名がつけば気になるし、、、
レコーダーを変更してからとてもきれいで、もう以前のアナログレコーダーは使えない。
プロフィール

satoshig

Author:satoshig
 2012年4月から旭川赤十字病院の名誉院長 しております。
 現在の仕事のメインは同院の 常勤嘱託医師(検体検査管理加算Ⅳに該当する検査部門担当) です。
● 医療機能評価機構サーベイヤー
● 卒後臨床研修評価機構サーベイヤー


としての仕事も楽しんでいます。

 旭川赤十字病院には、1970年5月 から勤務し、副院長10年、院長を9年間 勤めさせていただきました。
 1966年北海道大学医学部卒業  もともとは脳神経外科医

リンク
最新コメント

最新記事
月別アーカイブ

フリーエリア
QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム